エレメントの効率的な集め方と調整方法について

メビウスFF(メビウスファイナルファンタジー)の戦闘を行うために重要なエレメントの効率的な集め方や調整方法について紹介します。戦闘を行う際の参考にしてください。

エレメントの効率的な集め方

エレメントについて

エレメント

火、水、風、土、光、闇、回復の属性があり、敵に攻撃(たたかうor必殺技)すると増えます。このエレメントを一定数消費することによって、アビリティやエレメントドライブを発動することできます。

たたかうを連続で行うと効率的にエレメントを集められる

たたかう1回で1エレメント、2連撃で2エレメント、3連撃で3エレメントと連続でたたかうを選択すると、効率良くエレメントを集めることが出来ます。特にゲームを始めたばかりの序盤はエレメント不足に陥りやすいので、なるべく3回連続攻撃を行うのがオススメです。

ただし4回連続でたたかうを選択するとまた1エレメント出現からのやり直しになってしまうので、3回連続でたたかうをセットで考え、その前後にエレメントドライブやアビリティを使用するとエレメントを効率よく回収しながら戦闘を進めることが出来ます。

行動回数

行動回数はHPゲージの上に表示されていますので、残りの行動回数を確認しながら、たたかうの回数を調整しましょう。

ブレイク中はエレメント大量入手のチャンスでもある

ブレイクターン数

ブレイクさせた敵に対しては、1回目のたたかうから常に3エレメントがします。(ただし連続で攻撃しても4エレメントや5エレメントには増えない)
ブレイク後にエレメントが不足していても、たたかうで回収しながらアビリティを打つことができるのでぜひ活用しましょう。

敵のブレイクターン数は敵のHPゲージの左に表示されているので、ブレイク後の行動回数に余裕がある場合はブレイク後すぐにアビリティを使用して倒さずに、次の戦闘に備えてエレメントを回収してから倒すようにすると、エレメントを常に維持したまま戦闘を継続することが出来ます。

必殺技でエレメント不足を補う

必殺技を使用すると全ジョブ共通で7エレメント出現が確定するため、エレメントを使いきった後に必殺技を発動すると効果的に運用することが出来ます。

またジョブの中には必殺技後に回復エレメントを含む全属性に対応したエレメントを生み出すレインボーシフトがあるため、必殺技の使用が緊急時の回復手段にもなります。

レインボーシフトを持つジョブ一覧
竜騎士 異説の騎士 ハイウインド 学者
異説の賢者 踊り子 異説の忍者 吟遊詩人
仙術士
軍師

▶ジョブ必殺技一覧とダメージランキング

アビリティのエキスパンドスキルで更に有利に

各アビリティのエキスパンドスキルにはエレメントの出現を強化するものが含まれていることがあります。

エキスパンドスキルはアビリティのLVを上げる事で開放ができるので、アビリティのLVが育っていない場合は、最初からアビリティLVが最大の早熟カードを使用してエキスパンドスキルを開放させることで、序盤にありがちなエレメント不足を補うことが出来ます。

スキル名 効果
エレメントライズ 攻撃すると、エレメントが1個出現します
ラッキーエレメント クリティカルすると、エレメントが2個出現します
エレメントリターン 同属性のエレメントが1個、50%の確率で出現。弱点属性をつくと必ず出現します
エレメントサポート アビリティ使用時に、その属性のエレメントが2個出現します
回復エレメントライズ 回復エレメントが1個出現します。

▶エキスパンドスキル一覧

オートアビリティ「とどめでエレメント」を活用する

覚醒オートアビリティで付与することのできる「とどめでエレメント」は敵を倒した場合、エレメントを1つ生み出す効果があります。

そのため、全体攻撃アビリティなどを使用した場合、倒した敵の数×エレメントが生み出されるためたたかうを使用せずともリージョンを進めることが出来ます。

▶覚醒オートアビリティ一覧

エレメントの獲得に有利な武器を入手する

スキルパネルを開放することで入手できる武器の中には、出現できるエレメントの確率を上げたり、確定で増やすものがあるため、装備することでエレメント状況が更に有利になります。

3連撃エレメントプラス

主に侍、赤魔導士、アサシンのスキルパネル1st武器、及びエースストライカー、ソルジャー1stの武器の追加効果です。

通常攻撃3連撃目のエレメント出現数が1つ増えます。またエースストライカー武器の「フラタニティ」と、ソルジャー1st武器の「真バスターソード」は同名スキルながら、エレメント出現数が2つ増える上位の効果を持ちます。

▶武器一覧はこちら

リユニオン、エレメントリバース

イベント武器「正宗」と「村正」の追加効果です。「稀に消費したエレメントがレインボーエレメントで復活」という効果を持ち、20%の確率で発動して使用したエレメントが虹エレメントに変わって戻ってきます。

アビリティの消費に限らず、エレメントドライブや回復エレメントの使用ですら消費分が虹エレメントで戻ってくる強力な効果です。

エレメントの調整方法

エレメントドライブについて

エレメントリング

エレメントを消費し、様々な効果を生むことができます。画面右下のエレメントリングを長押し、獲得しているエレメントに、スライドさせることによって、発動します。

エレメント 効果
火属性耐性
水属性耐性
土属性耐性
風属性耐性
光属性耐性
闇属性耐性
ハート HP回復

エレメントドライブで出現するエレメントを調整する

最初は3属性の出現確率が均一になっていますが、エレメントドライブをした属性は一時的に出現確率が下がります。
初期の状態であれば5エレメントをエレメントドライブすることで、一時的にエレメント出現率を0にすることができるので、不要なエレメントを出現させないための調整に利用しましょう。

初期状態 エレメントドライブ
水属性5使用
更にエレメントドライブ
風属性6使用
 初期  エレメントドライブ  エレメントドライブ2回

行動するたびにエレメントドライブは初期の状態に戻っていくので、不要なエレメントが増えてきたら再びエレメントドライブを行い、出現率を調整しましょう。

エレメントの偏り回復

画像の9割赤エレメントの状態から10回行動するとここまで回復しました。

レインボーシフトの罠

レインボーシフト後

必殺技にレインボーシフトを持つジョブが使用した後は、レインボーシフトの効果により、所持エレメントのすべてが全属性対応のエレメントに変換されます。

レインボーシフト

しかし、その後にたたかうなどで出現した、不要なエレメントを調整しようとエレメントドライブすると…

35aa041024ee9d19fd41b6839a42067a

なんとレインボーエレメントを全部巻き込んでしまう!(ここでは火属性のエレメントドライブをしました)

ケアルなどの回復アビリティがリキャストタイムで使用できない場合などに、虹エレメントで回復エレメントドライブを行い予備の回復手段として使うことも出来ますが、基本的に虹エレメントはエレメントドライブする前に使いきってしまうのがオススメです。

検証系関連記事

検証系記事一覧
デバリア(防御力ダウン)の比較 多段攻撃のダメージ
デバリアとノーガード比較 ドライブヒールの回復量を検証
クリティカル&ブレイク防御ダウン比較 魔石ドロップで黒字化?検証
ブレイク防御力ダウンの性能調査 エキスパンドスキルの覚醒条件
CCカードドロップ率超アップの確率 バリアとウォールどちらが強い
エレメントドライブの軽減率と持続ターン スサノオ・モーグリ・ギガント比較
デバリアとブレイブはどちらが強い 範囲攻撃の対象範囲
フルオート機能検証 必殺技ゲージの溜め方
ダメージランキング アビリティ攻撃力計算式
  • LINEで送る

書き込み

ご指摘、ご意見、ご感想などなど、 あなたのコメントをお待ちしてます!

最新を表示する
    1 シグ

    いつも情報ありがとうございます!

    参考までに、フラタクル合成で希に出る「敵を倒すとエレメントが1つ出現」というオートアビリティを全体攻撃のアビリティに付けると、多数の雑魚相手では有効です。


攻略メニュー
▼ガチャシミュ