歴戦古龍の痕跡の集め方【龍脈石集め】

アイスボーン攻略班

コメントコメント(36)

歴戦古龍

アイスボーン(モンハンワールド/MHW)の歴戦古龍の痕跡の集め方と龍脈石集めについて掲載しています。古龍ごとの痕跡の集め方や、歴戦古龍のおすすめ周回装備も記載しているので、モンハンワールドアイスボーンの歴戦古龍の痕跡を集める際の参考にして下さい。

関連記事
調査クエストの生成条件 歴戦個体の出し方
危険度2の痕跡集め 装飾品の抽選テーブル

歴戦古龍とは

歴戦古龍
ネルギガンテネルギガンテ キリンキリン
クシャルダオラクシャルダオラ テオテスカトルテオテスカトル ヴァルハザクヴァルハザク

歴戦個体の中には、古龍の個体も存在し、俗に「歴戦古龍」と呼ばれています。元より高い攻撃力が歴戦化によってさらに増しており、対策には十分な装備を必要とします。

歴戦古龍のクエストは、基本的に歴戦古龍の痕跡から入手でき、受注・参加条件としてHR50以上が設けられています。

歴戦の個体についてはこちら

歴戦古龍は龍脈石集めに最適

危険度 風化した珠 汚れた龍脈石 輝く龍脈石
3 13% 12% 3%
2 26% 3% -
1 排出なし

歴戦古龍クエストは危険度3であるため、カスタム強化に必要な「汚れた龍脈石」の排出率が高く、「輝く龍脈石」も低確率で手に入ることで龍脈石集めに最適です。

ただし、レア8装飾品の抽選率が高い「風化した珠」の排出率は、危険度2の半分しかない上に特別報酬枠が龍脈石で圧迫されるため、装飾品集めに適しません。

そのため、危険度3は龍脈石集め、危険度2は装飾品集めとしてクエストを保持しておくのがおすすめです。

歴戦クエストの生成条件

歴戦古龍

痕跡 累計調査pt
(0~99)
累計調査pt
(100~199)
累計調査pt
(200)
(小)取得 5% 10% 100%
(大)取得 10% 15% 100%

歴戦クエストは、「青い痕跡を入手した時のみ」発行され、歴戦個体の部位破壊や討伐では、通常の調査クエストしか発行されません。

痕跡での発行率は(小)と(大)で異なり、累計したポイントが一定を満たすと、調査レポートの入手率が上がります。

調査クエストの生成条件についてはこちら

歴戦古龍の痕跡の集め方

歴戦ネルギガンテ【半放置】

ネル痕跡

おすすめ度 ★★★★★
フィールド マップ:龍結晶の地
エリア:14(初期),15,9,8
メリット ・徘徊範囲が狭く、キャンプから近い
・1箇所に多くの痕跡を残す
・龍結晶の地でのみ出現するため、
鉱石や精算アイテムも稼げる
デメリット ・接近すると見つかりやすい
・事前に調査クエストが必要

歴戦ネルギガンテは未発見の状態でいると、初期値のエリア14を右往左往し、1箇所に多くの痕跡を残します。

見つかりやすいため、隠れ身の装衣を装備した上で痕跡を集め、集めきったらキャンプで待機し、約10分後に再度集めに行くことで、半放置しながら多くの痕跡が集められます。

あらかじめ調査クエストを用意する必要があるものの、調査レポートでネルギガンテが出やすいこともあり、最もストレスを感じずにクエスト収集が可能です。

歴戦テオ・テスカトル【スリンガー】

テオ痕跡

おすすめ度 ★★★★☆
フィールド マップ:龍結晶の地
エリア:8(初期),7,9,10,11,12,13
マップ:大蟻塚の荒地
エリア:13(初期),8,7,6
メリット ・攻撃をしなければ敵対しない
・物音で移動すると痕跡を残す
・石ころを当てても敵対せず、
威嚇後に去っていく際に痕跡を残す
・一箇所で複数の痕跡が入手可
・徘徊エリアが決まっている
デメリット ・調査クエストが必要
・龍結晶では熱対策が必要
・石ころ等を拾う手間がある
・何度も石ころを当てると稀に敵対
・モドリ玉の用意を推奨
・接近すると熱でダメージを受ける

テオ・テスカトルは、石ころ等で物音を立てると音がした場所に移動し、痕跡を残します。また、石ころをぶつけると高速で接近後に威嚇をするものの、敵対しない上に去り際に足跡が残ります。

石ころやクーラーの準備など、やや手間ではあるものの、慣れれば一箇所で複数の痕跡を残すため、手軽に痕跡集めが可能です。

ただし、あらかじめ他の歴戦古龍で痕跡を集め、調査クエストを入手する必要がある点に注意が必要です。

歴戦キリン【ストーキング】

キリン痕跡

おすすめ度 ★★★★☆
フィールド マップ:陸珊瑚の台地
エリア:13(初期),2,3,4,6,8,10,12,13,15
メリット ・攻撃をしなければ敵対しない
・移動時に痕跡を残すタイプ
・後を付けるだけで痕跡集めが可能
・徘徊エリアが決まっている
・HR49の任務で周回できる
デメリット ・任務では1週当りの所用時間が長い
・高低差が激しいゆえに尾行し辛い

歴戦キリンは、徘徊ルートをゆっくり歩くとともに痕跡を残すため、後を付いて行くだけで痕跡を大量に集めることができます。

また、HR49になるとHR解放任務クエストで必ず遭遇できるため、調査クエストの準備が不要な点も魅力です。ただし、任務は1度クリアしてしまうと再挑戦できないため、注意が必要です。

なお、すでに任務をクリアしている場合は、他の歴戦古龍の痕跡を集めて歴戦キリンを出し、同様の方法が可能です。

フリー★9「奈落にて君を喚ぶ」周回

奈落にて君を喚ぶ

おすすめ度 ★★★☆☆
フィールド マップ:瘴気の谷
オドガロン:13(初期),3,6,8,9,10
ヴァルハザク:16(初期),12,145,6,2,7,11
メリット ・地上移動なため、尾行がしやすい
・痕跡採取のモーションが短い
・徘徊エリアが決まっている
・危険度2の痕跡も集められる
・移動時に痕跡を残すタイプなため、
周回効率がいい
デメリット ・瘴気対策が必要
・オドガロンが好戦的
・ハザクとガロンは縄張り争いをする
・クエストの発生条件がやや複雑

不動の装衣が入手できるフリークエスト★9「奈落にて君を喚ぶ」で痕跡を集めるのも有効です。

フリーであるため、回数制限がなく、両者とも攻撃をしなければ敵対しない上に比較的多くの足跡を残します。

また、危険度2のクエストが欲しい場合は、オドガロンに切り替えることで痕跡が集められるため、クエストがない場合の周回におすすめです。

歴戦ハザクとガロンの痕跡の集め方はこちら

イベントクエスト周回

納品、なにはともれ痕跡

3/22(木)から配信されているイベントクエスト「納品、なにはともれ痕跡」では、歴戦古龍の痕跡を大量に集められます。

モンスターの出現も無いので、ゆっくりと集められ、ポイントの高い痕跡が多いので効率的に古龍の痕跡を集められます。

納品、なにはともれ痕跡の詳細はこちら

歴戦古龍のおすすめ周回装備

装備テンプレ 解説
歴戦
ネルギガンテ
周回装備
・ハンマー、弓の周回装備を記載
ハンマーは体増と回性で生存重視
・弓はCSメインの火力構成
歴戦
ヴァルハザク
周回装備
・瘴気やられ対策が重要
・双剣、ランス、弓装備を記載
・双剣は会心特化構成
・ランスはガードでの生存重視
・弓は火属性の火力特化
歴戦
クシャルダオラ
周回装備
・耳栓で咆哮対策が重要
・ヘヴィボウガン、弓装備を記載
・ヘヴィは拡散弾採用でソロ周回に
弓はカガチ弓を採用した火力構成
歴戦
テオ・テスカトル
周回装備
・炎やられ対策が重要
・大剣、ハンマー装備を記載
・大剣は抜刀構成で安全面を考慮
ハンマーは回性で隙を消す構成

各歴戦古龍に適したおすすめ周回装備を、上記ページで紹介しています。

MHW攻略関連記事

痕跡集め専用掲示板

痕跡集め汎用掲示板 歴戦キリン
歴戦ネルギガンテ 歴戦テオテスカトル

お役立ち情報

痕跡の集め方 オトモ道具入手方法
キャンプの設営場所一覧 ハンターランク上げ
装飾品錬金 特殊装具の入手方法
食材解放条件一覧 歴戦の個体とは
環境生物の生息場所 カスタム強化のやり方

アイスボーンアイスボーン攻略トップへ

©CAPCOM CO., LTD. 2018 All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶モンスターハンターワールド公式サイト

アイスボーンの注目記事

歴戦ネルギガンテの痕跡を効率的に集める方法
歴戦ネルギガンテの痕跡を効率的に集める方法
調査クエストの生成条件【歴戦個体の危険度一覧】
調査クエストの生成条件【歴戦個体の危険度一覧】
歴戦個体クエストの出し方【痕跡の収集方法】
歴戦個体クエストの出し方【痕跡の収集方法】
納品、何はともあれ痕跡の解放条件と攻略方法|イベントクエスト
納品、何はともあれ痕跡の解放条件と攻略方法|イベントクエスト
危険度2(歴戦個体)の痕跡の集め方【装飾品集め】
危険度2(歴戦個体)の痕跡の集め方【装飾品集め】
もっと見る
マスターランクのおすすめ最強装備まとめ
マスターランクのおすすめ最強装備まとめ
導きの地レベル上げ(地帯レベル)のやり方
導きの地レベル上げ(地帯レベル)のやり方
導きの地の仕様解説|解析の進め方と地帯レベルの上げ方
導きの地の仕様解説|解析の進め方と地帯レベルの上げ方
太刀のおすすめ最強装備とスキル
太刀のおすすめ最強装備とスキル
おすすめ武器診断ツール
おすすめ武器診断ツール
もっと見る

書き込み

最新を表示する

【PR】9月のおすすめゲームランキング

攻略メニュー