NFTWarsの始め方と仮想通貨の稼ぎ方|攻略方法や仕組み

NFTWarsの始め方と仮想通貨の稼ぎ方|攻略方法や仕組み

NFTWarsは、様々なNFTをカード化してPvPバトルを楽しめるNFTゲームです。リリース初日に600ETH売り上げたクリプトスペルズ運営の「CryptGames」が開発する新作NFTゲームとして、Twitterを始めとしたSNSで注目を浴びています。

当記事では、NFTWarsの始め方や仮想通貨の稼ぎ方はもちろん、NFTの入手方法についても解説しています。

連携プロジェクトのNFTのカード化や口座開設のおすすめ取引所も記載しているので、NFTWarsを始める参考にしてください。一次情報は必ず公式サイトホワイトペーパーご確認ください!

【簡易版】NFTWarsの始め方まとめ

  1. 国内取引所のSBI VCトレードを開設
  2. メタマスクをダウンロードして初期設定
  3. 公式サイトでウォレットを接続

▼NFTWars始め方の詳細はこちら

編集部おすすめ国内取引所3選
SBI VCトレードSBI VCトレード
公式サイト
  • 【スプレッドが業界最狭水準】
    ・口座開設や入金など各種手数料0円
    ・SBIグループで安心のセキュリティ
    ・SBI Web3ウォレットでNFT取引
ビットバンクbitbank
公式サイト
  • 【暗号資産の国内取引量No.1】
    ・セキュリティの高さに定評がある
    ・アプリのデザインがよく使いやすい
    ・口座開設後に1万円以上入金
     現金1,000円獲得
コインチェックCoincheck
公式サイト
  • 【アプリのダウンロード数No.1】(※)
    ・アプリが初心者に使いやすい
    ・500円からビットコインを購入可能

    ・紹介CPで1,000円獲得

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月〜2023年12月 データ協力:App Tweak

NFTWarsとは?必要な仮想通貨

NFTWars

読み方 NFTウォーズ
ゲームジャンル カード
トークン TCGC
ブロックチェーン TCGVerse
Polygon
※OASYSも予定
プラットフォーム ブラウザ
リリース日 2023年6月25日(日)
ホワイトペーパー https://nft-wars.gitbook.io/nft-wars/
公式サイト https://nftwars.xyz/
公式Discord https://discord.com/invite/wZqpNvvEKf
公式Twitter https://twitter.com/NFTWars_

連携プロジェクトのNFTを利用したカードバトル

NFTカード化

NFTWarsは、連携プロジェクトのNFTを利用したカードバトルゲームです。連携プロジェクトのNFTゲームのNFTを所持していれば、NFTWars内でNFTをカード化してデッキを組み、ゲームをプレイできます。

他のNFTゲームのNFTをカード化できる仕組みによる、過去に遊んだゲームのNFTがマーケットプレイスで売却できず、持て余していたNFTを有効活用できるのが魅力です。

連携プロジェクトのNFTゲーム一覧

連携プロジェクト一覧
マイクリプトヒーローズMy Crypto Heroes クリプトスペルズCryptoSpells ベリーロングタウンVery Long Town
花ロリータFlower Lolita ネオサムライモンキーズNeo Samurai
Monkeys
愛中毒の女の子Love Addicted Girls
わんぱくピッピNaughtyPIPPI カワイイメタコラージュKawaii Meta
Collage
CNP求人CNPJobs
異世界バトルIsekaiBattle クリプトニンジャパートナーズCryptoNinja
Partners
ピクセルヒーローズPixelHeroes
メタアニMetaani 名詞Nouns ベリーロングCNPVeryLongCNP
ムーンバードMoonbirds ゴブリンタウンGoblintown CrypToadzCrypToadz
メーカーMfers NEN STUDIONEN STUDIO 幻想騎士GensoKishiOnline
品種改良Debreed TSGCプロジェクトTSGCProject メタコウゾMetaKozo
暗号ビールパンクスCryptoBeerPunks タカノツメダンNFTTAKANOTSUME
DAN NFT
江戸1プロジェクトEDO-1 PROJECT
DFTDragon Fish Tokyo 房総東京BŌSŌ TOKYO
-暴走東京-
-

初期投資無料!初期カード15枚が配布

NFTWars初期カード

NFTWarsは、公式サイトとウォレットを接続すると15枚のカードが無料で配布されるため、無料でゲームを始められます。

連携プロジェクトのNFTをカード化するとランダムでパラメータが決定されるので、初期配布のカードでも戦略次第では勝利できる可能性があります。

クリプトスペルズ運営のCryptoGamesが開発

NFTWarsは、クリプトスペルズを運営する「CryptGames」が開発しています。クリプトスペルズは、日本初のトレーディングカードのNFTゲームで、リリース初日の売り上げが600ETHを超えたことで話題となりました。

CryptGamesは、クリプトスペルズの高い実績に加えて、日本企業の運営でNFTゲームプレイヤーにとって非常に信頼性が高いため、NFTWarsのリリース後は大きな反響を呼ぶでしょう。

トークン(仮想通貨)はTCGCのみ使用

TCGC ・TCGVerseのガバナンストークン
・カードのレベルアップで消費
・バトル勝利やランキング報酬で入手

NFTWarsでは、仮想通貨はTCGCのみ使用します。TCGCは、TCGVerseのガバナンストークンで、バトルの勝利報酬や大会等のランキング報酬で獲得でき、カードのレベルアップに使用します。

NFTWarsの始め方とNFTの入手方法

デッキ編成カードを準備してゲーム開始

手順 やること
1 国内取引所のSBI VCトレードを開設
2 メタマスクをダウンロードして初期設定
3 デッキ編成するNFTカードを準備
4 公式サイトでウォレットを接続

NFTWarsは、他のNFTゲームのカード化やゲームで稼いだ仮想通貨を日本円に換金するために、仮想通貨取引所の開設やウォレットを作成する必要があります。

流れを簡略化すると、国内取引所SBI VCトレードを開設→メタマスクをダウンロード→デッキ編成に使うNFTを準備→公式サイトでウォレットを接続まで終えると、ゲーム開始の準備は完了です。

  • STEP1

    SBI VCトレードを開設

    SBI VCトレード

    口座開設の手順

    1. SBI VCトレード公式サイトを表示
    2. メールアドレスとパスワードを設定
    3. 本人確認書類を登録

    NFTWarsは、NFTの売買や仮想通貨の換金に仮想通貨取引所の開設が必要です。当記事では、連携プロジェクトの様々なNFTをカード化する前提として、アプリの取引操作がわかりやすく、セキュリティに関しても信頼性が高いSBI VCトレードの開設を紹介します。

  • STEP2

    メタマスクをダウンロードして初期設定

    メタマスクダウンロード拡大する

    メタマスクの登録手順

    1. メタマスク公式サイトを表示
    2. ダウンロードを選択
      (ブラウザ、IOS、Android対応)
    3. プラットフォームを選択
    4. 画面下のインストールを選択
    5. ウォレット作成→パスワード設定
    6. リカバリーフレーズを確認
    7. パスワードを入力してログイン

    メタマスクは、NFTWarsのデッキ編成やNFTのカード化に使用するウォレット(仮想通貨のお財布)です。メタマスクの公式サイトからPC・スマホで簡単にダウンロードできます。

    メタマスクの使い方と登録方法はこちら

    初期パスワードの取扱に注意

    メタマスクの初期パスワードの取扱には、十分に注意しましょう。設定した「パスワード」や登録時に発行された「リカバリーフレーズ」は、忘れるとアクセスできなくなるうえに、第三者に漏洩すると資金を盗まれる可能性があります。

  • STEP3

    デッキを編成するNFTカードを準備

    NFTWars初期カード

    NFTWarsは、他のNFTゲームのNFTをNFTカードとしてプレイできます。公式サイトでウォレットを接続するだけでも15枚の無料カードを獲得できますが、他のNFTゲームのNFTをカード化することで戦術の幅を広げられるのが利点です。

    ▼連携プロジェクト一覧(タップで開閉)▼
  • STEP4

    公式サイトでウォレットを接続

    NFTWars

    NFTカードを準備したら、公式サイトでウォレットを接続しましょう。ウォレット接続後は、所持しているNFTをカード化してゲームをプレイしましょう。

クリプトスペルズのNFTの入手方法

クリプトスペルズOpenSea

クリプトスペルズのNFT入手手順

  1. 国内取引所のビットバンクを開設
  2. OpenSeaにETHを送金
  3. OpenSeaでNFTカードを購入

クリプトスペルズのNFTカードは、NFTマーケットプレイスで売買できます。例として、OpenSeaではETHを購入資金とするため、国内取引所でETHの購入→メタマスクにETHを送金→OpenSeaで購入するカードを選んで取引する流れです。

NFTゲームによってNFTの購入方法が異なる

NFTWarsの連携プロジェクトのNFTを購入する場合は、NFTゲームによって購入手順が異なるため、よく調べたうえで取引を進めましょう。NFTゲームによっては、海外取引所の開設やメタマスク以外のウォレット作成が必要となる場合があります。

NFTWarsの稼ぎ方

バトル勝利のWPを変換してOASを獲得

NFTWarsは、バトルの勝利報酬で獲得できるWiner Point(WP)を変換して仮想通貨OASを獲得できます。なお、初期配布のカードは勝利報酬を獲得する機能がないため、連携プロジェクトのNFTをカード化してデッキに編成する必要があります。

ステーキングでOASの獲得効率アップ

NFTWarsは、仮想通貨OASのステーキングでバトル報酬のOASの獲得効率がアップします。ステーキングを利用することで、バトルで消費するエナジー数が増加するため、バトルの勝利報酬を得られる回数が増え、OASの獲得量アップにつながります。

NFTWarsのカード解説

カード生成のタイミングでパラメータが決定

NFTWarsカード拡大する

コスト バトルで使用する際必要なマナコスト
プロジェクト名 どのゲームのNFTかを示すアイコン
文明の色 枠の色でカードが属する文明が決定
赤・青・緑・白・黒・灰色(中立)の6種類
常用能力 ひし型で囲まれたマーク
速攻や前衛など12種類存在
発動能力 四角で囲まれたマーク
召喚時や死亡時に発動する能力
攻撃 戦闘の際、攻撃力に応じてダメージ
体力 ダメージを受けると減少
体力が0になると破壊される

NFTWarsで使用できるカードは、カードになるタイミングでランダムなパラメータが付与されます。コストやステータス、能力に加えて、全6種類の文明の色が存在するため、非常に豊富な種類のカードが存在するでしょう。

常用能力

NFTWars常用能力拡大する

常用能力 詳細
速攻速攻 場に出したターンに攻撃可能
前衛前衛 相手は前衛ユニット以外を攻撃不可
連撃連撃 1ターンの間に2回攻撃可能
毒殺毒殺 戦闘で1以上のダメージを与えた時破壊
飛行飛行 相手ユニットを無視して攻撃可能
輪廻輪廻 死亡時に同名カードを1枚手札に加える
貫通貫通 ダメージが体力を超過した分、相手リーダーにダメージ
赤文明限定能力
複製複製 手札から使用時、同名カードを1枚手札に加える
青文明限定能力
再生再生 味方ターン終了時、体力が全回復
緑文明限定能力
鉄壁1鉄壁1 受けるダメージが1少なくなる
白文明限定能力
鉄壁2鉄壁2 受けるダメージが2少なくなる
白文明限定能力
ドレインドレイン ダメージを与えた時、与えた数値分味方リーダーを回復
黒文明限定能力

常用能力とは、カードが持つ常に効果を発揮しているパッシブスキルのような能力です。速攻や前衛など、あらゆる文明が持つ常用能力もあれば、貫通や複製など、特定の文明しか持たない常用能力の合計12種類が存在します。

発動能力

発動能力拡大する

召喚時 ユニットを手札から場に出した時に発動する能力
死亡時 ユニットが破壊された時に発動する能力

発動能力とは、ユニットを使用した時や破壊された時に誘発する効果です。ドローや能力強化、ダメージや破壊など様々な能力が存在するため、発動能力を駆使してバトルを有利に進めるのが勝利の鍵です。

多くの発動能力は、召喚時効果と死亡時効果の2種類が存在します。召喚時能力の場合は四角のイラストが描かれたアイコンで表示され、死亡時能力の場合は四角のアイコンに加えて、アイコン右上に髑髏マークが描かれています。

▼発動能力一例(タップで開閉)▼
  • 召喚時能力 詳細
    召喚時カードを引く カードを1~4枚引く
    召喚時相手キャラクター1体にダメージ 相手キャラクター1体に1~10ダメージ
    召喚時すべての味方ユニットを回復 すべての味方ユニットを1~8回復
    召喚時最大マナを増やす 最大マナを1~3増やす
    召喚時他の全ての味方ユニットの攻撃力を体力と同じ値にする 他の全ての味方ユニットの攻撃力を体力と同じ値にする
    死亡時能力 詳細
    死亡時相手リーダーにダメージ 相手リーダーに1~10ダメージ
    死亡時全ての味方ユニットを+x+x 全ての味方ユニットを+1/+1~+6/+6
    死亡時ランダムな相手ユニット1体を破壊 ランダムな相手ユニット1体を破壊
    死亡時マナクリスタルを手札に加える マナクリスタルを1~3枚手札に加える
    死亡時味方リーダーを回復 味方リーダーを1~10回復

一部の能力で追加のカードを付加

イラスト 発動能力 マナ
ボム
  • 【ボム】
  • 相手リーダーに2ダメージ
1
テディボム
  • 【テディボム】
  • 相手ユニット1体に2ダメージ
1
ライトニングボトル
  • 【ライトニングボトル】
  • 相手キャラクター1体に3ダメージ
2
ヒーリングボトル
  • 【ヒーリングボトル】
  • 味方キャラクター1体を3回復
1
グロースボトル
  • 【グロースボトル】
  • 味方ユニット1体を+1/+1する
1
一角獣
  • 【一角獣】
  • 速攻1/1
1
ラブボトル
  • 【ラブボトル】
  • 最大MPを1増やす
1
デスボトル
  • 【デスボトル】
  • 全ての相手ユニットを-3/-3する
1

「各文明のマジックボトルを手札に加える」という発動能力を持つカードを使うと、文明に対応したマジックボトルをランダムで手札に加えます。手札に加えるカードは、マジックボトルの他にもダメージを与えるボムやユニットカードなど様々です。

▼発動能力一例(タップで開閉)▼
  • 発動能力 詳細
    ボムを手札に加える ボムを1~5枚手札に加える
    テディボムを手札に加える テディボムを1~5枚手札に加える
    青のマジックボトルを手札に加える 青のマジックボトルを1~5枚手札に加える
    緑のマジックボトルを手札に加える 緑のマジックボトルを1~5枚手札に加える
    一角獣を手札に加える 一角獣を1~5枚手札に加える
    ラブボトルを手札に加える ラブボトルを1~5枚手札に加える
    黒のマジックボトルを手札に加える 黒のマジックボトルを1~5枚手札に加える

レベルを上げると能力がアップ

NFTWarsでは、カードのレベルを上げることで能力をアップさせられます。レベルアップすることで、最初からステータスの高いカードをデッキに編成可能となります。また、レベルアップにはTCGCトークンを使用します。

NFTWarsの遊び方

2種類のバトルモード

フリーバトル ・ランダムな相手と対戦
カスタムバトル ・特定のプレイヤーと対戦
・ルームを作成し、番号を入力するとマッチ

NFTWarsでは、2種類のバトルモードで対戦できます。ランダムな相手と対戦する「フリーバトル」と、友人同士で時間を合わせて対戦する「カスタムバトル」があり、どちらも15枚のカードで組んだデッキを用いて対戦します。

相手リーダーのライフを0にすると勝利

NFTWarsフィールド拡大する

1ターンの時間 30秒
デッキの枚数 15枚
初期手札枚数 3枚
手札の上限 7枚
リーダーのライフ 20
バトル開始時マナ 1
最大マナ 10
場のユニット最大数 3枚

NFTWarsは、1対1のターン制のバトルで、相手リーダーのライフを先に0にすると勝利です。バトル開始時最初の手札は3枚ですが、一度だけ手札を全て山札に戻して引き直す「マリガン」を行えます。

カードを使用するためのマナは1からバトルが始まり、最大10まで溜まります。なお、後攻のプレイヤーは1ターン目開始時に1回だけマナを1増やすことができる「マナクリスタル」のカードが手札に加わります。

エナジーの数だけバトルを行い報酬を獲得

報酬獲得の流れ ・エナジーの数だけ報酬バトル
・勝利するとWPを獲得
・毎日AM7時にWPに応じてOASを入手

NFTWarsで報酬を獲得するには、エナジーの数だけバトルを行って勝利しましょう。バトルに勝利するとエナジーを1つ消費してWPを獲得し、翌AM7時に獲得したWPに応じてOASトークンを入手できます。

バトルに負けてもエナジーは消費しないため、毎日保有するエナジーに応じた分だけOASトークンを稼げます。また、エナジーが0になっても報酬は獲得できませんが、バトルで遊び続けることは可能です。なお、エナジーは保有するNFTの数に比例して上昇します。

NFTWarsを始めるのにおすすめの取引所

各種手数料が無料のSBI VCトレード

SBI VCトレード

総合評価 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.5
▼iPhoneとAndroidの評価▼
  • iPhone 枠線あり枠線あり枠線ありhosiii塗りなし3.9
    Android 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.1
取扱通貨数
(販売所)
23種類
取扱通貨数
(取引所)
7種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
スマホアプリ あり
特徴 ・各種手数料が無料
・スプレッドが業界最狭水準
・アプリが初心者でも使いやすい
運営会社 SBI VCトレード株式会社
公式サイト https://www.sbivc.co.jp/

NFTWarsを始める場合は、各種手数料が無料で利用できるSBI VCトレードがおすすめです。また、スマホアプリの取引操作が初心者でもわかりやすいほか、ソラナ(SOL)やアバランチ(AVAX)など、複数チェーンに対応しているのが利点です。

取扱通貨数が豊富なビットバンクもおすすめ

ビットバンク

総合評価 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.5
▼iPhoneとAndroidのみんなの評価▼
  • iPhone 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.6
    Android 枠線あり枠線あり枠線あり枠線ありhosiii4.1
取扱通貨数
(販売所)
38種類
取扱通貨数
(取引所)
38種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.02%
Taker :0.12%
※一部銘柄を除く
スマホアプリ あり
特徴 ・仮想通貨の国内取引量No.1
・セキュリティの高さに定評がある
・アプリのデザインがよく使いやすい
運営会社 ビットバンク株式会社
公式サイト https://bitbank.cc/

NFTWarsを始める場合は、ビットバンクがおすすめです。ビットバンクはOASをはじめ、取扱通貨数が37種類と国内取引所の中でトップクラスに多いため、連携プロジェクトで他のNFTゲームのNFTを使用する際もビットバンクで取引できる可能性が高いです。

無料で仮想通貨や現金が貰える取引所もおすすめ

取引所 キャンペーン内容
コインチェックアイコンコインチェック 1,500円相当のBTCプレゼント
対象:紹介キャンペーンで紹介
LINE BITMAXLINE BITMAX 100円相当のFNSAプレゼント
対象:口座開設を行った方全員

口座開設するおすすめの取引所は、口座登録や入金を行うだけで、現金や仮想通貨をもらえる取引所はお得です。特にコインチェックはお得なので、キャンペーンをできるだけ利用したいところです。

取引所の口座開設は、完全無料で行えます。キャンペーンを開催している取引所は、複数開設するだけ得なので時間があれば取り掛かってみましょう。

仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら

NFTゲームで儲けたい場合の注意点

フィッシング詐欺に気をつける

NFTやブロックチェーンにかぎらず、ネット上のサービスに詐欺はつきものです。特に仮想通貨周りは、日本語で学びにくいことや有識者が少ないことから、悪いことをする業者が少なくありません。

フィッシング詐欺はよくある手法であり、正規URLではなく、似たURLでユーザーを誘導し個人情報を盗まれます。最悪のケースだとウォレットの情報を抜き取られるので、URLはできるだけ公式発信のものを参照しましょう。

概要 公式URL
ホワイトペーパー https://nft-wars.gitbook.io/nft-wars/
公式サイト https://nftwars.xyz/
公式Discord https://discord.com/invite/wZqpNvvEKf
公式Twitter https://twitter.com/NFTWars_

仮想通貨を日本円に交換できるようにしておく

NFTWarsは、PolygonやTCGVerse、OASYSというブロックチェーン上で流通予定のトークンです。トークンは、毎日のように値段が上下し、急落することもありえます。

NFTゲームで儲けるということは、利確して初めて語ることができます。資産を増やしても実際の現金は増えないため、入手したトークンは早い段階で利確して、日本円にしておくべきです。

取引所を必ず複数開設しておく

取引所は、複数開設しておくべきです。取引所はメンテナンスやトラブル時に、送金や日本円交換ができない場合があります。最低3つ取引所を開設しておき、いつでも日本円交換できるようにしておきましょう。

NFTWarsでよくある質問

NFTWarsの初期投資はいくらかかりますか?

NFTWarsは、無料でゲームをプレイできます。ただし、ウォレット接続時に獲得できる15枚の初期カードでは仮想通貨を稼げないため、稼ぐ目的の場合は連携プロジェクトのNFTを所持している必要があります。

NFTWarsはどのようなカードゲームですか?

NFTWarsは、ターン制のカードバトルです1ターンの制限時間は30秒で、相手のライフ0にするか相手のデッキを0枚にすることで勝利します。

強力なカードを狙って獲得できますか?

強力なカードは、狙って獲得することはできません。NFTをカード化するとパラメータがランダムに決定されるので、故意に強力なカードの獲得は難しいでしょう。

連携プロジェクトは今後追加されますか?

連携プロジェクトは、今後も追加予定です。NFTWarsのプロジェクトに参加したいNFTゲームのオーナーが申込フォームから申請し、承認されると連携プロジェクト対象のNFTゲームとなります。

常用能力と発動能力はどちらが優先処理ですか?

常用能力と発動能力が同時に発動した場合、発動能力が先に処理されます。例えば、ダメージを与えた分だけ回復するドレインと死亡時ダメージを与える発動能力が発動したら、ダメージを与えてからドレインが発動します。

死亡時発動能力が同時に破壊された時の処理は?

死亡時発動能力が2体同時に破壊された時は、最後に死亡したユニットの能力から順番に発動します。例えば、死亡時ドロー効果のAと死亡時破壊効果のBが同時に破壊され、Bの能力で死亡時回復効果のCが破壊されたら、ユニットB→C→Aの順番に効果を処理します。

まとめ:資産をカードにして遊べるNFTゲーム

最後に死亡したユニットの能力から順番に発動されます。トリガー能力の処理中に他のユニットが破壊された場合、最後に破壊されたユニットの能力から発動されます。例えば、ユニットAとユニットBが同時に破壊され、その後ユニットBの能力で破壊された場合、ユニットCの能力が優先的に発動されます。

NFTWarsは、自身の資産をカードにして遊べるNFTゲームです。過去にプレイしていたNFTゲームのNFTを使用するなど、資産を無駄にせず活用できます。

開発・運営は、日本のCryptGames株式会社が運営しているため、海外のNFTゲームよりも安心してプレイできます。また、ウォレット接続するだけで15枚のカードを獲得して無料でプレイできるので、初めてNFTゲームをプレイする方にもおすすめです。

本サイトは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
金融商品・金融機関の選択や売買、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツは、細心の注意を払って情報を掲載していますが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
当サイトで掲載する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者および情報提供者は一切の責任を負いません。ご質問、ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
▼広告主および当サイトの掲載情報について
  • 本サイトは、複数社と提携して情報を提供しており、当サイト経由で一定の成果地点に到達した場合に提携企業から支払われる報酬が主なサイト収益です。ただし当サイトの評価や比較に関して、提携有無や支払い実績が影響を及ぼすことはありません。
    収益は、コンテンツ品質向上やUIUXの改善などの施策に還元しております。

編集部おすすめ国内取引所5選
SBI VCトレードSBI VCトレード
公式サイト
  • 【スプレッドが業界最狭水準】
    ・口座開設や入金など各種手数料0円
    ・SBIグループで安心のセキュリティ
    ・SBI Web3ウォレットでNFT取引
ビットバンクbitbank
公式サイト
  • 【暗号資産の国内取引量No.1】
    ・セキュリティの高さに定評がある
    ・アプリのデザインがよく使いやすい
    ・口座開設後に1万円以上入金で
     現金1,000円獲得
コインチェックCoincheck
公式サイト
  • 【アプリのダウンロード数No.1】(※)
    ・アプリが初心者に使いやすい
    ・500円からビットコインを購入可能

    ・紹介CPで1,000円獲得
GMOコインGMOコイン
公式サイト
  • 【オリコン顧客満足度2年連続No.1】
    ・取引所手数料を除く全手数料が無料
    ・GMOグループなので信頼性が高い
    ・暗号資産の購入で1,000円が当たる
ビットフライヤーbitFlyer
公式サイト
  • 【ビットコイン取引量トップクラス】
    ・7年以上ハッキング被害なし
    ・1円から売買が可能
    ・ビットコイン獲得サービスを提供

※対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月〜2023年12月 データ協力:App Tweak

©NFTゲームプレス All rights reserved.
※当サイトに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権ならびにその他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
※当サイトに掲載されているデータ、画像等の無断使用・転載・変更・改ざん・商業的利用は固くお断りします

攻略メニュー