ふっかつのじゅもんが復活!【過去作と連動】

ドラクエ11(DQ11)のふっかつのじゅもん(復活の呪文)についての記事です。呪文の使い方や過去作との連動について記載。過去作の有名な呪文も紹介しているので、ドラクエ11のふっかつのじゅもんを使用する際の参考にして下さい。

ふっかつのじゅもん

ふっかつのじゅもんとは

ふっかつのじゅもん

過去作で搭載されていた疑似セーブシステム「ふっかつのじゅもん」が、ドラクエ11にも搭載されます。今作では、主にセーブ機能としてよりもPS4と3DSのクロスプレイに使用されます。

ふっかつのじゅもんとは、セーブ機能がなかったドラクエ1・2において、代わりとして搭載されていたシステムです。事前に呪文をメモしておき、ロードの際に入力することで擬似的にセーブ時のデータを呼び出す機能でした。

レベルや所持品、物語の進行度を参照に、あらかじめ用意されたデータを呪文で呼び出す機能であるため、完全なセーブとはいかないものの、データを介しないことを活かして異なるハード間でセーブデータの共有が可能となりました。

ふっかつのじゅもんの生成・入力方法

ふっかつのじゅもん

ふっかつのじゅもんは、各地にある教会で聞くことができます。また、入力はゲーム開始時の冒険の書メニューで入力することになります。

ドラクエ1では20文字、ドラクエ2では最大52文字と長文で構成されていたことで、メモのミスによるロード不可などに悩まされていましたが、PS4・3DS共にスクリーンショット機能があるため、活用することをおすすめします。

過去作のじゅもんも使用可能【連動】

ドラクエ1・2

さらに今作では、過去作のふっかつのじゅもん(ドラクエ1・2)をそのまま使うことができます。過去作のふっかつのじゅもんを使うことで、序盤の攻略が少しだけ楽になるとのことです。

また、逆にドラクエ11のふっかつのじゅもんを過去作で使うこともできるようで、主人公の名前やレベル、お金などが大体再現されるようです。

過去のふっかつのじゅもん(ドラクエ2)

ゆうて いみや おうきむ
こうほ りいゆ うじとり
やまあ きらぺ ぺぺぺぺ
ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺ
ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺ ぺぺ

ドラクエ2で上記ふっかつのじゅもんを入力すると、レベル48のローレシア王子「もょもと」がサマルトリア城に出現します。

堀井雄二さんや鳥山明さんの名前があるなど、意図的に作成されたように見えるものの、すぎやまこういちさんの名前はないので、偶然産まれたものとの見方が多いです。

書き込み

最新を表示する