サンクレッドの最新評価と使い道

FFRK(ファイナルファンタジーレコードキーパー)のサンクレッドの評価と使い道、入手レコードマテリア(レコマテ)を紹介しています。限界突破時のステータスや専用武器であるG・マジテックダガー(FF14)の評価、おすすめアビリティなども記載しているので、サンクレッド育成の参考にしてください。

サンクレッド

キャラ関連記事
キャラ評価一覧 最強キャラランキング
最強パーティ考察 キャラ逆引き検索
総合評価 75
タイプ(役割) 物理アタッカー/忍者

強い点/使える点

即発動全体分身の第2バースト

サンクレッドはG・マジテックダガーの第2バーストで、即時発動で攻撃+味方全体に分身が付与でき、攻守に優れた必殺技です。

バーストアビリティは2種とも待機時間が短く、蜂毒を使用した回数に応じて夢幻連段の威力を高められるので、ダメージソースとして十分な働きに期待できます。

また、貴重な毒属性攻撃であることもポイントです。

▶G・マジテックダガー(FF14)の評価はこちら

炎弱体付与のバースト

サンクレッドは、バーストで炎弱体を付与できるので、炎特化パーティで火力の底上げできます。

バーストアビリティが炎属性なので、サンクレッド自身でも火力を出しやすいのも強みです。

▶佐助の刀(FF14)の評価はこちら

超必殺でヘイスガ使える

「人・地・天の印」で風属性攻撃+ヘイスガ付与が可能。14のヘイスガ要員となり、ミッションで活躍できます。

▶エアーナイフ(FF14)の評価はこちら

多様なアビリティが使用できるアタッカー

忍者アビリティの散華や、物理スピードアビリティの断動を使えます。

楽器を装備できるので、魔力補正が高い楽器を持たせれば、雷迅などの魔力依存の忍者アビリティを多少は有効に使えます。

吟遊詩人アビリティを活かし、味方全体を強化する補助役とアタッカー役の兼任もできます。

弱い点/使えない点

アタッカーとしても補助としても中途半端

エンドアスピルを使えないため必殺技を連発しにくく、アビリティも攻撃性能が高いものはほとんど使えません。

補助としてもハイブレイク、エチュード系を使えないため、いまひとつ。

サンクレッドに対するみんなの点数

グラフ 1人グラフ 5人グラフ 29人グラフ 32人グラフ
0~20 21~40 41~60 61~80 81~100

サンクレッドを使った人の声

【投稿者】名無し【スタミナ】151~180【2016/10/20投稿】

強い点ここの評価は酷評が多いけど意味がわからない。バーストだけでも結構強いし速い。人知地天の印も結構好き。エンドアスピルが使えないとあるが、シーフズレイドを連発してたら結構すぐたまるから、問題を感じない。闘志を盗むや忍術も使え、十分強いよ。分身連発でしぶといからLv80でもスタメンで使えるぐらいだと思う。
弱い点マルチではあまり好まれない点ぐらいだと思う。このキャラに足らないのは名声だけです。

参考になった

104

【投稿者】希望の翼【スタミナ】151~180【2016/02/28投稿】

強い点特化型アタッカーのステータス性能では無いが戦術を使い分けられる点とバランスの良いステータスが強み。超必殺も含めてサンクレッド用の全ての専用装備が揃っていると場面に応じて有利に進められる。セット可能アビリティと専用必殺技との相性も良い。
ゲージを2つ以上溜めた場合の必勝コンボ(サンクレッド前面且つ特化させるならレコードマテリアに魔晄の光に加え他のキャラ物理補助たくす から即)
1.チェーンスターター→舞踏刃→人・地・天の印orシーブズブレイド
2.チェーンスターター→血花五月雨→天人・地・天の印
1はデバフ効果利用の単体ボス向け 2は全体スロウ、ヘイスト効果からの複数ボス向け(ボスにスロウ耐性がない場合に強力)

それとは別に風属性強化(中)レコードマテリアと超必殺の相性も魅力。
弱い点他のヘイスガ要員がいる場合、役割が被る。
ある程度以上サンクレッド専用装備が揃っていないとステータス的にも中途半端な位置付けになる。
風属性耐性、無効の敵には力を発揮しきれない。
完全な性能を発揮するには☆5アビリティは必須のため極大オーブを相当集める必要から、かなりゲームを継続したプレイヤー向け。
但しセット可能☆5アビリティの使用回数が増え(チェーンスターターは勿論、現時点では難しく、強い点に挙げていないがクイックトリックを何度も連発出来るようになっている場合等)専用装備も一層充実すれば今後更に期待できると思われる。

参考になった

336

【投稿者】qwerty【スタミナ】151~180【2016/02/09投稿】

強い点いつの間にかシーフ5が追加されシーフズレイドが使えるようになったし、超必殺も追加されたので結構強くなった

だいぶ強くなった。
弱い点超必殺当ててステが上がったから使い始めたが持ってなかったら微妙かも。キャラが強いというよりシーフアビが強いのかw

参考になった

362
もっと見る
専用装備 必殺技 効果
佐助の刀(FF14) 活殺火遁の術/バースト超必殺技 敵全体に4回連続の強力な炎&無属性遠距離物理攻撃+一定時間、炎属性弱体化+自身にヘイスト&バーストモード
「たたかう」の約1.44×4回の合計約5.76倍
G・マジテックダガー(FF14) 大残影蛇毒斬り/バースト超必殺技 待機時間なしで敵単体に8回連続の強力な毒&無属性物理攻撃+味方全体を分身させ物理攻撃を1回防ぐ+自身にヘイスト&バーストモード
【倍率検証中】
乱波手甲改(FF14) 蜂毒喉斬り/超必殺技 待機時間なしで敵全体に4回連続の強力な毒&無属性物理攻撃+高確率で行動キャンセル(確定)
「たたかう」の約1.39×4回の合計約5.56倍
エアーナイフ(FF14) 人・地・天の印/超必殺技 敵全体に4回連続の強力な風属性物理攻撃+味方全体にヘイスト
「たたかう」の約1.5倍×4回の合計約6.0倍
乱波鎖帷子(FF14) 血花五月雨/必殺技 敵全体に物理攻撃+高確率でスロウ付与
「たたかう」の約4.0倍
吉光(FF14) 舞踏刃/必殺技 敵単体に4回連続の物理攻撃+防御力を一定時間ダウン(効果:大)
「たたかう」の約1.3倍×4の合計5.2倍、デバフ倍率は0.5倍
初期必殺技 双刃旋/初期 敵単体に2連続物理攻撃
「たたかう」の0.7倍×2

活殺火遁の術 活殺火遁の術/バースト超必殺技

▶佐助の刀(FF14)の詳細はこちら

大残影蛇毒斬り 大残影蛇毒斬り/バースト超必殺技

▶G・マジテックダガー(FF14)の詳細はこちら

蜂毒喉斬り 蜂毒喉斬り/超必殺技

▶乱波手甲改(FF14)の詳細はこちら

人・地・天の印 人・地・天の印/超必殺技

▶エアーナイフ(FF14)の詳細はこちら

血花五月雨 血花五月雨/必殺技

▶乱波鎖帷子(FF14)の詳細はこちら

舞踏刃 舞踏刃/必殺技

▶吉光(FF14)の詳細はこちら

武器評価一覧

双刃旋 双刃旋【初期】

アビリティ「連続斬り」と同じく、0.7倍×2。他のアビリティを使った方がいいです。
▶連続斬りの使い道と生成(精錬)はこちら

Job暁の血盟
タイプ(役割)物理アタッカー/忍者
装備可能武器 短剣格闘楽器
装備可能防具 帽子軽装鎧腕防具
出演シリーズ ファイナルファンタジー14
レベル Lv99(限界突破Ⅲ)
最大HP 6860(+720)
最大攻撃力 203(+38)(+40)
最大防御力 142(+11)
最大魔力 142
最大魔防 149(+5)
最大精神 135
最大命中 25
最大回避 32
最大素早さ 187

※黒字はレコードダイブの最大上昇値、赤字は超必殺技修得・レジェンドマテリアルによる上昇値です

物理補助★★★☆☆物理スピード★★★★★
シーフ★★★★★忍者★★★★★
吟遊詩人★★★☆☆

おすすめアビリティ

アビリティ 種別 使い方
力を盗む力を盗むシーフ★4敵の火力を下げつつ、自身の攻撃力をアップできます。
デュアルディレイデュアルディレイ物理スピード★3スロウが有効な相手や、かまえる戦法を使う場合には必須。
シーフズレイドシーフズレイドシーフ★5レベル80時点で素早さ170を超えるので、5回発動させることができます。

序盤であれば、
ちからのうたや魔力の歌でパーティを強化しつつ、自身も攻撃参加させるといった小回りのきいた運用がおすすめ。

▶他のアビリティ評価一覧はこちら

サンクレッドで入手できるレコードマテリア

レコードマテリア地下組織の戦闘術地下組織の戦闘術
効果短剣を装備しているとダメージUP(効果:小)
入手方法サンクレッド限界突破時に同時獲得
レコードマテリア双剣の風双剣の風
効果風属性の威力アップ(効果:中)
入手方法サンクレッドが2回目限界突破済みで、「地下組織の戦闘術」獲得済みの状態で、サンクレッド同行時にバトル中に一定確率で獲得
レコードマテリア盟主への誓い盟主への誓い
効果短剣を装備していると攻撃力アップ(効果:中)&防御力アップ(効果:小)
入手方法サンクレッドが3回目限界突破済みで、「双剣の風」獲得済みの状態で、サンクレッドがLv99到達時に獲得

短剣は全てのキャラクターが装備可能なので共鳴させやすい一方で、素の攻撃力が低めという短剣の欠点を補えるレコードマテリアです。

サンクレッドの記憶結晶(限界突破)入手方法

記憶結晶入手方法 儀式の間で交換
記憶結晶Ⅱ入手方法 儀式の間で交換
記憶結晶Ⅲ入手方法 儀式の間で交換

おすすめのレコードマテリア

開幕ヘイスガ用に「魔晄の力」「Drモグの教え」か、火力アップとしてはバーアビ種別が忍者なので、忍者アビやシーフアビなどのダメージアップや2回発動のアビリティがおすすめです。

レコードマテリア先祖代々の奥義先祖代々の奥義
効果忍者アビリティのダメージアップ(効果:大)
入手方法エッジが3回目限界突破済みで、「燃え盛る怒り」獲得済みの状態で、エッジがLv99到達時に獲得
レコードマテリア魔晄の力魔晄の力
効果ダンジョン突入時に必殺技ゲージが1つ溜まった状態になる
入手方法クラウドが2回目限界突破済みで、「ソルジャーの反撃」獲得済みの状態で、クラウド同行時にバトル中に一定確率で獲得
レコードマテリア盗賊の早業盗賊の早業
効果シーフアビリティ使用時に一定確率でもう一回放つ
入手方法ジタンが2回目限界突破済みで、「盗賊の掟」獲得済みの状態で、ジタン同行時にバトル中に一定確率で獲得

▶他のレコードマテリアの効果と入手条件一覧はこちら

  • ナイト
  • 吟遊詩人
  • シーフ
  • 剣闘士
  • 魔剣士
  • 忍者
合計フラグメント
体★3体★3×60 勇★3勇★3×30 心★3心★3×30
技★3技★3×60 知★3知★3×45 技★4技★4×75
体★4体★4×75 勇★4勇★4×30 知★4知★4×45

【合計ステータス】

攻撃力+38 HP+720 防御力+11 魔防+5
【オートアビリティ】

・シーフアビリティのダメージUP+6%
・忍者アビリティのダメージUP+6%

レジェンドスフィア

効果 必要数 次に取れるスフィア
防御力 +10 技★5×2
勇★5×2
魔防 +10 技★5×2
勇★5×2
素早さ +10 技★5×2
勇★5×2
HP +200 技★5×3
勇★5×3
スロウ耐性【効果:小】 技★5×3
勇★5×3
短剣装備でダメージアップ +3% 技★5×3
勇★5×3
HP +200 技★5×3
勇★5×3
魔防 +10 技★5×5
勇★5×5
攻撃力 +15 技★5×5
勇★5×5
防御力 +15 技★5×7
勇★5×7
スロウ耐性【効果:中】 技★5×7
勇★5×7
短剣装備でダメージアップ +6% 技★5×7
勇★5×7
素早さ +10 技★5×7
勇★5×7
HP +400 技★5×10
勇★5×10
攻撃力 +20 技★5×10
勇★5×10

レジェンドマテリア

名称 効果 必要数
放浪の賢人 短剣を装備していると物理攻撃のダメージアップ(効果:小)+ 技★5×8
勇★5×8
千変万化の戦闘術 忍者アビリティ使用時に中確率で自身を分身させ物理攻撃を1回防ぐ+ 技★5×16
勇★5×16

※全てのレジェンドスフィアとマテリアを獲得すると、2つ目のレジェンドマテリアを選択できるようになります

合計フラグメント
技★5技★5×100 勇★5勇★5×100

【合計ステータス】

防御力+25 魔防+20 素早さ+20 HP+800 攻撃力+35
【オートアビリティ】

・スロウ耐性【効果:小】
・短剣装備でダメージアップ+3%
・スロウ耐性【効果:中】
・短剣装備でダメージアップ+6%

アドバンススフィア

効果 必要数
シーフアビリティ★6装備可能 シーフ×4
闘志をぶんどる シーフ×10
シーフアビリティのダメージアップ+3% シーフ×15
忍者アビリティ★6装備可能 忍者×4
快刀乱麻 忍者×10
忍者アビリティのダメージアップ+3% 忍者×15

合計ステータスとオートアビリティ一覧

合計フラグメント
体★3体★3×60 勇★3勇★3×30 心★3心★3×30
技★3技★3×60 知★3知★3×45 技★4技★4×75
体★4体★4×75 勇★4勇★4×30 知★4知★4×45
技★5技★5×100 勇★5勇★5×100 シーフシーフ×29
忍者忍者×29

【合計ステータス】

攻撃力+73 HP+1520 防御力+36 魔防+25 素早さ+20 闘志をぶんどる+ 快刀乱麻+
【オートアビリティ】

・シーフアビリティのダメージUP+6%
・忍者アビリティのダメージUP+6%
・スロウ耐性【効果:小】
・短剣装備でダメージアップ+3%
・スロウ耐性【効果:中】
・短剣装備でダメージアップ+6%
・シーフアビリティ★6装備可能
・シーフアビリティのダメージアップ+3%
・忍者アビリティ★6装備可能
・忍者アビリティのダメージアップ+3%

入手方法と限界突破

キャラクター入手方法 儀式の間で交換
記憶結晶入手方法
(限界突破)
儀式の間で交換
記憶結晶Ⅱ入手方法
(限界突破)
儀式の間で交換
記憶結晶Ⅲ入手方法
(限界突破)
儀式の間で交換
攻略メニュー
▼掲示板
▼ガチャシミュレーター
▼キャラクター
▼アビリティ
▼装備

装備ステータスランキング

▼レコードマテリア
▼イベント・ダンジョン攻略
▼ブログ
▼初心者向け攻略