中継ぎ投手の育成は必要なのか?

野球つく(やきゅつく)の中継ぎ投手の育成について紹介しています。中継ぎ投手の良い育成方法やコスト配分などを詳しく記載してます。野球つく(やきゅつく)の中継ぎ投手の育成方法の参考にしてください。

中継ぎ投手

育成は必要なのか?

中継ぎ投手は、先発投手がスタミナ切れになり打ち込まれそうな時に登板し、抑え投手まで繋ぐ投手なため非常に大事な役割を果たします。

つまり中継ぎ投手は、試合で勝利するための重要なポジションであり育成は必要です。

また、コスト規制があるため中継ぎ投手にあまりコストを使えないので、低コスト選手を育成する必要があります。

育成方法

スキルや留学で育成

中継ぎ投手の育成方法は、まず無駄な四球を減らすため制球力が求められ、次にキレのある投球ができるように球威力と球速をスキルや留学でステータスを上げましょう。

また、投球イニングは少ないため、体力のステータスは低めでも大丈夫です。

育成のおすすめは、年齢が若く低コストの選手を留学に行かせ、能力を大幅に上げると総コストを抑えられ、オーダー編成しやすいです。

コスト配分

中継ぎ

中継ぎ投手のコスト配分は、試合に出る回数や投球回数が少ないためコストを多く使用したくない場合がほとんどです。

中継ぎ投手に高コスト選手ばかりを使用してしまうと、先発投手や野手にあまりコスト配分できません。

中継ぎ投手の登板する頃には試合に負けてるケースが多いため、コスト配分は極力抑えましょう。

おすすめの中継ぎ投手

選手/コスト おすすめ理由
一岡竜司一岡竜司/5 ・フォークボールがAランク
・体力以外の数値が700以上
・球速151キロで球威がある
佐藤達也佐藤達也/5 ・球速と球威が優秀
・スライダーがAランク
・球速156キロで球威がある
井口和朋井口和朋/4 ・球速と球威が優秀
・変化球が4種類
・年齢が若く留学で能力大幅UP
熊原健人熊原健人/2 ・コスト消費が少ない
・球速がAランク
・年齢が若く留学で能力大幅UP
濱矢廣大濱矢廣大/1 ・変化球が5種類
・コスト消費が少ない
・年齢が若く留学で能力大幅UP
もっと見る

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー