堕ちた聖者(ヒース)攻略

聖剣伝説3攻略班

堕ちた聖者

聖剣伝説3リメイクの堕ちた聖者攻略をご紹介。基本情報や行動パターン、危険な攻撃の避け方など攻略のコツについても記載しています。

関連記事
ストーリー攻略チャート ミラージュパレス攻略チャート

堕ちた聖者の基本情報

ヒース

部位 本体
EXP 34,000
ルク 10,400
出現場所 ミラージュパレス
耐性 【吸収】
木/光/闇

行動パターン

行動 詳細
セイントビーム セイントビーム直線上に光属性魔法攻撃
セイントビーム+ セイントビーム+円形広範囲に光属性魔法攻撃
ゴーストロード ゴーストロード直線上に闇属性魔法攻撃
召喚魔法 フレイア一定時間後に魔法攻撃

堕ちた聖者攻略のコツ

光/闇属性耐性を高める

セイントビーム

堕ちた聖者はセイントビームやゴーストロードなど、光/闇属性の魔法攻撃を多用します。光の神獣リングなど、光/闇属性のダメージを抑えられる装備で挑みましょう。

攻撃は発生の遅いものが多く、赤い攻撃範囲が示されてから回避に専念すれば十分避けられます。通常攻撃の光の刃を飛ばす攻撃は攻撃範囲の指定が出ないため、なるべく背後や側面から攻撃しましょう。

召喚魔法を阻止すれば大ダメージのチャンス

マルドゥーク

堕ちた聖者は全域攻撃の召喚魔法を使用します。一定時間内にフィールドに出現するグールを全て倒せば召喚魔法の発動を阻止でき、堕ちた聖者を無防備状態にできるため、必ずグールを倒しましょう。

召喚魔法はチビっこ状態を付与するフレイアや、毒を付与するヨルムンガンドなどがあり、使用される瞬間までどの召喚魔法が使われるかわかりません。状態異常対策装備を持っていれば装備しておきましょう。

攻略動画

関連記事

ボス一覧

ラストダンジョン
黒耀の騎士攻略黒耀の騎士 死を喰らう男バナー死を喰らう男 邪眼の伯爵攻略邪眼の伯爵
紅蓮の魔導師紅蓮の魔導師 堕ちた聖者堕ちた聖者 美獣攻略美獣
ヒュージドラゴンヒュージドラゴン ダークリッチ攻略ダークリッチ アークデーモンアークデーモン

聖剣伝説3聖剣伝説3攻略トップへ

©1995, 2020 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶聖剣伝説3リメイク公式サイト

聖剣伝説3の注目記事

クリア後のやりこみ要素と解放コンテンツ
クリア後のやりこみ要素と解放コンテンツ
ダークリッチ(仮面の道士)の攻略
ダークリッチ(仮面の道士)の攻略
クラスチェンジおすすめルート
クラスチェンジおすすめルート
最強おすすめパーティ編成と組み合わせ
最強おすすめパーティ編成と組み合わせ
育成ポイントの振り方まとめ
育成ポイントの振り方まとめ
クラスチェンジおすすめルート
クラスチェンジおすすめルート
最強おすすめパーティ編成と組み合わせ
最強おすすめパーティ編成と組み合わせ
クリア後のやりこみ要素と解放コンテンツ
クリア後のやりこみ要素と解放コンテンツ
育成ポイントの振り方まとめ
育成ポイントの振り方まとめ
デュランのおすすめクラスチェンジとアビリティ
デュランのおすすめクラスチェンジとアビリティ
もっと見る

【急上昇】話題の人気ゲームランキング

百花繚乱 -パッションワールド百花繚乱 -パッションワールド 【全キャラ衣装が過激すぎ?】

空から美少女が降ってきた――。剣姫達、契り結びて強くなる。美少女たちと平誠を駆け抜けるファンタジーRPG

精霊幻想記アナザーテイル精霊幻想記アナザーテイル 【サクサク最強の冒険者へ!】

TVアニメ配信中!剣と魔法の王道ファンタジーRPGで冒険を始めよう。異世界転生への扉が今開かれる!

八男って、それはないでしょう!アンサンブルライフ八男って、それはないでしょう!アンサンブルライフ 【転生してくださいませんか?】

TVアニメ「八男って、それはないでしょう!」の新作ゲームが登場!このRPGに母みを感じたら、あなたも立派な貴族の一員です!

ピーチボーイリバーサイドバトルサーガピーチボーイリバーサイドバトルサーガ 【城の主(あるじ)になってみる?】

サリー(cv:白石晴香)とミコト(cv:東山奈央)がゲームで登場!あの童話には続きがあった。人間・亜人・鬼の陣営バトル、開幕。

邪神ちゃんドロップキックねばねばウォーズ邪神ちゃんドロップキックねばねばウォーズ 【アニメ3期決定の話題作】

魔界の悪魔・邪神ちゃんと秋葉原の女子大生・ゆりねと一緒に同居生活を楽しもう!可愛い描き下ろしカードがたくさん!

書き込み

最新を表示する
    攻略メニュー
    good bad 記事の評価