【2024年2月最新版】Move to Earn(M2E)のおすすめアプリランキング7選|始め方や稼ぐ仕組みを解説

Move-to-Earn(M2E)のおすすめアプリランキング7選|稼ぎ方や仕組みをわかりやすく解説!

Move to Earn(M2E)ジャンルのNFTゲームは、歩いたり走ったりするだけで仮想通貨を稼げるアプリです。歩いているだけで「1日1千円以上稼げた」なんて話もありますが、ゲームの仕組みや稼ぎ方がわからない…

そこで、当記事ではMove to Earnゲームで稼ぐ方法や仕組み、最新タイトルを含めたMove to EarnのNFTゲームの人気おすすめランキングについて解説しています。

M2E無料アプリやバックグラウンドで機能するゲームも紹介しています。Move to Earn(ムーブトゥーアーン)アプリを始める参考にしてください。

関連記事

編集部おすすめ国内取引所3選
SBI VCトレードSBI VCトレード
公式サイト
  • 【スプレッドが業界最狭水準】
    ・口座開設や入金など各種手数料0円
    ・SBIグループで安心のセキュリティ
    ・紹介プログラムで現金1,000円獲得
ビットバンクbitbank
公式サイト
  • 【暗号資産の国内取引量No.1】
    ・セキュリティの高さに定評がある
    ・アプリのデザインがよく使いやすい
    ・口座開設後に1万円以上入金で
     現金1,000円獲得
コインチェックCoincheck
公式サイト
  • 【アプリのダウンロード数No.1】
    ・アプリが初心者に使いやすい
    ・500円からビットコインを購入可能

    ・紹介CPで1,000円獲得

Move to Earn(M2E)とは

歩いて仮想通貨を稼ぐNFTゲーム

ジョギング

Move to Earn(M2E)は、歩いたり走ったりして仮想通貨を稼げる、新しいPlay to earn(プレイトゥアーン)のジャンルです。ジョギングやランニングを習慣化させて、生活改善も行えるのがメリットと言えます。

GPS機能で移動距離や速度を計測

GPS

Move to Earnは、スマホのGPS機能で移動距離や歩行速度を計測して自動的に仮想通貨を得られます。GPS機能とアプリが自動的に連動するため、ユーザーはアプリの起動のみで簡単にプレイできます。

アプリのダウンロードで手軽に遊べる

STEPNアプリ

Move to Earnは、スマホアプリをダウンロードしてどこでも手軽に遊べるゲームです。通勤時の会社から駅までの移動はもちろん、ショッピングや観光などで休日を過ごす際にも、アプリを起動していれば仮想通貨を稼ぐことが可能です。

NFTゲームとは?

NFTゲームの特徴

  1. ゲームを遊んでお金を稼げる
  2. チートプレイが極めて困難
  3. ゲームのサービス終了後もNFTが残る

NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)は、ゲームを遊びながら仮想通貨を獲得して、現金に換金できるゲーム。ゲーム内の報酬や獲得したキャラやアイテム、土地などを売買でき、稼いだ仮想通貨をお金に換金して収益化できます。

また、NFTゲームは別名ブロックチェーンゲーム(BCG)と呼ばれます。ブロックチェーンとは、デジタル資産の所有者を明確化できる「NFT:非代替性トークン」システムです。所有者の証明・取引の記録を追うことができ、デジタルデータに付加価値をつけて販売できます。

関連記事

Move to Earn(M2E)で稼ぐ方法と仕組み

複数のMove to Earnゲームを同時プレイ

Move to Earn(M2E)_NFTゲーム

Move to Earnで稼ぐ方法は、複数のゲームを同時にプレイするのがおすすめです。Move to Earnゲームは、複数のアプリを利用していても距離の計測がスマホのGPS機能に連動しているため、他のM2Eと並走して効率的に仮想通貨を稼ぐことが可能です。

中でも、バックグラウンドで機能するSweatocoinなどのM2Eであれば、アプリを起動せずに仮想通貨を獲得できるので利便性が高いです。

初期投資のNFTは吟味して購入

ステップンスニーカー購入

Move to Earnゲームの多くは、ゲームを始めるのにNFTが必要なため、初期投資で購入する際は販売されているNFTを吟味して買いましょう。NFTを売買しているマーケットプレイスでは、少し初期投資を増加するだけで、性能が格段に高いNFTを購入することも可能です。

筆者がSTEPNのスニーカーを購入した場合を例にすると、初期投資の最低額から500円ほどプラスするだけで、レベルが10も高い靴を購入できた経緯があります。高性能のNFTを購入することで、初期投資が若干高くなるものの、原資回収までの期間を短縮できます。

Move to Earn(M2E)は稼げる?

Move to Earnゲームで稼げるのか調査したところ、STEPN(ステップン)で「月収70万円以上稼げた」という声が見受けられました。

ただし、ゲームをプレイする時期や初期投資の金額によって、誰しも等しく稼げると言えない点に注意すべきものの、NFTゲームで稼げることを強く認識させてくれたNFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)と言えます。

Move to Earn(M2E)のおすすめアプリランキング7選

ゲーム名 Twitter Discord 初期投資 バックグラウンド トークン(仮想通貨)
WalkenWalken Twitter Discord(ディスコード) 無料 有り WLKN
GEM
STEPNSTEPN Twitter Discord(ディスコード) ×必要 ×無し GST
GMT
SweatcoinSweatcoin Twitter Discord(ディスコード) 無料 有り SWEAT
TEKKON
TEKKON
Twitter Discord(ディスコード) 無料 ×無し WEC
Plant Crossing
PlantCrossing
Twitter Discord(ディスコード) 無料 有り COIN
ANA
AgletAglet Twitter Discord(ディスコード) 無料 ×無し Aglet
GoldAglet
Step AppStep App Twitter Discord(ディスコード) ×必要 有り KCAL
FITFI

Move to Earnゲームのおすすめは、最新タイトルも含めて「動いて稼ぐ」ゲームジャンルの元祖として、世界中で話題となったSTEPNやバッググランド機能搭載のWalken、Sweatcoinです。

なお、Sweatcoinは初期投資無料でゲームを始められるうえに、インストールと初期設定を終えれば、アプリを起動せずともバックグラウンドの状態で自動的に仮想通貨を稼げるので、NFTゲーム初心者におすすめのMove to Earnです。

Walken

Walken

仮想通貨 WLKN・GEM
初期投資 無料
対応言語 日本語対応
公式サイト 公式サイトはこちら
公式Twitter TwitterDiscord(ディスコード)

Walkenは、キャットNFT同士のバトル要素が盛り込まれたMove to Earnゲームです。プレイヤーは、バトルに勝利することで仮想通貨を獲得できる仕組みです。

キャットNFTは、アップグレードによりステータスを強化できるので、歩いて稼ぐ行動の他に育成の観点でも楽しめるNFTゲームです。

Walkenのダウンロードはこちら
AppStore GooglePlayストア

STEPN

STEPN

仮想通貨 GST・GMT
初期投資 必要
対応言語 英語
公式サイト 公式サイトはこちら
公式Twitter TwitterDiscord(ディスコード)

STEPNは、Move to Earnの元祖ともいうべきアプリで、アクティブユーザーが多いのが特徴です。アクティブユーザーが多いため、仮想通貨の乱高下が少なく、安定して稼ぎやすいアプリと言えます。

アプリは日本語対応していませんが、日本人ユーザーが多く、情報を集めやすい利点もあります。初期投資はかかるので、他の無料アプリをやってみてやり方をつかんでからプレイするのがおすすめです。

STEPNの始め方はこちら

STEPNのダウンロードはこちら
AppStore GooglePlayストア

Sweatocoin

スウェットコイン

仮想通貨 SWEAT
初期投資 無料
対応言語 日本語対応
公式サイト 公式サイトはこちら
公式Twitter TwitterDiscord(ディスコード)

Sweatocoinは、初期投資の問題なく無料で誰でも簡単に遊べます。STEPNのように、ゲームを始めるのにスニーカーを購入する必要がないうえに、アプリが日本語に対応しており、NFTゲーム初心者にも優しいゲームです。

また、バックグラウンドにも対応しており、いちいちアプリを起動する手間がありません。自動的に歩数が溜まる=トークン(仮想通貨)が稼げるお手軽感も魅力です。

Sweacoinの始め方はこちら

Sweatcoinアプリのダウンロードはこちら
AppStore GooglePlayストア

TEKKON

TEKKON

仮想通貨 WEC
初期投資 無料
対応言語 日本語対応
公式サイト 公式サイトはこちら
公式Twitter TwitterDiscord(ディスコード)

TEKKONは、電柱やマンホールを撮影して投稿すると仮想通貨を獲得できるMove to EarnジャンルのNFTゲームです。フィットネスタイプのMove to Earnとは異なり、スニーカーを準備する必要がなく、無料でゲームを開始できます。

また、一定速度で歩いたり、走ったりすることもないので、買い物や散歩をしながら写真を投稿できます。なお、投稿した写真がインフラ情報として提供されるので、自身の行いがインフラの整備に役立ちます。

TEKKONの始め方はこちら

TEKKONのダウンロードはこちら
AppStore GooglePlayストア

Plant Crossing

Plant Crossing

仮想通貨 COIN・ANA
初期投資 無料
対応言語 英語
公式サイト 公式サイトはこちら
公式Twitter TwitterDiscord(ディスコード)

Plant Crossingは、ゲーム内のメタバースの土地を利用して植物NFTを育てながら遊ぶMove to Earnゲームです。プレイヤーは、育てた植物NFTをアリーナで戦わせて勝利すると仮想通貨を獲得できる仕組みです。

植物NFTは、繁殖やレベルアップなど育成要素に加えて、交換や収集によるコレクション要素があります。また、メタバース空間の土地にタイプやレアリティが設けられており、歩く・育成・土地管理の3つのコンテンツで楽しめます。

Aglet

Aglet

仮想通貨 Aglet・GoldAglet
初期投資 無料
対応言語 英語
公式サイト 公式サイトはこちら
公式Twitter TwitterDiscord(ディスコード)

Agletは、有名ブランドのスニーカーをNFTとして利用できるMove to Earnゲームです。従来の歩いて稼ぐ要素に加えて、様々なブランドのNFTスニーカーをコレクションする収集要素も大きな特徴のゲームです。

また、プレイヤーは自身でカスタマイズできるアバターを使用できます。スニーカーに加えて、アパレルやアクセサリーなどを身に着けて、他のプレイヤーとチャットを通してコミュニケーションをとり、会話を楽しめるのも魅力と言えます。

Agletのダウンロードはこちら
AppStore GooglePlayストア

Step App

Step App

仮想通貨 KCAL・FITFI
初期投資 必要
対応言語 日本語対応
公式サイト 公式サイトはこちら
公式Twitter TwitterDiscord(ディスコード)

Step Appは、他ユーザーとの対戦機能やトーナメント形式のバトル機能がついた新感覚のMove to Earnゲームです。

また、Step Appの公式アンバサダーに人類史上最速のスプリンター「ウサイン・ボルト」氏が就任しています。ウサイン・ボルト氏をアンバサダーに向かえ、世界的な普及を目指すとともに、フィジカルイベントやマーケティングイベントを実施しています。

Step Appの始め方はこちら

Step Appのダウンロードはこちら
AppStore GooglePlayストア

Move to Earn(M2E)の始め方|NFTゲーム

手順 やること
1 仮想通貨の国内取引所口座を開設
2 国内取引所で仮想通貨を購入
3 海外取引所を開設(バイナンスなど)
4 海外取引所に仮想通貨を送金
5 メタマスクをダウンロードして初期設定
6 プレイするゲームアプリをダウンロード

Move to Earn(M2E)などNFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)は、ゲームプレイで必要となるスニーカーなどNFTアイテムを購入する資金が必要です。まずは、購入資金の仮想通貨を取り扱っている、国内取引所や海外取引所の口座を開設します。

流れを簡略化すると、国内取引所を開設→海外取引所を開設→メタマスクの作成→アプリをダウンロード→NFTアイテムの購入まで終えたら、一般的なMove to Earnゲーム開始までの準備は完了です。

  • STEP1

    仮想通貨の国内取引所口座を開設

    SBI VCトレード

    口座開設の手順

    1. SBI VCトレード公式サイトを表示
    2. メールアドレスとパスワードを設定
    3. 本人確認書類を登録

    Move to Earn(M2E)は、スニーカーなどのNFTアイテムを購入しないゲームを始められない場合があります。NFTアイテムの購入資金は、国内取引所を開設して仮想通貨を準備することになります。

    国内取引所での購入方法は、基本的にどの取引所でも一緒なので、当ページでは、各手数料が無料でスマホアプリの操作が初心者でもわかりやすいSBI VCトレードでの買い方と送金を紹介します。

  • STEP2

    国内取引所で仮想通貨を購入

    SBI VCトレードXRP購入拡大する

    国内取引所の口座開設が完了したら、海外取引所に送金する仮想通貨を買いましょう。なお、プレイするゲームで使用する仮想通貨が国内取引所で取り扱っていれば、海外取引所を開設する必要はありません。

    メジャーな仮想通貨、例えばビットコインやイーサリアムでも良いですが、NFTゲーム慣れしている方には、送金手数料が安い『リップル(XRP)』が人気です。筆者は、NFTゲームでリップルを使うことが多いため、今回はリップルを購入します。

  • STEP3

    海外取引所を開設

    バイビット取引

    海外取引所の開設は、スニーカーなどNFTアイテムの購入で使用する仮想通貨を取り扱っている口座開設しましょう。海外取引所の開設は、日本語に対応しているバイビットが人気です。

  • STEP4

    海外取引所に仮想通貨を送金

    SBI VCトレードXRP送金拡大する

    送金手順

    1. SBI VCトレードの資産/入出金をタップ
    2. 送金したい仮想通貨を選択して「送る」
    3. 宛先に「海外取引所のアドレス」を入力
    4. 送金金額を入力して「送る」

    海外取引所には、基本的に日本円を直接入金することができません。従って、あらかじめ国内取引所で購入した仮想通貨を、海外取引所に送金する必要があります。先程SBI VCトレードで購入した「リップル(XRP)」を、海外取引所に送金します。

    宛先(送付先)のアドレスを間違えると、送金した通貨を失うことになるので注意しましょう。まず最低送金量で試してみて、送金を確認してから実際に送金したかった額面の入力するのが無難です。送金してから5分~30分程度で送金が完了します。

    クリプトちゃん編集部 宛先に書くアドレスは、銀行の口座番号のようなものです。
  • STEP5

    メタマスクをダウンロードして初期設定

    メタマスクダウンロード

    メタマスクの登録手順

    1. メタマスク公式サイトを表示
    2. ダウンロードを選択
      (ブラウザ、IOS、Android対応)
    3. プラットフォームを選択
    4. 画面下のインストールを選択
    5. ウォレット作成→パスワード設定
    6. リカバリーフレーズを確認
    7. パスワードを入力してログイン

    メタマスクは、ゲーム内のマーケットプレイスとの連携で必要となるウォレット(仮想通貨のお財布)です。メタマスクと連携させることで、アプリ内で取引されているスニーカーなどのNFTアイテムの売買が可能です。

    公式サイトからメタマスクのダウンロードと初期設定を終えたら、国内・海外取引所で購入した仮想通貨をメタマスクに送金します。

    メタマスクの使い方と登録方法はこちら

  • STEP6

    プレイするゲームアプリをダウンロード

    アプリダウンロード

    NFTアイテムの購入準備が整ったら、プレイするゲームをダウンロードしましょう。アプリの初期設定後、Move to Earnアプリのウォレットに仮想通貨を送り、ゲームプレイに必要なNFTアイテムの購入まで終えたら完了です。

一緒に使いたい歩いて稼げるアプリランキング

ゲーム名 主な報酬 バックグラウンド
トリマトリマ 現金
ポイント
商品引換券
有り
アルコインアルコイン amazonギフト券
dポイント
duPAY など
有り
ASTARIASTARI 各お店のギフト券 有り

Move to Earnのゲームは、仮想通貨が稼げるもの以外に、ポイントを貯めてAmazonギフトコードなどと交換できる、いわゆる『ポイ活』系のアプリも存在します。

Move to Earnの特徴として、複数のアプリを併用できる点があります。歩数を稼ぐ点は同じなので、かかる負担はあまり変わらずにたくさん報酬が稼げるので、一つだけでなく色々なMove to Earnのゲームをインストールしておきましょう。

トリマ徒歩以外の移動手段が多い人におすすめ!

トリマ

トリマのおすすめポイント
  • 徒歩以外でもポイントが入る
  • 移動しない日もポイント獲得可
  • ポイントの交換先が複数

トリマは、徒歩以外に自転車や車、電車移動でもポイントが獲得できるのが特徴です。他のMove to Earnアプリで稼ぎにくい方におすすめのアプリです。

トリマのダウンロードはこちら
AppStore GooglePlayストア

アルコイン健康管理にも使える

アルコイン

アルコインのおすすめポイント
  • 消費カロリーや総歩行距離なども確認可
  • 目標歩数クリアでコイン獲得
  • ミッションクリアでさらに報酬ゲット

アルコインは、健康管理にも使えるMove to Earnのアプリです。消費カロリーや総歩行距離なども確認できるので、健康を維持しつつ、ポイントを稼ぎたい方におすすめのアプリです。

アルコインのダウンロードはこちら
AppStore GooglePlayストア

ASTARIグループで協力できるMove to Earnアプリ!

ASTARI

ASTARIのおすすめポイント
  • グループで協力する機能あり
  • 楽天ポイントを貯めている方におすすめ
  • ユニクロなどのポイントカードと連携できる

ASTARIは、グループで協力できるのが特徴のMove to Earnアプリです。一人では挫折しがちな、歩くという行為も、みんなで協力しながら達成できるので、コミュニケーションを取りつつポイントを稼ぎたい方におすすめです。

ASTARIのダウンロードはこちら
AppStore GooglePlayストア

Move to Earn(M2E)でよくある質問

Move to Earnでどのくらい稼げますか?

Move to Earn(M2E)では、投資金額によって収支が変わるため、どの程度稼げるかは人それぞれです。また、必ずプラスの稼ぐになる保証はどこにもありません。

特に仮想通貨(ブロックチェーン)周りのゲームは、価値の乱高下が激しいです。

Move to Earnの初期費用はいくらぐらいですか?

Move to Earnをプレイするためには、NFTスニーカーの購入が必要となる場合が多いですNFTスニーカーを買うために初期費用がかかりますが、マーケットプレイスのフロア(最低価格)次第なので時期によります。

Move to Earnはアプリでプレイするものですか?

Move to Earnは、アプリでプレイするものです。iPhone・Androidどちらでもプレイすることが可能であるものの、ゲームによってはAndroidのみ対応などのケースもあります

他のNFTゲームと同時利用できますか?

他アプリと同時利用可能です。ステップンなどの他のM2Eで並走できるのはもちろん、放置ゲーなどと一緒に利用して収益の最大化・効率化を目指せます。

Move to Earnは無料で始められますか?

Move to Earnは、無課金プレイできるゲームもあります。無料でプレイできるM2Eゲームは、ステラウォークやWalkenが有名ですが、無課金だと月に数円~数百円を稼ぐのがやっとで時給単価が合わないです。

Move to Earnの仕組みは?

Move to Earnは、スマホアプリとGPS機能で距離を測定します。一定以上の速度で歩いたり、走ったりしないと測定されないので不正はしにくいです。

Move to Earn(M2E)のまとめ

Move to Earn(M2E)は、歩いたり走ったりするだけで仮想通貨を稼げるアプリです。日常生活で自然と行う「歩く」行為が「稼ぐ」と紐づき、故意に日頃の生活習慣を変えずとも仮想通貨を獲得できるのが最大の利点です。

また、バックグランド機能を搭載したアプリであれば、スマホを持ち歩くだけで仮想通貨を貯められるため、複数のM2Eアプリをインストールすることで効率的に仮想通貨を稼ぐことが可能です。

関連記事

Play to Earn(NFTゲーム)のジャンル

NFTゲームのジャンル一覧
Move to EarnMove to Earn Sleep to EarnSleep to Earn メタバースメタバース
MMOMMO RPGRPG FPS・TPSFPS・TPS
放置系放置系 農業系農業系 -

Play to Earn(NFTゲーム)には、ソシャゲやアプリ同様に様々な種類が存在します。得意なゲームを見つけて稼ぎましょう。

本サイトは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
金融商品・金融機関の選択や売買、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツは、細心の注意を払って情報を掲載していますが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
当サイトで掲載する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者および情報提供者は一切の責任を負いません。ご質問、ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
▼広告主および当サイトの掲載情報について
  • 本サイトは、複数社と提携して情報を提供しており、当サイト経由で一定の成果地点に到達した場合に提携企業から支払われる報酬が主なサイト収益です。ただし当サイトの評価や比較に関して、提携有無や支払い実績が影響を及ぼすことはありません。
    収益は、コンテンツ品質向上やUIUXの改善などの施策に還元しております。

編集部おすすめ国内取引所5選
SBI VCトレードSBI VCトレード
公式サイト
  • 【スプレッドが業界最狭水準】
    ・口座開設や入金など各種手数料0円
    ・SBIグループで安心のセキュリティ
    ・紹介プログラムで現金1,000円獲得
ビットバンクbitbank
公式サイト
  • 【暗号資産の国内取引量No.1】
    ・セキュリティの高さに定評がある
    ・アプリのデザインがよく使いやすい
    ・口座開設後に1万円以上入金で
     現金1,000円獲得
コインチェックCoincheck
公式サイト
  • 【アプリのダウンロード数No.1】
    ・アプリが初心者に使いやすい
    ・500円からビットコインを購入可能

    ・紹介CPで1,000円獲得
GMOコインGMOコイン
公式サイト
  • 【オリコン顧客満足度2年連続No.1】
    ・取引所手数料を除く全手数料が無料
    ・GMOグループなので信頼性が高い
    ・暗号資産の購入で1,000円が当たる
ビットフライヤーbitFlyer
公式サイト
  • 【ビットコイン取引量トップクラス】
    ・7年以上ハッキング被害なし
    ・1円から売買が可能
    ・ビットコイン獲得サービスを提供

©NFTゲームプレス All rights reserved.
※当サイトに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権ならびにその他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
※当サイトに掲載されているデータ、画像等の無断使用・転載・変更・改ざん・商業的利用は固くお断りします

攻略メニュー