チームコストの仕組みと編成のコツ

野球つくのチームコストの仕組みと編成のコツを記載してます。チームコストを上げる方法や、オーダー編成のコツを分かりやすく記載しているので、野球つく攻略の参考にしてください。

コスト

チームコストの上げ方と変動表

チケットとつくろう球で上げる

チームコスト+3

「チームコスト+3チケット」かつくろう球を5個使用することで、チームコストの上限を3上げられます。

チームコストが増えると、より自由に選手の編制ができるため、強いチームを作りやすくなります。

所属リーグと曜日で変動

コスト変動

オーナーレベルは所属リーグと曜日によって変動します。

土曜日から日曜日にかけてチームコストが大幅に下がるため、チーム編成を大きく変えなければいけない点に注意してください。

基本値
SS
145
145 146 150 152 155 160 160
S
145
145 146 150 152 155 160 160
A
140
140 141 144 145 147 150 150
B
135
135 136 139 140 142 145 145
C
130
130 131 134 135 137 140 140
D
125
125 126 127 128 129 130 131

編成のコツ

メイン打線に優秀な選手を配置

郭泰源

上位打線やクリーンナップに、高コスト高レアリティの優秀な選手を配置するのがおすすめです。野手戦力の上昇値を参考にして、より強い選手を配置しましょう。

強打者ばかりの編成になりがちですが、上位打線、クリーンナップ、下位打線それぞれ適正のある選手を入れるように心がけましょう。

チームコストに上限があるので、控えの野手や投手は低コストで抑えて、メインのプレイヤーにコストを割きましょう。

最大チームコストに合わせて編成

コスト

毎日チームコスト上限が変化するので、最大のチームコストになるようオーダー編成しましょう。

ペナント終盤になるにつれてコストが上がるため、オーダー編成を変更しないと変化したコスト分を損してしまいます。

各守備適正に合わせて配置

守備変更

各選手には得意なポジションが設定されているので、カード詳細のポジション適正を参考にして、適切な配置を心掛けましょう。

打順適正がバランス良くなるよう配置

打順適正

打順変更で打順適正をバランス良く配置することで、打線のつながりを上げられます。折れ線グラフが高いほど繋がりが良くなるので、編成の参考にしましょう。

先発は5試合以内に登板させない

三浦スランプ中

一度先発で登板した投手を、5試合以内に先発に設定するとスランプになってしまうので、登板しないようにしましょう。

スランプ状態の選手は大幅にパラメータがダウンしていまいます。

▶スランプの脱出方法と発生条件はこちら

調子の良い選手を使う

内川好調

調子の良い選手はパラメータが高くなるため、より試合で勝ちやすくなります。

調子は「最高」「良い」「普通」「悪い」「最悪」の5段階あり、カード詳細の「調子バイオリズム」で今後の調子の変化を確認できます。

ベンチはコスト1を配置

ベンチ

スタメンに優秀な選手を配置したいため、ベンチにはコスト1の選手を配置して、スタメンに多くコストを割けるようにしましょう。

また、ベンチの選手が試合に出づらくするために、監督采配で代打を消極的に設定しましょう。

中継ぎとセットアッパーに低コストを配置

中継ぎ

中継ぎとセットアッパーは、他のポジションと比較すると試合にあまり影響を与えないので、低コスト選手を配置しましょう。

ただしコストに余裕がある場合は、中継ぎの第一投手に優秀な選手を設定すると、チームの安定感が増します。

監督采配は先発投手をより活躍させるために、先発重視に設定しましょう。

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー