DEFY(ディファイ)の始め方と仮想通貨の稼ぎ方|攻略方法や仕組み

DEFY(ディファイ)の始め方

DEFY(ディファイ)は、ポケモンGOやドラクエウォークなどの要素を持つ位置情報を利用したNFTゲームです。M2E(Move to Earn)と言われ、同ジャンルの「ステップン」が世界中で話題になりました。

当記事では、DEFYの始め方と仮想通貨の稼ぎ方はもちろん、初期費用やOpeSeaのNFTマーケットプレイスで取引する方法についても解説しています。

タワーハッキングや暗号の解析方法などの攻略方法も記載しているので、DEFYをプレイする参考にしてください。一次情報は必ず公式サイトとホワイトペーパーでご確認ください!

DEFYとは?必要な仮想通貨と特徴

読み方 ディファイ
ゲームジャンル M2E(Move to Earn)
トークン FCOIN・DEFY
ブロックチェーン Polygon(ポリゴン)チェーン
スマホ対応 iOS / Android
リリース日 2022年10月~12月予定
ホワイトペーパー https://docs.defydisrupt.io/whitepaper/
公式サイト https://defydisrupt.io/?utm_source=PlayToEarn.net&utm_medium=referral&utm_campaign=gamepage
公式Discord https://discord.com/invite/WzPZESaUBX
公式Twitter https://twitter.com/defydisrupt
公式Telegram https://t.me/DEFYofficial
Medium https://medium.com/defy-labs

位置情報を利用したM2EのNFTゲーム

位置情報を利用したM2EのNFTゲーム

DEFYは、「ポケモンGO」や「ドラクエウォーク」などの位置情報ゲームの仕組みを応用したM2E(Move to Earn)型のNFTゲームです。スマホ画面で表示されたシンボルに向かい、ミッションを達成することで仮想通貨を稼ぐ仕組みです。

大手有名企業と提携

大手有名企業と提携

DEFYの開発は、アップルやアディダス、レッドブル、マスターカードなど多くの有名企業と提携しています。DEFYチームは、位置情報を利用したフィットネスアプリの開発に高い評価を得ており、有名企業との提携で革新的なM2Eゲームの開発をコンセプトとしています。

初期投資無料!アカウント作成でNFT配布

DEFYは、本リリース時にアカウントを作成すると無料でNFTアイテム(マスク)が配布されます。Move to Earnで有名なステップンのように、初期投資でNFTアイテム(スニーカー)を必ず購入する必要がないため、誰でも気軽にゲームを開始できます。

2つのトークン(仮想通貨)を使う

FCOIN ・ゲーム内トークン
・消耗品やアイテムの購入
・アイテムのアップグレード
DEFY ・ガバナンストークン
・FCOINSと交換
・仮想通貨取引所で購入

FCOINトークンは、「システムズタワーのハッキング」などのゲーム内のミッションをクリアすると獲得できる報酬です。獲得したFCOINトークンは、ゲーム内の消耗品やアイテムの購入、アップグレードなどに使用します。

DEFYトークンは、ゲーム内報酬のFCOINSとの交換や仮想通貨取引所で購入できるガバナンストークンです。入手したDEFYトークンは、ゲーム内コンテンツの「チーム結成」や「ハッキング速度アップ」で使用します。

▼DEFYのコントラクトアドレス▼
  • DEFY(Polygon)
    0xBF9f916bBda29A7F990F5F55c7607D94D7C3A60b

DEFYゲームの始め方

手順 やること
1 仮想通貨の国内取引所口座を開設
2 国内取引所で仮想通貨を購入(ETH)
3 メタマスクを開設してETHを送金
4 メタマスクにポリゴンネットワーク追加
5 イーサリアムをポリゴンチェーンに変換
6 openseaとメタマスクを連携

DEFYは、無料で始められるものの、openseaで「マスク」と言うゲーム内アイテムの売買を行うため、openseaに仮想通貨を送金するまでの手順を紹介しています。

流れを簡略化すると、国内取引所を開設→仮想通貨を買う→メタマスクにETHを送金→メタマスクでポリゴンチェーンのイーサリアムに変換→openseaとメタマスクを連携まで終えれば、ゲーム内アイテムを売買する準備は完了です。

NFTゲームプレス編集部 マスクは、有名なM2Eゲームのステップンで言う「スニーカー」です。プレイヤーは、ゲームプレイで必ずマスクを使用します。
  • STEP1

    仮想通貨の国内取引所口座を開設

    コインチェック

    DEFYなどのNFTゲームは、仮想通貨が必要になるケースが多いです。DEFYでは、初期投資なし始められるものの、ゲーム内で新たなマスクを購入するための仮想通貨が必要です。

    マスクを購入するための仮想通貨は、いくつかの工程を経て入手することになります。その工程の一番初めが、仮想通貨取引所を開設することです。

    どの取引所がおすすめ?

    仮想通貨取引所は、「コインチェック」か「GMOコイン」がおすすめです。初心者であればアプリダウンロード数No.1と人気のコインチェック、仮想通貨に慣れた方であれば送金手数料の安いGMOコイン推奨です。

    ▼どの取引所を選ぶべきか徹底解説へ一気に飛ぶ

  • STEP2

    国内取引所で仮想通貨を購入

    ビットコインイーサリアム購入

    取引所で、後ほど使う仮想通貨を購入します。メジャーな仮想通貨、例えばビットコインやイーサリアムでも良いですが、NFTゲーム慣れしている方には、送金手数料が安い『リップル(XRP)』が人気です。

    DEFYは、openseaで「マスク」を購入するためにイーサリアムを使用するため、今回はイーサリアムを購入します。

  • STEP3

    メタマスクを開設してETHを送金

    エアドロップに必要なウォレット「MetaMask(メタマスク)」

    MetaMaskへの送金手順

    1. メタマスク公式サイトを表示
    2. メタマスクをダウンロードして初期設定
    3. コインチェックの送金画面をタップ
    4. 宛先に「メタマスクのアドレス」を入力
    5. 送金金額を入力して「次へ」をタップ

    メタマスクは、暗号通貨を扱うためのインターネット上の財布です。NFTゲームをプレイする際や、openseaなどのNFTマーケットプレイスで必要になるケースが多い、代表的なウォレット(仮想通貨のお財布)です。

    メタマスクを開設したら、コインチェックで購入したETHを送金します。

    NFTゲームプレス編集部 メタマスクのアドレスを間違うと、出金した仮想通貨が失われるので要注意!
  • STEP4

    メタマスクにポリゴンネットワーク追加

    メタマスクポリゴンネットワーク拡大する

    ポリゴンネットワークの登録手順

    1. メタマスクにログイン
    2. 画面上のイーサリアムメインネットを選択
    3. 「ネットワークの追加」を選択
    4. 設定画面でネットワークを追加

    ポリゴンネットワークの追加は、メタマスクにログイン後に、画面上の「イーサリアムメインネット」を選択すると「ネットワークの追加」が表示されます。ネットワーク情報を入力すると、ポリゴンネットワークに切り替えが可能になります。

    ネットワーク設定画面の入力情報

    ネットワーク名 Matic mainnet
    RPC URL https://polygon-rpc.com
    チェーンID 137
    通貨記号 MATIC
    ブロック
    エクスプローラーURL
    https://polygonscan.com/
  • STEP5

    イーサリアムをポリゴンチェーンに変換

    ポリゴンネットワーク追加1拡大する「ポリゴン公式サイト」→「Polygon Whollet」→Metamaskをクリック
    ポリゴンネットワーク追加2拡大する「署名」→ETH右の「Deposit」をクリック
    ポリゴンネットワーク追加3拡大するETHの数量を入力→「Transfer」をクリック
    ポリゴンネットワーク追加4拡大する「Continue」→「接続する」→「Continue」
    ポリゴンネットワーク追加5拡大する「Continue」→「接続する」をクリック
    約7~8分ほど変換の完了を待つ
    ポリゴンネットワーク追加6拡大するETH.Ether-Pos右側のキツネマークをクリック

    メタマスクに送金したイーサリアムは、openseaで使用するポリゴンチェーンのイーサリアムに変換する必要があります。ポリゴン公式サイトとメタマスクを接続することで、ポリゴンチェーンのイーサリアムに変換が可能です。

  • STEP6

    openseaとメタマスクを連携

    NFTマーケットプレイスと連携

    イーサリアムを変換後は、OpeSeaとメタマスクを連携させます。OpeSeaの公式サイトから「右上のWallet」→「Metamask(メタマスク)」→「Add Fuuds」の順に進めると接続でき、PCとスマホ版共に同じ設定方法で利用開始できます。

    メタマスクとOpeSeaを接続して送金できるようになったら、DEFYのNFTアイテムを購入する準備は完了です。

DEFYゲームの3つの稼ぎ方

①ハッキングでFCOINを獲得

ハッキング ドローン
ハッキング拡大する ドローン拡大する

DEFYは、六角形の碁盤目状に分割されたエリアの中央に位置するネットワークタワーを、ハッキングすることでFCOINトークンを獲得できます。タワーにハッキングした状態になると、暗号解析が始まり制限時間内にクリアすることでハッキングが成功します。

なお、エリア内にはドローンが巡回しており、ハッキングが開始されるとタワーを調査するため、プレイヤーは見つからないようにミッションを達成する必要があります。捕まると罰金やマスクのエネルギー消費などペナルティが発生します。

ハッキングから暗号解析の手順

手順 やること
エリアスキャン拡大するスキャン機能で六角形のエリアとタワーの位置が判明
タワーハッキング拡大する六角形のエリア内でタワーに接続しハッキング開始
ハッキング課題拡大する制限時間内に課題をクリアするとハッキング成功
└エリア内のウォレットの場所が判明
※タワーのセキュリティで課題の難易度が変化
暗号解読拡大するウォレットの場所で暗号を解析するとFcoin獲得

ハッキング中に発生する暗号解析は、縦・横で同じ数値を3つ以上揃えると暗号解析が進みます。揃えた数字は、画面上から消失してテトリスなどの落ゲーのように新たな数字が上から降ってくるので、「0/64」の数字が64に達するまで繰り返すと、FCOINを盗めます。

②NFTマーケットプレイスで売買

DEFYマーケットプレイス

マスクの入手方法 マスクミントで獲得
マーケットプレイス OpeSeaマーケットプレイス

DEFYは、ゲーム内のマスクをOpeSeaのNFTマーケットプレイスで販売して利益を得られます。マスクは、マスクミントで新たなマスクを作成でき、M2Eのステップンのように二つのマスクを掛け合わせて作成すると思われます。

また、マスクの性能はステップンのシューズのように、レアリティやレベル、ステータスなどが設定されると考えられます。マスクミントでレアリティの高いマスクを作成できれば、高額で売却して大きな利益を稼ぐこともできるでしょう。

ステップンのミント解説はこちら

③土地区画の購入で自動収益化

DEFY土地区画

DEFYは、六角形の碁盤目状に分割された土地の区画があり、土地の所有者は自動的にFCOINトークンを稼げます。土地区画は、プレミアムマスク所持者限定のサービスとなり、DEFYトークンを使用して購入可能です。

土地区画内の報酬は、各プレイヤーが土地の境界内で獲得したFCOINトークンに比例して収益が変動します。また、土地の所有者は、NFTアートの展示やエリア内で音楽を流したり、ミニゲームを作成する機能で、独自の仮想空間を作れる模様です。

NFTゲームを始めるときに「どの仮想通貨」を「どの取引所」で買うべきか

海外取引所でスワップ(仮想通貨の交換)が必要なNFTゲームを行う場合、初めに何の仮想通貨を買うべきなのか、どこの取引所を使うべきなのか悩むことがあると思います。

あくまでも一例として、筆者の考え方を共有します。参考程度に見ていただき、あくまでも自己責任での判断をお願いします。

リップル(XRP)は送金手数料がほぼ無料【おすすめ通貨】

リップルは、NFTゲームで使う通貨の購入を念頭に置く場合、個人的にもっとも使用する仮想通貨です。リップルは送金速度が早く、さらに手数料がほぼ無料です。

他の仮想通貨は、送金時に何百円~何千円もかかる場合があります(時期で変動)。海外取引所に送金をすることが前提であれば、少しでも損したくない方は、リップルがおすすめできます。

NFTゲームプレス編集部 リップル自体の価値が下がることは考えられますが、それは全ての仮想通貨に共通して言えることです。
ちなみにリップルの時価総額は、2022年8月時点で全仮想通貨の中で8位!メジャーなコインです。 NFTゲームプレス編集部

イーサリアム(ETH)も使い勝手が多い【おすすめ通貨】

リップル以外に筆者がよく使うのはイーサリアムです。イーサリアムは、NFTゲーム以外で使うことが多く汎用性が高いため、リップルを購入したくないタイミングで活用しています。

デメリットは、リップルに比べて送金手数料が高いことです。

おすすめ取引所はGMOコイン

取引所 取引所XRP取扱 取引所ETH取扱 取引所XRP 売買手数料 取引所ETH 売買手数料 XRP送金手数料 ETH送金手数料 入金手数料 出金手数料
GMOコインGMOコイン 有り 有り Maker -0.01%
Taker 0.05%
Maker -0.01%
Taker 0.05%
無料 無料 無料 無料
ビットフライヤーbitFlyer 有り 有り  0.00000001ETH 0.000001XRP 無料 0.005ETH 330円
※住信SBIネットは無料
3万円未満の出金:550円※三井住友銀行以外
3万円以上の出金:770円※三井住友銀行以外
3万円未満の出金:220円※三井住友銀行
3万円以上の出金:440円※三井住友銀行
コインチェックコインチェック ×無し ×無し - - 0.15XRP 0.005ETH 無料 407円

リップルとイーサリアムの取引所があり、送金手数料が無料な「GMOコイン」が圧倒的におすすめです。比較表以外にも国内の仮想通貨取引所は多くありますが、同条件を満たしているところは無いと認識しています(あれば教えてください)。

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネットグループが親会社であり、信頼性もあります。口座開設も10分かからず完了できるので、ぜひ使ってみてください。

NFTゲームプレス編集部 リップルは「送金手数料が無料」なので、GMOコインなどはそのまま無料で送金できるようにしてくれています。XRPの送金手数料がかかる取引所は、運営側の儲け分を上乗せしているイメージです。

コインチェックはおすすめできない?

コインチェックは「リップル」「イーサリアム」を取引所で買うことができず、販売所でしか購入できません。取得時点で余計なお金(スプレッド)がかかるため、損していると言えます。

ただし、コインチェックはダウンロード数No.1の人気取引所なので、ネット検索で使用方法などが簡単に手に入ります。さらにUI/UXも優れているので、初心者にはおすすめできる取引所だと言えます。

NFTゲームで儲けたい場合の注意点

フィッシング詐欺に気をつける

NFTやブロックチェーンにかぎらず、ネット上のサービスに詐欺はつきものです。特に仮想通貨周りは、日本語で学びにくいことや有識者が少ないことから、悪いことをする業者が少なくありません。

フィッシング詐欺はよくある手法であり、正規URLではなく、似たURLでユーザーを誘導し個人情報を盗まれます。最悪のケースだとウォレットの情報を抜き取られるので、URLはできるだけ公式発信のものを参照しましょう。

概要 公式URL
ホワイトペーパー https://docs.defydisrupt.io/whitepaper/
Medium https://medium.com/defy-labs
公式サイト https://defydisrupt.io/?utm_source=PlayToEarn.net&utm_medium=referral&utm_campaign=gamepage
公式Discord https://discord.com/invite/WzPZESaUBX
公式Twitter https://twitter.com/defydisrupt
公式Telegram https://t.me/DEFYofficial
トークン コンタクトアドレス
DEFY(Polygon) 0xBF9f916bBda29A7F990F5F55c7607D94D7C3A60b

仮想通貨を日本円に交換できるようにしておく

DEFYの報酬は、Polygonチェーンというブロックチェーン上で流通予定のトークンです(DEFY)。トークンは、毎日のように値段が上下し、急落することもありえます。

NFTゲームで儲けるということは、利確して初めて語ることができます。資産を増やしても実際の現金は増えないため、入手したトークンは早い段階で利確して、日本円にしておくべきです。

取引所を必ず複数開設しておく

取引所は、複数開設しておくべきです。取引所はメンテナンスやトラブル時に、送金や日本円交換ができない場合があります。最低3つ取引所を開設しておき、いつでも日本円交換できるようにしておきましょう。

DEFYのロードマップ

DEFYロードマップ

配信月 アップデート
第3四半期 ・無料で遊べる
・マスクミント
・評判、マスクのレベルアップ
・消耗品の追加
・デイリータスクとストリーク
・トークンローンチ
・NFTマーケットプレイス
・ARカメラ発売
・α版ミッションポップス
・防御用武器と消耗品
・ベータ版リリース
一般公開
第4四半期 ・ローカライズされたコンテンツ
・マスクの専門性
・カスタマイズ可能なドローン
・アプリ内共同ミッション
・ミッション
・コミュニティビルダーツール
・その他のXRゲームプレイ
2023年 ・コミュニティコンテンツ
・コンテンツ作成
・イベントの構築
・PVPトーナメントプレイ.
・スクリプトミッション
・インタラクティブミッション
・ドローンAIスクリプトツール

DEFYのリリースは10月~12月予定

DEFYは、2022年の10月~12月にリリースが予定されています。ゲームの動作環境は、iOS版とAndroid版のスマホアプリに対応しており、10月以降からリリースが予定されているβ版を先行プレイできます。

リリース後に豊富なコンテンツが追加

DEFYは、ロードマップ情報によると、リリース後にも豊富なコンテンツが追加されます。ドローンのカスタマイズやPVPコンテンツなど、「Move to eran」の要素を基軸に多彩なサブコンテンツやミッションを追加することで、より戦略的なゲームとして楽しめます。

DEFYやmove to earnでよくある質問

DEFYでどのくらい稼げますか?

DEFYなどM2Eでは、投資金額によって収支が変わるため、どの程度稼げるかは人それぞれです。また、必ずプラスの稼ぐになる保証はどこにもありません。特に仮想通貨(ブロックチェーン)周りのゲームは、価値の乱高下が激しいです。

DEFYの無料で始められますか?

DEFYは、無料でプレイできます。ゲーム開始時にアカウントを作成するとNFTマスクが無料で配布されます。

DEFYはアプリでプレイするものですか?

DEFYは、アプリでプレイするものです。iPhone・Androidどちらでもプレイすることが可能であり、リリース時にストアでダウンロードできるようになるでしょう。

他のNFTゲームと同時利用できますか?

他アプリと同時利用可能です。ステップンなどのM2Eで並走できるのはもちろん、放置ゲーなどと一緒に利用して収益の最大化・効率化を目指せます。

まとめ:M2Eとミニゲームが融合したNFTゲーム

DEFYは、「Move to eran」の要素とミニゲームが融合したNFTゲームです。「Move to eran」の歩く、走る要素に加えて、マップ上に巡回するドローンの回避や暗号解析などの戦略要素を楽しめるゲームです。

また、元となった「ポケモンGO」や「ドラクエウォーク」などの位置情報ゲームは、世界中で人気を博しており、DEFYもリリース後の反響に期待できます。

本サイトは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
金融商品・金融機関の選択や売買、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツは、細心の注意を払って情報を掲載していますが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
当サイトで掲載する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者および情報提供者は一切の責任を負いません。ご質問、ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

▼広告主および当サイトの掲載情報について
  • 本サイトは、複数社と提携して情報を提供しており、当サイト経由で一定の成果地点に到達した場合に提携企業から支払われる報酬が主なサイト収益です。ただし当サイトの評価や比較に関して、提携有無や支払い実績が影響を及ぼすことはありません。
    収益は、コンテンツ品質向上やUIUXの改善などの施策に還元しております。

©NFTゲームプレス All rights reserved.
※当サイトに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権ならびにその他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
※当サイトに掲載されているデータ、画像等の無断使用・転載・変更・改ざん・商業的利用は固くお断りします

攻略メニュー