Appleの新サービス「Apple Arcade(アップルアーケード)」最新情報まとめ!価格や配信ゲームは?

arcade

Appleの新サービスApple Arcade(アップルアーケード)についての情報をまとめました。多くのクリエイター陣のオリジナル作品を含む100タイトルを超える新作ゲームをプレイでき、世界初のゲームサブスクリプションサービスとして注目されています。Apple Arcadeが気になる人は参考にしてください。

「Apple Arcade」とは?

Appleは「Apple TV+」や新タイプのクレジットカード「Apple Card」に続き、世界初のゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を発表しました。定額を払い100以上のApple Arcade独占ゲームのプレイや有料ゲームも楽しめる画期的なサービスとなっています。

世界初のゲームサブスクリプションサービス

Apple Arcadeは、世界初のゲームサブスクリプションサービスです。定額料金を支払って加入することにより、100タイトルを超える独占公開の新作ゲームをプレイすることが可能です。全てのゲームを制限なくプレイでき、従来のスマホゲームのように追加課金も必要ありません。

1つのプランを契約するだけで、App Storeにある有料ゲームをプレイすることができます。いつでも好きな時に気軽にゲームができるApple Arcadeは、サブスクリプションサービスとゲームが好きなユーザーが最大限にマッチした画期的サービスと言えます。

伝説的クリエイター坂口博信氏の新作ゲームも配信

Apple Arcadeでは、定評のあるデベロッパーと一流スタジオだけではなく、ファイナルファンタジーの生みの親でもある坂口博信氏ケン・ウォン氏、ウィル・ライト氏といった伝説的クリエイター陣が作り出す新作オリジナルゲームをプレイすることが可能です。

あらゆる年齢のプレイヤーにとっての魅力を基準に厳選されており、それらを作り出す多数の著名クリエイターが新作ゲームを定期的に配信していきます。

オフラインでスマホゲームがプレイできる

Apple Arcadeは、アーケードに追加されるタイトルに関しては、ダウンロードしてオフラインでプレイすることが可能となっています。スマホゲームをする上で外出時の通信制限がネックな部分がありましたが、Apple Arcadeはその点を克服しています。

また、電車や飛行機など電波が悪かったりそもそも通信ができないような環境下でもプレイできるため、いつでも気軽にゲームをより一層楽しむことが可能です。

Apple ArcadeとSTADIAの違い

Stadia

先日Googleが発表したゲームプラットフォーム「Stadia」とは何が違うのか、簡潔に言うとStadiaは新プラットフォームサービスで、Apple Arcadeは、App Storeという世界最大規模のプラットフォームにApp Arcadeというサービスが追加される形式です。

プラットフォームの壁を無くす「Stadia」に対して、Apple ArcadeはApp Storeというプラットフォームに厚みをもたらすサービスとなっています。

Googleの新ゲームプラットフォーム「Stadia」とは?

サービス配信時期

arcade4

Apple Arcadeは、2019年秋に150か国以上でApp Storeの新しいタブから提供開始されます。iOS、macOS、tvOSのどれでも利用することができ、様々なデバイスで登録、ゲームプレイが可能となっています。

価格

Apple Arcadeは、定額を支払い加入するサブスクリプション形式のサービスで、現状価格は明かされていません。価格が分かり次第情報更新していきます。

配信ゲーム

Sonic Racing
arcade2

<ゲーム名>
「Sonic Racing」
<配信時期>
2019年後半
<デベロッパー>
SEGA

Oceanhorn 2: Knights of the Lost Realm
arcade3
<ゲーム名>
Oceanhorn 2: Knights of the Lost Realm
<配信時期>
2019年後半
<デベロッパー>
Cornfox & Bros.
Projection: First Light
arcade5
<ゲーム名>
Projection: First Light
<配信時期>
2019年後半
<デベロッパー>
Blowfish Studios
Enter The Construct
arcade6
<ゲーム名>
Enter The Construct
<配信時期>
2019年後半
<デベロッパー>
Directive Games Limited
Beyond a Steel Sky
arcade7
<ゲーム名>
Beyond a Steel Sky
<配信時期>
2019年後半
<デベロッパー>
Revolution Software
LEGO Brawls
arcade8
<ゲーム名>
LEGO Brawls
<配信時期>
2019年後半
<デベロッパー>
LEGO

SEGAやLEGOなど世界的ゲームデベロッパーのゲーム作品がApple Arcadeで遊ぶことが可能です。今後も様々なデベロッパーからApple Arcade独占でプレイできるゲームの情報が明かされていくと思われます。

クリエイターとの連携で世界的なゲームがプレイ可能

Appleは、ゲーム開発費用を助成してクリエイターと連携することで様々なゲームを生み出します。世界的に高く評価されているゲームデベロッパー達が作り出すApple Arcadeゲームをプレイすることが可能となっています。

世界的クリエイター、ゲームデベロッパーがApple Arcadeの独占公開の新作ゲームを作り出していきます。Apple Arcadeじゃないとプレイできないハイクオリティのゲームをプレイできる上に、広告が表示されたり追加料金が発生することもありません

全ての有料ゲームがプレイできるかは不明

Apple Arcadeは、App Store内の有料ゲームがプレイできるサービスですが、現在配信されている全ての有料ゲームがプレイできるかは不明です。Apple Arcadeはプランがいくつかあるようなので、プランによってプレイできる有料ゲームの数が変動する可能性もあります。

現在有料ゲームには、100円程のものから5000円以上するゲームが存在しています。これがもし1つのプランで全てプレイできるとなると、そこそこの値段が発生するのではないでしょうか。

Apple Cardで支払うと還元される?

card

今回Apple Arcadeと同時に発表があったApple Card(アップルカード)は、Apple StoreやApp Storeなどの買い物で3%、その他の買い物で2%還元されるクレジットカードです。

Apple Arcadeに対応しているかはまだ不明ですが、もし対応していればApple Cardで支払うことをおすすめします。

書き込み (AppleArcade最新情報まとめ)

最新を表示する

【PR】おすすめゲームランキング