モンクフォーム(FF1)/四神円舞【ウォル専用防具】の評価

FFRK(ファイナルファンタジーレコードキーパー)のモンクフォーム(FF1)【ウォル専用防具】の強さ評価や、通常・共鳴時の最大ステータスをご紹介。四神円舞の倍率、特殊効果含め点数を決定。ウォルを使った人の客観的な声もあるので、参考にしてください。

モンクフォーム(FF1)

装備関連記事
武器評価一覧 防具評価一覧
必殺技一覧 アクセサリ一覧

モンクフォーム(FF1)の評価と基本情報

総合評価
S+

評価と使い道

フルハイブレイク相当のデバフを付与できる必殺技で、ハイブレイク系のデバフ重複することで真価を発揮します。ランダム攻撃なので、複数体にデバフを撒けるメリットがあります。

バーストアビリティは攻撃+行動キャンセルと攻撃+攻撃&防御ダウン(小)の2種で、デバフ役としては物足りない性能です。アビリティでハイブレイク系をセットし、デバフをさらに重複させて使いましょう。

フルハイブレイク系のバーストでは、ファリスやワッカのバーストのほうがシンプルなハイブレイク相当のバーアビで使い勝手が良いです。デバフ役として使うのであればファリスやワッカ、行動キャンセルも狙うのであればウォルに分があります。

バーストアビリティ

トリックアタック 【トリックアタック/物理攻撃】
敵単体に4回連続の物理攻撃+中確率で行動キャンセル
ブレイクキラー 【ブレイクキラー/物理補助】
敵全体に2回連続の物理攻撃+攻撃力&防御力を一定時間ダウン(効果:小)

倍率検証と効果

四神円舞

敵単体にランダムで7回の強力な物理攻撃+攻撃力&魔力&防御力&魔法防御力を一定時間ダウン(効果:大)+自身にヘイスト&バーストモード

必殺技名 四神円舞
専用キャラ ウォル
範囲 単体
効果 敵単体にランダムで7回の強力な物理攻撃+攻撃力&魔力&防御力&魔法防御力を一定時間ダウン(効果:大)+自身にヘイスト&バーストモード
倍率 「たたかう」の約0.96×8回の合計約7.7倍
消費ゲージ 1

バーストアビリティ

アビリティ名 トリックアタック
種別 物理攻撃
範囲 敵単体
効果 敵単体に4回連続の物理攻撃+中確率で行動キャンセル
アビリティ名 ブレイクキラー
種別 物理補助
範囲 敵全体
効果 敵全体に2回連続の物理攻撃+攻撃力&防御力を一定時間ダウン(効果:小)

ステータス(共鳴時のステ込み)

ステータス Lv20/共鳴時 Lv30/共鳴時
攻撃力 17 / 34 20 / 45
防御力 115 / 194 130 / 242
魔防 115 / 194 130 / 242
回避 100 100
特殊効果
  • ウォル必殺技変更

※共鳴時の数値は1レベル毎の上昇量から推測したデータです

レアリティ ★★★★★
登場作品 FF1
分類 軽装鎧

モンクフォーム(FF1)を使った人の声

【投稿者】名無し【スタミナ】151~180【2017/02/07投稿】

強い点実はワッカやファリスと比べても攻撃+防御ダウンがバーアビにあるのでハイブレイクとあわせて3つデバフを重ねられる点が優秀
ファリスは3つ重ねるには闘志をぶんどるがいるし、ワッカはフルブレがバーストと上書きの関係にあるので2つまでしか重ねれない

参考になった

15

【投稿者】名無し【スタミナ】151~180【2017/01/11投稿】

強い点発動時のフルハイブレイクはファリスやワッカのバーストと同じだが、ファリスワッカのバーアビがハイブレイクなのに対してウォルのバーアビはそれぞれ2ブレイク+2連撃、キャンセル+4連撃というふうにファリスやワッカと比較してもかなり攻撃寄りの性能となっており、デバフとダメージソースを両立できるバーストとなっているので、個人的にはファリスワッカよりも優先的に使っています。重複させたければアビ枠にハイブレイクを入れとけば問題ないです。
弱い点しいて言うならウォル自身に攻撃を求めたらゲージを貯めるのにいかりを使用してバフが上書きされてしまうので、いかりが使いにくいことかな。これはウォルそのものの弱点でもあるけど。

参考になった

20

その他の装備

モンクフォーム(FF1)を使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • ニックネーム
  • スタミナ
  • 評価
    ①ステータス②専用防具③他キャラとの比較④アビリティ⑤装備の観点から見て点数付け
  • モンクフォーム(FF1)が強い点
  • モンクフォーム(FF1)が弱い点

送信

  • LINEで送る

▶FFRK攻略トップページはこちら

書き込み

攻略メニュー
▼掲示板
▼ガチャシミュレーター
▼キャラクター
▼アビリティ
▼装備

装備ステータスランキング

▼レコードマテリア
▼イベント・ダンジョン攻略
▼ブログ
▼初心者向け攻略