ドラクエ11最新情報まとめ【5/24更新】

ドラクエ11(DQ11)の最新情報や発売情報を掲載しています。情報が判明次第随時更新していくので、ドラクエ11の最新情報や攻略の参考にして下さい。

最新情報

7/29(土)に発売することが決定!

7/29(土)発売

ドラクエ11の発売日が2017/7/29(土)になることが発売日発表会にて公表されました。任天堂スイッチでの発売日は後発になるようですが確定。

発売日発表会で公表されたその他の最新情報もまとめているので、ぜひご覧ください。

▶発売日発表会の詳細はこちら

新たな仲間ロウとマルティナ

ロウとマルティナ

主人公たちの新たな仲間として、謎の老人「ロウ」と女武闘家「マルティナ」が追加されました!

マルティナは職業が武闘家ですが、ロウの職業は判明されていません。しかし、ロウは1度に3回攻撃が可能なツメを装備できることが判明しています。

2人が横並びで話かけているシーンのため、同時に仲間になる可能性が高いです。

▶登場キャラの一覧はこちら

新たな仲間旅芸人シルビア

シルビア

主人公の新しい仲間としてオネエ口調が特徴の旅芸人「シルビア」が追加されました。

プロフィール画面ではトランペットとリコーダーをあわせたような楽器を持っていますが、戦闘中にレイピアを持っている画面も出ています。

ドラクエ8のククールのように速さが高く、サポート重視のキャラクターではないかと予想できます!

▶登場キャラの一覧はこちら

キャンプシステム

キャンプ

ドラクエ11では新たなシステムとしてキャンプが実装されました。キャンプ内ではHPの回復やデータのセーブ、よろず屋で買い物が行えます。いままで教会で出来たことが新たにキャンプで出来るようになっているようです。

新たな町

サマディー城下町

サマディー城下町

タペストリーがかかった大きな建物がサマティー城でしょうか。城というよりかは宮殿のような雰囲気を醸し出しています。

ダーハルーネ町

ダーハルーネ町

町に運河が流れている活気のありそうな町です。人が集まっているまちなのでもしかしたらカジノが存在する町かもしれません。

デルカダール城下町

デルカダール城下町

町の人に近づくと吹き出しが出現します。色によって物語やクエストの鍵を握っているキャラどうか分かるようです。

新たなフィールド

ソルティアナ海岸

ソルティアナ海岸

目の前に城と海が見える花畑のような海岸です。花畑にモンスターが擬態したり潜んで急に襲い掛かってきそうです。

白の入り江

白の入り江

城の入り江は目の前に岩がいくつも並んでいます。周りに何もないことから、特定の道具で何かイベントが起こる地域でしょうか。

デルカダールの丘

デルカダールの丘

夜にしか出現しないランタンこぞうが写っています。奥には教会のような建物が見えますが、キャンプと役割が被ってしまうためルーラの目印用でしょうか。

メダチャット地方・北・渓谷地帯

メダチャット地方・北・渓谷地帯

今までになかった細い足場のフィールドも存在します。敵に襲われたら回避ができなさそうです。

ホムスビ山地

ホムスビ山地

光っている場所を調べると、ランダムで鉱石や果実が入手できるようです。

デルカダール地方・旅立ちの丘

デルカダール地方・旅立ちの丘

PS4版のみ、馬に乗った状態でモンスターに当たるとモンスターを吹き飛ばせるようです。

新たなダンジョン

デルカダール神殿

デルカダール神殿・神像の間

デルカダールという名称がついているため、最初に訪れるダンジョンかもしれません。

荒野の地下迷宮

荒野の地下迷宮・地下1階

「くさったしたい」と「どろにんぎょう」が見えます。画面は戦闘中ではなくシンボルエンカウント時と思われます。

古代図書館

古代図書館・1階

主人公が手をかざしている緑の玉はダンジョンの謎解き要素でしょうか。それとも武器や防具の素材になるグリーンオーブでしょうか。

宝の山

お宝

左上にダンジョン名、左下にマップが表示されていないことからイベントムービー中かと思われます。ボスが登場しそうな雰囲気です。

新たな仲間ベロニカとセーニャ

ベロニカとセーニャ

公式より新たな仲間キャラであるベロニカとセーニャが発表されました。赤い服のキャラがベロニカ、緑の服のキャラがセーニャです。

ベロニカは公式の紹介で天才少女と謳われており、炎の攻撃呪文を放ったことから攻撃系の魔道士である可能性が非常に高いです。

セーニャは回復呪文で手助けをするキャラといった説明のため、回復がメインのキャラであることは間違いないです。手に持っているハープが武器なのか道具なのかは不明です。

勇者は悪魔の子

悪魔の子

2017年3月6日発売の週刊少年ジャンプで、主人公は悪魔の子と言われて王族に取り囲まれているシーンがありました。

インターネット上の噂では、主人公の服装の色やタイトルのロゴがドラクエ1に酷似していることから、主人公は竜王の生まれ変わりと言われていました。

しかし伝説の勇者の生まれ変わりと公式で出ていたため、何か別の観点で悪魔の関係性がありそうです。

2月22日発売Vジャンプの内容

  • ・最初から馬に乗れるのはDQ史上初
  • ・成人の儀式から物語が始まる
  • ・主人公が剣を掲げると命の大樹が光る竜に変化する
  • ・主人公が手にしている剣はロトの剣
  • ・カミュは牢獄で捕らえられている
  • ・ドラゴンに乗れる

上記の通りオープニングムービーの内容を考察したのみで、新たな情報は出ませんでした。

ニンテンドースイッチ3/3に発売決定!

switch

2017年1月13日に、任天堂の生放送で新たな次世代ハード機となるニンテンドースイッチの発売日と価格が発表されました。

同時にドラクエ10とドラクエ11、ドラクエヒーローズ1.2のタイトルが発表されましたが、発売日は未定のまま終わりました。

発売日は5月か

2017年1月12日に発売した週刊ファミ通のインタビュー記事で、ドラクエ11のプロデューサーである斎藤陽介さんがニーアオートマタの次に出せればいいと発言をしていました。

ニーアオートマタは2017年2月23日に発売されたため、ドラクエの30週年記念に合わせてくると考えると5月に発売する可能性が高いです。

NHKドラクエ30周年特番情報

ドラゴンは自分で操作可能

ムービーで登場していたドラゴンはイベントだけでなく新たな乗り物のようです。ドラクエ8のレティスのように、飛ばないと行けない地形があるかもしれません。

ドラクエ11は全て新曲

ドラクエシリーズの音楽を手がけているすぎやまこういちさんが、曲は全て新曲とのコメントをしていました。

オープニングテーマはムービーで流れていたため、オープニングは変わらずアレンジのみとなりそうです。

船が存在する

ゲームを操作している映像で、ゲーム画面で船に乗っていることが確認できました。

船に乗らなければ行けない場所や島などがあると予想できるため、隠し要素は多そうです。

ふしぎな鍛冶で武器を作成

キャンプメニューの中にふしぎな鍛冶をするというメッセージがあり、その後武器作成の画面が確認できました。

画面では魔除けゾンビキラーとまよけの聖印を合成してゾンビバスターを作っていましたが、製品版でこの通り出来るかは不明です。

公式サイトがリニューアル

12月26日にDQ11の公式サイトがリニューアルされました。

ここまでに出た情報がほとんどですが、高画質で確認できるほか細かい設定などが確認できます。

ジャンプにて新情報が公開

週刊少年ジャンプにて、様々な新情報が公開されました。

  • ・主人公の手の甲には紋章のような形のアザがあり、危機が迫ると光り何かが起こる
  • ・主人公とエマ(幼馴染)が髪の岩に登儀式を受ける
  • ・大地の精霊の存在
  • ・OPなどで映る大木は「命の大樹」であること
  • ・勇者は大樹と心を通わせることができる
  • ・カミュは主人公の兄貴分として主人公を導く

Switchでの発売が確定

12月19日に任天堂公式サイトで公開されたページにて「本作はニンテンドースイッチでの発売も予定されています」という一文があり、Switchでも発売されることが確定しました。

ただし、PS4版と3DS版の開発すら困難を極めているようで、Switch版の発売はPS4・3DSよりも後になりそうです。

DQ11のOPムービーが公開

12月17日のジャンプフェスタにて、DQ11のOPムービーが公開されました。

主人公の仲間キャラが多数登場している他、最後には主人公がロトの剣がかざすシーンが印象的です。

ジャンフェス発表情報

画像まとめ

ジャンフェス

司会はドラクエ10の番組を担当している椿姫彩菜さん

堀井雄二さん

堀井雄二さん、齋藤洋介、内川ディレクター

ドラクエ11

ドラクエ11のロゴ

PS4と3DS

PS4と3DSで発売

主人公

16歳になった主人公が冒険に出るところから物語がスタート

カミュ

主人公が勇者であると知っている、頼れる相棒カミュ

ワールドマップ

ドラクエ11はロトゼタシアという世界

フィールドマップ

美麗な3Dフィールドマップ

馬に乗れる

馬に乗って移動可能

その他発表内容

  • ・カジノはドラクエ11にもあり、PS4と3DSで遊べる内容が違う
  • ・真のぱふぱふにたどりつく?!
  • ・3DS版ではすれ違い通信可能
  • ・PS4版では別の魅力のものを用意

 特別番組「ドラゴンクエスト30th~そして新たな伝説へ~」

NHK総合にて特別番組「ドラゴンクエスト30th~そして新たな伝説へ~」が放送されました。番組内容はドラクエ11の制作現場に密着した内容でテレビの取材はほぼ初めてとのこと。

放送では堀井雄二さん、すぎやまこういちさん、鳥山明さんに取材を行い、さらに30年前のドラクエ制作に至るストーリーをドラクエ風に再現したアニメで紹介しました。

他にも番組内での効果音やテロップなどあらゆる所でドラクエの要素を盛り入れ、原作ファンには嬉しい内容の放送でした。

dq11_nhk1

堀井雄二さんの取材内容

堀井さんは「プレイヤー目線」にとてもこだわっており1つのゲームを何年もかけ、最初に感じた「第一印象」を失わないように作っているそうです。堀井さんはゲームが好きで、番組取材時でも休憩時間に夢中でスマホゲームをしていました。

また、堀井さんは普段は気さくで制作現場は和やかな空気で作業をしていまいた。

すぎやまこういちさんの取材内容

音楽担当である、すぎやまこういちさんはバイタリティー溢れてとても元気の良い方でした。また、すぎやまさんも普段からゲームをしておりゲームが好きとのことです。

すぎやまさんは楽器は弾けないが頭に浮かんでくるメロディーを譜面にしており、作曲もパソコンで行っているとのことです。

鳥山明さんの取材内容

鳥山明さんに関しては、直接取材ではなく出版社の編集長を通して取材を行いました。

取材で鳥山さんは、ただ格好いい絵を描いておしまいではなくキャラクターデザインは全てゲームになったときの動きを想定し、描いているそうです。修正依頼がきても「こういうデザインのほうが剣を抜く動きが勇者らしいと思うから、このままで」と自分のデザインにこだわりを持っていました。

 NHKのドラクエ30周年記念番組にてドラクエ11の開発現場に直撃取材!

NHK総合にて2016年12月29日(木)22時より「ドラゴンクエスト」の特集番組が放送されました。

ドラクエシリーズの生みの親である『堀井雄二』さんと音楽を担当する『すぎやまこういち』さんが語る貴重なエピソードを元に30年続くドラクエシリーズの魅力を特集する番組です。シリーズ最新作であるドラクエ11の開発現場への独占密着取材を行い、その様子も放送されました。

ニンテンドースイッチ発表!

2016年10月20日にこれまで「NX」と呼ばれていた任天堂の次世代ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が発表されました。2017年3月3日に発売され、携帯機の液晶画面でもテレビ画面でも遊べる携帯機+据え置き機でコントローラー部分を外して使える画期的なゲーム機です。

またドラクエ11もSwitchで発売予定とのことですが情報が少ないため、発売日がPS4版・3DS版よりも後になる可能性があります。

ニコニコ生放送に堀井さんと齋藤プロデューサーが登場

2016年9月29日のニコニコ生放送にて堀井さんと齋藤プロデューサーが登場。ドラハと呼ばれるドラクエ10初心者大使たちが住んでいるシェアハウスで放送を行っており、 齋藤プロデューサーが事前にツイッターで行くと宣言していましたが、一緒に堀井さんまで来て場が騒然としました。

番組内で斎藤プロデューサーは「昼から22時頃までずっと打ち合わせしててご飯を食べてない」と発言し、視聴者の「ドラクエ11いつ発売?」といったコメントには「そんなこと答えられるか!」と笑いながら答えていました。

またPS2版ドラクエⅤやドラクエⅧのチーフプロデューサーである三宅有さんも登場しました。

CEDECでのドラクエ11の情報が!

2016年8月26日に開催されたCEDECのゲーム開発者向けセミナーにて、最後の余った時間でドラクエ11に関する情報がありました。

セミナーでは

  • ・「昨日(8月25日)も堀井さんと斎藤プロデューサーと一緒に5,6時間の打ち合わせを行った。」
  • ・「シナリオ自体はラスボスまで出来ている」
  • ・「マップやシナリオをゲームに実装して、それを触りながら詳細を積めている段階」
  • ・「ダンジョンを見て「ちょっと長すぎる」という指摘があった」
  • ・「チェックには1エピソードに3時間くらいかかっている」
  • ・「作業は3DSの3Dモードで行い、仕様が固まり次第2DモードやPS4版に反映する」
  • ・「最終的には全ハードでチェックはするが、最初は3DSでチェック。」
  • ・「ドラクエ11にはカジノがある」
  • ・「復活の呪文もあり。チートの心配もあるが、チートは出来なくしてある」

と語っていました。

ドラクエ30周年プロジェクト発表会での新情報

2016年1月13日に「ドラクエ30周年プロジェクト発表会」が開催。

冒頭で三宅有さんから「今日はドラクエ11の発表はありません」と宣言されましたが、最後に少しだけ堀井雄二さんから「物語部分はすでに完成しており、3DS・PS4でも動く」「ボリュームは多いのでまだ完成まで時間がかかる」と情報がありました。

また市村プロデューサーから30周年と言うのは「2016年5月27日~2017年5月26日」と補足があり、ドラクエ11は30周年プロジェクトの最後にあたるそうなので、発売日は2017年5月頃の可能性があります。

ドラクエ30周年プロジェクト発表会開催!

2016年1月13日に「ドラクエ30周年プロジェクト発表会」が開催されました。

「ドラクエ30周年プロジェクト発表会」後に発売予定のドラクエシリーズは以下の通りです。

ドラゴンクエスト11 3DS版とPS4版が同時発売。2017年5月頃発売の可能性があります。
ドラゴンクエストビルダーズ マインクラフト風ゲーム。2016年1月28日発売されました。
ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3 3DS用ゲーム。モンスター同士で対戦でき、2016年3月24日に発売されました。
ドラクエヒーローズ2 PS3版、PS4版、PSVita版で発売。無双シリーズのように大量の敵を倒していくゲーム。
2016年5月27日に発売されました。
ドラゴンクエストモンスターバトルスキャナー 2016年6月23日に稼動開始したトレーディングカードアーケードゲーム。
PS4版・Switch版ドラクエ10 現在Wii U版・Win版・3DS版等数々のプラットフォームでプレイできるオンラインゲーム。
PS4版とSwitch版の発売が予定されています。

Vジャンプにインタビュー記事が掲載

2015年8月21日発売のVジャンプ10月号に堀井雄二さんへのインタビューをまとめた記事が掲載されました。

新しい情報は以下の4点です。

  • ・堀井雄二さんが現場に戻って開発に関わること
  • ・「過ぎ去りし時を求めて」とはゲーム内のシナリオの他に、これまでの歴史を追うように2D・3D・フル3Dといった様々なドラゴンクエストを体験できるという意味も込めている
  • ・3DS版に関しては最終的に2Dか3Dを選ぶことになるが、途中で変更が可能な他、イベントシーンを2D/3Dで振り返る機能を実装する予定
  • ・PS4版と3DS版にシナリオの違いは無く、どちらも物語を完全に楽しめる。

スクリーンショットが大量公開

2015年8月13日に大量のスクリーンショットが公開されました。

PS4

PS4フィールドフィールドマップの画像 ムービーでは無く実際に歩くマップとのことです

PS4町並み1

PS4町並み2とある城下町の一角だそうです

PS4バトルリップスとの戦闘画面

3DS

3DSフィールドフィールド画面です
上画面では敵がシンボルで表示されますが、下画面ではランダムエンカウントです

3DS町並み1街の風景です。おなじみの井戸もしっかり登場します。

3DSバトル13Dモードの戦闘画面

3DSバトル22Dモードの戦闘画面

3DSイベント初戦闘と思われるイベントシーン

Vジャンプにて発表会追加情報

Vジャンプに7月28日の発表会にて発表されなかった情報が見つかりました。

「ニンテンドー3DS版は序盤は上画面では3D画面、下画面では懐かしのドット絵表示で連動してゲームが進行!あるタイミングからは、2つのモードのどちらかを選んで遊ぶことができるそう!」という文章です。

堀井雄二さんは「いつでも切り替えられる」と発言していたため、設定によって2Dと3Dを変更できるようになるようです。

DQ11正式発表!

2015年7月28日にDQ11がついに正式発表を迎えました。

DQ11ロゴ

サブタイトルは「過ぎ去りし時を求めて」、PS4・3DS・NX(ニンテンドースイッチ)での発売を予定していることを明かしました。

プロデューサーはDQ10から引き続き齋藤陽介さんが、キャラデザインは鳥山明さんが務めます。

発売日は30周年のうちを目指すそうで、2016年5月27日~2017年5月26日の期間に発売されると予想されます。

また、実機プレイする様子も公開されました。

実機プレイPS4

実機プレイ3DS

PS4ではシンボルエンカウント方式でバトルが、3DSでもアナログパッドで操作している場合はシンボルエンカウント(上画面依存)、十字キーで操作している場合はランダムエンカウント(下画面依存)になるという情報も公開されました。

「ニコニコ超会議3」にて次回作をほのめかす発言

2014年4月27日に開催された「ニコニコ超会議3」のDQ10のイベント内にて、機材トラブル対応の時間稼ぎとして急遽トークイベントを行いました。

そのトークイベント内で堀井雄二さん(DQシリーズのゲームデザイナー)が「次のを作っている」という発言をしました。

齊藤陽介プロデューサーは「次と言ってもDQ10の3rdディスクとかかもしれない」とフォローしたものの、DQ9のプレス発表会でもDQ10に関する情報を発言していたため、ここでDQ11に関する噂が広まりました。

  • LINEで送る

書き込み

ご指摘、ご意見、ご感想などなど、 あなたのコメントをお待ちしてます!

最新を表示する
    1 たけし

    4/4更新って古い情報じゃないですか。。。


矢印 トップへ