【ブレブレ】ストーリーのあらすじとドロップアイテム|ネタバレ注意

PR

ストーリーのあらすじまとめ

ブレブレ(ブレイブソード×ブレイズソウル)のストーリー考察と世界観を解説。登場する用語についても記載しているので、ブレブレがどんな物語なのか気になる方は参考にしてください。

関連記事
序盤の効率的な進め方 復帰者向け変更点まとめ

ブレブレの世界観

巨大な鍵が刺さった「魔界」が舞台

ブレxブレの世界は「魔界」と呼ばれており、巨大な鍵「ユグドラシル」が大地に突き刺さっています。鍵の由来や、魔界と呼ばれる所以については諸説ありますが、どれも真偽は不明なようです。

六本の魔剣が産み落とされる|原初六魔剣

数百年前、魔界に六本の魔剣が産み落とされます。これを手にした六人の魔剣使いは、真の魔王を決めるため「魔王戦争」を始めました。魔王戦争の中で魔剣は模倣や改造、強化されていき、多用な姿、種類に派生していきます。

少女化する古代兵器「魔剣」

魔剣とは、「魔核機関」と呼ばれる機関を内蔵した武器の総称で、形状は剣だけでなく、槍や杖、果てには光学兵器までもが存在しています。

限られた能力を持つ者が魔力を流し込むことでアンロックでき、魔力結晶体である「魔剣少女」を召喚できます。

第1章

第1章

あらすじ
【探しもの】を求めて旅をする主人公と相棒の少女リディ。見習い勇者ルルと出会った二人は「クレイドール」事件の調査をすることになるが……待っていたのは悲しい結末だった。
▼1章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • 見習い勇者ルルとの出会い

    主人公とリディは、クランからの提案でリーマ封鎖遺跡に赴き、勇者機関E.D.E.N.から派遣されてきた見習い勇者のルル勇者ヌイ大勇者マーガレットと出会います。

    マーガレットの話によると、リーマ封鎖遺跡ではモンスターが頻繁に現れており、E.D.E.N.による捜査が行われているのでした。

    遺跡の謎

    遺跡にモンスターが出現した報告を聞き、マーガレットはルルに民間人の避難誘導を指示し、先遣隊を追跡します。

    主人公は、大勇者である自身が避難を先導しなかったマーガレットの行動に疑問を感じ、リーマ封鎖遺跡には見られたくない何かがあると考えます。遺跡の正体の真相解明も兼ねて、先遣隊への応援に向かうのでした。

    大勇者マーガレットの正体

    戦闘・調査を経て、主人公は一連の事件の犯人がマーガレットであることを突き止めます。主人公はマーガレットと交戦し勝利しますが、突如、アクア、ミコトと名乗る謎の人物が現れマーガレットは連れ去られてしまうのでした。

    主人公は力を振り絞って全員を逃しますが、連戦の消耗により倒れてしまいます。困惑するばかりのルルでしたが、ヌイの提案により、まずは主人公を手当するために首都ユグドラシルを目指すのでした。

第2章

第2章

あらすじ
「クレイドール」事件の犯人を追う主人公は謎の組織に導かれ、とある研究施設へと潜入する。そこで直面するのは人間と魔剣との歪な関係、そして最奥にて彼らが対峙するものとは……
▼2章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • マーガレットを追ってユグドラシル研究所へ

    魔鍵都市ユグドラシルの酒場で目を覚ました主人公は、勇者ルル、勇者ヌイと共にマーガレットを探していました。道中でアクア、ミコトと遭遇しますが、アクアらは主人公たちをユグドラシル研究所に向かうよう誘導します。

    ユグドラシル研究所は、「原理」「研究」「強化」からなる三大研究の保管場所のような施設であり、そこでは人間による魔剣少女への非人道的な実験が行われていました。

    アクアとミコトの正体

    アクアとミコトは、太陽聖域と呼ばれる、アーク率いる7人の魔剣使いで構成された組織の人物であることを明かします。

    現時点でのアークの目的は「主人公たちを見ること」でした。そのため、アクアとミコトは直接事件に介入せず、あくまで主人公たちが自発的に目的地に向かうよう誘導していました。

    霊獣との邂逅

    ユグドラシル研究所の禁忌宝物庫に辿り着いた主人公たちは、冥獣「ハクビ」と遭遇します。ハクビはリディの記憶を知っているようで、自身を霊獣姫タマモノマエと名乗り主人公たちと交戦します。

    勝利を収めた後、リディはタマモノマエに自身の記憶について問いかけますが、タマモノマエは「今の妾にはそれを語る資格も時間もない」と、記憶の手がかりだけを答え、眠りにつくのでした。

第3章

第3章

あらすじ
リディの記憶の手がかりを探るため旅を続ける主人公は、とある遺跡にてリディとそっくりな黒リディと邂逅する。また、同じ魔剣少女であるエレとの交流からリディが得た答えは……
▼3章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • E.D.E.N.の勇者との衝突

    ハクビの言っていた「多くの魔剣が眠る場所」というヒントを元に研究都市ジーヴォを訪れた主人公とリディは、街で出会ったE.D.E.N.の勇者からモンスター討伐の助力としてウィッチワイズ断裂に向かうよう頼まれます。

    しかし、実のところ、E.D.E.N.の勇者たちは主人公を「ユグドラシルの冥獣事件の原因」としており、事故を口実に暗殺するのが目的でした。

    アクアを追ってオ=テーム遺跡へ

    主人公はユグドラシル事件の事実を肯定しつつ、自身の目的のために立ち止まれないと応戦しますが、突如アクアが現れ勇者たちを次々に倒してしまいます。

    終始余裕の表情だったアクアでしたが、冥葬医師団を見つけ「興が削がれた」と言い捨て逃亡します。アクアの逃亡した方角にオ=テーム遺跡があることに気づいた主人公は、勇者たちに行き先と警告を残し、追跡を開始するのでした。

    地下研究遺跡へ

    主人公は、オ=テーム遺跡で偶然居合わせたクランと協力し、人工的に作り出された冥獣「実験冥獣」を下します。クランは、オ=テーム遺跡にもユグドラシル同様の研究施設があると主人公に教え、その場を後にしました。

    研究所へと向かった主人公は、リディと同じ顔をした黒い少女に遭遇します。意味深な発言を残し、姿を消してしまった少女を追う主人公でしたが、魔剣少女「エレ」と出会い、共に地下研究遺跡を目指します。

    魔剣実験体との戦闘

    ひっきりなしに現れる冥獣に主人公が手を焼いている間、リディはエレと安全な場所へと避難します。しかし、それこそがエレの狙いであり、主人公からリディを引き離せたエレはリディに襲いかかります。

    エレの正体は、研究者によって作られた、1つの魔剣に複数の意思を宿す魔剣実験体。亡きマスターを喜ばせようと、一般人や魔剣をサンプルとして「採取」していたのでした。追ってきた主人公に真の姿を現し交戦します。

    リディにとっての幸せ答え

    エレを鎮めることに成功する主人公とリディ。それでもなおエレは止まらず、主人公はやむなく止めを刺すのでした。

    エレの末路を見たリディは、魔剣の幸せについて考えていました。戦い続けること、戦いが終わることが幸せなのかと思い詰めますが、エレの最後が笑顔であったことから、マスターと共にいられることこそが幸せだという結論に至ります。

    その後、偶然、太陽聖域の次の目的地を盗み聞きした主人公とリディは、霊峰アマラブルムへと向かうのでした。

第4章

第4章

あらすじ
勇者マーガレットとルルと共に、謎の組織【太陽聖域】を打倒するべく決戦を挑む主人公。しかし太陽聖域のリーダー、アークから明かされたのは衝撃の真実であった。
▼4章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • 主人公とルルがお尋ね者に

    シーズサンク宮殿跡で主人公はルルと再会し、いがみ合いながらも行動を共にしていました。ところが、2人はE.D.E.N.の勇者に襲われ、E.D.E.N.からマーガレット誘拐の犯人とされていることを知ります。

    ところが、突如探していたマーガレットが現れ、主人公とルルはマーガレットを連れ霊峰アマラブルムを目指します。

    太陽聖域のアジトへ

    霊峰アマラブルムで主人公、ルル、マーガレットは太陽聖域の放った実験冥獣を倒し、ついに太陽聖域のアジト「天空協会シーズクリア」へ辿り着きます。

    アクア、ミコトとの激戦の末に勝利を収めた主人公ですが、太陽聖域は土天の準備を整え、主人公たちをマーガレットの元へと連れていきました。

    土天のマーガリート

    サタニアと対峙する主人公たち。そこには様子のおかしいマーガレットもいました。大勇者マーガレットは太陽聖域によって産み出された実験体、七天の一振り「土天のマーガリート」だとサタニアが明かします。

    マーガレットのこれまでの行動は全てサタニアによって仕組まれたものであり、主人公はマーガレットとの戦いを余儀なくされます。

    太陽王との邂逅|マーガレットの最期

    マーガレットを鎮めた主人公の前に、太陽聖域のリーダーである陽天のアークが現れます。アークは主人公にもう必要ないと吐き捨て、マーガレット諸共、主人公たちを天空協会から追放しました。

    その後、アマラブルムの山頂で目を覚ました主人公は、返り血にまみれたルルを見つけます。マーガレットについて問いただしますが、ルルは本当の正義を掲げ主人公の前から姿を消すのでした。

第4.5章

第4.5章

▼4.5章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • 勇者マーガレットの討伐から数カ月後。

    勇者王シドウの元にルルが訪れ、ゼロシステムマスターキーについて問いかけます。ルルを難なくあしらったシドウは「勇者の本当の意味を知りたければ自分の隣に立て」と言い残し、その場を後にします。

    その後、試験用に改造された魔剣のアンロックさえできなかった底辺勇者のルルは、異例の速さで特AAA級にまで昇進し、聖鍵セフィロトでの目撃を最期に消息を絶つのでした。

第5章

第5章

あらすじ
主人公が訪れる新たな天地と新たな出会い。そして三人目となるリディにそっくりな少女の存在。太陽聖域の思惑が絡みながら、リディの記憶を探す旅が続いていく…
▼5章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • 舞台は魔炎大陸ノイルマレヴへ

    魔焔領エキドナの中心、魔炎大陸ノイルマレヴで依頼をこなしていた主人公とリディ。偶然出会った七天のブラムと協力してモンスターを討伐していると、自身を狙うアリアという少女が現れ交戦します。

    苦戦を強いられる主人公でしたが、合流したブラムの提案を受けたアリアは主人公を見逃し、ブラムも任務を終えたと灯台を後にします。

    アクアとの再会

    アリアの魔力反応を追ってユーユ大灰原に辿り着いた主人公は、冥獣に襲われているアクアを助けます。その後アリアが現れ、勘違いから戦闘になるもののアクアが仲裁、アリアとは姉妹であることを明かし、主人公とアリアは和解します。

    突如現れた冥獣の変異種を共に倒した後、主人公はアリアに依頼主について問います。アリアは、自分に依頼ができるのは魔王候補十三王のみだと話し、ターゲットがリディであること、依頼主は勇者王シドウであると明かしました。

    七天との遭遇

    任務を果たせなかったアクアの元に、木天のツヴァイク火天のブラムが現れます。アークが呼んでいると聞いたアクアは、ツヴァイク、ブラムと共にその場を発ちます。

    アリアも主人公に「妹に何かあったらまた助けて欲しい」と依頼し、その場を離れました。

    ヌイとの再会

    ブラムたちが向かったヴァルメリオ鉄坑道に到着した主人公たちでしたが、勇者に見つかってしまいます。しかし、勇者の持つ名簿には何故か主人公の名前があり、任務のサポートとして勇者ルルの分隊に配属されていました。

    水路にて、主人公はヌイと再会しますが、ヌイは何者かに取り憑かれており、主人公はやむなく刃を交えるのでした。

    白リディとの邂逅

    ヌイに憑依していたのは、白い衣装を纏ったリディと同じ容姿の少女でした。白リディは、オ=テーム遺跡で出会った黒い少女のように意味深な発言を残し、主人公たちは火山活動の活発化によって地上への避難を余儀なくされます。

    七天との戦い

    木天のツヴァイク、火天のブラムと戦い勝利する主人公。アークは聖杯の記憶に触れ、異変を召喚し主人公にけしかけました。アークを止められずやむなく鍵の力を解錠する主人公ですが、ブラムによって無力化させられてしまいます。

    アークは原初魔剣「覇王剣ラグナロク」の召喚を試みましたが、すんでのところでアクアが現れ、主人公たちを安全な場所まで転送するのでした。

第6章

第6章

あらすじ
変貌した勇者ルルとの再会に、人と魔剣の共生を目指す冥葬医師団の思惑。歪んだそれぞれの野望を阻止しようとする主人公の前に、この世界の神を名乗る少女が現れる。
▼6章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • エキドナからエデンへ国外追放

    エキドナを収める魔女王ケルベリルの沙汰によって、エキドナからエデンに身を隠すことになった主人公とリディ。冥葬医師団からの依頼で廃村クオムを訪れていた主人公は、「六大異変」の真相を突き止めます。

    道を外れたルルとの再会

    街に戻った主人公とリディは、正義の元に一般市民を手に掛けるルルと勇者たちを目撃します。ルルは主人公に気付くと側近に指示を出し、主人公はルルの側近と戦闘になります。

    勇者の数の多さとヌイの追跡に手を焼く主人公でしたが、冥葬医師団に雇われた魔剣使いキヌエが現れ、キヌエの助力の元窮地を脱します。

    ルカとの出会い

    ヌイを撒いた主人公は、モンスターに襲われている少女ルカを助けます。ルカはルルの妹で、変わってしまった兄を救って欲しいと主人公に嘆願し、主人公はそれを快諾しました。

    団長コスとの邂逅

    冥葬医師団の本拠地がある廃病院地下にて、主人公は冥葬医師団の団長コス魔剣医師プラタナスに遭遇。コスはプラタナスに主人公たちの生け捕りを命じて姿を消し、プラタナスは実験体「ターミナス」を操り、主人公と交戦します。

    物量戦に苦戦する主人公でしたが、クランとアリアが救援に現れ、計算を狂わされたプラタナスは逃亡しました。また、クランが元冥葬医師団メンバーであり、プラタナスと同じ魔剣だったことも判明します。

    コスの目的

    戦闘の最中、再び団長コスが現れます。コスは、冥葬医師団がE.D.E.N.と結託して魔剣の人工進化を目論んでいること、自身の夢が「魔剣による世界支配」であることを明かします。

    そして、悪魔の鍵の力を解放し世界の書き換えを図り、人間と魔剣の融合体「天使」を主人公にけしかけるのでした。

    白リディの正体

    主人公によって天使は打ち倒され、ケルベリルの策略によって世界の書き換えは失敗に終わります。

    主人公は、冥葬医師団の計画は他国に既に知れ渡っており、全てシドウとケルベリルの手のひらの上であったことを言及し、冥葬医師団に知識を与えた白リディを呼びます。

    現れた白リディは、自身が3つに別れたブリジットの1つ修繕のブリジットだと明かしました。

    神との遭遇

    主人公は、自らを聖杯の器と成したコスを下します。一方で、白リディは修繕の力を取り戻すという目的を果たし、主人公の真人格を奪おうとしますが、突如として謎の少女に一蹴されてしまいます。

    少女はモモと名乗るこの世界の神であり、主人公とリディの過去を知る者でした。

第6.5章

第6.5章

▼6.5章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • 勇者レドは、汎用エクスカリバーよりも優れた性能を持つ魔剣を偶然アンロックした、一目置かれる特別な勇者でした。そんなレドの存在を疎んでいた勇者たちによって、レドとレドの魔剣は耐え難い暴行を受けていました。

    「逃げて」という魔剣の意思に反し、勇者としての信念を貫いたレド。そこにルルが現れ、それまでの地獄をそれ以上の地獄で上書きします。

    ルルはレドを勇者と認め称賛し、初代勇者王アーサーの成そうとした「本当の魔界の平和」を実現させるため、仲間に迎え入れるのでした。

第7章

第7章

あらすじ
明かされる主人公の秘密。そして意外な人物との共闘と別れ。そしてリディもまた、大切な人を守るために真の力を開放する。主人公たちの物語は次第に核心へと迫る。
▼7章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • 悪魔の鍵の力の代償

    モモは自身を、神改めマスターキー(全知全能)であると明かし、主人公が悪魔の鍵の力で平行世界を作り続けていること、代償として魂および存在が希薄化しており、このままだと最終到達選択肢に至るのが難しいことを教えます。

    そして、ブリジット(リディ)の記憶の扉を開くには「天球晶コスモグラフィア」が必要だとし、解放の大地メルトナへ行き、煉獄王セイメイを訪ねるよう言い残し姿を消しました。

    ブラムの伝言

    聖地スイルノームの聖巫女教会タークディアにて、ルルは元勇者のブラムと対峙し、ブラムはルルに原初六魔剣の持ち主が隠しているものと、それを狙う旧友の目的を伝えました。

    一方、主人公はセイズガルの街で目を覚まし、ルル部隊の勇者の追跡を交わしながらメルトナを目指します。しかし、木天のツヴァイクによる襲撃を受けてしまうのでした。

    ツヴァイクとの共闘

    ツヴァイクに苦戦する主人公でしたが、主人公をかばうリディを見てツヴァイクは自身の過去を重ねていました。すると、勇者たちが現れ、利害が一致した主人公とツヴァイクは一時共闘します。

    追跡を交わしながら、エデン国の海辺の街スィナンに辿り着くと、ツヴァイクの様子を確認しにきたサタニアも合流。共にスィナンから出航している密漁船に乗り込み、ニーア村へと辿り着くのでした。

    セイメイの罠

    ニーア村に辿り着いた主人公とツヴァイクは、モンスターに襲われている少女を助けます。しかし、これはセイメイが主人公とツヴァイクを体良く拘束するために仕組んだ罠であり、2人は地下牢に投獄されてしまうのでした。

    しかし、サタニアが悪魔の鍵を使用して牢獄を壊し、衛兵を倒しながら主人公とツヴァイクは脱獄を図ります。

    王たる者の風格

    脱獄に成功した主人公は、サタニアが宝物庫から奪ってきた天球晶コスモグラフィアを巡ってツヴァイクと戦闘します。しかし、そこに衛兵を率いたセイメイが現れます。

    セイメイの持つ原初六魔剣の圧倒的な魔力に、主人公は悪魔の鍵の力を解放しツヴァイクに逃げるよう促します。ツヴァイクは主人公に暗号を教え、意味を知りたいなら北西に向かえと伝え離脱しました。

    再びシーズクリアへ

    主人公とリディは、酒場で聞いた話を元に自然の町ロウカティアに辿り着きます。ロウカティアは太陽聖域やアークに恩のある者が集まった町であり、ツヴァイクから聞いた暗号は町へ入るための合言葉だったのでした。

    酒場でツヴァイクの行き先が天空教会シーズクリアだと聞いた主人公とリディは、再びシーズクリアに向かいます。

    ツヴァイク・アークとの決戦

    シーズクリアに侵入した主人公は、ツヴァイクとの激闘の末に勝利します。ツヴァイクは借りを返すと主人公に天球晶コスモグラフィアの場所を教え、主人公はアークと戦います。

    主人公はリディと協力し、アークの隙を付いてコスモグラフィアの奪取に成功しますが、セイメイが仕掛けた断裂の呪術が発動し、リディはブリジットの記憶を呼び醒まします。

    神域の暴走

    アークは聖杯の記憶に触れ、夢幻地平ラグナロクを開闢します。しかし神域は暴走し、消されるはずだった記憶が逆流を起こします。

    アーク、ソエル、リディは暴走した神域に異変の核として取り込まれそうになりますが、駆けつけたツヴァイクがジュビテリアと共に肩代わりし、ツヴァイクとジュビテリアは異変の獣と化してしまうのでした。

    禁忌の術式

    リディを庇って重傷を追う主人公。リディは主人公を守るために魔剣殺しブリジットの力を解放し、異変の核である魔剣ジュビテリアを鎮めます。

    事態は収束したかのように思われましたが、六大異変に眠っていた禁忌の術式が発動し、勇者王シドウまでもが現れました。

第8章

第8章

あらすじ
天界の開放と、天使による魔界進軍。その非常事態に王たちが集結し、主人公もその陰謀と戦火の渦中に巻き込まれることになる。リディを護るために主人公が下す決断は……
▼8章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • 聖鍵セフィロトがアンロック

    勇者王シドウの目的は、ブリジットの力を利用して真魔王ヘルメリアが残した楔を解き、聖鍵セフィロトをアンロックすることでした。

    天蓋は開かれ、天上王セトが従えていた第零式天使兵マルアフ=ノフェルが魔界侵攻を始めます。主人公はツヴァイクの遺言に従ってアークに協力し、七天と共に天使を退けるのでした。

    ブラムの裏切り

    天上王セトは目を覚まし、方舟計画を再始動させるため、天界の扉を閉じます。一方で、覇王剣ラグナロクを呼び醒ましたアークは、ブラムの裏切りによって鍵を奪われ、勇者王シドウはルルの叛逆により命を落とすのでした。

    ブラムはルルと同じ異端勇者であることを明かし、消耗したアークと主人公に迫りますが、アクアとアリアが現れ、マーキュリーの能力によって主人公らは窮地を脱します。

    魔王候補十三王集結

    魔導王ユウの招集によって魔女王ケルベリル、煉獄王セイメイ、太陽王アーク、司書王ロルリアンレットら魔王候補十三王がユグドラシルに集結します。

    ユウは、天上王セトの再封印の協力を要請しますが、ケルベリルとセイメイはこれに反対。しかし、幻想王ノアの参席、提案によって会議は収拾し、魔界三国および魔剣機関/世界図書館/太陽聖域合同での天界征伐が決まるのでした。

    ブリジットの伝承

    ケルベリルはアリアを雇うためエキドナを訪れますが、居合わせたリディに記憶について問われ、ブリジットの伝承を伝えます。

    ブリジットとは、魔剣の魔核を破壊できる存在。

    かつて魔界を襲った魔王獣戦役にて、先代の王メルティナが侵した禁忌の術式によって生まれ、真魔王ヘルメリアに託されたものの、魔王獣と刺し違える形で3つに砕け散ってしまった、ということでした。

    世界図書館へ

    ケルベリルはリディに戦う理由を見つけることを助言し、主人公に魔導王ユウからの手紙を残してその場を後にします。数日後、目覚めた主人公はユウの手紙に従い、アクアとアリアに別れを告げ世界図書館を目指すのでした。

    十三王からの命令

    世界図書館に到着した主人公を司書王ロルリアンレットと魔導王ユウが迎え、天界の再封印および天業剣クリーフォートの回収において、優れた功績を挙げた者に聖鍵セフィロトの管理権限が与えられると明かします。

    管理権限が十三王に渡り、パワーバランスが崩れるのを防ぐため、ブリジットの力を使ってこれを達成するよう主人公に命令するのでした。

    "裏"の原初六魔剣

    リディは、司書王の従者ププッピマリーに地下書庫区画へ案内されます。ところが、ププッピマリーは本人ではなく、正体は変身していた幻想王ノアでした。

    ノアは原初十三魔剣幻想殺しゼタ」の力を使ってリディを夢の中に誘い、原初六魔剣の破壊を依頼します。さらに、謝礼としてリディの記憶の修繕を持ちかけますが、駆けつけたロルリアンレットによって阻止されるのでした。

    征伐最前線へ

    天使征伐最前線のアマラ跡地に到着した主人公の元にサタニアが現れ、主人公はサタニアに自身の魔剣にならないかと提案します。サタニアは、アークを倒せたらその誘いに乗ってもいいと答え、その場を離れるのでした。

    ルルの野望

    シーズクリアに侵入した主人公とリディは、ルル、ブラムと邂逅します。

    ルルは主人公とリディの前でサタニアを屠り、ゼロシステムに代わって新たな聖剣を作り出す聖剣システムを欲していると語ります。主人公は交戦の末に敗北。ルルはブリジットを使えば勝機はあったと言い残し、その場を去りました。

    ノアの謀略

    戦況を俯瞰しているノアの元に、モモが現れます。糾弾するモモをノアは言い負かし、モモの嘘はブリジットを傷つけると忠告しました。

    一方で、征伐最前線では、正体不明の何者かによってセイメイは重傷、ケルベリルが命を落とします。さらに、原初の三天使も現れ、戦況は熾烈を極めていました。

    リディの決意

    苦戦するアリアの元にアクアが加勢しますが、依然として状況は変わりません。アリアは最期の力を振り絞ってアクアとマーキュリーを逃します。主人公の元に転送されたアクアは、アリアを救うよう願い、主人公は三天使と対峙します。

    しかし、時すでに遅く、そこあったのはアリアの亡骸とほくそ笑む三天使の姿。リディはこれ以上大切な人を失わぬよう決意し、魔剣殺しブリジットとしての力を解放するのでした。

    主人公の暗躍

    リディは、三天使を退けたと伝える主人公。しかし、主人公は三天使を下したのではなく、天使たちが自ら戦場を離れたのでした。
    その後、魔導王ユウの元に、セイメイやケルベリルを襲撃した何者かが現れます。ユウはその主人公に似た誰かを称賛し、引き続き原初六魔剣を破壊するよう指示するのでした。

第8.5章

第8.5章

▼8.5章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • ルルの交渉

    勇者ルルは、黒リディ改め、碩学のブリジットの同伴の元、方舟に乗り込み、天上王セトと対峙します。原初の聖剣システム「特殊聖剣統制機構」を譲るよう交渉するルルを、セトは方舟の中枢へと案内しました。

    方舟計画

    方舟の中枢でルルは、魔鍵ノアを目撃します。方舟とは、言わば第二の魔界であり、セトの方舟計画とは「新しい世界から旧世界を支配する」ことでした。

    また、魔鍵ノアの動力核として、セトは協力者であるマスターキー「アテナ」を聖杯化しており、聖鍵セフィロトでは魔鍵ノアを破壊できないと悟ったルルは、交渉材料として、幻想王ノアを打ち取ると提案するのでした。

    特殊聖剣統制機構(聖剣システム)

    天上王セトに、特殊聖剣統制機構を起動する力がなく、自身の力が必要であることを看破していたルル。セトはルルを称賛し、聖剣システムの仕組みを教えます。

    聖剣システムとは、人間を伝承として解釈し、剣に付加価値を与えることで力を得る、人工的に聖剣を作り出すシステムでした。曖昧な伝承で成り立つ魔剣とは違い、確固たる伝承を核とするため、聖剣は比類なき力を得るのです。

    そしてセトはルルに、妹を聖剣とし、自ら兵器と成る覚悟があるかを問います。ルルは、平和のためならそれさえ厭わないと答え、セトと共謀する姿勢を示しますが、セトはルルの目は王を志す者の目であると見抜いていたのでした。

第9章

第9章

あらすじ
天界と魔界の全面戦争に介入する第三勢力、それは並行世界の主人公である「魔人ディーア」であった。主人公と対峙する魔人ディーアの思惑とは?そして魔界支配を目論む天上王セトを打ち倒すことはできるのだろうか?
▼9章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • 主人公の望む世界

    モモや魔導王ユウに、王となった果てにどんな世界を望むのかを問われる主人公。強欲と知りながらも、リディが平和に生きていける世界と答えた主人公は覚悟を決め、世界図書館からの作戦司令を引き受けるのでした。

    ブリジットの暴走

    魔剣機関の魔剣使いと共に神域に辿り着いた主人公。彼らを待ち受けていたのはかつての仲間ヌイや"希望王"となった勇者ルルでした。戦いは避けられず、主人公は魔剣殺しブリジットをアンロックしてますが、力を制御できずブリジットは暴走。

    黒リディは主人公を救援しますが、主人公はブリジットによって重傷を負います。暴走したブリジットはルルの親衛隊を一瞬にして殲滅しますが、現れた魔剣研究者ドロシーや謎の人物とその魔剣によって沈静化させられました。

    魔剣殺しを救う方法

    ブリジットを無力化した人物は、主人公が悪魔の鍵の力で作り出した多重平行世界の自分自身でした。魔人ディーアと名乗るもう一人の主人公は、ブリジットを再び暴走させようとし、主人公は阻止するために戦います。

    魔人ディーアは主人公に「魔剣殺しを救う唯一の方法は他の魔剣を全て破壊すること」と話し、さらにドロシーとブロードソード=ロストが主人公との前に立ちはだかります。

    ところが、敵側だったはずのカルバノグが主人公に加勢し、主人公は酒場へと逃げおおせたのでした。

    魔人ディーア VS 天上王セト

    天上王セトと魔人ディーアが対峙します。セトは魔人ディーアの持つロスト技術を欲しますが、魔人ディーアは力の使い道に呆れ、2人は交戦になります。

    そこに主人公も乱入し、魔人ディーアと共闘します。セトを追い詰めたものの、セトはクリーフォートの真解放をブラフに魔人ディーアを欺き、魔人ディーアはブロードソード=ロストを奪われてしまうのでした。

    ブロードソード=ロストの"役割"

    魔人ディーアはブロードソード=ロストの行動を兵器として当然とし、これに反対する主人公はブロードソード=ロストを救うためセトに挑みます。

    しかし、悪魔の鍵の力を使った直後、白リディが現れ同種の魔力を衝突させ、ブリジットは再び暴走してしまいます。ブロードソード=ロストは主人公を庇って逃し、自身の"役割"を全うするのでした。

    魔人ディーアの記憶

    逃げおおせた主人公の元に魔人ディーアが現れます。魔人ディーアは悪魔の鍵の力のキャパシティ空けるため主人公を破壊して世界を終わらせようとしますが、主人公は起死回生の手段として魔核共振を発生させます。

    魔核共振の中、お互いの魔力は混ざり、主人公は偶然魔人ディーアの記憶を垣間見ます。

    カルバノグの想い

    記憶を見て絶望する主人公を終わらせようとする魔人ディーア。魔人ディーアはカルバノグに介錯するよう指示しますが、カルバノグはすぐに止めを刺さず、主人公を叱咤します。

    そして主人公は、現れた碩学のブリジットに後押しされ、魔人ディーアに提案を持ちかけます。

    主人公の提案

    主人公の提案は、主人公の記憶を同期した魔人ディーアが、さらにブリジットと記憶を同期して暴走の原因を突き止めるというものでした。

    魔人ディーアは、それが自分の記憶をブリジットに見せることと同義であり、リスクが高すぎると反対しますが、それでもなお食い下がろうとする主人公の想いを認め、共闘することになるのでした。

    ヘルメリアの呪い

    ブリジットのアンロックが不完全になるのは、ヘルメリアによる術式が原因でした。術式を解くには、原初十三魔剣の魔力が必要です。

    主人公は原初魔剣に縁のあるロスト魔剣をアンロックし、魔人ディーアの協力の元、原初十三魔剣の魔核深層に侵入します。

    魔神ディーアの献身

    ヘルメリアの呪いは解かれ、リディは正気を取り戻します。再会も束の間、天上王セトが現れ、魔人ディーアは主人公に希望を託し、最期の力でセトを足止めするのでした。

    一方、リディは碩学のブリジットと一つになり、主人公は無事ブリジットをアンロックします。

    セトとの決戦

    魔人ディーアを下し、主人公とブリジットの前に現れた天上王セト。セトの語る方舟計画とは、魔王となった自身が全ての業を背負うことで平和を実現することでした。お互いを認め合いつつも相容れないとし、両者は決戦に臨みます。

    戦いの末、主人公はセトに勝利。敗れたセトは、ルルによって引導を渡されるのでした。

第10章

第10章

あらすじ
戦いの末、アークが手にする原初六魔剣ラグナロク。それは新たな戦いの火蓋でもあった。蘇る覇王と追い詰められる主人公。そして愛する人を護るために少女が選んだ犠牲とは……
▼10章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • ヘリオスフィア起動

    アークは天穹魔儀ヘリオスフィアを実現させ、覇王剣ラグナロクを真解放します。

    一方で主人公はルルとの問答の後、白リディと遭遇。白リディは主人公のために動いていると弁明し、主人公は疑いながらも白リディの同行を許可するのでした。

    覇王ゼフの復活

    主人公はヘリオスフィアの起動を阻止するため、ラグナロクを真解放したアークと対峙します。悪魔の力の鍵を使用した主人公でしたが、ラグナロクに封印されていた覇王ゼフの封印が解かれます。

    アークは覇王ゼフに肉体を乗っ取られ、魔王獣の記憶も奪われてしまうのでした。

    セフィロトの勝者

    アクアが加勢し、なんとか戦局を整える主人公。一時的に主人格を取り戻したアークはミコトにヘリオスフィアの使用を命じ、肉体を取り戻しました。そこにルルが現れ、アークを始末しようとしますが、主人公がこれを阻止し抗戦します。

    戦闘は収拾せず、ルルは時間がないと身を引きます。主人公も勝機がなかったため撤退しますが、結果的にセフィロトはルルによって掌握されてしまうのでした。

    ミコトの最期

    酒場にて主人公らと談笑していたミコトでしたが、夜道でブラムの襲撃に会います。一方、アークはルルの襲撃を受けていましたが、ゼフの記憶が巡り、ゼフの意思を知ったアークは一時的に肉体を譲ります。

    分が悪くなったルルは逃亡。ゼフは追いますが、ルルを追った先で遭遇したのは、かつて月天のミコトだったものでした。

    司書王の訪問

    目を覚ましたリディと主人公の元に、司書王ロルリアンレットが訪ね、このままではリディはブリジットの力を永遠に失うと警告します。

    リディは白リディに自身の置かれている状況を話し、白リディは主人公とリディへの思いを打ち明けるのでした。

    第零異変コアにて

    ロルリアンレットは無理をしながらも全能中枢の記憶に直接アクセスし、覇王ゼフの潜伏先、第零異変コアの場所を主人公に伝えました。主人公は向かった先でゼフと相対しますが、ゼフの圧倒的な力に敗れます。

    リディもさらなる記憶を奪われた上に重傷を負い、絶体絶命だった主人公でしたが、突如現れたルルが庇います。ルルは主人公に檄を入れ、天業剣クリーフォートをアンロックするのでした。

    修繕のブリジットの献身

    リディを守れず呆然とする主人公の代わりに、修繕のブリジットがルルと共にゼフに立ち向かいます。戦況は依然としてゼフが優勢でしたが、修繕のブリジットの機転によって、ゼフの持つ魔王獣の記憶は吸収されます。

    魔王獣の記憶に耐えられる器ではないことを知っていた修繕のブリジットは、自身を犠牲に魔剣殺しブリジットを魔王獣の記憶と共に封印します。魔剣殺しブリジットは覚めない眠りにつき、残るはゼフとの決戦だけとなりました。

    焔華剣のアンロック

    ルルは主人公を諭し、再び立ち上がった主人公はルルと共にゼフと対峙。ゼフはルルの天業剣クリーフォートの真解放によって窮地に立たされますが、ヘリオスフィアに仕込まれた七天の呪いが発動し、クリーフォートの支配から逃れます。

    追い詰められた主人公は、最期の切り札としてケルベリルより継いだ原初魔剣、焔華剣テュフォーンを真解放してゼフに挑むのでした。

    太陽王

    主人公とルルはゼフを下します。ゼフは負けを認めたような物言いをしますが、主人公もルルも、戦っているのは覇王ゼフではなく、ゼフというソウルを操っていたアークだと見抜いていました。

    看破されたアークは真の力を解放しますが、主人公とルルによって覇道は歩みを止めます。

    第零異変の崩壊

    3本の原初魔剣の衝突によって、第零異変は崩壊を始めます。アークがもう長くないことを察したルルは主人公に避難を呼びかけますが、主人公はアークの覇道に付き合うと残り、両者は最後の戦いに臨みます。

    激闘の末、アークに勝利した主人公。アークの遺言とソウルを手にし、意識のないブリジットを連れて帰路に着くのでした。

    聖剣セフィロト解錠

    ルルはヘリオスフィアを使い聖鍵セフィロトを解錠し、竜鍵マナの道が開かれたことに気付いた十三王は行動を始めます。一方、アーク、ミコト、ツヴァイクの墓を立てていた主人公の元に、星の鍵師アストロロギアが現れるのでした。

第11章

第11章

あらすじ
失われた大切なものを取り戻すため、主人公は進み続ける。神であるマスターキー、幻想王ノア、希望王ルル、それぞれの夢と力がぶつかりあい……そして主人公の真の目的が明らかになる。
▼11章の詳細なあらすじ(タップで開閉)
  • マスターキーの目的

    幻想王ノアが動き出し、アストロロギアは主人公に、マスターキーの狙いは魔剣システムを利用して不老不死を得ることにあると教えます。

    その後、主人公はクランから手紙を受け取り、煌の鍵師アーダの元に向かうのでした。

    ノアが主人公を助ける

    アーダは生存派のマスターキーでした。ブリジットは人の手に余る兵器だと主人公に言い、相容れない両者は交戦しますが、アーダのマスターキーとしての力に主人公は屈します。

    アーダが主人公からブリジットの居場所を引き出そうとしたところ、幻想王ノアが現れゼタを真解放。主人公をアーダから助け出し、正体を明かすのでした。

    真魔王ヘルメリア

    ノアの正体は、魔王獣戦役の後に没したはずの真魔王ヘルメリアでした。

    ヘリメリアはゼタの力を使ってブリジットの魔王獣の記憶を無害化させます。しばらくは魔剣殺しの力に頼らない方が良いと助言し、主人公を自身の拠点、第六大陸オーロエズへと案内するのでした。

    全面戦争

    ロルリアンレットはオーロエズの場所を突き止め、世界図書館がオーロエズ殲滅作戦に乗り出しました。ところが、主人公はノアに協力し、ププッピマリーを下します。

    主人公が人質ではなく自身の意思でノアについたことを知った司書王は激昂し、主人公とノアは撤退を余儀なくされます。しかし、撤退の間際、主人公はロルリアンレットに自身の狙いを察させるのでした。

    ノアとの衝突

    オーエロズで主人公が見ていたもののほとんどは、ノアが作り出した幻想でした。ノアは、主人公が魔王獣の記憶を自身に隠していたと知り衝突します。

    主人公は機転によりノアの悪魔の鍵を奪取、モモの協力によって勝利するのでした。

    並行世界の記憶

    ノアを下した主人公とモモでしたが、ノアは主人公の真実をモモに教えます。モモは主人公と決別し、ノアは主人公の拘束から逃れます。

    その後、ノアは魔王獣の記憶を使って竜鍵マナを起動させ、主人公は再びノアと対峙するのでした。

    魔王獣顕現

    主人公はロルリアンレットの助勢によって、Blaze魔剣たちと共にノアを打ち破ります。ところが、ノアはブリジットの幻想記憶結晶を製造。これまでいくつもの世界を滅ぼしてきた魔王獣が顕現してしまいます。

    主人公はテュフォーンとラグナロクを真開放し、Blaze魔剣やロスト魔剣の協力の元、幻想記憶結晶ブリジットと竜鍵マナの接続を破壊することに成功します。

    後がなくなったノアは、ゼタを幻想記憶結晶ブリジットに喰わせます。しかし、自身も記憶の波に飲まれ、幻想記憶結晶ブリジットに吸収されてしまうのでした。

    魔王としての夢

    ブリジットは主人公に、自身の持つ魔王獣の絶望の記憶を見せます。しかし、主人公はノアから奪った鍵の能力を奪い、平行世界全ての記憶をもってブリジットの記憶を上書きし、幻想記憶結晶ブリジットは消失するのでした。

    事態は収拾し、主人公は現れたモモに最終到達選択肢を再び問われます。魔王となって世界を作り変えることを決意しますが、ルルもまた、同じ夢を目指していたのでした。

ストーリーでドロップする魔剣やソウル

ドロップ 主なドロップクエスト
1~4章 ブロードソードブロードソード
  • ・1章Ⅳ第14話Normal
  • ・2章Ⅰ第20話Normal
  • ・2章Ⅱ第24話Normal
フレアバゼラードフレアバゼラード
  • ・1章Ⅲ第11話Normal
  • ・2章Ⅱ第21話Normal
  • ・2章Ⅲ第26話Lunatic
カイザーナックルカイザーナックル
  • ・2章Ⅲ第25話Normal
  • ・2章Ⅲ第26話Hard
  • ・4章ⅠフリークエストHard
虎徹虎徹
  • ・1章Ⅰ伝説のまんじゅう1・前編Normal
  • ・1章Ⅲ第11話Normal
  • ・2章Ⅱ第21話Normal
パルチザンパルチザン
  • ・1章Ⅰ伝説のまんじゅう1・前編Normal
  • ・1章Ⅱ第6話Hard
  • ・4章Ⅰ受け継がれし印・前編Normal
バトルアクスバトルアクス
  • ・1章Ⅱ第6話Hard
  • ・2章Ⅲ第26話Normal
  • ・4章Ⅰ第51話Lunatic
ファイアフライファイアフライ
  • ・2章Ⅲ第25話Normal
  • ・2章Ⅲ第26話Hard
  • ・4章ⅠフリークエストHard
ルーンロッドルーンロッド
  • ・2章Ⅲ第25話Normal
  • ・2章Ⅳ第31話Hard
ルーンブレードルーンブレード
  • ・2章Ⅰ第18話Normal
  • ・2章Ⅰ第20話Normal
  • ・2章Ⅱ第24話Normal
スノウフェンサースノウフェンサー
  • ・1章Ⅱ第7話Normal
  • ・2章Ⅰ第17話Normal
  • ・2章Ⅱ第22話Normal
ゼルコヴァゼルコヴァ
  • ・1章Ⅱ第7話Normal
  • ・1章Ⅲ第10話Normal
  • ・2章ⅡフリークエストNormal
胴田貫胴田貫
  • ・1章Ⅱお菓子はいりませんか・前編Normal
  • ・1章Ⅱお菓子はいりませんか・後編Normal
  • ・2章Ⅱ第22話Normal
ナイトランスナイトランス
  • ・1章Ⅰ第2話Normal
  • ・1章ⅡフリークエストNormal
  • ・2章Ⅱ第22話Hard
円月輪円月輪
  • ・1章Ⅳ第14話Normal
  • ・2章Ⅱ第22話Normal
  • ・2章Ⅱハレルヤの日常・後編Normal
クロスボウクロスボウ
  • ・1章Ⅱ第7話Normal
  • ・2章Ⅰ第18話Hard
  • ・2章Ⅱシザーハント・前編Normal
氷霜の書氷霜の書
  • ・2章Ⅰ第18話Hard
  • ・2章Ⅱシザーハント・前編Lunatic
ボーンククリボーンククリ
  • ・1章Ⅳ第十三話Normal
  • ・2章Ⅲ第28話Lunatic
  • ・4章Ⅱ第54話Normal
ワイルドエッジワイルドエッジ
  • ・1章Ⅲ第9話Normal
  • ・2章Ⅰ失われたページ・前編Hard
  • ・2章Ⅱかみさまのかけら・前編Hard
ビーストファングビーストファング
  • ・1章ⅢフリークエストHard
  • ・2章Ⅱハレルヤの日常・後編Hard
  • ・4章Ⅱ第53話Normal
小太刀小太刀
  • ・1章Ⅲ助けてください・後編Hard
  • ・1章Ⅳ第16話Hard
  • ・2章Ⅱシザーハント・後編Hard
クレセントランスクレセントランス
  • ・2章Ⅱ第23話Hard
  • ・2章Ⅲ第28話Hard
  • ・4章Ⅱ第53話Normal
ホークアイホークアイ
  • ・1章Ⅰ第3話Normal
  • ・2章Ⅱ第23話Normal
  • ・4章Ⅰ第50話Normal
イーグルフロウイーグルフロウ
  • ・3章Ⅰ第35話Hard
  • ・4章Ⅰ第51話Normal
  • ・4章Ⅱ第54話Normal
6章 モーニングスターモーニングスター
  • ・6章Ⅰ第81話Lunatic
  • ・6章Ⅱ第87話Lunatic
  • ・6章Ⅲ第89話Lunatic
禁忌指定書物禁忌指定書物
  • ・6章Ⅰ第84話Lunatic
  • ・6章Ⅱ第86話Lunatic
  • ・6章Ⅲ第90話Lunatic
7章 ヒートナイフヒートナイフ
  • ・7章Ⅱ第103話Lunatic
  • ・7章Ⅱ第105話Lunatic
  • ・7章Ⅴ第120話Lunatic
ダークオブダークダークオブダーク
  • ・7章Ⅰ第99話Lunatic
  • ・7章Ⅴ第117話Hard
8章 ジュビテリアジュビテリア
【記憶結晶】
  • ・8章Ⅰ第121話Lunatic初回クリア
バスターソードバスターソード
  • ・8章Ⅰ第125話Lunatic
アクアラインアクアライン
  • ・8章Ⅰ第124話Lunatic
9章 マカナマカナ
  • ・9章Ⅰ第144話(全難易度)
  • ・9章Ⅰ第145話(全難易度)
  • ・9章Ⅰ第146話(全難易度)
ぺるりあぺるりあ
  • ・9章Ⅰ第144話(全難易度)
  • ・9章Ⅰ第145話(全難易度)
  • ・9章Ⅲ第157話Lunatic
緋剣ブロードソード=ロスト製造チケット緋剣ブロードソード=ロスト製造チケット
  • ・9章Ⅰ第149話(各難易度)初回クリア
必要悪の物語【極】必要悪の物語【極】
【記憶結晶】
  • ・9章Ⅳ第161話Lunatic
緋剣ブロードソード=ロストの虚失伝承断片緋剣ブロードソード=ロストの虚失伝承断片
  • ・9章Ⅳ「!危険!エクストラクエスト
10章 ウスサマウスサマ
  • ・10章Ⅰ第164話(全難易度)
  • ・10章Ⅰ第165話(全難易度)
無敵の少女無敵の少女
【ブレイドグラフ】
  • ・10章第185話(Lunatic)初回クリア
アークアーク
【ソウル】
11章 ハイパースピンハイパースピン
  • ・11章Ⅰ191話(全難易度)
  • ・11章Ⅱ195話(全難易度)
  • ・11章Ⅱ196話(全難易度)
  • ・11章Ⅲ197話(全難易度)
  • ・11章Ⅳ201話(全難易度)
  • ・11章Ⅳ202話(全難易度)
  • ・11章Ⅳ203話(全難易度)
  • ・11章Ⅳ204話(全難易度)

ブレブレブレブレ攻略トップへ

© 2015 grimoire Co.,Ltd. All rights reserved.
[提供]grimoire Co.,Ltd.
[執筆・編集]アルテマ
※アルテマのコンテンツは編集部が独自に検討・作成したコンテンツを提供しております。
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶ブレイブソード×ブレイズソウル公式サイト

ブレブレの注目記事

アークの得意武器とスキル構成
アークの得意武器とスキル構成
フレアバゼラードの評価とスキル構成
フレアバゼラードの評価とスキル構成
緋剣ブロードソード=ロストの評価とスキル構成
緋剣ブロードソード=ロストの評価とスキル構成
ハイパースピンの評価とスキル構成
ハイパースピンの評価とスキル構成
魔剣(キャラ)一覧
魔剣(キャラ)一覧
ぺるりあの評価とスキル構成
ぺるりあの評価とスキル構成
最強魔剣(キャラ)ランキング|役割別に掲載中!
最強魔剣(キャラ)ランキング|役割別に掲載中!
最強魔剣(キャラ)ランキング|役割別に掲載中!
最強魔剣(キャラ)ランキング|役割別に掲載中!
秘密の呪文一覧
秘密の呪文一覧
最強(おすすめ)パーティ編成
最強(おすすめ)パーティ編成
リセマラ当たりランキング
リセマラ当たりランキング
魔剣(キャラ)一覧
魔剣(キャラ)一覧
速報まとめと最新情報
速報まとめと最新情報
鳴かない猫と天を仰ぐ獣攻略と報酬一覧
鳴かない猫と天を仰ぐ獣攻略と報酬一覧
もっと見る

【PR】話題の人気ゲームランキング

クイーンズブレイドリミットブレイククイーンズブレイドリミットブレイク
【美闘士の絶頂突破を体感】

敗北すらも美しい戦士たちの超絶華麗なる新作ゲーム登場!
あなたも限界なんでしょう?美少女総勢100名以上!

ストライク・ザ・ブラッド デイブレイクストライク・ザ・ブラッド デイブレイク
【最強の吸血鬼と見習い剣巫】

人気TVアニメ「ストライク・ザ・ブラッド」の新作RPGがリリース!ゲーム限定衣装が多数!

BLACK LAGOON Heaven's ShotBLACK LAGOON Heaven's Shot
【悪徳の街・ロアナプラへ】

アニメ『ブラックラグーン』初のゲーム化!悪党どもが繰り広げるハードボイルドRPG!

百花繚乱 -パッションワールド百花繚乱 -パッションワールド 【全キャラ衣装が過激すぎ?】

空から美少女が降ってきた――。剣姫達、契り結びて強くなる。美少女たちと平誠を駆け抜けるファンタジーRPG

聖剣学院の魔剣使い メメントメモリア聖剣学院の魔剣使い メメントメモリア
【お姉さん×少年のファンタジーRPG】

お姉さんと一緒の学園ソード・ファンタジーが開幕!最強の魔王レオニス、封印から覚めると少年の姿に!?

まだまだあります、美少女ゲーム!

書き込み

最新を表示する
    攻略メニュー