【2024年版】原神のゲーミングPCおすすめ13選!推奨スペックやノートPCも紹介

原神のおすすめゲーミングPC13選

原神のプレイにおすすめゲーミングPCは?」
「原神の推奨スペックは?」

爆発的な人気を誇るRPGゲーム『原神(genshin)』。携帯で遊ぶと容量が多く、ゲーミングPCの購入・移行を考えている人もいるのではないでしょうか?

しかし、ゲーミングPCはたくさん種類があり、どのPCを購入すればいいか分からないですよね…。

当記事では、原神を遊ぶのにおすすめのゲーミングPCを紹介しています。高画質で原神を遊ぶ方法や、必要な周辺機器についても紹介しているので、PCで原神を遊びたい人は参考にしてください。

目的別おすすめゲーミングPC
XA7C-R36T(ガレリア)XA7C-R36T(ガレリア)
公式
【コスパ最強のPCがほしい人】
・価格:194,980円~
・性能が高いのに値段が安い
・最高画質で原神を楽しめる
RM5R-R36T(ガレリア)RM5R-R36T(ガレリア)
公式
【最安値で原神を遊びたい人】
・価格:139,980円~
・原神を問題なくプレイできる
・複数のゲームをやるには不向き
ROG Flow Z13(ASUS)ROG Flow Z13(ASUS)
公式
【ノートPCがほしい人】
・価格:289,800円~
・超薄型&超軽量
・デスクトップと遜色ないスペック

【総合】ゲーミングPCおすすめランキング

ゲーミングPC購入前に覚えておきたい3つのこと

ゲーミングPCはGPU(グラフィックボード)が重要

ゲーミングPCはGPU選びが重要

ゲーミングPCは、GPU(グラフィックボード)選びが非常に重要です。GPUの性能によって出力できるfps(フレームレート)が決まっており、高性能のGPUであれば144fps~240fpsも出力可能です。

fps(フレームレート)とは、簡単にいうと動画の滑らかさを示す単位です。数値が高いほど滑らかな動画になります。

原神を遊ぶときは、60fps出ていれば十分です(144~240fpsを出す必要はない)。最近のゲーミングPCであれば、容易に60fpsに張り付けるため、GeForce RTX 3060 Ti以上のGPUを目安にPCを選びましょう。

▼60fpsを出力可能なGPUをみる(タップで開閉)
  • 60fps出力可能なGPU例
    NVIDIAシリーズ
    GeForce RTX 3060 Ti GeForce RTX 3070
    GeForce RTX 3070 Ti GeForce RTX 3080
    GeForce RTX 3080 Ti GeForce RTX 3090
    GeForce RTX 2070 super GeForce RTX 2080 super
    AMDシリーズ
    Radeon RX6900 XT Radeon RX6800
    Radeon RX6700 XT Radeon RX6600 XT
  • ※1:フルHD基準でのfpsを記載しています
    ※2:PCやゲーム内設定で前後する可能性もあります

GPUがないPCでも原神は遊べる?

GPU(グラフィックボード)がない通常のPCでは、原神はほぼ遊べません。グラボがないPCの場合せいぜい10~20fps程度しか出せず、プレイに全く適していません。

画面の解像度を下げることでfpsを上げることができますが、原神を十分に楽しみたい人は、ゲーミングPCを購入して、快適な環境を整えてからプレイしましょう。

原神を遊ぶには100G以上のストレージ容量を用意

原神を遊ぶには100G以上のストレージ容量を用意

原神をプレイするためには、100GB以上のストレージ容量が搭載されているゲーミングPCを用意しましょう。原神は広大なマップを自由に探索できるオープンワールド仕様のため、保持しているデータ容量が大きくなります。

公式発表の推奨スペックでは、50GB以上のストレージ容量と公表されていますが、原神は現時点で60GBを超えています。今後も容量が増えていくことを考え、100GB以上のストレージが搭載されたゲーミングPCを購入しましょう。

ゲーミングPC一式の予算は約15万円

ゲーミングPC一式購入の予算は約15万円

原神をプレイするためにゲーミングPC購入を考えている人は、最低でも15万円は用意しましょう。原神をプレイするためには、PC本体だけでなく、マウスやキーボード、モニターなどの周辺機器を購入しなければいけません。

ゲーミングPC本体の価格が安いものもありますが、値段が安い=スペックが低くなりがちなので、安いPCだと原神がカクついてしまうなんてこともあります。原神をPCで遊ぶためには15万円ほどかかることは覚えておきましょう。

▼目的別おすすめPCをすぐに知りたい人はこちら

原神の推奨スペック

原神の推奨スペック

PCスペック 推奨スペック 必要スペック
OS Windows 7 SP1 64-bit
Windows 8.1 64-bit
Windows 10 64-bit
CPU Intel Core i7
(同等品でも可)
Intel Core i5
(同等品でも可)
GPU
グラフィック
ボード
GeForce GTX1060 GeForce GT1030
GPU RAM 8GB
ストレージ 50GB以上の空き容量

※参照:原神公式|推奨動作環境

原神の推奨スペックは、上記の通りです。推奨スペックとは、原神を快適にプレイするための条件として公式が発表しており、ストレスなくゲームを楽しみたい人の目安になっています。

しかし実際、推奨スペックを超えていても動作がカクついてしまうことがあります。より快適に原神を遊びたい人や、原神+αで何かをやりたい人は、余裕のあるスペックのゲーミングPCを購入しましょう。

【目的別】原神におすすめのゲーミングPC5選

結論!目的別おすすめゲーミングPC
XA7C-R36T(ガレリア)XA7C-R36T(ガレリア)
公式
【コスパ最強のPCがほしい人】
・価格:194,980円~
・性能が高いのに値段が安い
・最高画質で原神を楽しめる
RM5R-R36T(ガレリア)RM5R-R36T(ガレリア)
公式
【最安値で原神を遊びたい人】
・価格:139,980円~
・原神を問題なくプレイできる
・複数のゲームをやるには不向き
ZA9C-R49(ガレリア)ZA9C-R49(ガレリア)
公式
【高性能PCがほしい人】
・価格:449,980円~
・プレイ動画配信や編集も可能
・複数のゲームをやりたい方向き
ROG Flow Z13(ASUS)ROG Flow Z13(ASUS)
公式
【ノートPCがほしい人】
・価格:289,800円~
・超薄型&超軽量
・デスクトップと遜色ないスペック
G-Tune DG-I5G6TG-Tune DG-I5G6T
公式
【ゲーミングPC一式揃えたい人】
・価格:159,800円~
・グラフィック性能を十分に出力可能
・周辺機器の性能も非常に高い

【コスパ重視】性能も良い!XA7C-R36T(ガレリア)

XA7C-R36T(ガレリア)

値段 194,980円~
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-13700F
GPU NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti 8GB
メモリ 16GB (8GBx2) (DDR4-3200)
ストレージ 1TB SSD (NVMe Gen3)

XA7C-R36Tは、ガレリアで1番人気のモデルで、コスパ最強のゲーミングPCです。CPUはCore i7-13700Fを採用しており、処理速度が非常に高いのが特徴です。また、性能に対して値段はやや抑えめになっており、コスパがよいPCです。

XA7C-R36Tは、高画質設定であろうと余裕で60fpsを維持することができ、どんなときも原神を快適にプレイできます。PCスペックと値段のバランスが良く、今からPCを購入する人におすすめのゲーミングPCです。

公式サイトで詳細を見る

コスパの良いおすすめゲーミングPC

ゲーミングPC名 リンク 価格 CPU GPU メモリ ストレージ
LEVEL-R779-LC139KF-XL9X(パソコン工房)LEVEL-M7P5-LCR57X-SAX 
(パソコン工房)
公式 153,800円~ Ryzen 7 5700X GeForce RTX 3060 Ti 16GB 500GB NVMe SSD
G-Tune HN-Z-WA(マウスコンピューター)G-Tune EN-Z-WA
(G-Tune)
公式 164,800円~ Core i7-12700KF GeForce RTX 3060 16GB 500GB NVMe SSD

【低予算】15万円以下で買いたいならRM5R-R36T(ガレリア)

RM5R-R36T(ガレリア)

値段 139,980円~
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 5 4500
GPU NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti 8GB
メモリ 16GB (8GBx2) (DDR4-3200)
ストレージ 1TB SSD (NVMe Gen3)

低予算で原神を遊びたい場合は、RM5R-R36Tがおすすめです。RM5R-R36Tは15万以下で買えますが、原神をプレイするには十分なスペックを有しており、原神をプレイするだけなら、RM5R-R36Tを購入しておけば間違いありません。

ストレージも1TBと大容量なので、原神の今後のアップデートで容量が増えても安心です。マウスやキーボード、モニターにこだわらなければ、15万円あれば原神を遊べます。

公式サイトで詳細を見る

15万円以下で購入できるおすすめゲーミングPC

ゲーミングPC名 リンク 価格 CPU GPU メモリ ストレージ
GALLERIA UL7C-AA2(ガレリア)GALLERIA UL7C-AA2
(ガレリア)
公式 126,980円~ Core i7-12700H Arc A730M 16GB 1TB NVMe SSD
G-Tune DG-A5G1D(G-Tune)G-Tune DG-A5G1D
(G-Tune)
公式 139,800円~ Ryzen 5 4500 GeForce GTX 1660 SUPER 16GB 512GB NVMe SSD

【ハイスペック】高性能PCがほしいならZA9C-R49(ガレリア)

RM5R-R36T(ガレリア)

値段 449,980円~
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル Core i9-13900KF
GPU NVIDIA GeForce RTX 4090 24GB
メモリ 16GB (8GBx2) (DDR5-4800)
ストレージ 1TB SSD (NVMe Gen4)

ハイスペックのゲーミングPCがほしい人は、ZA9C-R49がおすすめです。原神をプレイするだけでなく、プレイ動画の配信や動画編集、複雑なプロミングなども行いたい人は、ZA9C-R49を購入しましょう。

GPUに最新のNVIDIA GeForce RTX 4090を採用しており、原神のハイクオリティの映像を存分に楽しめます。さらにハイスペックなゲーミングPCが欲しい人は、ドスパラでハイエンドPCを探してみましょう。

公式サイトで詳細を見る

ハイスペックなおすすめゲーミングPC

ゲーミングPC名 リンク 価格 CPU GPU メモリ ストレージ
LEVEL-R779-LC139KF-XL9X(パソコン工房) LEVEL-R779-LC139KF-XL9X
(パソコン工房)
公式 516,800円~ Core i9-13900KF GeForce RTX 4090 24GB 32GB 1TB NVMe SSD
OMEN by HP 45L(HP)OMEN by HP 45L
(HP)
公式 420,200円~ Core i7-13700K GeForce RTX 4080 32GB 1TB NVMe SSD

【ノートPC】持ち運びもしたいならROG Flow Z13(ASUS)

ROG Flow Z13(ASUS)

値段 289,800円~
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル Core i9-13900H
GPU NVIDIA GeForce RTX 2050 Laptop GPU 4GB
メモリ 16GB
ストレージ 500GB SSD
ディスプレイ 13.4型ワイドTFTカラー液晶

ゲーミングノートPCがほしい人は、ASUSが販売しているROG Flow Z13がおすすめです。デスクトップPCに引けを取らないスペックをしているにもかかわらず、薄さ14.3mm軽さ1.2kgいう薄型軽量で持ち運びしやすいのが特徴です。

外でも原神を遊びたい人は、ノート型のゲーミングPCを購入しましょう。ASUS公式サイトで購入すると、破損・自損に対するサポートも充実しているため、下記リンクからの購入がおすすめです。

公式サイトで詳細を見る

ノート型のおすすめゲーミングPC

ゲーミングPC名 リンク 価格 CPU GPU メモリ ストレージ
G-Tune P6-I7G60BK-A(G-Tune)G-Tune P6-I7G60BK-A
(G-Tune)
公式 249,800円~ Core i7-13700H GeForce RTX 4060 Laptop GPU 32GB 1TB NVMe SSD
Katana-15-B13VFK-2301JP(MSI)Katana-15-B13VFK-2301JP
(MSI)
公式 259,800円~ Core i7-13620H GeForce RTX 4060 Laptop GPU 32GB 1TB NVMe SSD

【セット購入可能】ゲーミングPC一式揃えたいならDG-A5G60(G-Tune)

DG-A5G60(G-Tune)

値段 159,800円~
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 5 4500
GPU GeForce RTX 3060
メモリ 16GB
ストレージ 512GB (NVMe)
周辺機器 液晶モニター : G-MASTER GB2470HSU-5
マウス:Logicool G304
キーボード:Logicool G213r
ヘッドセット:Logicool G331

ゲーミングPCを一式揃えたい人は、マウスコンピューターが販売しているDG-A5G60(スターター5点セット)がおすすめです。RTX 3060を搭載した高性能のゲーミングPC本体だけでなく、周辺機器4点がセットになった商品です。

リフレッシュレート165Hzのゲーミングモニターがついており、本体のグラフィック性能を十分に出力できます。マウスやキーボードは、プロゲーマーも多数使用しているメーカーLogicoolのものを採用しており、周辺機器の性能も非常に高い魅力的なセットです。

公式サイトで詳細を見る

原神をゲーミングPCで遊ぶメリット

PCのほうが操作性が高い

PCのほうが操作性が高い

原神をゲーミングPCで遊ぶメリットは、スマホに比べて操作しやすいことです。スマホの場合、画面内に操作ボタンがあるため、ボタンの押し間違いやボタンをちゃんと押せていないこともあります。

特にキャラチェンジは、スマホよりもPCのほうが圧倒的にやりやすいです。頻繁にキャラチェンジするパーティを使っている人は、ゲーミングPCのほうが操作しやすいためおすすめです。

高画質で原神の世界を満喫できる

高画質で原神の世界を満喫できる

原神をゲーミングPCで遊ぶメリットは、高画質で原神を楽しめることです。スマホの場合、最低限必要な60fpsを出し続けることは難しく、カクつくこともあります。

原神はグラフィックにも力が入っており、広大なマップや戦闘時のモーションなど、多くの場面でグラフィックに魅了されます。高画質でプレイすると没入感が増すため、原神の世界に没入したい人はゲーミングPCで遊びましょう。

プレイ中にゲームが落ちにくい

熱暴走する可能性が低い

原神をゲーミングPCで遊ぶメリットは、原神をプレイ中にゲームが落ちにくくなることです。ゲーミングPCは、スマホに比べて排熱効率が高いため、熱暴走してゲームが落ちてしまうことが極端に減ります。

スマホで原神を高画質で遊んでいると、スマホ本体が次第に熱くなり、画面が暗くなってしまうことがあります。ゲームが途中で落ちてしまうことを心配せずに、高画質でゲームを楽しみたい人はゲーミングPCを購入しましょう。

原神を高画質で遊ぶ3つの方法

CPUやGPUが高性能なPCを購入する

240fpsが出せるゲーミングPCを用意

原神を高画質で遊びたい人は、スペックの良いゲーミングPCを購入しましょう。中でも、処理速度に影響するCPUやグラフィックの画質に影響するGPUは、性能が良いものを選びましょう。

原神は、広大なマップの風景や戦闘時のカットイン映像もゲームの見どころの1つです。高画質で原神を楽しみたい人は、最新のGPURTX 4090」が搭載されているゲーミングPCを購入するのがおすすめです。

高画質対応のモニターも用意する

240fpsが出せるゲーミングミニターを用意

原神を高画質で遊びたい人は、ゲーミングPCだけでなくモニターも高画質対応のものを用意しましょう。ゲーミングPCの画質設定を上げたとしても、モニターが対応していない場合、表示されるのは画質が悪い映像です。

高画質に対応しているモニターでおすすめなのは、Nitro XV252QZbmiiprxです。Nitro XV252QZbmiiprxは、240Hzに対応しているため、PCの性能を最大限に活かして、高画質で原神を楽しめます。

画質設定を最高にする

原神を高画質で遊びたい場合は、画質設定を最高に変更しましょう。画質設定は、ゲーム内オプションから変更できます。グラフィックスの画質を最高にすると、カスタム項目のほぼ全てが高~最高に設定されます。

原神に必要なPC周辺機器

周辺機器 選び方のポイント
マウス ・重量の軽さが重要
・持ったときにしっくり来るサイズ形状かどうか
・無線か有線かは好みで優劣はない
キーボード ・応答速度(反応速度)が早い銀軸がおすすめ
・キーの同時押しが可能なものを選ぶ
・打鍵感がいいものを選ぶ
モニター ・リフレッシュレートが240Hz~がおすすめ
・低入力遅延が搭載されているものを選ぶ
・大きさは24インチあれば十分
コントローラー
(※)
※PS4やPS5のコントローラーでも代用可能
・初心者はPC設定が必要ない有線タイプがおすすめ
・無線だとPCから離れた場所でも遊べる
ゲーミング
チェア
・長時間座る人は布生地のゲーミングチェアがおすすめ
・ヘッドレストやランバーサポートがついていると疲れにくい
・フットレストがついていると脚を伸ばしてのゲームプレイが可能

※キーマウ操作に慣れていない人は購入推奨

原神を快適にプレイしたいなら、周辺機器を揃えて環境を整えましょう。特に、キーマウ(キーボードとマウス)選びは重要です。原神は素早い操作を要求されませんが、ストレスなくゲームを楽しみたい人は、スペックの高いキーマウを購入しましょう。

快適に長時間ゲームをプレイするには、ゲーミングチェアは有用です。特に原神は夢中になりやすく、気がつくと長い時間が経っていたということも多々あります。身体を傷めないためにも、ぜひゲーミングチェアの購入も検討しましょう。

マウスはLOGICOOLかRAZERがおすすめ

ロジクールマウス

ゲーミングマウス選びに迷ったら、LOGICOOL製かRAZER製を選べば、間違いありません。どちらも重量が軽く、反応速度が良いので、ストレスなくゲームを楽しめます。

同じ価格帯であれば性能に違いがないので、デザインで決めてしまって問題ありません。LOGICOOLであればG PRO、RAZERであればViper Ultimateが愛用者の多い人気モデルです。一度店頭で使い心地を試してみて、購入を検討しましょう。

原神用のマウスを選ぶコツ3選

マウスを選ぶコツ3選

  1. 重量が適切か
  2. サイズや形状が手に合うかどうか
  3. 無線か有線かは好み

原神用のマウス選びのコツは、重量の軽さです。長時間マウスを動かすことになるので、軽いほうが疲れません。また、広大なマップを探索していると、視点移動の回数も多いため、軽いマウスのほうが探索にも適しています。

マウスの持ち方によって、手に合うマウスの形状も異なります。実際に店頭で確かめるのが1番ですが、ネットの場合、手のサイズや持ち方に関しての口コミをよく読んで、自分に合うマウスを探しましょう。

キーボードもLOGICOOLかRAZERがおすすめ

ロジクールキーボード

ゲーミングキーボードに迷ったら、LOGICOOL製かRAZER製を選べば間違いありません。両社ともゲーミングデバイスとしては有名で、配信者も愛用しているハイスペックのキーボードです。

応答速度やキーロールオーバーはもちろん、オプションで軸が選べるので、打鍵感が合わない場合も対応可能な点が優れています。耐久性にも優れているので長く愛用できる点も高評価です。

原神用のキーボードを選ぶコツ3選

キーボードを選ぶコツ3選

  1. 応答速度が速い
  2. キーロールオーバー(キーの同時認識)機能あり
  3. 打鍵感が自分に合っている

キーボード選びに重要なのは、ボタンの応答速度の速さとキーロールオーバー機能の有無です。キーボード選びに迷ったら、もっとも反応の早い銀軸を選べば間違いはありません。

また、打鍵感も重要です。ネットで購入する場合も、一度店頭で同じキーボードの打鍵感を確かめておきましょう。

ゲーミングPCとは?通常のPCの違い

ゲームプレイ特化のハイスペックPC

ゲームプレイに特化したハイスペックPC

ゲーミングPCとは、PCゲームを快適にプレイできる「ハイスペックPC」のことです。通常のPCと比べ、CPU(データ処理をするパーツ)が高性能であったり、GPU(グラフィックボード)という映像処理に特化したパーツが搭載されています。

ゲームをプレイする際に、データ処理が遅かったり画面がカクつくことは、ストレスが溜まり、ゲームを存分に楽しめません。遊びたいゲームの推奨スペックに合わせてゲーミングPCを選んだり、BTO(ビルドトゥーオーダー)で購入しましょう。

BTO(Build To Orderとは)

  • ・受注生産のこと
  • ・注文者の好みに合わせてカスタマイズ可能
  • ・製品版や自作よりも安く購入しやすい

ゲーミングPCと通常のPCの違い

ゲーミングPC 通常のPC
スペック 高い(※価格による) 普通
コスト(価格) ×比較的高い 比較的安い
GPU あり ×なし
排熱性能 高い ×低い
拡張性 非常に高い ×なし
デザイン性 非常に高い 高い

ゲーミングPCと通常のPCの違いは、スペック、コスト、GPUの有無、排熱性能、拡張性、デザイン性の6つが主にあげられます。ゲーミングPCは自分好みにカスタマイズできるため、スペックや価格は差が出やすいので、通常のPCと一概に比較できません。

高性能のPCを作る(BTOする)となると、価格も比例して高くなり、逆にスペックを抑えたPCを作ると価格は安くなります。自分のやりたいことに合わせてPCをカスタマイズできるのも、ゲーミングPCの魅力です。

原神をゲーミングPCで遊ぶ時によくある質問

原神ってノートパソコンでもできる?

原神は、GPU搭載のノートパソコンならプレイできます。GPUを搭載していないPCの場合、起動できなかったり、起動できたとしてもカクついてしまうこともあるので、ゲーミングPCを購入する際はGPU搭載のPCを購入しましょう。

ゲームの起動時にダウンロード失敗やネットワーク問題が出るときはどうすればいい?

ゲームを数回再起動してもエラーが発生する場合は、ランチャーをアンインストールし、ゲームを削除してから再度原神をインストールしてください。エラーコード-9908が出るが出る場合も同様の対応をしましょう。

PC版「原神」でXbox・PS4のコントローラーは使えますか?

PC版「原神」ではPS4用コントローラー・Xbox one用コントローラー・Xbox Elite コントローラーが使用できます。

ゲーミングPCの関連記事

ゲーミングPCおすすめランキング21選おすすめゲーミングPC21選 Apex Legendsの推奨スペックとおすすめゲーミングPC13選Apexのおすすめ
ゲーミングPC
原神のおすすめ
ゲーミングPC
フロンティアの評判・口コミ
サイコムの評判・口コミ パソコン工房の評判・口コミ
ASUSの評判・口コミ レノボの評判・口コミ
OMEN(hp)の評判・口コミ MSIの評判・口コミ
G-Tuneの評判・口コミ fps値とは
ゲーミングノートPCの
デメリット
ゲーミングPCの
初期設定
ゲーミングPCの
寿命
ゲーミングPCの
置き場所
おすすめグラボ5選

©ゲーミングレコ All rights reserved.
※当サイトに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権ならびにその他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
※当サイトに掲載されているデータ、画像等の無断使用・転載・変更・改ざん・商業的利用は固くお断りします

攻略メニュー