NFTとは?|初心者にも簡単にわかりやすく解説!

NFTとは

NFTは、高額の取引が話題となり、地上波のTVでもオークション番組が放送されるなど注目を集めています。しかし、NFTの意味やNFT取引の始め方まで理解している人は少ないのではないでしょうか。

本記事では、NFTの特徴やNFTの購入方法、出品方法、販売のやり方をわかりやすく解説しています。

他にも、おすすめのマーケットプレイスやNFTの将来性も紹介しているので、これからNFT取引を始めようとしている人はぜひ参考にして下さい。

関連記事
仮想通貨とは? 仮想通貨の始め方
NFTゲームは稼げる? NFTの購入方法と確認方法

NFTとは?簡単にわかりやすく解説

NFTとは

ブロックチェーン関連で今注目の投資対象

NFTは、ブロックチェーン関連でいま最も注目されている投資対象です。アートや音楽などのデジタルデータの所有権をオンライン上で取引ができるようになり、近年、NFTが高額取引されている例が数多くあります。

例えば、NFTアート作品に79億円の価格がついたり、2021年には世界で初めてつぶやかれたTweetが、3億円で落札されたと話題になりました。NFTマーケット市場は2021年を境に急拡大を続けており、今もっとも熱い新たな資産として注目されています。

【ブロックチェーンとは】
・正確な取引履歴を維持しようとする技術
・すべての取引履歴を網羅し分散して管理する

日本でも注目が集まる

日本では、2021年ONE PIECEでお馴染みの集英社がブロックチェーン技術を導入して「漫画を受け継がれるべきアートに。」をキャッチフレーズにNFTを推進したり、風の谷のナウシカの複製セル画の所有権などもNFTとして販売されたのも有名な話です。

他にも、せきぐちあいみさんのNFT作品が1,300万で落札された事例や、小学生が夏休みの自由研究で作ったNFTアート作品に数十万円の値がついたことも話題となりました。日本でもNFT市場はいま注目が集まっているといえます。

唯一性を持つトークン

項目 NFT 暗号資産(FT)
特徴 ブロックチェーンに記録された代替性のないトークン ブロックチェーンに記録された代替性のあるトークン
用途 価値の移転を目的としたトークン
(法的な定義はない)
代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円等)と相互に交換できるトークン
活用事例 所有権、著作権など、チケットやゲームアイテムといった識別必要な(識別したい)デジタルデータ 法定通貨、ポイント、ゲーム内通貨(有償石)などの識別が必要ないデジタルデータ

NFT(Non-Fungible Token)は「非代替性トークン」と日本語訳され、ブロックチェーンに記録されているデジタルデータで個別に識別が可能です。一方、仮想通貨は、データ個別に識別されていません。

BTC(ビットコイン)は、だれが所持していようと1BTCの価値しか持ちません。一方、NFTは、個別に識別されるため、異なる価値を生むことができます。例えば、NFTを購入した際に、前の所有者が有名人であった場合、それまでとは大きく価値が異なる可能性があります。

デジタルデータの価値を守れる

NFTによって、デジタルデータの価値が守れます。今までのデジタルデータは、コピーが容易で、本物なのか偽物なのかの判別が一般のユーザーには困難でした。また「海賊版」という言葉があるように、販売側もデータを管理できず違法ダウンロードが横行していました。

しかし、NFT化されたイラストや音楽データは個別に識別可能なので、海賊版に脅かされることなく、オンライン上で販売が可能です。

NFTの3つのできることとメリット

NFTでできること

NFTの3つのできること

  1. 価値を証明できる
  2. 著作権者の利益が守られる
  3. 個人クリエイターでも作成可能

①価値を証明できる

NFTはブロックチェーンにすべての取引データを記録できるため、唯一性が証明でき、固有の価値をデータ自身で証明できます。また、NFTに記録されたデータは、誰でも閲覧が可能です。

データそのものが価値を証明できるため、プラットフォームや、販売者の信頼は必要ありません。個人間の取引であっても、取引相手を信用する必要はなく、お互い匿名のまま多額の価値を取引することができます。

②著作権者の利益が守られる

NFTは、著作権者の利益を守るのにも役立ちます。NFTではデータが転売されるたびに、著作権者(最初に作品を制作した者)に手数料が入ってきます。

転売などで、著作権者が損をしない仕組みが作れるようになったので、知的財産を生み出すクリエイターや企業に利益を与えられます。ソニーミュージックや集英社などの企業がNFTに注目しているのは、NFTで著作権者に利益を生み出せるのも要因の一つです。

③個人クリエイターでも作成可能

NFTは誰でも少額で作成できる点もメリットです。これまで、データ管理のセキュリティには多額の資金が必要だったので大企業しか取り扱いができませんでした。しかし、ブロックチェーンを活用すれば、たった数百円~数千円で強固なセキュリティのNFTを作成できます。

作成も簡単で、仮想通貨取引所からマーケットプレイスに作成費用(仮想通貨支払)を送金し、NFT化したいデジタルデータをアップロードするだけです。仮想通貨取引所の口座開設や、マーケットプレイスに登録が終わっていれば、10分程度でNFTが誰でも作成可能です。

NFTの3つの課題とデメリット

NFTの課題

NFTの3つの課題

  1. ルールが整っていない
  2. 購入や手数料に仮想通貨が必要
  3. NFT価格の変動が大きい

①ルールが整っていない

NFTアートは、著作権(及び出版権・原盤権)など使用条件が明確になっていないことが一般的です。マーケットプレイスによっても取扱いは様々で、著作権に関わる条件をどこまで明記する必要があるのかルールが定まっていません。

購入後も、著作権者の許可がない限り、使用に制限がかかります。取り扱いが難しいため、多くのNFTアートがコレクション目的として購入されています。

②購入や手数料に仮想通貨が必要

NFTの購入で発生する料金や手数料の支払いには、仮想通貨を使用します。円やドルなどの法定通貨で支払えるマーケットプレイスは稀で、特定の仮想通貨を使用して支払を行うのが一般的です。

仮想通貨は仮想通貨取引所で購入したり、購入した仮想通貨はウォレットと呼ばれるインターネット上の財布で管理する必要があるので、NFT取引にはある程度の知識が必要です。

③NFT価格の変動が大きい

NFTの電子取引市場は、価格変動が大きいのもデメリットです。例えば、Twitterで初めてつぶやかれたTweetがNFT化され、3億円で落札されましたが、1年後のオークションでは1,000分の1まで落札価格が落ちました。

NFTの購入方法|始め方

NFTの購入方法

NFTの購入方法

  1. 仮想通貨取引所の口座開設
  2. 仮想通貨を購入
  3. 仮想通貨ウォレットを作成
  4. NFTマーケットプレイスと連携
  5. 販売されているNFTを購入
  • STEP1

    仮想通貨取引所の口座開設

    仮想通貨取引所の口座開設は、各取引所の公式サイト、もしくはアプリから口座開設の申し込みが可能です。メールアドレスを登録し、進んだ先で個人情報や本人確認書類の登録を済ませると、口座を開設できます。

    国内の仮想通貨取引所では、CoincheckGMOコインbitFlyerなどが有名です。

  • STEP2

    仮想通貨を購入

    仮想通貨取引所の口座を開設したら、仮想通貨を購入しましょう。仮想通貨はマーケットプレイスの登録や購入料金、手数料支払いで必要です。

    NFTの大部分は、イーサリアムのブロックチェーンで発行されているので、購入する仮想通貨はETHがおすすめです。ETHは、NFTの取引だけでなく、手数料(ガス代)の支払いにも使用できます。

  • STEP3

    仮想通貨ウォレットを作成

    NFTマーケットプレイスでNFTを取引するには、仮想通貨ウォレットが必要です。作成する仮想通貨ウォレットは、メタマスク(MetaMask)がおすすめです。

    メタマスクはブラウザとアプリ両方で使えて利便性が高いのに加え、NFTマーケットプレイスと連携しやすい仮想通貨ウォレットです。

    【仮想通貨ウォレットとは】
    ・仮想通貨を保管する財布
    ・仮想通貨による売買などの取引の際に必要
  • STEP4

    NFTマーケットプレイスと連携

    仮想通貨ウォレットの作成が終わったら、ウォレットとNFTマーケットプレイスを連携させます。NFTマーケットプレイスは、海外だと「OpenSea」「Rarible」、国内だと「Coincheck NFT(β版)」「Adam by GMO」が有名です。

    連携方法はNFTマーケットプレイスによって変わりますが、多くの場合、公式サイトのマイページからウォレットを連携できます。OpenSeaの場合は、メタマスク内からも連携が可能です。

  • STEP5

    NFTを購入

    仮想通貨取引所の口座開設、ウォレットの作成、マーケットプレイスの登録を済ませれば、自由にNFTを購入できます。NFTの購入には、購入金額以外に、取引手数料などを仮想通貨で支払います。

NFTの販売方法

NFTの販売方法

NFTの販売方法

  1. デジタル作品を作成
  2. デジタル作品をNFT化
  3. NFTマーケットプレイスで出品
  • STEP1

    デジタル作品を作成

    まずは、NFT化するデジタル作品を作成しましょう。デジタル作品であれば、イラストや音楽、写真を問わず、NFT化が可能です。

    ただし、他人が所有している著作権物をNFT化するのは避けましょう。他人の著作権を侵害した場合「10年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金、著作者人格権、実演家人格権の侵害などは、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金」などが定められています。

  • STEP2

    デジタル作品をNFT化

    手順 OpenSeaを例にした手順
    1 My Collectionsをクリック
    2 フォルダを選択してAdd itemを選択
    3 NFT化したいファイルをアップロード
    4 作品にName(タイトル)をつける
    5 作品のDescription(説明文)を入力
    6 Createを押すとNFT化が完了

    デジタル作品を作成したら、NFTマーケットプレイスからNFT化を行いましょう。NFT化の方法はマーケットプレイスによって異なります。多くのNFTマーケットプレイスでは、サイト内のマイページからNFT化が可能です。

  • STEP3

    NFTマーケットプレイスで出品

    手順 OpenSeaを例にした手順
    1 マイページからNFT化した作品をクリック
    2 右上の売るを選択
    3 販売方法と価格を入力
    4 「Post your listing」をクリック
    5 ガス代を支払う
    6 出品が完了

    NFTの出品方法もマーケットプレイスによって変わります。多くの場合、販売方法を決め、売りたい価格を入力後、出品登録をします。販売方法は、ほとんどの場合、セット価格(固定価格)かオークション形式か任意で選べます。

    出品登録後、ガス代と呼ばれる手数料を支払えば出品は完了です。ガス代もマーケットプレイスによって異なります。OpenSeaの場合、初回の出品にはガス代がかかりますが、2回目以降は出品登録によるガス代は発生しません。

NFTの投資方法は2つ

NFTの投資方法

①NFTアート作品へ投資

NFTの投資方法の一つとして、NFTアート(デジタルアート)作品への投資があります。具体的には、NFTアート作品を購入し、値上がりしたタイミングで売却します。

実際に海外では、NFTアート作品が約75億円で落札された事例や、日本国内でも当時8歳の少年が作成したNFTアート作品に数十万円の値段がついた事例もあります。

②NFT関連の仮想通貨へ投資

NFTの投資方法の2つ目は、NFT関連の仮想通貨への投資です。例えば、エンジンコイン(ENJ)やソラナ(SOL)などのNFT関連の仮想通貨を購入し、値上がりの時期を待って売り払うという方法です。

実際にNFTを購入する必要はないため、NFTマーケットプレイスへの登録は不要です。仮想通貨取引所の口座を開設して、NFT関連の銘柄を購入しましょう。

おすすめのNFTマーケットプレイス4選

NFTマーケットプレイス

海外のマーケットプレイス

マーケットプレイス 内容
OpenSea
  • ・世界最大級のマーケットプレイス
  • ・複数のブロックチェーンに対応
Rarible
  • ・NFTの発行や出品が簡単
  • ・日本語のサービスにも一部対応

OpenSeaやRaribleは、NFTの出品数が多いため、欲しいNFT作品が見つかりやすいだけでなく、取り扱っている額も大きいので、NFT作品の販売にも向いています。

ただし、ある程度の英語力がないと、サイトが使いづらかったり、トラブルに発展したときの対処法がわからないなどのリスクもあります。

国内のマーケットプレイス

マーケットプレイス 特徴
Coincheck NFT(β版)
  • ・NFTゲームの出品が豊富
  • Coincheckの口座が使える
  • ・出品が簡単
Adam by GMO
  • ・多数有名人のNFTが出品
  • ・日本円で決済も可能
  • ・出品には審査に通る必要あり

国内のマーケットプレイスではCoincheck NFT(β版)とAdam by GMOがおすすめです。Coincheck NFT(β版)は、NFTゲームの出品が多く、NFTゲームをプレイ中、もしくは、これから始めようという方に特におすすめです。

Adam by GMOは、坂本龍一を始めとした著名人のNFT作品が多数ある他、アートやイラストなどの出品が多いのが特徴です。決済手段に日本円が使用できる点も大きなメリットです。ただし、出品するにはAdam byGMO認定代理店の審査を通る必要があります。

NFTによって注目を集めている仮想通貨3選

①イーサリアム(ETH)|NFT銘柄の筆頭

イーサリアム

イーサリアムは、NFTに深く関わる仮想通貨です。NFT銘柄で最もメジャーであり、NFTの市場規模が拡大するにつれて、イーサリアムの価値もますます上がっていくことが予想されます。

イーサリアムが持つスマートコントラクトシステムは、NFT作成のプラットフォームに多く使われいます。時価総額もBTCに次ぐ2位で、比較的価格が安定しているのもおすすめの理由です。

②エンジンコイン(ENJ)|スクウェアと提携

エンジンコイン

エンジンコインは、NFTゲーム作成に特化した仮想通貨です。NFTプロジェクトを立ち上げるプラットフォームとして使いやすいと評価が高いです。

マイクロソフト社と共同プログラムを立ち上げたり、2022年7月にはスクウェア・エニックスと提携してFFⅦのデジタルコレクションを発行するなど、多くの企業から注目が高い点もおすすめの理由です。

③ソラナ(SOL)|STEPNで一躍有名

ソラナ

ソラナは、NFTゲームSTEPNで使われている、世界でも認知度の高い仮想通貨です。処理速度の速さとガス代が安いのが特徴で、Magic Edenなどソラナ発行のNFTマーケットプレイスも存在します。

2022年3月にはPUBGの開発会社KRAFTONがSolanaLabsと協力してNFTゲームの開発に取り組んだことも話題になりました。国内の仮想通貨取引所では、FTXがSOLを取り扱ってます。

NFTの将来性

NFTの将来性

市場規模の拡大傾向は続く可能性が高い

NFTの市場規模は、2021年を境に急上昇しており、このまま拡大を続けると多くの専門家が予想しています。

市場調査会社MarketsandMarkets(マーケッツアンドマーケッツ)社の調査によると、NFTの市場規模は、2022年から2027年までは毎年平均33.9%で成長し、2027年には136億ドルに達すると予測を出しています。

メタバースの普及次第

NFTマーケットの将来性にはメタバース(仮想空間)の普及も大きく関わってきます。仮想空間のデータ管理においてブロックチェーンと相性がよく、仮想空間上のアイテムが増えることは、NFTが増えることとほぼイコールと言えるためです。

近年、メタバースの動きは高まっており、メタバースを利用したNFTゲームやメタバース上でのライブ、ショッピングが頻繁に開催されています。また、メタバースの普及以外にも、仮想通貨自体の普及率もNFTマーケットの成長に大きく関わってくるといえます。

NFTの歴史・過去にあったこと

NFTの歴史

NFTマーケットの火付け役CryptoKitties

NFTは、2017年に「CryptoKitties」がきっかけで世界に広く認知されました。CryptoKittiesは、猫を模したNFTを収集、売買、配合などが可能なゲームで、ゲーム内アイテムに約1,300万円の高値が付きました。

CryptoKitties以来、同様の収集型ゲームが次々に登場しました。また、アイテム収集と相性の良いTCG型のNFTゲームもリリースされていき、さらなる盛り上がりに一役買っています。

2018年にOpenSeaがサービス開始

2018年1月にNFTのマーケットプレイス「OpenSea」がサービスを開始しました。OpenSeaは「(NFTの)開かれた海」という意味を込めた名前通り、NFT市場を開拓し、現在では世界最大級のNFTマーケットプレイスへ成長しています。

2021年世界初ツイートのNFTが3億円で落札

2021年3月、世界で初めてのTweetが3億円で落札され、大きな話題になりました。2021年には他にも、Beeple氏のNFTアートが75億円で落札、NFTゲーム「NBA Top Shot」のゲーム内アイテムに2,000万以上の値がつくなど、NFT市場が大きく盛り上がりました。

日本の有名企業もNFT事業に続々と参戦

日本の有名企業もNFT事業に続々と参戦しています。楽天がNFTマーケットプレイス「Rakuten NFT」をオープンしたほか、集英社が「ONE PIECE」等のIPを利用した「MANGA ART HERITAGE」を立ち上げています。

また、スクウェア・エニックスがNFTゲーム「The Sandbox」とパートナーシップを結んだ他、「ブロックチェーン・エンタテインメント事業部」を新設しており、日本でもさらなる盛り上がりが期待できます。

NFTに関するよくある質問

NFTってどういう意味?

NFT(Non-Fungible Token)は「非代替性トークン」と日本語訳され、替えのきかないデジタルデータを指します。

NFTは何に使うの?

NFTはデジタルデータに唯一性を持たせ、偽造できない鑑定書付きデータとして取り扱いたい時に使用します。著作権物と紐づけることで、資産としての価値が生まれたり、マーケットプレイスで販売して収益を得ることが可能です。

NFTと仮想通貨の違いは?

NFTと仮想通貨の違いは代替可能かどうかです。NFTが個別に識別されそれぞれに価値が異なるのに対し、仮想通貨は個別で価値は変わりません。

NFTの作成と取引は誰でもできる?

NFTの作成と取引は誰でも可能です。ただし、NFTの購入に必要な仮想通貨取引所の口座開設は、18歳未満だと原則禁止されているので、保護者などに口座を持って貰う必要があります。

NFTの販売を始めるには何が必要?

NFTの販売には、NFT化の対象となる作品(デジタルコンテンツ)と、仮想通貨取引所での口座開設、マーケットプレイスへの登録が必要です。

NFTは転売できる?

NFTは転売可能です。ただし、NFTの中には転売を禁じているものもあるので、購入する際は利用規約をよく読みましょう。

NFTにはイーサリアムが不可欠?

NFTにはイーサリアムが必要不可欠ではありません。NFTはイーサリアムのブロックチェーンで発行されていることが多いですが、PolygonやPolkadoなど、イーサリアム以外のブロックチェーンでも発行が可能です。

NFTゲームとは何?

NFTゲームとは、ブロックチェーン技術を活用して作られたゲームです。ゲーム内のアイテムやキャラクターがNFT化されているなど、ゲーム内のデータを資産として、他者と交換、譲渡することが可能です。

NFTの銘柄って何?

NFTの銘柄とは、NFTを購入するのに必要な仮想通貨のことです。仮想通貨には、ビットコインやイーサリアムなどたくさんの銘柄(種類)があります。

すべての仮想通貨の銘柄がNFTの売買で使用できるわけではなく、NFTの発行主体やマーケットプレイスによって取り扱っている銘柄は様々です。

まとめ:NFTとは世界に一つだけのデジタル資産

NFTとは、世界に一つだけのデジタル資産です。ブロックチェーン技術により、デジタルデータに唯一性を持たせることができ、その結果、資産としての価値を証明できるようになりました。

NFTは、NFTゲームで活用されたり、投資の対象として注目されています。また、著作権者に利益を生み出せるため、クリエイターや企業からの注目も高く、今後も拡大を続けると予測されています。

本サイトは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
金融商品・金融機関の選択や売買、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツは、細心の注意を払って情報を掲載していますが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
当サイトで掲載する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者および情報提供者は一切の責任を負いません。ご質問、ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

▼広告主および当サイトの掲載情報について
  • 本サイトは、複数社と提携して情報を提供しており、当サイト経由で一定の成果地点に到達した場合に提携企業から支払われる報酬が主なサイト収益です。ただし当サイトの評価や比較に関して、提携有無や支払い実績が影響を及ぼすことはありません。
    収益は、コンテンツ品質向上やUIUXの改善などの施策に還元しております。

©NFTゲームプレス All rights reserved.
※当サイトに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権ならびにその他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
※当サイトに掲載されているデータ、画像等の無断使用・転載・変更・改ざん・商業的利用は固くお断りします

攻略メニュー