DEX(分散型取引所)とは?|仕組みや特徴を徹底解説!

DEXとは

DEX(分散型取引所)とは、銀行や証券会社のような仲介を必要とせず、ユーザー同士が直接取引できる暗号資産(仮想通貨)取引所です。ユニスワップ・パンケーキスワップなどが有名なDEXですが、名前は聞いたことあるけど、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで当記事では、DEXの取引の仕組みやメリット・デメリットを解説しています。また、取引の始め方や手数料、CEX取引所との違いについてもまとめています。

他にもおすすめの暗号資産取引所も紹介しているので、これから暗号資産を始めようという人はぜひ参考にしてください。

関連記事
暗号資産(仮想通貨)とは? CEX(中央集権型取引所)とは?

編集部おすすめ国内取引所3選
SBI VCトレードSBI VCトレード
公式サイト
  • 【スプレッドが業界最狭水準】
    ・口座開設や入金など各種手数料0円
    ・SBIグループで安心のセキュリティ
    ・新規口座開設で現金1,000円獲得
    ※2024年4月1日(月)~4月26日(金)
ビットバンクbitbank
公式サイト
  • 【暗号資産の国内取引量No.1】
    ・セキュリティの高さに定評がある
    ・アプリのデザインがよく使いやすい
    ・口座開設後に1万円以上入金で
     現金1,000円獲得
コインチェックCoincheck
公式サイト
  • 【アプリのダウンロード数No.1】
    ・アプリが初心者に使いやすい
    ・500円からビットコインを購入可能

    ・紹介CPで1,000円獲得

DEX(分散型取引所)とは?意味を解説

DEX(分散型取引所)とは?

暗号資産をユーザー同士で直接取引

DEX(分散型取引所)は、銀行や証券会社のような仲介を必要とせず、ユーザー同士が直接取引できる暗号資産(仮想通貨)取引所です。主なDEXはイーサリアムブロックチェーンが使用されており、スマートコントラクトによって、ブロックチェーン上で直接取引を可能にした取引所です。

【スマートコントラクトとは】
・ブロックチェーン上の契約を自動的に実行する仕組み
・事前に決められたルールをもとに処理を行う

ブロックチェーンによる安全な取引

DEXは、法定通貨を取引することはできませんが、暗号資産(仮想通貨)のペアで取引されるため、取引相手を信頼する必要なく取引が成立します。また、取引履歴はブロックチェーンに記録されるので、半永久的に取引を確認することが可能です。

DEX(分散型取引所)の取引の仕組み

スマートコントラクトで自動取引

DEXは、スマートコントラクトを活用して取引を自動化しています。取引プログラムはブロックチェーン上で動くため不正な取引が発生せず、安全な取引が実現します。また、ソースコードはオープンソースなので誰でも監査可能です。

通常の取引所との違い

比較項目 DEX CEX
資産管理 ユーザーor個人 取引所
仲介 なし 企業
取引手数料価格 市場により変動 取引所が決定
資産の安全性 プログラムに依存 取引所に依存
アカウント 本人確認:不要 本人確認:必要
法定通貨取引 不可
暗号資産の種類 数千種類の取扱いがあるDEXも存在 数種類~数百種類
主要な取引所例 ユニスワップ
パンケーキスワップ
SBI VCトレード
ビットバンク

DEXは、暗号資産(仮想通貨)をウォレットで管理しています。ウォレットは「秘密鍵」と呼ばれる、ウォレットを復元するキーを管理が必要になるなど、一定の知見が必要になります。

DEXはユーザーが運営方針を決める

DEX、運営方針や変更をガバナンストークンと呼ばれる独自の暗号資産(仮想通貨)を用いた投票で決定されます。ガバナンストークンを所持していれば、ユーザーでも運営方針の決定ができ、DEXのコミュニティ内で運用できるのが特徴です。

CEXの場合、取引所の運営は中央集権組織である企業が行います。例えば、手数料の金額や取り扱う暗号資産(仮想通貨)の種類などは、すべて運営している企業が行います。

DEX(分散型取引所)5つのメリット

DEX5つのメリット

  1. 低コストで高いセキュリティを維持
  2. DEXは破綻しない
  3. 個人のプライバシーが守られる
  4. 暗号資産の取り扱い数が多い
  5. DEXは暗号資産を預けて報酬獲得

①低コストで高いセキュリティを維持

DEXは、スマートコントラクトでブロックチェーン上で動く取引所を作れば改ざんの可能性は極めて低くなります。CEXのセキュリティは、規模が大きくなるたびに、セキュリティも冗長化させる必要がありました。

しかし、DEXはオープンソースなので誰もが監査可能で透明性が保たれ、管理体制上の問題なども発生しません。また、アカウントセキュリティは個人に分散するため、低コストで高セキュリティな取引所を開発することができます。

②DEXは破綻しない

CEXでは管理者の事業運営次第で企業が破綻し、預けている資産が引き出せなくなることもあります。一方、DEXはプログラムなので管理者が存在しないので破綻もありません。

DEXは、企業等を信頼を必要とせず、24時間取引できますし、個人の資産にアクセスできなくなることもありません。

③個人のプライバシーが守られる

CEXは、多くの取引所で本人確認が必要となります。こういった名前、住所、連絡先、生年月日、写真などの個人情報はCEXの管理者が管理しているため、人為的なミスで漏洩する危険にさらされています。

一方、DEXでは本人確認は不要なので、個人情報が漏洩することはなく、個人のプライバシーは安全です。また、身分証明書の発行コストを払うことができない発展途上国もネットさえあれば、誰でも匿名で取引ができることは、国際社会にとって大きな経済メリットです。

④暗号資産の取り扱い数が多い

取引所 取引所名 通貨数
DEX ユニスワップ 約1,300種
パンケーキスワップ 約3,500種
CEX SBI VCトレード 20種
ビットバンク 37種

DEXは、CEXと比べて取引できる暗号資産(仮想通貨)の種類が圧倒的に多いことが特徴です。代表的なDEXの暗号資産数は、ユニスワップは約1,300種、パンケーキスワップは3,500種に対して、CEXの代表例としてSBI VCトレードは20種、ビットバンクは37種しかありません。

DEXの暗号資産は、上場審査なしで発行できるため、上場で価格高騰する前の低価格な時に、暗号資産に投資をしたい方におすすめの取引所です。

⑤DEXは暗号資産を預けて報酬獲得

DEXは、取引数が少なく取引成立まで時間がかかる傾向があるので、「流動性プール」を活用して円滑に取引が進むようにしています。流動性プールは、取引所独自の暗号資産や取引手数料を報酬で受け取れる仕組みを設け、暗号資産の預け入れを促進しているのが特徴です。

CEXでは、取引所が流動性を供給するための暗号資産の在庫を持ちます。取引数が少なくなった場合、取引所が抱えてる暗号資産を貸し付けることで、取引が円滑に成立します。

DEX(分散型取引所)の3つのデメリット

①カスタマーサポートがない

DEXは、お客様の疑問や問題を解決するカスタマーサポートがありません。DEXには、管理会社が存在しないので自身で問題点を調べて解決する必要があります。

②暗号資産ウォレットが必須

DEXは、暗号資産ペアの取引となるため、暗号資産(仮想通貨)ウォレットが必要になります。そのため暗号資産を管理するには、秘密鍵というキーを管理する必要があります。

この秘密鍵を紛失してしまうと、資産にアクセスできなくなります。一方CEXでは、本人確認を行えばID・パスワードを忘れても口座にアクセスできるので安心です。

③取引のスピードが遅い

DEXは、ブロックチェーン上で取引を行うため、チェーンの合意アルゴリズムによって取引成立までにかかる時間が変わります。

ブロック生成が完了しなければ取引は成立しないことと、ブロックに収納できる取引数にも上限があるため、取引が多い時には、ブロックが空くまで待つか、高い手数料を払って取引をしなければなりません。

DEX取引の始め方・やり方

手順 内容
1 暗号資産の国内取引所の口座開設
3 暗号資産を購入
4 メタマスク(暗号資産の財布)を作成
5 メタマスクに暗号資産を送金
6 取引する分散型取引所を決める
7 メタマスクをDEXに接続
8 登録したDEXで暗号資産を交換

DEXの取引所に暗号資産(仮想通貨)の送金と交換までの手順を解説しています。流れを簡略化すると、国内取引所を開設→暗号資産の購入→メタマスクの登録→DEXに暗号資産を送金することで、DEXでの取引を始められます。

  • STEP1

    暗号資産の国内取引所の口座開設

    SBI VCトレード

    口座開設の手順

    1. SBI VCトレード公式サイトを表示
    2. メールアドレスとパスワードを設定
    3. 本人確認書類を登録

    DEXの取引は、暗号資産(仮想通貨)の国内取引所の口座が必要です。口座開設は、本人確認書類が必要となるので、運転免許証やマイナンバーカードなどの顔写真付きの身分証明書を準備するのがおすすめです。

    口座開設完了後は、仮想通貨取引所に日本円を入金します。SBI VCトレードのスマホアプリを例にすると、メニュー下部の「資産/入出金」→「JPY」をタップ→「日本円を入金」の流れで入金できます。

    ▼口座開設に必要な本人確認書類▼
    • 本人確認書類
      運転免許証 パスポート
      マイナンバーカード 在留カード
      住民基本台帳カード 住民票
  • STEP2

    暗号資産を購入

    SBI VCトレードXRP購入

    日本円の入金後は、分散型取引所で使用する暗号資産を購入します。取引で使用する暗号資産は、分散型取引所で異なり、例として「ユニスワップ」の取引所ならイーサリアム、「パンケーキスワップ」の取引所はバイナンスコインを使用します。

  • STEP3

    メタマスク(暗号資産の財布)を作成

    メタマスク登録

    イーサリアムを購入後は、暗号資産(仮想通貨)を保管する財布(ウォレット)を作成するため、メタマスクをダウンロードします。メタマスクは、イーサリアムやビットコインなど複数のウォレットを作成でき、暗号資産をまとめて管理できます。

    メタマスク公式サイトはこちら

    【メタマスクとは】
    暗号資産ウォレットの1種
    【ウォレットとは】
    暗号資産を管理する場所
  • STEP4

    メタマスクに暗号資産を送金

    メタマスク送金

    メタマスクの登録後は、購入した暗号資産(仮想通貨)をメタマスクに送金します。なお、初期設定した「パスワード」と「バックアップフレーズ」を忘れてしまうと、メタマスクにアクセスできなくなるので注意しましょう。

  • STEP5

    取引する分散型取引所を決める

    ユニスワップ

    メタマスクを作成し暗号資産(仮想通貨)を送金後は、取引する分散取引所を決めましょう。DEXの分散取引所は、「取引量No.1」のユニスワップや「手数料が安く」人気が高いパンケーキスワップ、「ユニスワップから派生」したスシスワップなどが代表的です。

  • STEP6

    メタマスクをDEXに接続

    ユニスワップ接続

    DEXを登録は、メタマスクと登録した分散型取引所を接続しましょう。接続方法は、登録したDEXで異なり、ユニスワップならアプリ起動後「ウォレットに接続」、パンケーキスワップならホーム右上の「Connect Wallet」から接続可能です。

  • STEP7

    登録したDEXで暗号資産を交換

    ユニスワップ・スワップ

    DEXとメタマスクを接続後は、暗号資産(仮想通貨)の交換を開始しましょう。DEXの取引画面で「スワップ」を選び、交換元と交換したい暗号資産を選ぶことで、取引を実行できます。

おすすめの分散型取引所

※24時間の取引高はCoinMarketCapの7月19日のデータを参照しています。

ユニスワップV3(Uniswap V3)

対応チェーン イーサリアム
24時間の取引高 ¥244,637,174,746
通貨数 1,272
通貨ペア 782
公式サイト ユニスワップ公式サイト
設立 2018年
特徴
  • ・DEXで最も取引量が多い
  • ・暗号資産の交換を自動実行
  • ・ユーザー同士で直接通貨交換が可能

ユニスワップV3は、DEX(分散型取引所)で最も取引量が多い暗号資産取引所です。金融機関の仲介なしに、暗号資産の交換を現在の価格相場からユーザー同士で行えます。また、独自の暗号資産「UNL」を発行しており、暗号資産を取引所に預けると報酬として受け取れるのも特徴です。

パンケーキ(PancakeSwap)

対応チェーン バイナンス
24時間の取引高 ¥37,571,644,448
通貨数 3,548
通貨ペア 4,099
公式サイト パンケーキスワップ公式サイト
設立 2020年
特徴
  • ・バイナンス運営の分散型取引所
  • ・手数料が他のDEXと比較して安い
  • ・独自暗号資産「CAKE」を報酬で獲得

パンケーキスワップは、バイナンスが運営する分散型取引所です。BSC(バイナンスチェーン)上で構築されたDEXでイーサリアムチェーンで構築されたDEXと比べると手数料を安く抑えられます。また、独自の暗号資産「CAKE」を発行しており、暗号資産を取引所に預けると報酬として受け取れます。

ユニスワップポリゴン(Uniswap Polygon)

対応チェーン ポリゴン
※イーサリアムの補助チェーン
24時間の取引高 ¥15,542,560,091
通貨数 51
通貨ペア 275
公式サイト ユニスワップ公式サイト
設立 2021年
特徴
  • ・ポリゴンチェーンの分散型取引所
  • ・手数料を安く抑えられる
  • ・取引スピードが速い

ユニスワップポリゴンは、ユニスワップのシステムをポリゴンチェーンで運用できるようにした分散型取引所です。ポリゴンチェーン上で行えるため、イーサリアムチェーンより手数料を抑えつつ速いスピードで取引を行えるのが利点です。

カーブファイナンス(Curve Finance)

対応チェーン イーサリアム
24時間の取引高 ¥21,075,343,114
通貨数 15
通貨ペア 64
公式サイト カーブファイナンス公式サイト
設立 2020年
特徴
  • ・価格変動が少ない暗号資産取引に特化
  • ・暗号資産の価格変動の影響が最小限

カーブファイナンスは、円やドルなどの法定通貨の価格を基準とした暗号資産を主に扱っている分散型取引所です。法定通貨を基準とした暗号資産は、他の暗号資産(仮想通貨)と比べて価格変動の影響が少なく、暗号資産の相場が下落した際の損失を最小限に抑えられます。

クウェンタ(Kwenta)

対応チェーン イーサリアム
24時間の取引高 ¥13,522,096,054
通貨数 5
通貨ペア 5
公式サイト クウェンタ公式サイト
設立 2018年
特徴
  • ・暗号資産(仮想通貨)「Synthetix」の取引所
  • ・合成資産をブロックチェーンで取引

クウェンタは、暗号資産「Synthetix(シンセティクス)」の取引を行う分散型取引所です。Synthetixは、暗号資産に加えて法定通貨や金・銀、食品や原油などの合成資産をブロックチェーン上で投資を行えるのが特徴です。

DEX(分散型取引所)手数料はかかる?

ガス代と呼ばれる手数料が発生

DEXは、取引時にガス代と呼ばれる手数料が発生します。ガス代を支払う暗号資産(仮想通貨)は、ユニスワップやパンケーキスワップなど分散型取引所によって異なります。

例えば、「ETH(イーサリアムブロックチェーン)」で作られたユニスワップならイーサリアム、「BSC(バイナンススマートチェーン)」で作られたパンケーキスワップは、バイナンスコインがガス代として必要です。

手数料は常に変動

手数料の変動要素

  • 取引数が多い暗号資産は手数料が高騰
  • 取引時間によって手数料が変化

DEXの手数料(ガス代)は、取引数と取引時間の2点で変動します。中でも、取引数が圧倒的に多いイーサリアムチェーン上では、ガス代が高騰するケースが多いため、取引数が落ち着く時間を見計らってガス代を少しでも抑えましょう。

また、手数料は取引数と関係するため、イーサリアムチェーン以外のプラットフォームで作られた取引所であれば、安い手数料で取引を行うことも可能です。

DEXのよくある質問

分散型取引所の日本語版はある?

分散型取引所は、日本語版で利用できます。代表的な取引所で言えば、ユニスワップとパンケーキスワップどちらも日本語に対応しているので初心者の方におすすめです。

DEXの将来性は?

DEXは、2020年、2021年と急成長を遂げており、将来性に期待できます。仲介業者が存在しないことで、取引手数料の安さが注目を集めているので、今後の成長にも期待できます。

ユニスワップでスワップできない

ユニスワップでスワップ(暗号資産(仮想通貨)の交換)できない原因は、スマホの誤動作やウォレットとの接続、手数料が足りないなどの要因が考えられます。

また、設定以外ではアプリを再度立ち上げる、スマホやパソコンの再起動を行うことで、改善する場合があります。

DEXはどんな人におすすめ?

DEXは、暗号資産取引の経験がある人におすすめです。従来の暗号資産取引所と異なり、トラブルが起こった場合は全て本人が対処する必要があるので、暗号資産の取引に知識が深い経験者ほどリスク管理に長けています。

まとめ:DEXは企業の仲介がない暗号資産取引所

DEXは、企業の仲介がない暗号資産(仮想通貨)の取引所です。仲介する金融機関が存在しないため、ユーザー同士で取引を即時実行できます。

また、自動取引システム「スマートコントラクト」で24時間円滑に取引を行えるうえに、不正・改ざん対して高いセキュリティを誇るため、将来的に多くのユーザーがDEXを活用するでしょう。

本サイトは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
金融商品・金融機関の選択や売買、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツは、細心の注意を払って情報を掲載していますが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
当サイトで掲載する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者および情報提供者は一切の責任を負いません。ご質問、ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
▼広告主および当サイトの掲載情報について
  • 本サイトは、複数社と提携して情報を提供しており、当サイト経由で一定の成果地点に到達した場合に提携企業から支払われる報酬が主なサイト収益です。ただし当サイトの評価や比較に関して、提携有無や支払い実績が影響を及ぼすことはありません。
    収益は、コンテンツ品質向上やUIUXの改善などの施策に還元しております。

編集部おすすめ国内取引所5選
SBI VCトレードSBI VCトレード
公式サイト
  • 【スプレッドが業界最狭水準】
    ・口座開設や入金など各種手数料0円
    ・SBIグループで安心のセキュリティ
    ・新規口座開設で現金1,000円プレゼント
    ※2024年4月1日(月)~4月26日(金)
ビットバンクbitbank
公式サイト
  • 【暗号資産の国内取引量No.1】
    ・セキュリティの高さに定評がある
    ・アプリのデザインがよく使いやすい
    ・口座開設後に1万円以上入金で
     現金1,000円獲得
コインチェックCoincheck
公式サイト
  • 【アプリのダウンロード数No.1】
    ・アプリが初心者に使いやすい
    ・500円からビットコインを購入可能

    ・紹介CPで1,000円獲得
GMOコインGMOコイン
公式サイト
  • 【オリコン顧客満足度2年連続No.1】
    ・取引所手数料を除く全手数料が無料
    ・GMOグループなので信頼性が高い
    ・暗号資産の購入で1,000円が当たる
ビットフライヤーbitFlyer
公式サイト
  • 【ビットコイン取引量トップクラス】
    ・7年以上ハッキング被害なし
    ・1円から売買が可能
    ・ビットコイン獲得サービスを提供

©NFTゲームプレス All rights reserved.
※当サイトに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権ならびにその他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
※当サイトに掲載されているデータ、画像等の無断使用・転載・変更・改ざん・商業的利用は固くお断りします

攻略メニュー