レート対戦の勝ち方【初心者向け】

ポケモンウルトラサンムーン対戦の勝ち方について掲載しています。主にシングルレートにおける対策方法や、パーティ例を掲載しています。ポケモンウルトラSM対戦の参考にして下さい。

パーティ構築のコツ

基本の軸を決める

マンムーマンムー ボーマンダボーマンダ カプ・レヒレカプ・レヒレ

ポケモンウルトラサンムーンの対戦の勝ち方において、最も重要なのはパーティの軸を決めることです。

ここではウルトラサンムーンにおけるスタンパ(基本的な構築)の1つ、マンムー、マンダ、レヒレの並びを軸にして説明していきます。

この3体の並びは、環境トップに君臨するガブリアスやボーマンダ、ギャラポリ2に対して非常に強い構築です。

相性補完を考える

基本は軸となる3匹を中心として考えて、3匹が苦手ポケモンを残りのポケモンで補完していくのが、勝つためのパーティ構築の基本です。

例えば、タイプだけの相性を見れば鋼やフェアリー、エスパータイプ(代表的なポケモンとしてテッカグヤやカプテテフ)が一貫しているため、3つのタイプを半減できるギルガルドなどを入れたりします。

更に、カプ・レヒレが落ちてしまうとギャラドスに一貫してタイプ相性が弱くなるため、カプコケコやテッカグヤ等をパーティに入れておくと、カプ・レヒレが倒れた場合のケアもしやすくなります。

タイプ相性表はこちら

害悪ポケモンを対策する

例えば現環境で害悪ポケモンであるオニゴーリやベトベトン、パルシェンに対しては対策がほぼ必須です。

害悪対策をしないばかりに3タテされるという場面はよくあります。

例に上げた3匹であれば、少なくともこの3匹に対しては後出しから強く立ち回れるため、他の3匹で補完する必要はありません。

環境を常に把握する

環境によってポケモンの使用率は常に変化します。

自分でレートに潜ったりネットで情報を調べたりして、現在多いポケモンを対策(メタ対策)する構築をすれば、多少なりとも有利な立ち回りができます。

ただし、対策用ポケモンを入れすぎて元の勝ち筋をなくしてしまっては本末転倒なので、あくまで対策するポケモンや技は絞って選ぶようにしましょう。

高個体値のポケモンを使う

最低限の妥協ラインを決める

レーティングバトルで使用されているポケモンの多くは、理想個体と呼ばれる最も優れた個体値を持つポケモンばかりです。

理想個体とは、ポケモンの隠し要素である個体値が、戦闘で必要であるべき能力値において全て最大値(V)であることを指します。

孵化厳選やビビリだま連鎖によって高個体値のポケモンを獲得することはできるため、レート対戦で勝つことを目標にするのであれば最低限3~4Vの個体のポケモンまで厳選しましょう。

準伝説のポケモンを捕まえる

今作に登場するカプコケコを筆頭としたカプ系4種や、ウツロイドを始めとしたUB7種は強力な種族値を持つ上に、捕獲時点で3V確定となっています。

お試しでレートに潜りたいプレイヤーには手っ取り早いポケモン達なので、是非殿堂入りしたら捕まえるのをおすすめします。

また、UBはウルトラサンムーンで異なる種類のポケモンが出るため、欲しいUBが出なければ交換掲示板やGTSで交換しましょう。

GTS交換レートの確認はこちら

育成論を参考にする

インターネットで投稿されている育成論は、努力値や技構成が記載されていて、どのポケモンに対して強いかを確認するのにうってつけです。

自分でポケモンの型を考えるのが難しい間は、他の方の育成論を見て参考にしましょう。

最強パーティ構築についてはこちら

厳選まとめ

ウルトラビースト(準伝説扱い)
ウツロイド(UB01)
マッシブーン(UB02) フェローチェ(UB02)
デンジュモク(UB03) テッカグヤ(UB04)
カミツルギ(UB04)  アクジキング(UB5)
ズガドーン(BRAST) ツンデツンデ(LAY)
準伝説
タイプ:ヌル
カプ・コケコ カプ・テテフ
カプ・ブルル カプ・レヒレ
伝説
コスモッグ(ソルガレオ・ルナアーラ)
ネクロズマ ジガルデ
厳選方法
厳選手順!育て方まとめ 孵化厳選のやり方

対戦の関連記事

©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶ポケモンウルトラサンムーン公式サイト

ポケモンUSUMの注目記事

書き込み

最新を表示する

【PR】おすすめゲームランキング

攻略メニュー