PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?|仮想通貨の基礎を解説!

PancakeSwap(パンケーキスワップ)

PancakeSwap(パンケーキスワップ)を用いて利益を出す人が多くなっています。しかし、パンケーキスワップにはメリットだけでなくデメリットもあり、将来性について様々な声が上がっています。

そこで本記事では、パンケーキスワップのデメリットや将来性について解説しています。また、使い方や始め方も紹介しているので、パンケーキスワップについて気になっている人は必見です。

他にも、パンケーキスワップのこれまでの価格チャートも掲載しているので、パンケーキスワップを使おうとしている人はぜひ参考にしてください。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは

パンケーキスワップの特徴まとめ

  • 分散型取引所(DEX)の1つ
  • 仮想通貨を預けるとトークンがもらえる
  • 安全性が高くハッキングのリスクが低い
  • 他のDEXと比べて手数料が安い
  • 本人確認が不要

パンケーキスワップは分散型取引所(DEX)の1種

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は、分散型取引所(DEX)の1つです。バイナンスが運営している「BSC(バイナンススマートチェーン)」を利用しているのが特徴です。また、パンケーキスワップは、DEXの中でも手数料が安いことで定評があります。

【分散型取引所(DEX)とは】
・中央機関を介さずユーザーが直接取引する
・ハッキングされるリスクが低い
・手数料が安く手間がかからないのがメリット

仮想通貨を預けると独自トークンがもらえる

パンケーキスワップは、仮想通貨を預けると利息として独自トークン(CAKEトークン)がもらえます。CAKEトークンは売却したり、他の仮想通貨と交換できます。得たCAKEトークンを他の仮想通貨に交換し、預ければさらに多くのCAKEトークンを得られるのでお得です。

【CAKEトークンとは】
・パンケーキスワップのネイティブトークン
・パンケーキスワップ内で他の仮想通貨に変換可能
【ネイティブトークンとは】
・ブロックチェーン独自のトークン
・例:ビットコインはBTC、イーサリアムはETH

安全性が高くハッキングのリスクが低い

パンケーキスワップは、DEXの1つなので安全性が高いです。DEXは中央サーバーや機関を経由しないので、ハッキングされるリスクが低いためです。取引情報をユーザーが直接管理する仕組みであるDEXだからこそ、強固な仕組みを作れます。

他の分散型取引所(DEX)と比べて手数料が安い

パンケーキスワップは、他の分散型取引所(DEX)と比較して手数料が安いです。今まではイーサリアムネットワーク上に構築されたDEXが多く、手数料が高いことが問題でした。パンケーキスワップはBSC上に構築されたDEXなので、手数料が他より安いという仕組みです。

本人確認が不要

パンケーキスワップは、本人確認が不要です。DEXは中央機関が存在しないので、本人確認が必要な場面が存在しないためです。例えば中央に運営会社がある場合、取引時や口座開設時に本人確認を求められますが、DEXだと面倒な確認がない点がメリットです。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でできること

できることまとめ

  • 種類の違う仮想通貨と交換できる(スワップ)
  • 通貨を預けてCAKEを入手(ステーキング)
  • 独自トークンを預けると仮想通貨が貰える(シロッププール)

スワップとは仮想通貨を交換できる機能

スワップ拡大する

パンケーキスワップにはスワップという機能があり、仮想通貨を他の仮想通貨に交換できます。例えば、自身の持っているビットコインを他の仮想通貨に交換可能です。下で紹介するステーキングの際に特定の通貨が必要なので、スワップはステーキングで使いましょう。

仮想通貨を預けて独自トークン(CAKE)を入手

ファーミング拡大する

パンケーキスワップは、仮想通貨を2種類預けると報酬としてCAKEトークンがもらえます(ステーキング)。預けた仮想通貨の種類によってCAKEトークンの利率が変わります。より多くのCAKEトークンをもらえるように、スワップで通貨を交換しましょう。

独自トークンを預けると仮想通貨が貰える

シロッププール拡大する

パンケーキスワップは、独自トークン(CAKEトークン)を預けて仮想通貨を入手できます。仮想通貨を預けてCAKEを入手し(ステーキング)、そのCAKEを預けてさらに仮想通貨を入手するという循環が作れます。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の危険性

運営による保証がない

パンケーキスワップに限った話ではないですが、DEXは海外での取引が主なので金融庁の認可がありません。金融庁の認可がある取引所は保証を受けられる場合がありますが、DEXは認可がないので保証を受けられない点に注意しましょう。

送金に失敗すると仮想通貨を失う可能性がある

仮想通貨すべてに言えることですが、送金に失敗すると通貨を失う可能性があります。仮想通貨の送金はアドレスを入力して行いますが、アドレスを間違えると他の場所に通貨が送られてしまうためです。取引所によっては保証がありますが、仮想通貨を失うこともあります。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のチャート

2021年5月に価格が高騰

価格チャート

※出典:coinmarketcap.com

パンケーキスワップは2021年5月に「1PancakeSwap(CAKE)=4,734円」まで高騰しています。「COINTEREGRAPH」の調査によると、5月にパンケーキスワップの預かり資産総額(TVL)が10億を超えており、関心が集まったことが理由の1つだと考えられます。

現在が「1PancakeSwap=400円台」なので、今後過去のように価格が高騰した場合は、売却すると大きな利益を得られる可能性があります。

【TVLとは】
・Total Value Locked(預かり資産の総額)
・取引所が顧客から預託を受けた資産の合計

2022年に入って価格が下落

価格チャート

※出典:coinmarketcap.com

パンケーキスワップは、2022年に入って価格が下落しました。4月に「1PancakeSwap=1,214円」まで上昇したものの5月から下降を続け、現在は「1PancakeSwap=400円台」を推移しています。

2021年5月のように、パンケーキスワップの価格がまた高騰すると予想している人は、価格が安い今購入するのも手です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の使い方

口コミ調査の結論

  1. 仮想通貨取引所で仮想通貨を購入
  2. バイナンスでBNBを購入
  3. ウォレットを作成
  4. 購入したBNBをウォレットに送金
  5. MetaMaskをパンケーキスワップに接続
  6. パンケーキスワップ内のコンテンツを使う

1.仮想通貨取引所で仮想通貨を購入

パンケーキスワップを使うには、仮想通貨が必要です。国内の仮想通貨取引所で口座を開設し、元手となる仮想通貨を購入しましょう。国内取引所を使う場合は、取扱通貨が多く、アプリが初心者でも使いやすいコインチェックがおすすめです。

2.バイナンスでBNBを換金

バイナンスでBNBを換金しましょう。BNBはパンケーキスナップの手数料で使用するので必須です。BNBを購入するためにバイナンスの口座が必要なので、バイナンスの公式サイトから作成しましょう。口座を作ったら取引所で購入した仮想通貨を送金し、BNBに換金できます。

3.MetaMask(メタマスク)を作成

仮想通貨を管理するために、ウォレットを作成しましょう。作成するウォレットは、使いやすさに定評がある「MetaMask(メタマスク)」がおすすめです。メタマスクは様々な仮想通貨を管理できるうえに、複数のウォレットを作成できるので初心者にも使いやすいです。

【MstaMaskとは】
・仮想通貨ウォレットの1種
【ウォレットとは】
・仮想通貨を管理する場所

4.換金したBNBをMetaMaskに送金

換金したBNBをウォレット(MetaMask)に送金しましょう。バイナンスで換金しただけではバイナンスの口座に入るだけなので、口座のBNBをウォレットに送金する必要があります。送金は、MetaMaskのアドレスをバイナンスの出金画面に張り付けると行えます。

5.MetaMaskをパンケーキスワップに接続

自身のMetaMaskをパンケーキスワップに接続しましょう。パンケーキスワップのホーム右上にある「Connect Wallet」を押し「MetaMask」を選択すると接続できます。

6.パンケーキスワップ内のコンテンツを使う

パンケーキスワップにMetaMaskを接続できたら準備完了です。スワップ、ステーキング、シロッププールを活用し仮想通貨を増やしましょう。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の将来性

他のDEXより手数料が安く流入が見込める

パンケーキスワップは、他のDEXより手数料が安いので、今後も注目される可能性があります。DEXには他にもUniswapやSushiswapがありますが、手数料が高いです。

DEXは手数料が高いことが問題視されているので、手数料が安いDEXに人が移動してくる可能性はあります。

CAKEの価格は下落を続けている

パンケーキスワップの独自トークンであるCAKEは、2022年に入ってから価格を落としています。4月に価格が上昇していますが、5月からまた価格が下がり現在は横ばいに推移しています。

ただし、2021年の9月に、それまで落ちていた価格が急上昇した過去もあるので、将来性がないとは言い切れません。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)に関するQA

パンケーキスワップの始め方は?

パンケーキスワップを始めるには、まずバイナンスでBNBを購入しましょう。その後、購入したBNBをウォレットに送金し、パンケーキスワップと接続すればパンケーキスワップ内のコンテンツを利用できます。

パンケーキスワップって日本語表示にできる?

日本語表示にできます。パンケーキスワップのホーム画面右上の球体マークをクリックすると、日本語に変更できます。

パンケーキスワップは儲かる?

儲かる可能性はあります。他のDEXより手数料が安いので、手数料負けする可能性が低いからです。ただし、取引ごとに手数料がかかるので、取引をたくさん行うと手数料負けすることもあります。

仮想通貨CAKEを購入できる国内取引所は?

国内取引所では購入できません。海外取引所でのみ購入できます。

パンケーキスワップってスマホアプリある?

スマホアプリはないですが、Metamaskを経由すればスマホで利用できます。Metamaskをスマホアプリでダウンロードし、パンケーキスワップを接続すれば使用可能です。

パンケーキスワップの取引履歴は確認できる?

パンケーキスワップ内では確認できません。BscScanというサイトを使えば、ウォレットの過去の取引履歴を確認できます。

資産が消えた時の対処法は?

パンケーキスワップのバージョン変更が原因で、資産が消えたことがありました。移行画面に行き、画面の指示に従えば問題なく戻ってきます。

まとめ:パンケーキスワップはDEXの一つ

パンケーキスワップはDEX(分散型取引所)の一つです。スワップやステーキングを使えば、仮想通貨を預けるだけで利益が得られるので非常にお得です。また、他のDEXより手数料が安いという利点があるので、今後も利用者が増えることが予想されます。

本サイトは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
金融商品・金融機関の選択や売買、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツは、細心の注意を払って情報を掲載していますが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
当サイトで掲載する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者および情報提供者は一切の責任を負いません。ご質問、ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

▼広告主および当サイトの掲載情報について
  • 本サイトは、複数社と提携して情報を提供しており、当サイト経由で一定の成果地点に到達した場合に提携企業から支払われる報酬が主なサイト収益です。ただし当サイトの評価や比較に関して、提携有無や支払い実績が影響を及ぼすことはありません。
    収益は、コンテンツ品質向上やUIUXの改善などの施策に還元しております。

©NFTゲームプレス All rights reserved.
※当サイトに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権ならびにその他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
※当サイトに掲載されているデータ、画像等の無断使用・転載・変更・改ざん・商業的利用は固くお断りします

攻略メニュー