ドラゴンクエスト11

ドラクエ11(ドラゴンクエスト/DQ11)~過ぎ去りし時を求めて~の攻略Wikiです。PS4・3DSのストーリー攻略や発売日などの最新情報を随時更新していくので、ドラクエ11を攻略する際の参考にしてください。

7/29(土)に発売決定!

7/29(土)発売

発売日発表会生放送まとめ

2017/7/29(土)に発売されることが発表されました!

予想されていた30周年期間内での発表とはなりませんでしたが、実機プレイ映像などが公開されたので「発売日発表会生放送まとめ」をぜひご覧ください。

発売日 2017/7/29(土)発売
機種/ハード PS4/3DS/ニンテンドースイッチ
ジャンル RPG
メーカー SQUARE ENIX
価格 PS4版:8,980円(税抜き)
3DS版:5,980円(税抜き)
ダブルパック:14,960円(税抜き)
switch:不明(後発)
公式サイト 公式サイトへ
予約情報 4/11(火)予約受付開始
生放送で公表された内容
販売価格と購入特典 乗り物になるモンスター登場
ふっかつのじゅもんが復活 ちいさなメダルは存在する
バトルシステム カウントダウンカーニバル
みんなのスライム ドラクエライフ

最新動画

2機種混合プロモーション映像

PS4版プロモーション映像

3DS版プロモーション映像

その他最新/予想記事
新モンスター一覧 カジノ実装決定
真のぱふぱふ モンスターは仲間になる?
オンラインプレイ ふっかつのじゅもん
効率的なレベル上げ キャンプシステム
ちいさなメダル 職業と転職システム

PS4・3DS・スイッチの違い

ハードの違い

比較一覧 PS4 3DS
ジャンプ あり なし
エンカウント シンボル シンボル/ランダムを選べる
戦闘 フリー移動バトル
オートカメラバトル
3Dモード
2Dモード
戦闘中グラ 3D表現 3D/ドットを選べる

PS4は3Dの迫力満点

PS4の場合は地形に高低差があり、ジャンプなどを用いて街の探索が可能です。戦闘についてはどちらも従来のコマンド入力式を採用していますが、敵との遭遇(エンカウント)は大きな違いがあります。

PS4は、敵キャラクターと接触することにより戦闘が始まるシンボルエンカウント式を採用していて、うあまに乗った状態でぶつかると、自分より弱い敵を吹き飛ばして戦闘を回避できます。

3DSは昔ながらのドットバトル

3DS版はシンボルエンカウントとランダムエンカウントを選べるようになっていて、温かみのある昔ながらのドット画のバトルを楽しめます。

スイッチは詳細不明

ドラクエ11は、据置型ゲーム機のPS4と3DSに加え、任天堂の最新ハードである「Nintendo Switch」でリリースされます。

Nintendo Switchでのプレイムービーはまだ公開されていないため、スイッチコントローラーを活かした挙動があるかどうかなどは不明です。

主人公キャラ一覧

主人公イレブン ・イシの村で暮らす青年
・勇者の生まれ変わり
・左手に紋章のアザをもつ
・ギガスラッシュのような剣技を放つ
カミュカミュ ・義理堅く、情に厚い
・主人公同様に剣技を振るう
・二刀流可能
名前不明の魔法使いキャラセーニャ ・ハープを扱う僧侶キャラ
・ムービーでは魔法を使用
・ベロニカの姉?
名前不明の少女魔法使いキャラベロニカ ・ベギラマなどを使用する魔法使い
・ムービーに外見が酷似した大人の女性が登場
・セーニャの妹?
名前不明のレイピア使いキャラシルビア ・サーカス団で芸をする男性
・ナルシスト風な登場シーン
・ハッスルダンスなど習得?
名前不明の爪を使う初老キャラロウ ・商人のような風貌の男性
・ムービーでは爪を使用
名前不明の女性格闘キャラマルティナ ・気高き女武闘家
・薙刀のような武器も装備可能?
エマエマ ・主人公の幼馴染み
・仲間にならない可能性が高い
・エマをスライムから助ける場面から冒険が始まる

現在仲間になると思われる7キャラの名前と特徴が判明しています。各キャラの特徴や予想などを記載しています。

ドラクエ11キャラ一覧はこちら

過去作との関係性と共通点

ドラクエ1との関係性が深い

ドラクエ1

ドラクエ11はドラクエ1と関係性があることが公式で発表されています。ドラクエ11のロゴとドラクエ1のロゴを比較すると、堀井雄二さんが語っているように左右反転をしたようなデザインとなっています。

また、ドラクエ11の公式トレーラーからもわかる通りBGMもドラクエ1を連想させるものとなっています。

ロトの剣という決定的な共通点

主人公

こちらも公式トレーラーを見てわかる通り、ドラクエ11の主人公が「ロトの剣」を持っている様子が伺えます。ドラクエ11の世界「ロトゼタシア」というのも意味深ですね。

ドラクエ1の主人公「ロト」を明らかに連想させており、ここから考察できるのは、ドラクエ1~ドラクエ3【ロト篇】の続編もしくはドラクエ11自体が過去の物語の可能性もあります。

ロト篇の時系列

シリーズ 時系列
ドラクエ3 勇者オルテガの息子が「ロト」の称号を受け勇者ロトとなる
ドラクエ1 勇者ロトの活躍から300年後の物語
ドラクエ2 更に100年以上先の物語

過去作の物語や共通点からドラクエ11攻略班の予想では

  1. 1.ドラクエ3よりも過去の物語
  2. 2.ドラクエ1よりも過去の物語
  3. 3.ドラクエ1の後の物語

となりました。

ロトゼタシアという名の大陸が舞台となるため、ドラクエ11の時系列の中で「ロト」という名前が生まれたのではないか?と予想できます。もしくは、ドラクエ1よりも過去ドラクエ3の続編という流れです。

主人公=竜王の生まれ変わり説はなくなる

主人公の衣装と竜王の衣装の色などが似ていることから、主人公は竜王の生まれ変わりではないか?という噂がありましたが、主人公は「勇者」の生まれ変わりであることが公表されています。

ただし、デルカダール王の台詞に「勇者は悪魔の子」という内容が含まれており、それが原因で追われていることも明らかになりました。

竜王との関係性はないものの、何かしらの影を背負っていることは間違いないでしょう。

ストーリーと世界観の考察

ロトゼタシア

旅の始まりはイシの村

主人公が住む「イシの村」が旅の始まりとなります。

16歳になった主人公とエマが成人の儀式をするところから物語が始まります。

デルカダールに向かう主人公

主人公VSデルカダール王

王国デルカダールに向かった主人公はデルカダール王と会うことを許されますが、デルカダール王の口から「勇者は悪魔の子である」と言われ突如追われることになります。

逃げ出す際の映像にカミュが映っていることから、この直後に何かしらの形でカミュと遭遇することになることが予想できます。

しかし、ここで気になるのは「エマ」。映像だけを見れば主人公とはぐれてしまっている可能性もあります。どこかで再会することになるのでしょうか?

掲示板

発売日情報や最新情報、攻略情報の共有など、ユーザー同士の交流にご活用ください。

雑談質問掲示板はこちら

攻略メニュー
矢印 トップへ