METAHORSE(メタホース)の始め方と仮想通貨の稼ぎ方|攻略方法や仕組み

メタホース

METAHORSE(メタホース)は、競走馬を育成してレースで競わせるPlay to Earn型の競馬ゲームです。同ジャンルの競馬ゲームで話題となった「クリプトステークス」で育成した競走馬を、METAHORSEのNFT競走馬として運用できるとTwitter上で期待が寄せられています。

当記事では、METAHORSEの始め方や稼ぎ方はもちろん、初期費用やゲーム内のマーケットプレイスで取引するNFTについても解説を行っています。

レースの参加条件や育成要素、配合などの攻略方法も記載しているので、METAHORSEをプレイする参考にしてください。一次情報は必ず公式サイトホワイトペーパーでご確認ください!

METAHORSE(メタホース)とは?必要な仮想通貨

読み方 メタホース
ゲームジャンル 競走馬育成シミュレーションゲーム
トークン HTC
PRZ
ブロックチェーン SPECTREチェーン
スマホ対応 iOS / Android
リリース日 2022年10~12月
ホワイトペーパー https://head2head.gitbook.io/metahorse/
公式サイト https://metahorse.head-2-head.net/
公式Discord https://discord.com/invite/VSpvHh9vk6
公式Twitter https://twitter.com/MHORSE_official
Telegram https://t.me/+5BhJ6xYlyeI2YzA1
Medium https://medium.com/@metahorse_official

METAHORSEはPlay to Earnの競馬ゲーム

METAHORSE(メタホース)は、ダビスタ(ダービースタリオン)などの競走馬育成シミュレーションの仕組みを取り入れたPlay to Earnゲームです。プレイヤーは、所有している競走馬をPVP形式のレースに参加させ、レースに勝利するとゲーム内トークンPRZを稼げる仕組みです。

2つのトークン(仮想通貨)を使う

メタホーストークン

HTCHTC ・ゲーム内仮想通貨
・レース料金
・ゲーム内アイテム
・賭けに使用
PRZPRZ ・ゲーム内仮想通貨
・レース報酬
・賭けの報酬

HTCトークンとPRZトークンは、METAHORSEの主要な仮想通貨です。HTCトークンは、主にレース料金やゲーム内アイテム、賭けに使用でき、PRZトークンはレースや賭けの報酬で使用します。

オープンβテストが9月8日(木)15時より開始

メタホースオープンβテスト

開催期間 2022年9月8日(木)15:00〜10月4日(火)13:00
参加条件 NFT競走馬を所有

METAHORSEのオープンβテストが、2022年9月8日(木)15時より開催中です。参加方法は、NFT競走馬の所有が条件のため、行販売されたNFT競走馬を購入した方限定となります。なお、現在は、NFT競走馬の販売は行っていないのでGIVEAWAYで手に入れてください。

オープンβテストの参加方法

手順 やること
1 HEAD2HEAD公式サイトで会員登録
2 HEAD2HEAD公式サイトとメタマスクを接続
3 METAHORSE公式サイトからβテストに参加

METAHORSEのオープンβテストの参加方法は、HEAD2HEAD公式サイトで会員登録を済ませてからメタマスクを接続する必要があります。HEAD2HEAD公式サイトで初期設定が完了したら、METAHORSEの公式サイトからオープンβテストに参加できます。

  • STEP1

    HEAD2HEAD公式サイトで会員登録

    HEAD2HEAD公式サイトで会員登録拡大する

    会員登録の手順

    1. 画面右上の「登録」をタップ
    2. メールアドレスを入力
    3. アドレス宛に届いた認証コードを入力
    4. パスワード設定
    5. ニックネームなどの個人情報を入力

    METAHORSEのオープンβテストを始めるには、HEAD2HEAD公式サイトで会員登録を行う必要があります。会員登録は、メールアドレスやパスワード、ニックネームなどの個人情報を入力することで完了します。

  • STEP2

    HEAD2HEAD公式サイトとメタマスクを接続

    1 メタホースプロフィール拡大する画面右上の「人型マーク」→「プロフィール」
    2 H2Hコレクション拡大する「コレクション」→「ウォレットを接続」
    3 H2Hメタマスク接続拡大するMetaMaskをクリックしてウォレット接続

    HEAD2HEAD公式サイトに登録後は、プロフィール画面の「コレクション」からメタマスクを接続しましょう。コレクション画面に表示される「ウォレットの接続」から、「MetaMask」を選択することで、メタマスク内のNFT競走馬を管理できます。

  • STEP3

    METAHORSE公式サイトからβテストに参加

    1 メタホースゲームプレイ拡大するMETAHORSE公式サイト→「GAME PLAY」
    2 βテストログイン拡大する画面右上の「Login」をクリック
    3 METAMASK拡大する画面中央の「METAMASK」をクリック
    4 アカウント接続拡大するユーザーネームとパスワードを入力
    ※ユーザーネームにはメールアドレスを入力

    メタマスクを接続後は、METAHORSEの公式サイトにログインすることでオープンβテストに参加できます。なお、メタマスクの接続を進めるとユーザーネームの入力枠が表示されるので、HEAD2HEADで登録したメールアドレスを入力します。

オープンβテストの先行体験レビュー

レース参加前にユーザーネームを変更

ユーザーネーム

レースの参加前には、事前にユーザーネームをProfileのSettingsから変更しましょう。ユーザーネームは、変更しないとレースエントリー画面の「OWNER NAME」にメタマスクのアドレスの一部が表示されるので、レース参加前に任意の名前に変更するのがおすすめです。

競走馬の適性に合わせてレース選択

競走馬の適性

METAHORSEは、所有している競走馬の適性に合ったレースに参加するのがおすすめです。競走馬には、Turf(芝)・Dirt(砂)のフィールドや距離の適性が設定されているので、得意とするレースを選択して挑戦しましょう。

競走馬の適性に合ったレースは、上位入賞の確率がアップすると予想されます。筆者は、競走馬の適性に合ったレースに参加した際、3位、2位と連続して入賞したことから、勝率に左右する要素だと思われます。

競走馬が揃うまでレースできない

レース参加待機時間

METAHORSEのレース開始は、競走馬が12頭ゲートに入るまで待機する必要があるのが難点です。オープンβテストで限られた人数しか参加していない可能性があるが、15分間以上待機してレースが始まったケースがあります。

少しでも待機時間を短縮する場合は、フィールドと距離で絞ったあと、参加人数が多いレースを選択すると比較的早くレースを開始できます。

METAHORSE(メタホース)始め方

手順 やること
1 仮想通貨の国内取引所口座を開設
2 国内取引所で仮想通貨を購入
3 海外取引所を開設
4 メタマスクをダウンロードして初期設定
5 メタマスクにSPECTREネットワーク追加

METAHORSE(メタホース)は、レースに出馬させるNFT競走馬を購入しないとゲームをプレイできないでしょう。当記事では、リリース後すぐにゲームを開始できるように、国内取引所の開設とNFT競走馬の購入で必要となるメタマスクの登録方法までの手順を紹介しています。

流れを簡略化すると、国内取引所を開設→仮想通貨を買う→海外取引所を開設→メタマスクをダウンロード→メタマスクにSPECTREネットワーク追加まで終えれば、METAHORSEリリースまでにしておく準備は完了です。

  • STEP1

    仮想通貨の国内取引所口座を開設

    コインチェック

    METAHORSEなどのNFTゲームは、仮想通貨が必要になるケースが多いです。METAHORSEでは、初期投資でNFT競走馬の購入が必要になると予想されるため、購入資金の仮想通貨を準備する必要があります。

    NFT競走馬を購入するための仮想通貨は、いくつかの工程を経て入手することになります。その工程の一番初めが、仮想通貨取引所を開設することです。

    どの取引所がおすすめ?

    仮想通貨取引所は、「コインチェック」か「GMOコイン」がおすすめです。初心者であればアプリダウンロード数No.1と人気のコインチェック、仮想通貨に慣れた方であれば送金手数料の安いGMOコイン推奨です。

    ▼どの取引所を選ぶべきか徹底解説へ一気に飛ぶ

  • STEP2

    国内取引所で仮想通貨を購入

    ビットコインイーサリアム購入

    取引所で、後ほど使う仮想通貨を購入します。メジャーな仮想通貨、例えばビットコインやイーサリアムでも良いですが、NFTゲーム慣れしている方には、送金手数料が安い『リップル(XRP)』が人気です。

    筆者は、ブロックチェーンゲームで『イーサリアム(ETH)』を使うことが多いため、今回はイーサリアムを購入します。

  • STEP3

    海外取引所を開設

    エアドロップに必要なウォレット「MetaMask(メタマスク)」

    NFTゲームをプレイするための仮想通貨は、海外取引所でしか入手できないことが多いです。海外取引所は、たくさんありますが、最も取引高の多い「バイナンス」を開設するのが一般的です。

    バイナンスは、スマホアプリもあり、日本語に対応しています。他のゲームを行う際にも使うことが多いので、この機会に開設すると良いかもしれません。

  • STEP4

    メタマスクをダウンロードして初期設定

    メタマスク公式サイト

    メタマスクの登録手順

    1. メタマスク公式サイトを表示
    2. ダウンロードを選択
      (ブラウザ、IOS、Android対応)
    3. プラットフォームを選択
    4. 画面下のインストールを選択
    5. ウォレット作成→パスワード設定
    6. リカバリーフレーズを確認
    7. パスワードを入力してログイン

    メタマスクは、公式サイトからダウンロードできます。なお、初期設定した「パスワード」と「リカバリーフレーズ」を忘れてしまうと、メタマスクにアクセスできなくなるので、第三者に漏洩しないよう大切に保管しましょう。

    メタマスクの使い方と登録方法はこちら

  • STEP5

    メタマスクにSPECTREネットワーク追加

    メタマスクネットワーク追加

    SPECTREネットワークの登録手順

    1. メタマスクにログイン
    2. 画面上のイーサリアムメインネットを選択
    3. 「ネットワークの追加」を選択
    4. 設定画面でネットワークを追加

    SPECTREネットワークの追加は、メタマスクにログイン後に、画面上の「イーサリアムメインネット」を選択すると「ネットワークの追加」が表示されます。ネットワーク情報を入力すると、SPECTREネットワークに切り替えが可能になります。

    SPECTREネットワークの準備ができたら、リリースまでの準備は完了です。NFT競走馬の購入で必要となるSPCトークンが上場後、SPCを取引所で購入して、メタマスクに送金すると「VVVVV」と呼ばれるマーケットプレイスでNFT競走馬を売買できます。

    VVVVVマーケットプレイスはこちら

    ネットワーク設定画面の入力情報

    ネットワーク名 SPECTRE
    RPC URL https://spectre-rpc.io
    チェーンID 39
    通貨記号 SPC
    ブロック
    エクスプローラーURL
    https://spectre-scan.io

METAHORSE(メタホース)の3つの特徴と遊び方

METAHORSEの特徴

  1. 参加費を支払ってレースに参加
  2. レースで競走馬が成長
  3. 繁殖で新たな競走馬が誕生

①参加費を支払ってレースに参加

レース

プレイヤーは、所有しているNFT競走馬をレースに参加させ、勝利するとPRZトークンを獲得できます。レースに参加させる競走馬には、スピードやスタミナなどのパラメータが設けられており、パラメータの数値で勝率を上げられます。

参加できるレースは7クラスあり、クラスが高いレースほど、獲得できる報酬が多くなります。また、全ての競走馬はクラス1からレースに出場し、レース結果の上位3頭が1クラス昇格する仕組みです。なお、クラス2からは下位3頭に入ると降格してクラスが下がります。

②レースで競走馬が成長

メタホースレース

ステータス 効果
Speed
(スピード)
最高速度に影響
Stamina
(スタミナ)
馬力やラストスパートに影響
Agility
(敏捷性)
加速に影響
Muscle
(筋力)
加速に影響
Spirit
(精神)
スタミナ消費とスローダウンに影響
IQ
馬のスキルに影響

MEATAHORSEの競走馬は、レースに参加することで経験値を獲得しレベルアップします。レベルアップした競走馬は、ステータスポイントが1付与され、任意のパラメータを成長させることが可能です。

また、NFTゲーム「クリプトステークス」と競走馬のデータが連動しており、「調教」システムを活用することで、ステータスや能力を向上させることも可能です。

クリプトステークス公式サイトはこちら

③繁殖で新たな競走馬が誕生

繁殖

NFT競走馬は、種牡馬と繁殖牝馬を「クリプトステークス」のゲーム内で配合することで、新たな新馬が誕生します。なお、配合で誕生した新馬は、クリプトステークスでトレーニングを行えるようになります。

また、競走馬は血統に応じてボディーカラーや能力、特性が異なり20種類の血統パターンが設けられています。

▼競走馬の血統の種類▼
  • 血統 ボディカラー タイプ
    Halo Deep Red Flame
    Stay Gold Orage Fight
    Mr. Prospector Cobalt Blue Water
    Partholon Grass Green Wood
    Never Bend Black Dark
    Roberto Yellow Green Wind
    Zeddaan Jade Green Esper
    The Tetrarch Ponceau Beast
    Seattle Slew Sky Blue Frozen
    Mill Reef Medium Yellow Electric
    Caro White Holly
    Nureyev Violet Poison
    Northern Dancer Nude Sound
    Blushing Groom Burnt Umber Normal
    Sadler's Wells Earth Yellow Ground
    Round Table Ultramarine Time
    French Deputy Silver Steel
    Forty Niner Rose Sword
    Northern Taste Pale Purple Glass
    Danzig Acid Blue Mist

METAHORSE(メタホース)の3つの稼ぎ方

METAHORSの稼ぎ方

  1. 上位クラスのレースに勝利
  2. NFT競走馬をマーケットプレイスで売買
  3. スカラーシップ制度のリース機能で収益

①上位クラスのレースに勝利

レースクラス

MEATAHORSEの稼ぎ方は、報酬の獲得量が多い上位クラスのレースに参加してPRZトークンを入手することです。レースの勝者は、ランダムで決まるものの、競走馬のパラメータ値に依存して勝率が上がります。

ゲーム序盤は、レースに何度も挑戦してパラメータ強化用の経験値を稼ぐことが主なプレイ要素になるでしょう。上位クラスで活躍できる競走馬の育成を終えたら、クラス7のレースに参加して効率的にPRZトークンを稼ぎましょう。

②NFT競走馬をマーケットプレイスで売買

VVVVVマーケットプレイス

MEATAHORSEは、「VVVVV」と呼ばれるNFTマーケットプレイスでNFT競走馬を売買してSPCトークンを入手できます。なお、上位クラスで活躍できるパラメータが高いNFT競走馬は、高値で取引されるでしょう。

NFT競走馬をマーケットプレイスで売買して稼ぐ場合は、パラメータ値が高い競走馬を育成後、配合で強力な競走馬を誕生させて売却する方法が効率的に稼ぐ手段になると思われます。

VVVVVマーケットプレイスはこちら

③スカラーシップ制度のリース機能で収益

スカラーシップ

MEATAHORSEは、スカラーシップ制度のリース機能で収益を得られます。リース側のオーナーは、貸し出したNFT競走馬が賞金または収益を得ると、一定の割合で分配され、収益を上げられる仕組みです。

パラメータが高いNFT競走馬を数体育成したプレイヤーは、スカラーシップ制度を活用することで、安定した収益を上げることが出来るでしょう。

NFTゲームを始めるときに「どの仮想通貨」を「どの取引所」で買うべきか

海外取引所でスワップ(仮想通貨の交換)が必要なNFTゲームを行う場合、初めに何の仮想通貨を買うべきなのか、どこの取引所を使うべきなのか悩むことがあると思います。

あくまでも一例として、筆者の考え方を共有します。参考程度に見ていただき、あくまでも自己責任での判断をお願いします。

リップル(XRP)は送金手数料がほぼ無料【おすすめ通貨】

リップルは、NFTゲームで使う通貨の購入を念頭に置く場合、個人的にもっとも使用する仮想通貨です。リップルは送金速度が早く、さらに手数料がほぼ無料です。

他の仮想通貨は、送金時に何百円~何千円もかかる場合があります(時期で変動)。海外取引所に送金をすることが前提であれば、少しでも損したくない方は、リップルがおすすめできます。

NFTゲームプレス編集部 リップル自体の価値が下がることは考えられますが、それは全ての仮想通貨に共通して言えることです。
ちなみにリップルの時価総額は、2022年8月時点で全仮想通貨の中で8位!メジャーなコインです。 NFTゲームプレス編集部

イーサリアム(ETH)も使い勝手が多い【おすすめ通貨】

リップル以外に筆者がよく使うのはイーサリアムです。イーサリアムは、NFTゲーム以外で使うことが多く汎用性が高いため、リップルを購入したくないタイミングで活用しています。

デメリットは、リップルに比べて送金手数料が高いことです。

おすすめ取引所はGMOコイン

取引所 取引所XRP取扱 取引所ETH取扱 取引所XRP 売買手数料 取引所ETH 売買手数料 XRP送金手数料 ETH送金手数料 入金手数料 出金手数料
GMOコインGMOコイン 有り 有り Maker -0.01%
Taker 0.05%
Maker -0.01%
Taker 0.05%
無料 無料 無料 無料
ビットフライヤーbitFlyer 有り 有り  0.00000001ETH 0.000001XRP 無料 0.005ETH 330円
※住信SBIネットは無料
3万円未満の出金:550円※三井住友銀行以外
3万円以上の出金:770円※三井住友銀行以外
3万円未満の出金:220円※三井住友銀行
3万円以上の出金:440円※三井住友銀行
コインチェックコインチェック ×無し ×無し - - 0.15XRP 0.005ETH 無料 407円

リップルとイーサリアムの取引所があり、送金手数料が無料な「GMOコイン」が圧倒的におすすめです。比較表以外にも国内の仮想通貨取引所は多くありますが、同条件を満たしているところは無いと認識しています(あれば教えてください)。

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネットグループが親会社であり、信頼性もあります。口座開設も10分かからず完了できるので、ぜひ使ってみてください。

NFTゲームプレス編集部 リップルは「送金手数料が無料」なので、GMOコインなどはそのまま無料で送金できるようにしてくれています。XRPの送金手数料がかかる取引所は、運営側の儲け分を上乗せしているイメージです。

コインチェックはおすすめできない?

コインチェックは「リップル」「イーサリアム」を取引所で買うことができず、販売所でしか購入できません。取得時点で余計なお金(スプレッド)がかかるため、損していると言えます。

ただし、コインチェックはダウンロード数No.1の人気取引所なので、ネット検索で使用方法などが簡単に手に入ります。さらにUI/UXも優れているので、初心者にはおすすめできる取引所だと言えます。

NFTゲームで儲けたい場合の注意点

フィッシング詐欺に気をつける

NFTやブロックチェーンにかぎらず、ネット上のサービスに詐欺はつきものです。特に仮想通貨周りは、日本語で学びにくいことや有識者が少ないことから、悪いことをする業者が少なくありません。

フィッシング詐欺はよくある手法であり、正規URLではなく、似たURLでユーザーを誘導し個人情報を盗まれます。最悪のケースだとウォレットの情報を抜き取られるので、URLはできるだけ公式発信のものを参照しましょう。

概要 公式URL
ホワイトペーパー https://head2head.gitbook.io/metahorse/
Medium https://medium.com/@metahorse_official
公式サイト https://metahorse.head-2-head.net/
公式Discord https://discord.com/invite/VSpvHh9vk6
公式Twitter https://twitter.com/MHORSE_official

仮想通貨を日本円に交換できるようにしておく

METAHORSEの報酬は、SPECTREチェーンというブロックチェーン上で流通予定のトークンです。トークンは、毎日のように値段が上下し、急落することもありえます。

NFTゲームで儲けるということは、利確して初めて語ることができます。資産を増やしても実際の現金は増えないため、入手したトークンは早い段階で利確して、日本円にしておくべきです。

取引所を必ず複数開設しておく

取引所は、複数開設しておくべきです。取引所はメンテナンスやトラブル時に、送金や日本円交換ができない場合があります。最低3つ取引所を開設しておき、いつでも日本円交換できるようにしておきましょう。

METAHORSE(メタホース)のロードマップ

配信月 アップデート情報
2022年第3四半期2022年第3四半期 ・SPCトークンのローンチ
・スマートコントラクトとインタラクションのセットアップ
・NFTマーケットプレイスのローンチ
・初回NFTホースセールイベント
2022年第4四半期2022年第4四半期 ・METAHORSEオープンβテストリリース
・バグ改善
・公式リリースモバイルゲーム
・スカラーシップシステム
2023年第1四半期2023年第1四半期 ・ギルドシステム
・NFTホースステークシステム
2023年第2四半期2023年第2四半期 ・ベッティングソリューションのローンチ
・ゲーム内広告システム
2023年第3四半期2023年第3四半期 ・ホースアイテム追加
・トーナメント方式

METAHORSEのリリースは2022年10~12月

METAHORSEは、2022年10~12月にリリースが予定されています。ゲームの動作環境は、PC版とモバイル版のiOS・Androidに対応しており、ロードマップ情報からリリース時にPC版・モバイル版共にゲームをプレイできます。

ギルドやトーナメントコンテンツも実装予定

METAHORSEリリース後は、ギルドやトーナメントなどのコンテンツも実装予定です。コンテンツの詳細は、明らかなになっていないものの、新たなコンテンツを利用することで、PRZトークンを稼ぐ方法が拡充されると考えられます。

METAHORSE(メタホース)でよくある質問

METAHORSEは無料で始められますか?

METAHORSEは、無料でプレイできるかは不明です。ゲームプレイにNFT競走馬を所有する必要があるので、初期費用がかかるでしょう。ただし、レンタル機能でNFT競走馬を無料で借りられるので、無料でプレイできる可能性があります。

METAHORSEはいつリリースされますか?

METAHORSEは、2022年第4四半期にリリースされる予定です。サービス開始は、2022年10月~12月の期間中にリリースが予想され、PC版とモバイル版でゲームをプレイできます。

METAHORSEはアプリでプレイできますか?

METAHORSEは、アプリでプレイできます。モバイル版でプレイできることがロードマップの情報で判明しており、iPhone・Androidどちらでもストアからダウンロードしてゲームを始められるでしょう。

METAHORSEのNFTマーケットプレイスはいつから利用できますか?

METAHORSEの「VVVVV」NFTマーケットプレイスは、明確な利用開始日が判明していません。ただし、ゲーム開始時にNFT競走馬が必要となるので、リリース前にはNFTマーケットプレイスで売買が可能となるでしょう。

VVVVVマーケットプレイスはこちら

まとめ:競走馬育成シミュレーション好きにおすすめのゲーム

METAHORSEは、ダービースタリオンなどの競走馬育成シミュレーションが好きな方におすすめのPlay to Earnゲームです。プレイヤー自身が育てた競走馬をレースに出して楽しむことができるので、手塩にかけた競走馬がレースで勝利する姿を見れるのが醍醐味と言えます。

また、配合システムでパラメータ値が高い競走馬を誕生させて、販売やリースを行えるため、レース以外にも育成要素の観点からゲームを楽しめる要素が満載です。

本サイトは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
金融商品・金融機関の選択や売買、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツは、細心の注意を払って情報を掲載していますが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
当サイトで掲載する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者および情報提供者は一切の責任を負いません。ご質問、ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

▼広告主および当サイトの掲載情報について
  • 本サイトは、複数社と提携して情報を提供しており、当サイト経由で一定の成果地点に到達した場合に提携企業から支払われる報酬が主なサイト収益です。ただし当サイトの評価や比較に関して、提携有無や支払い実績が影響を及ぼすことはありません。
    収益は、コンテンツ品質向上やUIUXの改善などの施策に還元しております。

©NFTゲームプレス All rights reserved.
※当サイトに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権ならびにその他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
※当サイトに掲載されているデータ、画像等の無断使用・転載・変更・改ざん・商業的利用は固くお断りします

攻略メニュー