リップル(XRP)の買い方をわかりやすく解説!購入におすすめの取引所も紹介!

リップル(XRP)

リップル(XRP)は、手数料が安く送金速度に優れた仮想通貨です。SNSなどで「リップル 買いまし」などを見て興味が湧いても、実際にリップルの買い方がわからない…

そこで、当記事ではリップルの買い方や購入におすすめの取引所について初心者でもわかりやすく解説しています。

他にも、リップルの特徴やメリット、購入する時の注意点も紹介しているので、これからリップルを購入しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

いきなり結論!リップルの買い方まとめ

  • リップルを買うには取引所の口座開設が必要
  • 各種手数料が無料の「GMOコイン」がおすすめ
  • Makerになれば手数料が還元されるのでお得

リップル(XRP)の購入はGMOコインがおすすめ

GMOコイン

リップルを購入する時は、GMOコインで購入するのがおすすめです。GMOコインは、取引時にMakerとして取引することで手数料を還元されるので、リップルをお得に購入できます。

また、GMOコインは東証一部上場企業のGMOインターネットグループが親会社であり、信頼性もあるので、安心してリップルの取引ができます。

【Makerとは】
・取引板にない価格で注文を出す取引
・取引成立まで時間がかかる可能性がある

GMOコインでのリップル買い方・購入手順

STEP1 GMOコインの口座を開設
STEP2 口座に日本円を入金する
STEP3 取引所(現物取引)で注文内容を入力する
STEP4 確認画面の注文確定を選択して完了
  • STEP1

    GMOコインの口座を開設

    GMOコインの口座を開設

    まずは、GMOコインの口座を開設しましょう。口座開設は、アプリか公式サイトから申請可能で、最短10分で口座開設ができます。

    GMOコイン公式サイトはこちら

  • STEP2

    口座に日本円を入金する

    口座に日本円を入金する

    口座開設が完了したら、GMOコインの口座に日本円を入金しましょう。即時入金から自分の持っている銀行口座を選んで、金額を入力すると入金できます。振込入金の場合は入金までに時間がかかる場合があります。

  • STEP3

    取引所(現物取引)で注文内容を入力する

    取引所(現物取引)で注文内容を入力する

    日本円を入金したら、注文内容を入力しましょう。成行注文の場合は、取引数量だけの入力ですが、指値注文の場合は注文タイプや注文レートを入力し、自分が取引条件を細かく設定できます。

  • STEP4

    確認画面の注文確定を選択して完了

    確認画面の注文確定を選択して完了

    注文内容を入力したら、注文確定を選択して完了させましょう。成行注文は即時購入できますが、現物取引では取引相手が現れるまで取引が成立しません。

リップル(XRP)の購入おすすめ取引所7選

取引所 GMOコインGMOコイン ビットポイントBITPOINT ビットバンクbitbank FTX ジャパンFTX JP SBI VCトレードSBI VCトレード コインチェックCoincheck ビットフライヤーbitFlyer
取扱通貨数(販売所) 19種類 13種類 18種類 12種類 12種類 17種類 15種類
取扱通貨数(取引所) 21種類 9種類 18種類 12種類 7種類 6種類 1種類
販売所手数料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所手数料 【Maker】
-0.01%もしくは-0.03%
【Taker
0.05%もしくは0.09%
無料 【Maker】
-0.02%
【Taker】
0.12%
【Maker】
0.01~0.02%
【Taker】
0.04~0.07%
【Maker】
-0.01%
【Taker】
0.05%
無料 0.01~0.15%
入金手数料 無料 無料 無料 無料 無料 ・銀行振込:無料
・コンビニ入金
770円(3万円未満)
1,018円(3万円以上30万円以下)
・クイック入金
770円(3万円未満)
1,018円(3万円以上50万円未満)
入金額×0.11%+495円(50万円以上)
・銀行振り込み 各銀行所定額
・クイック入金
住信SBIネット銀行から入金:無料
住信SBIネット銀行以外から入金:330円
出金手数料 基本:無料
大口出金:400円
無料 ・銀行振込
550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
無料 無料 407円 ・三井住友銀行  
220円(3万円未満)
440円(3万円以上)
・三井住友銀行以外
550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
送金手数料 無料 無料 0.15XRP 0.01BTC以上:無料
0.01BTC未満:1日1回まで無料
無料 0.15XRP 無料(XRPの場合)
最低取引額(XRP) 1XRP 500円 0.0001XRP 1XRP 販売所:1XRP
取引所:1XRP
レバレッジ取引:100XRP
10.120638XRP(500円) 0.000001XRP
レバレッジ取引 有り(最大2倍) 無し 無し 有り(最大2倍) 有り(最大2倍) 無し 有り(最大2倍)
特徴 ・オリコン顧客満足度2年連続No.1
・取引所の手数料以外が無料
・GMOグループなので信頼性が高い
・2021年の仮想通貨取扱数NO.1
・各種手数料が無料
・お得なキャンペーンが開催中
・仮想通貨の国内取引量No.1
・セキュリティの高さに定評がある
・アプリのデザインがよく使いやすい
・SOLを取引できる国内取引所はここだけ
・日本円の入金が早い
・各種手数料が無料
・スプレッドが狭い
・アプリが初心者でも使いやすい
・アプリのダウンロード数No.1
・アプリが初心者に使いやすい
・500円から仮想通貨が買える
・ビットコイン取引量が6年連続1位
・7年以上ハッキングなし
・1円から売買が可能

1位:GMOコイン

GMOコイン

総合評価 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.5

▼iPhoneとAndroidの評価▼
  • iPhone 枠線あり枠線あり枠線ありhosiii塗りなし3.9
    Android 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.1
取扱通貨数
(販売所)
19種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、テゾス(XTZ)、クアンタム(QTUM)、エンジンコイン(ENJ)、ポルカドット(DOT)、コスモス(ATOM)、メイカー(MKR)、ダイ(DAI)、チェーンリンク(LINK)、ドージコイン(DOGE)、カルダノ(ADA)
取扱通貨数
(取引所)
21種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、テゾス(XTZ)、クアンタム(QTUM)、エンジンコイン(ENJ)、ポルカドット(DOT)、コスモス(ATOM)、シンボル(XYM)、モナコイン(MONA)、メイカー(MKR)、ダイ(DAI)、チェーンリンク(LINK)、FCRコイン(FCR)、カルダノ(ADA)
口座開設手数料 無料
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%もしくは-0.03%
Taker :0.05%もしくは0.09%
入金手数料 無料
出金手数料 基本無料
大口入金:400円
送金手数料 無料
最低取引額(XRP) 1XRP
口座開設数 50万以上(2022年3月末時点)
申込み完了速度 最短10分
アプリの有無 有り
レバレッジ取引 有り(最大2倍)
安全性 ・システムへの侵入対策
・2段階認証
・資産の分別管理
・コールドウォレット管理
・マルチシグ対応
取引形態 ・現物取引(販売所、取引所)
・レバレッジ取引
・暗号資産FX
・つみたて暗号資産
・貸暗号資産
・ステーキング
・IEO
・API
特徴 ・オリコン顧客満足度2年連続No.1
・取引所の手数料以外が無料
・GMOグループなので信頼性が高い
運営会社 GMOコイン株式会社
公式サイト https://coin.z.com/jp/

全部見る

おすすめポイント!

  • オリコン顧客満足度2年連続No.1
  • 取引所手数料を除くすべての手数料が無料
  • GMOグループなので信頼性が高い

GMOコインは、販売所と取引所の両方でリップルを購入できます。取引手数料以外はすべて無料で、取引もMakerになることで手数料が還元されるので、余計なコストをかけずに取引ができます。

GMOコインはオリコン顧客満足度が2年連続NO.1なので、使用しているユーザーからの評価が高いです。実際に使っている人の口コミでは「取り扱っている通貨が多い」「手数料が無料なので使いやすい」というものがあり、満足度が高いのは事実のようです。

【Makerとは】
・取引板にない価格で注文を出す取引
・取引成立まで時間がかかる可能性がある
【Takerとは】
・取引板に用意された注文で約定する取引

GMOコイン公式サイトはこちら

2位:ビットポイント(BITPOINT)

ビットポイント

総合評価 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.3

▼iPhoneとAndroidの評価▼
  • iPhone 枠線あり枠線ありhosiii塗りなし塗りなし2.9
    Android 枠線あり枠線あり枠線ありhosiii塗りなし3.1
取扱通貨数
(販売所)
13種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、 リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、 トロン(TRX)、エイダ(ADA)、ジャスミー(JMY)、ポルカドット(DOT)、リンク(LINK)、 ディープコイン(DEP)、アイオーエスティー(IOST)
取扱通貨数
(取引所)
9種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、 ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、 ベーシックアテンショントークン(BAT)、トロン(TRX)、 エイダ(ADA)、アイオーエスティー(IOST)
口座開設手数料 無料
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料
最低取引額(XRP) 500円
申込み完了速度 最短当日
アプリの有無 有り
レバレッジ取引 なし
安全性 ・2段階認証
・不正アクセス時メール通知
・ログイン失敗時の自動ロック機能
取引形態 ・現物取引(取引所、販売所)
特徴 ・2021年の仮想通貨取扱数NO.1
・各種手数料が無料
・お得なキャンペーンが開催中
運営会社 株式会社ビットポイントジャパン
公式サイト https://www.bitpoint.co.jp/

全部見る

おすすめポイント!

  • 2021年の仮想通貨取扱数NO.1
  • 各種手数料が無料
  • お得なキャンペーンが開催中

BIT POINTは、販売所と取引所でリップルを購入でき、リップル以外にも幅広い通貨を取り扱っているのでおすすめです。「もっと違う種類の仮想通貨取引がしたい!」と思ったときに、BIT POINTなら通貨を扱っている可能性が高いです。

また、BIT POINTは各種手数料が無料なのも強みです。取引をする際にかかる余計なコストを削れるので、利益から差し引かれる量が少なく済みます。

BIT POINT公式サイトはこちら

3位:ビットバンク(bitbank)

ビットバンク

総合評価 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.3

▼iPhoneとAndroidの評価▼
  • iPhone 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.6
    Android 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.2
取扱通貨数
(販売所)
18種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、 イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、 ビットコインキャッシュ(BCH)、ステラルーメン(XLM)、 クアンタム(QTUM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、 オーエムジー(OMG)、シンボル(XYM)、リンク(LINK)、 メイカー(MKR)、ボバネットワーク(BOBA)、 エンジンコイン(ENJ)、ポリゴン(MATIC)、ポルカドット(DOT)、 ドージコイン(DOGE)
取扱通貨数
(取引所)
18種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、 イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、 ビットコインキャッシュ(BCH)、ステラルーメン(XLM)、 クアンタム(QTUM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、 オーエムジー(OMG)、シンボル(XYM)、リンク(LINK)、 メイカー(MKR)、ボバネットワーク(BOBA)、 エンジンコイン(ENJ)、ポリゴン(MATIC)、ポルカドット(DOT)、 ドージコイン(DOGE)
口座開設手数料 無料
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.02%
Taker :0.12%
入金手数料 無料
出金手数料 銀行振込
550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
送金手数料 0.15XRP
最低取引額(XRP) 0.0001XRP
申込み完了速度 最短1日
アプリの有無 有り
レバレッジ取引 無し
安全性 ・コールドウォレットの採用
・ホットウォレットの採用
・2段階認証
・セキュリティホールの報告
・ISMS認証取得
取引形態 ・現物取引(販売所)
特徴 ・仮想通貨の国内取引量No.1
・セキュリティの高さに定評がある
・アプリのデザインがよく使いやすい
運営会社 ビットバンク株式会社
公式サイト https://bitbank.cc/

全部見る

おすすめポイント!

  • 仮想通貨の国内取引量No.1
  • セキュリティの高さに定評がある
  • スマホもPCもデザインがよく使いやすい

bitbankは、販売所と取引所からリップルを購入でき、仮想通貨の国内取引量がNo.1なので、取引を積極的に行いたい人におすすめです。取引量が多いと、自身が取引したいタイミングですぐに取引できる可能性が高いのがメリットです。

また、セキュリティの高さにも定評があり、オフラインのコールドウォレットを採用しています。コールドウォレットは非常に安全性が高い管理方法なので、安心して取引所を利用できます。

【コールドウォレットとは】
・ウォレットをインターネットから隔離されたところで管理
・隔離されているのでハッキングのリスクを減らせる
・ペーパーウォレットとハードウェアウォレットの2種類
【ペーパーウォレットとは】
・秘密鍵などの重要な情報を紙にプリントして管理
【ハードウェアウォレットとは】
・秘密鍵などの重要な情報を専用デバイスで管理

bitbank公式サイトはこちら

4位:FTX JP

FTXジャパン

総合評価 枠線あり枠線あり枠線あり枠線あり塗りなし4.0

▼iPhoneとAndroidの評価▼
  • iPhone 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.7
    Android 枠線あり枠線あり枠線あり枠線あり枠線あり5.0
取扱通貨数
(販売所)
12種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、 リップル(XRP)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、ライトコイン(LTC)、 ソラナ(SOL)、FTXトークン(FTT)、ポルカドット(DOT)、エンジンコイン(ENJ)、 オーエムジー(OMJ)、ドージコイン(DOGE)
取扱通貨数
(取引所)
12種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、 リップル(XRP)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、ライトコイン(LTC)、 ソラナ(SOL)、FTXトークン(FTT)、ポルカドット(DOT)、エンジンコイン(ENJ)、 オーエムジー(OMJ)、ドージコイン(DOGE)
口座開設手数料 無料
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:0.01~0.02%
Taker :0.04~0.07%
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 0.01BTC以上:無料
0.01BTC未満:1日1回まで無料
最低取引額(XRP) 1XRP
アプリの有無 有り
レバレッジ取引 有り(最大2倍)
安全性 ・2段階認証
取引形態 ・現物取引(販売所、取引所)
・パーペチュアル取引
特徴 ・取扱暗号資産の種類が豊富
・日本円の入金が早い
・パーペチュアル取引が可能
運営会社 FTX Japan株式会社
公式サイト https://ftx.com/jp

全部見る

おすすめポイント!

  • 取扱暗号資産の種類が豊富
  • 日本円の入金が早い
  • パーペチュアル取引が可能

FTX JPは、販売所と取引所でリップルが購入できます。FTX JPは日本円の入金や出金が早く、実際に使っている人の口コミでも「入金がめちゃくちゃ早くて便利」「銀行口座の出金が3分でできた」という声があり、ユーザーからも高評価を得ています。

また、FTX JPはソラナ(SOL)を取引できる国内で唯一の取引所です。リップルだけでなくソラナを取引したい時は、FTX JPの口座1つで取引できます。

FTX JP公式サイトはこちら

5位:SBI VCトレード

SBI VCレコード

総合評価 枠線あり枠線あり枠線あり塗りなし塗りなし3.0

▼iPhoneとAndroidの評価▼
  • iPhone 枠線あり枠線ありhosiii塗りなし塗りなし2.7
    Android 枠線あり枠線あり塗りなし塗りなし塗りなし2.0
取扱通貨数
(販売所)
12種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • リップル(XRP)、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、 ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リンク(LINK)、ポルカドット(DOT)、カルダノ(ADA)、ドージコイン(DOGE)、ステラルーメン(XLM)、 テゾス(XTZ)、ソラナ(SOL)
取扱通貨数
(取引所)
7種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • リップル(XRP)、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、 ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、 リンク(LINK)、ポルカドット(DOT)
口座開設手数料 無料
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料
最低取引額(XRP) 販売所:1XRP
取引所:1XRP
レバレッジ取引:100XRP
申込み完了速度 最短1日
アプリの有無 有り
レバレッジ取引 有り(最大2倍)
安全性 ・マルチシグネチャで秘密鍵を管理
・暗号資産の分別管理
・二要素認証
取引形態 ・現物取引(取引所、販売所)
・レバレッジ取引
・貸コイン
・積立
特徴 ・各種手数料が無料
・スプレッドが業界最狭水準
・アプリが初心者でも使いやすい
運営会社 SBI VCトレード株式会社
公式サイト https://www.sbivc.co.jp/

全部見る

おすすめポイント!

  • 各種手数料が無料
  • スプレッドが業界最狭水準
  • アプリが初心者でも使いやすい

SBI VCトレードは、販売所と取引所でリップルを購入でき、各種手数料が無料なので取引をたくさんしたい人におすすめです。手数料がかかる場合、取引の回数が増えると手数料が蓄積されて利益が減るので、各種手数料が無料なのは大きなメリットです。

また、SBI VCトレードは公式サイトで「スプレッドが業界最狭水準」だと明記しています。スプレッドは手数料みたいなものなので、スプレッドが少ないと利益から差し引かれる金額が少なくなります。

【スプレッドとは】
・仮想通貨を買う時と売るときの価格の差
例:買う時が1万円で、売る時が5,000円だとスプレッドは5,000円になる
・仮想通貨本来の価格に取引所が料金を上乗せしているので、スプレッドが広いと買い手は損をしていることになる

SBI VCトレード公式サイトはこちら

6位:Coincheck(コインチェック)

コインチェック

総合評価 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.5

▼iPhoneとAndroidの評価▼
  • iPhone 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.3
    Android 枠線あり枠線あり枠線ありhosiii塗りなし3.9
取扱通貨数
(販売所)
17種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リスク(LSK)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)、ベーシックアテンション(BAT)、アイオーエスティー(IOST)、エンジンコイン(ENJ)、オーエムジー(OMG)、SAND(サンド)、ポルカドット(DOT)
取扱通貨数
(取引所)
6種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • ビットコイン(BTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、モナコイン(MONA)、PLT(パレットトークン)、リスク(LSK)、オーエムジー(OMG)
口座開設手数料 無料
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 ・銀行振込 無料
・コンビニ入金
770円(3万円未満)
1,018円(3万円以上30万円以下)
・クイック入金
770円(3万円未満)
1,018円(3万円以上50万円未満)
入金額×0.11%+495円(50万円以上)
出金手数料 407円
送金手数料 0.15XRP
最低取引額(XRP) 10.120638XRP(500円)
口座開設数 153万以上(2021年1月27日時点)
申込み完了速度 最短1日
アプリの有無 有り
レバレッジ取引 無し
安全性 ・お預り金の管理
・SMS/デバイスによる2段階認証
・SSL暗号化通信
・ログインチェック
・本人確認
取引形態 ・現物取引(販売所、取引所)
・Coincheckつみたて
・CoincheckNFT(β)
・大口OTC取引
・貸暗号資産
特徴 ・アプリのダウンロード数No.1
・アプリが初心者に使いやすい
・500円から仮想通貨が買える
運営会社 コインチェック株式会社
公式サイト https://coincheck.com/ja/

全部見る

おすすめポイント!

  • ダウンロード数No.1で人気度が高い
  • アプリが初心者にも使いやすい
  • 500円から仮想通貨が買える

コインチェックは、販売所でリップルを購入でき、アプリのデザインやUIが良く、仮想通貨のことがわからない初心者におすすめな取引所です。実際に「初心者だけどコインチェック使いやすかった!」という声もあり、満足しているユーザーはいるようです。

また、コインチェックはアプリのダウンロード数が取引所の中でNO.1なので、人気度の高さが伺えます。それだけ多くのユーザーから支持を得ている証拠なので、初心者が仮想通貨を始めるにはおすすめです。

コインチェック公式サイトはこちら

7位:ビットフライヤー(bit Flyer)

ビットフライヤー

総合評価 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.3

▼iPhoneとAndroidの評価▼
  • iPhone 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.3
    Android 枠線あり枠線あり枠線ありhosiii塗りなし3.8
取扱通貨数
(販売所)
17種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、ポリゴン(MATIC)、メイカー(MKR)、シンボル(XYM)、リンク(LINK)、ポルカドット(DOT)、 テゾス(XTZ)、ステラルーメン(XLM)、ネム(XEM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、 イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、 モナコイン(MONA)、リスク(LSK)
取扱通貨数
(取引所)
1種類

▼取扱通貨を全部見る▼
  • ビットコイン(BTC)
口座開設手数料 無料
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01%~0.15%
入金手数料 銀行振り込み:各銀行所定額
クイック入金
住信SBIネット銀行から入金:無料
住信SBIネット銀行以外から入金:330円
出金手数料 三井住友銀行
220円(3万円未満)
440円(3万円以上)
三井住友銀行以外
550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
送金手数料 無料(XRPの場合)
最低取引額(XRP) 0.000001XRP
申込み完了速度 最短10分
アプリの有無 有り
レバレッジ取引 有り(最大2倍)
安全性 ・2段階認証
・コールドウォレットへの保管
・顧客情報の暗号化
・自己診断によるアラート自動送信
・安全な疑似乱数生成器の使用
取引形態 ・現物取引(販売所、取引所)
・レバレッジ取引(bitFlyer Lightningのみ)
・Lightning FX
・かんたん積立
特徴 ・ビットコイン取引量が6年連続1位
・7年以上ハッキングなし
・1円から売買が可能
運営会社 株式会社bitFlyer
公式サイト https://bitflyer.com/ja-jp/

全部見る

おすすめポイント!

  • セキュリティが強く7年以上ハッキングなし
  • 1円から売買が可能
  • 最短10分で口座開設可能

ビットフライヤーは、販売所でリップルを購入でき、最低取引額が1円と少額なので、初心者の方でも手軽にリップルを購入できます。15種類と幅広い通貨を取り扱っているので、リップル以外の仮想通貨を取引したいという時にもビットフライヤーで購入できる可能性があります。

また、ビットフライヤーはセキュリティが強く、7年以上ハッキングされたことがないので、安心して利用できます。取引所のハッキング被害のニュースを見て不安に感じる人もいると思いますが、ビットフライヤーは長い間ハッキングされていない実績があります。

bitFlyer公式サイトはこちら

リップル(XRP)の買う時の手数料比較

取引所 GMOコインGMOコイン ビットポイントBITPOINT FTX ジャパンFTX JP SBI VCトレードSBI VCトレード ビットバンクbitbank コインチェックCoincheck ビットフライヤーbitFlyer
口座開設手数料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
取引所手数料 【Maker】
-0.01%もしくは-0.03%
【Taker
0.05%もしくは0.09%
無料 【Maker】
0.01~0.02%
【Taker】
0.04~0.07%
【Maker】
-0.01%
【Taker】
0.05%
【Maker】
-0.02%
【Taker】
0.12%
無料 0.01~0.15%
販売所手数料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
入金手数料 無料 無料 無料 無料 無料 ・銀行振込:無料
・コンビニ入金
770円(3万円未満)
1,018円(3万円以上30万円以下)
・クイック入金
770円(3万円未満)
1,018円(3万円以上50万円未満)
入金額×0.11%+495円(50万円以上)
・銀行振り込み 各銀行所定額
・クイック入金
住信SBIネット銀行から入金:無料
住信SBIネット銀行以外から入金:330円
出金手数料 基本:無料
大口出金:440円
無料 無料 無料 ・銀行振込
550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
407円 ・三井住友銀行  
220円(3万円未満)
440円(3万円以上)
・三井住友銀行以外
550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
送金手数料 無料 無料 0.01BTC以上:無料
0.01BTC未満:1日1回まで無料
無料 0.15XRP 0.15XRP 無料(XRPの場合)

取引手数料が還元されるGMOコインがおすすめ

取引手数料が還元されるGMOコインがおすすめ

取引手数料が還元されるGMOコインがおすすめです。Takerになると取引手数料を支払う必要がありますが、Makerになると手数料が自分に還元されるので、お得に取引できます。

GMOコイン以外にも、FTX JPやSBI VCトレードでもMakerとTakerのシステムがありますが、GMOコインは還元される手数料の割合が多いのも魅力の1つです。

GMOコイン公式サイトはこちら

MakerとTakerとは

MakerとTakerとは

Makerは、取引板にない注文を出す人で、Takerは取引板に既にある注文で取引をする人のことを指します。Takerは取引時に手数料を支払いますが、Makerになると取引板にない注文を出し流動性を作るので、手数料がMakerに還元されます。

GMOコインでは、指値取引の時に「Post-Only」にチェックを入れることで、Makerになれるタイミングで取引が行われるので、確実にMakerとして取引ができます。アプリの場合「Post-Only」が出てこないので、Makerになりたい場合は、PCで取引しましょう。

1リップルは何円?最低いくらから買える?

  • 1D
  • 7D
  • 1M
  • 1Y

通貨単位 発行開始日
XRP 2013年2月
取り扱い国内取引所 取り扱い海外取引所

1リップルは約48円で購入可能

1リップルは、2022年8月現在50円~48円で推移しています。2022年の最高値は約110円、最低値は約40円です。2022年5月から50円を下回ることが多いので、金融機関との提携などがあれば価格が上昇する可能性があります。

リップルはGMOコインで約43円から購入できる

リップルは、GMOコインからだと最低取引額は約43円から取引できます。取引所によって最低取引額が異なるので、自分が取引する取引所の最低注文額は確認しておきましょう。

リップルの買い時はいつ?

リップル買い時まとめ

  • リップルの買い時は誰にも分からない
  • 自動積立で定期的に購入する
  • 価格が上昇し始めた時に買う
  • 自分が決めた購入価格になった時に買う
  • リップルの最新情報が発表された時に買う

リップルの買い時は誰にも分からない

リップルの買い時は、誰にもわかりません。仮想通貨は価格変動が大きく、価格の動向を正確に把握できる人はいないので、最安値で購入したと思っても、さらに価格が下がる可能性があります。

仮想通貨は、誰しもが「最安値で買って最高値で売りたい」と思っていますが、ほぼ不可能なので自分で決めた購入価格の時に購入したり、価格が上昇相場の時に購入するなどのリスクの少ない方法で購入しましょう。

自動積立で定期的に購入する

買い時が自分で決められない時は、自動積立で定期的に購入するのがおすすめです。短期で大きな利益を狙いにくい反面、長期で安定した投資がしやすいので初心者の方におすすめです。

自動積立は、価格が高い時は少なく購入し、価格が低い時は多く購入してくれるので、一回にまとめて購入するよりもリスクを抑える効果が期待できます。GMOコインコインチェックで自動積立ができます。

価格が上昇し始めた時に買う

リップルの下落が止まって、価格が上昇し始めたタイミングで購入するのがおすすめです。5%くらい価格が上昇している時は、そのまま価格が上昇する可能性があるので、リップルの買い時だと言えます。

確実に上昇するとは言えませんが「ここまで価格が上がったら売却する」といった自分のルールを決めて、少しでも利益が獲得できるタイミングで売却しましょう。

下落中に買うのはリスクが高い

価格が下落中の時に、リップルを購入するのはリスクが高いです。下落中は損失がどこまで大きくなるのか、誰にもわからないので購入するのはおすすめしません。

リップルの価格が、下落中は購入せずに「ここまで価格が上がったら購入する」といった自分のルールを決めて購入しましょう。

自分が決めた購入価格になった時に買う

自分が決めた購入価格になった時に、購入するのがおすすめです。「この購入価格になった時に購入する」といった自分のルールを決めておけば、他人に左右されることなく仮想通貨を購入できます。

購入した後は「ここまで価格が上がったら売却する」「ここまで価格が下がったら売却する」をあらかじめ決めておくと、損失を自分が考えている範囲で抑えられます。

リップルの最新情報が発表された時に買う

リップルは、金融機関との提携などの最新情報が発表されたタイミングに買うのがおすすめです。2021年7月にSBIホールディングスと提携した時は、7月に約62円から8月に約152円まで上がっているので、リップル社の公式Twitterなどは確認して情報を集めておきましょう。

ただし、最新情報が公開されたタイミングは、自分以外の大勢のユーザーも狙っているので、他の投資家の養分になる可能性が高いです。「少しでも遅れたら買わない」などの自分のルールを決めておきましょう。

リップル購入時の5つのポイントと注意点

5つのポイントと注意点

  1. リップルを購入するなら余剰資金で行う
  2. 売買に慣れるまでは販売所を使う
  3. 売買に慣れたら取引所を使う
  4. レバレッジ取引は使わないのが無難
  5. ハッキング対策でウォレットを準備する

①リップルを購入するなら余剰資金で行う

リップルを購入する場合は、余剰資金で購入するのがおすすめです。余剰資金は、自分の生活に与える影響が少ない資金のことです。

リップルなどの仮想通貨は値動きが激しく、価格が下落することもあるので、生活費を削ったり借金をしてまでリップルを購入するのはやめましょう。

②売買に慣れるまでは販売所を使う

売買に慣れるまでは、販売所を使うのがおすすめです。販売所は、取引に慣れてない初心者でも仮想通貨を簡単に購入できます。

ただし、スプレッドが広く相場よりも高い価格で購入することになるので、取引に慣れてきたらスプレッドの狭い取引所でリップルを購入しましょう。

③売買に慣れたら取引所を使う

売買に慣れたら、取引所でリップルを購入するのがおすすめです。取引所は販売所よりも、取引方法が複雑ですが、スプレッドが小さいので損失を抑えられます。

また、SBI VCトレードは公式サイトで「スプレッドが業界最狭水準」だと明記しているので、スプレッドによる損失を他の取引所よりも抑えられます。

④レバレッジ取引は使わないのが無難

レバレッジ取引は、行わないのが無難です。レバレッジ取引は、自分の元手以上の取引を行う取引方法で、成功すれば大きな利益を得られますが、失敗すると負債を抱える可能性があるのでおすすめできません。

例えば、手元の100万円でレバレッジ3倍の300万円の取引をする場合、価格が50%下がると150万円の損失になるので、手元の100万円以上の損失が出ます。

【レバレッジ取引とは】
・保有資産を上回って仮想通貨の購入が可能
・利益の見返りが大きい
・価格変動で損失のリスクがある

⑤ハッキング対策でウォレットを準備する

リップルの購入が完了したら、仮想通貨を保管するウォレットの準備をしましょう。購入した仮想通貨を取引所に預けたままだと、取引所がハッキングされたときに失ってしまうリスクがあります。

高額の仮想通貨を購入した場合は、セキュリティ性の高いハードウェアウォレットがおすすめです。また、少額であってもPCのソフトやスマホのアプリで管理できる、ソフトウェアウォレット(メタマスクなど)で管理しましょう。

【ウォレットとは】
・仮想通貨を保管する財布
・仮想通貨による売買などの取引の際に必要

【ハードウェアウォレットとは】
・秘密鍵などの重要な情報を専用デバイスで管理
・ハッキングのリスクが少ない
【ソフトウェアウォレットとは】
・インターネット上で秘密鍵などの重要な情報を管理
・ダウンロードすればすぐに使える

【初心者必見】リップルで失敗しないための知識

リップルで失敗しないための知識

  • 一括で大量購入しない
  • 得するより損しないことを意識する
  • 順張りを意識する

一括で大量購入しない

一括で大量購入せずに、少額投資から始めましょう。少額投資は利益も少なくなりますが、初心者にとっては仮想通貨投資を経験しながら学べるので、初めての投資は少額がおすすめです。

得するより損しないことを意識する

得することを考えるより、損しないことを意識することがおすすめです。価格が少しでも下がり始めたら、価格が上がることを考えるよりも損失が大きくなる前に売却することで、損失を少しでも抑えることを意識しましょう。

順張りを意識する

価格が下落中の仮想通貨が、5%程度価格が上昇し始めた時に購入する「順張り」を意識するなど、上昇時のタイミングで買うことは一般的です。仮想通貨の価格が下落中の時は、損失がどこまで大きくなるのか、誰もわからないので購入するのはおすすめしません。

リップル(XRP)の3つの特徴

リップルの3つの特徴

  1. 国際送金に特化した仮想通貨
  2. XRP Ledgerで取引データを記録
  3. 中央集権的な仮想通貨

①国際送金に特化した仮想通貨

リップルは、国際送金をする際の「ブリッジ通貨」として特化した仮想通貨です。ブリッジ通貨とは、日本円を海外に送金する時にスムーズに行うための通貨で、日本円を海外に送る時にリップルで送金することで手数料と時間をかけずに送れます。

【ブリッジ通貨とは】
・通貨と通貨を変換するときに仲介する通貨
・主に国際送金を行う時に使われる

②XRP Ledgerで取引データを記録

リップルは、独自のシステム「XRP Ledger」で取引データを記録しています。一般的な仮想通貨のビットコインなどは、ブロックチェーン技術で取引データを記録していますが、リップルは「XRP Ledger」で取引データを管理することで、承認作業を円滑に進められます。

【XRP Ledgerとは】
・リップルの取引データを管理する分散型台帳
・少額の手数料で高速で送金ができる

③中央集権的な仮想通貨

リップルは、リップル社という会社が中央管理者として運営している中央集権的な仮想通貨です。ビットコインなどの仮想通貨は、中央管理者が存在せず、不特定多数の参加者が仮想通貨の意思決定を行いますが、リップルはリップル社が意思決定を行います。

リップル(XRP)のメリット

リップルのメリット

  • 送金手数料が安く送金速度が早い
  • 国際送金が簡単にできる

送金手数料が安く送金速度が早い

ビットコイン(BTC) リップル(XRP)
送金速度 10分〜40分程度 約3.3秒
手数料 0.001BTC
(約2,800円)
0.15XRP
(約7円)

出典:コインチェック

リップルは、送金手数料が安く送金速度が早いのがメリットです。ビットコインと比べてもリップルの方が、圧倒的に格安で速く送金できます。

例えば、NFTゲームで使用する独自の仮想通貨を、海外の取引所で購入する時などリップルの特徴を活かせます。リップルを使用することで手数料を少額で抑えつつ、瞬時に送金可能です。

国際送金が簡単にできる

リップルを使用することで、国際送金を手軽にできます。今までの国際送金は、手数料が高く送金時間が長いので、手間がかかるのが課題でした。しかし、送金する通貨をリップルにすることで、国際送金の課題を解決し、格安で時間をかけずに海外に送金できます。

具体的には、通常の国際送金をする場合、3,000円~7,000円程度の手数料がかかり送金に1週間以上の時間を要します。しかしリップルを介して送金することで、格安の手数料で、瞬時に、海外送金できます。

リップル(XRP)の今後の将来性

リップルの今後の将来性

  • 金融機関との提携で価格上昇の可能性が高い
  • 将来的にリップルで手軽に決済が可能になる
  • CBDCとして普及していく可能性が高い

金融機関との提携で価格上昇の可能性が高い

リップルは、多くの金融機関や銀行と提携しており、将来的に価格が上昇する可能性が高いです。SBIホールディングスゆうちょ銀行などの大手金融機関がリップルと提携しており、今後も様々な金融機関と提携し規模を拡大していくと予想できます。

将来的にリップルで手軽に決済が可能になる

将来的に、リップルで手軽に決済ができるようになる可能性が高いです。リップル社の公式ツイートでは、2022年7月11日にNFTマーケットプレイス「Cross Tower」との提携を発表しており、リップルで手軽にNFTの売買ができるようになると予想できます。

CBDCとして普及していく可能性が高い

リップル社は、CBDCの実用化に力を入れており、将来的にリップルがCBDCとして普及していく可能性があります。2022年7月22日のリップル社の公式ツイートでは、中東と北アフリカの地域全体でCBDCを採用する動きを発表しており、CBDCが普及していくことで、リップルの価値が高まると予想できます。

【CBDCとは】
・中央銀行デジタル通貨の略
・現金に代わる銀行が発行する通貨

リップル(XRP)関連のよくある質問

リップル最高額はいくら?

2018年1月に記録した1リップル約381円が最高額です。2022年8月現在では約50円~48円で推移しています。

リップルはどこで買えますか?

リップルを取り扱っている仮想通貨取引所なら、どこでも購入可能です。国内の取引所だと、GMOコインビットフライヤーなどで購入できます。

リップルはどこまで上がるのか?

リップルの価値が、どこまで上がるかは誰にもわかりません。将来的に10万や100万を超えるなどの予想をしている方がいますが、実際の所はわからないので、自分の意思で購入しましょう。

リップルの発行枚数は?

リップルの発行枚数は1,000億枚です。すでに1,000億枚全て発行されており、リップル社が一部のリップルを保有しています。

レバレッジ取引はするべき?

取引に慣れていない初心者の方は、レバレッジ取引をするのはおすすめしません。自分の資産以上の損失が出る可能性があるので、レバレッジ取引を行う場合はリスクを把握してから慎重に行いましょう。

まとめ:GMOコインで買うのがおすすめ

リップルは、GMOコインで購入するのがおすすめです。GMOコインは入金や出金など手数料が無料で、取引する時もMakerになることで、手数料が還元されるのでお得にリップルを購入できます。

本サイトは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
金融商品・金融機関の選択や売買、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
当サイトで掲載する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者および情報提供者は一切の責任を負いません。ご質問、ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

▼広告主および当サイトの掲載情報について
  • 本サイトは、複数社と提携して情報を提供しており、当サイト経由で一定の成果地点に到達した場合に提携企業から支払われる報酬が主なサイト収益です。ただし当サイトの評価や比較に関して、提携有無や支払い実績が影響を及ぼすことはありません。
    収益は、コンテンツ品質向上やUIUXの改善などの施策に還元しております。

©NFTゲームプレス All rights reserved.
※当サイトに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権ならびにその他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
※当サイトに掲載されているデータ、画像等の無断使用・転載・変更・改ざん・商業的利用は固くお断りします

攻略メニュー