アーロンの最新評価と使い道

FFRK(ファイナルファンタジーレコードキーパー)のアーロンの評価と使い道、入手レコードマテリア(レコマテ)を紹介しています。限界突破時のステータスや専用武器であるおぼろ月(FF10)の評価、おすすめアビリティなども記載しているので、アーロン育成の参考にしてください。

アーロン

キャラ関連記事
キャラ評価一覧 最強キャラランキング
最強パーティ考察 キャラ逆引き検索
総合評価 80
タイプ(役割) 物理アタッカー

強い点/使える点

超絶や第1バーストでひきかまが可能

超絶必殺技で攻+防御+魔防の3カテゴリーのデバフを付与しつつ、ひきつけ状態になることが可能です。更に「かまえる」にアビリティを使用することにより、ひきかまが可能です。

超絶必殺技はひきかまをしなくてもひきつけ効果でゲージ回収を見込めるため、魔法バリアの回転数も上げられます。

第1バーストは超絶とは逆にバーストアビリティでかまえる状態になれます。更にナイトアビリティ「ひきつける」をすることにより、ひきかま戦法も可能です。

レジェマテとバーストの相性が良い

アーロンのレジェンドマテリア「大召喚師士のガード」は侍アビリティを2回発動できるため、バーアビと相性が良いです。

バーアビは第1バーストも第2バーストのどちらも侍なので、有効活用できます。

また、アビリティと「氷雨」などのアビリティの2回発動も期待できます。

自己バフかできる

侍★5持ちのため、自己バフ+高火力の氷雨や全体攻撃の剣閃も使用できるため、複数対象がいるボスなど、ひきかまがあまり有効ではない状況にも対応ができます。

必殺技を習得できた場合はレコマテのエースストライカーや騎士の底力を装備して、氷雨+エンドアスピルなどの戦法も非常に強力です。

▶氷雨の評価 ▶剣閃の評価
▶エースストライカーの評価 ▶騎士の底力の評価

弱い点/使えない点

装備できる武器種が少ない

ひきかまができるギルガメッシュ、バッシュと比べると装備できる武器種やアビリティが少ないため、武器をあまり揃えていないシリーズではひきかまで火力を期待できなくなります。

アーロンに対するみんなの点数

グラフ グラフ 26人グラフ 46人グラフ 47人グラフ
0~20 21~40 41~60 61~80 81~100

アーロンを使った人の声

【投稿者】サン【スタミナ】151~180【2017/01/29投稿】

弱い点弱くは無いけど。
アーロンなのに何故ブレイク系アビが使えないのかと。
まぁアーロンに物理補助使わすと10シリーズでワッカの居場所が無くなるのはわかるけど。
せめて物理補助☆4までは使えるようにしてほしい。

参考になった

28

【投稿者】名無し【スタミナ】0~30【2016/12/01投稿】

強い点第二バーストのおかげで火力も担当できるようになり汎用性が上がった
また第一バーストもバーアビでかまえるとドレイン剣が出来るので両方のバースト持っている場合敵に合わせて火力と防御担当できるようになったのが嬉しいところ
弱い点アビリティ枠が貧相

参考になった

45

【投稿者】胡瓜【スタミナ】91~120【2016/08/13投稿】

強い点攻撃力が高く、攻略に欠かせない「ひきかまキャラ」として活躍できる。
そして何より超必殺の征伐が強い!ブレイク系と重なるし、想像以上に敵のゲージがモリモリ減る事もよくあってびっくりします。この征伐だけでうちのアーロンさんはずっとレギュラーです。バースト当てたくてガチャしてるんですけど、いつか当てても結局征伐使うんだろーなーと思うくらい気に入ってます。
弱い点使えるアビ幅が狭い。ハイブレ、フルブレが何故撃てないのか?いつか使えるようになってほしい。
ちなみにこのサイトのキャラ紹介では装備できる武器種類が少ないと指摘されてますが、どのシリーズでも一番手に入りやすい剣が装備できるので、個人的にはそこは気にならないです。

参考になった

161
もっと見る

レジェンドマテリア付き装備

装備 マテリア 効果
おぼろ月(FF10) 牙を剥きし龍 自身が受けた攻撃回数に応じて自身の攻撃力アップ(最大効果:中)
専用装備 必殺技 効果
道者の太刀(FF10) 破軍星/超絶必殺技 敵単体に8連の強力な炎&無属性物理攻撃+一定時間、攻&防&魔防をダウン(効果:大)+自身に単体物理&黒魔法ひきつけ+防御力アップ(効果:特大)+味方全体に魔法のバリアを付与し一部を除く魔法攻撃を1回防ぐ
【倍率検証中】
明鏡の太刀(FF10) 秘伝/バースト超必殺技 5連続全体物理攻撃+一定時間、自身の攻撃(中)&魔防(小)&クリティカル率(大)アップ+ヘイスト&バースト
「たたかう」の1.2倍×5回、魔法防御力1.3倍、クリティカル率50%上昇
戦太刀(FF10) 陣風/バースト超必殺技 敵全体に6回連続の強力な炎&無属性物理攻撃+一定時間、自身に炎属性をまとう&ヘイスト&バーストモード
「たたかう」の約0.83×6回の合計約5倍
妖刀不二(FF10) 征伐/超必殺技 敵単体に5回連続の強力な遠距離物理攻撃+攻撃力&防御力を一定時間ダウン(効果:大)
「たたかう」の約1.6倍×5の合計8.0倍
アーロンモデル(FF10) 不退転/必殺技 敵全体に4回連続の遠距離物理攻撃+一定時間、単体物理&黒魔法ひきつけ&自身の防御力アップ(特大)
「たたかう」の1.05倍×4回の合計4.2倍
陽炎(FF10) 牙龍/必殺技 敵全体に物理攻撃+攻撃力を一定時間ダウン(効果:大)
「たたかう」の約4.0倍、デバフ倍率は0.5倍
不知火(FF10) 流星/必殺技 敵単体に3連続物理攻撃&中確率で麻痺付与
「たたかう」の約1.7倍×3の合計5.1倍
初期必殺技 おどす/初期 対象に攻撃し、中確率でストップ状態にする
「たたかう」の約1.3倍

破軍星 破軍星/超絶必殺技

▶道者の太刀(FF10)の詳細はこちら

秘伝 秘伝/バースト超必殺技

▶明鏡の太刀(FF10)の詳細はこちら

陣風 陣風/バースト超必殺技

▶戦太刀(FF10)の詳細はこちら

征伐 征伐/超必殺技

▶妖刀不二(FF10)の詳細はこちら

不退転 不退転/必殺技

▶アーロンモデル(FF10)の詳細はこちら

牙龍 牙龍/必殺技

▶陽炎(FF10)の詳細はこちら

流星 流星/必殺技

▶不知火(FF10)の詳細はこちら

武器評価一覧

おどす おどす【初期】

倍率が「たたかう」の約1.3倍と低く、アーロンは「いあつ」を使えるので「おどす」はあまり恩恵がありません。

Jobガード
タイプ(役割)物理アタッカー
装備可能武器 短剣
装備可能防具 帽子軽装鎧腕防具
出演シリーズ ファイナルファンタジー10
レベル Lv99(限界突破Ⅲ)
最大HP 6825(+600)
最大攻撃力 212(+37)(+40)
最大防御力 169(+7)
最大魔力 135
最大魔防 120
最大精神 135
最大命中 25
最大回避 25
最大素早さ 120

※黒字はレコードダイブの最大上昇値、赤字は超必殺技修得・レジェンドマテリアルによる上昇値です

物理攻撃★★★★★物理補助★★★☆☆
★★★★★ナイト★★★☆☆

おすすめアビリティ

アビリティ 種別 使い方
かまえるかまえる侍★2攻撃力の高いアーロンで使う事で、パーティ全体の装備が整っていなくても火力を底上げできる優秀なアビリティ。
ひきつけるひきつけるナイト★3ひきかまに使います。ひきかまをしない場合でもパーティの壁役として機能します。
氷雨氷雨侍★5攻撃しつつ自身の火力をアップできます。
剣閃剣閃侍★5全体に攻撃でき、クリティカルの発生率も高いため、高ダメージに期待できます。

物理攻撃★5、物理補助★3、侍★5です。「かまえる」を使える事は他のアタッカーに対して大きなアドバンテージとなります。

素の火力はクラウド以上なので、単に剣を持ってかまえるのであればアーロンの方が高ダメージを出せます。

物理補助★3により状態異常を撒く行動もでき、序盤から活躍できます。

▶他のアビリティ評価一覧はこちら

アーロンで入手できるレコードマテリア

レコードマテリア秘伝の技秘伝の技
効果刀を装備しているとダメージUP(効果:小)
入手方法アーロン限界突破時に同時獲得
レコードマテリア伝説のガードの太刀伝説のガードの太刀
効果侍アビリティ使用時に一定確率でもう一回放つ
入手方法アーロンが2回目限界突破済みで、「秘伝の技」獲得済みの状態で、アーロン同行時にバトル中に一定確率で獲得
レコードマテリア朽ちぬ魂朽ちぬ魂
効果侍アビリティのダメージアップ(効果:大)
入手方法アーロンが3回目限界突破済みで、「伝説のガードの太刀」獲得済みの状態で、アーロンがLv99到達時に獲得

「伝説のガードの太刀」は侍アビが確率で連続発動するマテリア。FF2フラグメントダンジョンのミッションで剣閃フリオニール戦法を使う場合は必須となります。

「朽ちぬ魂」は侍アビリティのダメージアップ効果がありますが、侍アビリティ自体あまり出番がないので使用頻度は低め。

アーロンの記憶結晶(限界突破)入手方法

記憶結晶入手方法 儀式の間で交換
記憶結晶Ⅱ入手方法 儀式の間で交換
記憶結晶Ⅲ入手方法 儀式の間で交換

おすすめのレコードマテリア

物理アタッカーなので、やはりエンドアスピルとエースストライカーの組み合わせが鉄板。

ひきかまをする場合は賞金首の男などの開幕からひきつけ状態になるアビリティが効果的です。

レコードマテリアエースストライカーエースストライカー
効果たたかう時やアビリティ使用時に必殺技ゲージが多く溜まる(効果:大)
入手方法ティーダが2回目限界突破済みで、「ポイントゲッター」獲得済みの状態で、ティーダ同行時にバトル中に一定確率で獲得
レコードマテリア騎士の底力騎士の底力
効果アビリティ使用時やダメージを受けた時に必殺技ゲージが多く溜まる(効果:中)
入手方法スタイナーが2回目限界突破済みで、「騎士の誇り」獲得済みの状態で、スタイナー同行時にバトル中に一定確率で獲得
レコードマテリア賞金首の男賞金首の男
効果バトル開始時にひきつける状態になっている
入手方法サラマンダーが2回目限界突破済みで、「孤高の拳士」獲得済みの状態で、サラマンダー同行時にバトル中に一定確率で獲得

▶他のレコードマテリアの効果と入手条件一覧はこちら

  • 戦士
  • ナイト
  • 狩人
  • 侍
  • 剣闘士
  • バーサーカー
合計フラグメント
体★3体★3×90 勇★3勇★3×105 技★3技★3×30
技★4技★4×45 体★4体★4×135 勇★4勇★4×45

【合計ステータス】

攻撃力+37 HP+600 防御力+7
【オートアビリティ】

・侍アビリティのダメージUP+3%
・刀装備でダメージUP+3%
・侍アビリティのダメージUP+6%
・剣装備でダメージUP+3%

レジェンドスフィア

効果 必要数 次に取れるスフィア
防御力 +10 技★5×2
体★5×2
HP+150
魔防 +10 技★5×2
体★5×2
HP+150
HP+150
攻撃力 +10 技★5×2
体★5×2
HP+150
暗闇耐性【効果:小】 技★5×3
体★5×3
魔防+20
HP +150 技★5×3
体★5×3
暗闇耐性【効果:小】+
HP +150 技★5×3
体★5×3
侍アビリティのダメージ3%UP+
侍アビリティのダメージ3%UP 技★5×3
体★5×3
攻撃力+10
魔防 +20 技★5×5
体★5×5
物理攻撃のダメージアップ(効果:小)+
攻撃力 +10 技★5×5
体★5×5
物理攻撃のダメージアップ(効果:小)+
暗闇耐性【効果:中】 技★5×7
体★5×7
防御力+20
HP +250 技★5×7
体★5×7
暗闇耐性【効果:中】+
HP +250 技★5×7
体★5×7
侍アビリティのダメージ6%UP+
侍アビリティのダメージ6%UP 技★5×7
体★5×7
攻撃力+20
防御力 +20 技★5×10
体★5×10
侍アビリティ使用時に中確率でもう一回放つ+
攻撃力 +20 技★5×10
体★5×10
侍アビリティ使用時に中確率でもう一回放つ+

レジェンドマテリア

名称 効果 必要数
真実への導き手 物理攻撃のダメージアップ(効果:小)+ 技★5×8
体★5×8
大召喚士のガード 侍アビリティ使用時に中確率でもう一回放つ+ 技★5×16
体★5×16

※全てのレジェンドスフィアとマテリアを獲得すると、2つ目のレジェンドマテリアを選択できるようになります

合計フラグメント
技★5技★5×100 体★5体★5×100

【合計ステータス】

防御力+30 魔防+30 攻撃力+40 HP+800
【オートアビリティ】

・暗闇耐性【効果:小】
・侍アビリティのダメージ3%UP
・暗闇耐性【効果:中】
・侍アビリティのダメージ6%UP

アドバンススフィア

効果 必要数
侍アビリティ★6装備可能 侍×4
羅刹 侍×10
侍アビリティのダメージアップ+3% 侍×15

合計ステータスとオートアビリティ一覧

合計フラグメント
体★3体★3×90 勇★3勇★3×105 技★3技★3×30
技★4技★4×45 体★4体★4×135 勇★4勇★4×45
技★5技★5×100 体★5体★5×100 侍侍×29

【合計ステータス】

攻撃力+77 HP+1400 防御力+37 魔防+30 羅刹+
【オートアビリティ】

・侍アビリティのダメージUP+3%
・刀装備でダメージUP+3%
・侍アビリティのダメージUP+6%
・剣装備でダメージUP+3%
・暗闇耐性【効果:小】
・侍アビリティのダメージ3%UP
・暗闇耐性【効果:中】
・侍アビリティのダメージ6%UP
・侍アビリティ★6装備可能
・侍アビリティのダメージアップ+3%

入手方法と限界突破

キャラクター入手方法 儀式の間で交換
記憶結晶入手方法
(限界突破)
儀式の間で交換
記憶結晶Ⅱ入手方法
(限界突破)
儀式の間で交換
記憶結晶Ⅲ入手方法
(限界突破)
儀式の間で交換

ドレスレコード

若かりしアーロン 若かりしアーロン 【10年前の真実】ミヘン街道(前編)
初回クリア報酬
【いつか終わる夢】ミヘン街道(前編)
初回クリア報酬
攻略メニュー
▼掲示板
▼ガチャシミュレーター
▼キャラクター
▼アビリティ
▼装備

装備ステータスランキング

▼レコードマテリア
▼イベント・ダンジョン攻略
▼ブログ
▼初心者向け攻略