デビルバスター極オルクス攻略【おすすめ悪魔】

メガテンD2攻略班

コメントコメント(5)

注目の記事
終末戦争が実装!【終末戦争まとめ
終末戦争で活躍する悪魔!【全体攻撃/単体攻撃
お楽しみコンテンツ
あなたが悪魔になったら?【診断はこちら

極オルクス

メガテンD2(女神転生)のデビルバスター極オルクス戦攻略についてまとめています。ボスのオルクス攻略に際して、おすすめのパーティや悪魔、攻略のコツを記載しているので、デビルバスター極に挑戦する際の参考にしてください。

関連記事
デビルバスター極攻略まとめ

オルクス攻略のコツ

極オルクス戦は、従来のデビルバスター極とは少し違った内容で、ボスの攻撃が痛くない代わりに、弱点によるボーナスターンの発生が無効化されているのが特徴です。

いつものように、弱点をひたすら突いて、行動回数を増やし同時に手数も増やすことで、敵に大ダメージを与えるといった戦法が難しくなり、バフ・デバフをかけるタイミングやプレスの管理が要求されるクエストです。

取り巻きのアラハバキとギリメカラが、メインのダメージソース役を担っているため、取り巻きを優先して倒すか、アラハバキとギリメカラの攻撃を対策してボスを狙うといった方法があります。

ギリメカラを最優先で倒す

弱点

本クエストで最も厄介で優先的に対策したいのがギリメカラです。準物理貫通と千発千中、物理ハイブースタ、反逆の魔像をもつ上に、会心を出しやすいティタノマキアで会心も出されると、パーティの立て直しが難しいほど壊滅します。

物理アタッカーの対策としては、回避するかアリラト・ラーマで対策、もしくはギリメカラが準物理貫通を持つことに着目して、パーティを物理無効以上で固めて被ダメを減らすという方法があります。

しかし、千発千中をもつため、回避だと極ジーク戦のように運で左右されることになります。電撃・衝撃・破魔と弱点を豊富にもつため、倒してしまうのがおすすめです。ダメを伸ばしつつ、バフもかけられるスサノオとネロ☆は特に有効です。

おすすめアタッカー
スサノオスサノオ ネロ☆ネロ☆ マンセマットマンセマット

アラハバキはバフ・デバフと回復で対策

デバフ

アラハバキは、ファストマカコワをもつため、コウリュウでは対策不可能です。攻撃を受けるしかないので、被ダメを最小限に抑える努力が必要です。タルンダ・ラクカジャ状態にできるようなスキル継承と、回復役を編成しましょう。

チョークを採用するなら、タルンダ系の継承のみで十分です。また、回復役としては、加護アマテラスや、パズス、スザクの他に、デバッファーにリディアを継承して強引に回復役として使用するパターンがあります。

バフ・デバフが効いていると、ネクロドグマが平均300~400ダメージになるため、リディアでも十分立て直せます。また、コンセントレイトとのコンボを決められた場合は、修復不可能なことがあるため、やり直しを検討しましょう。

リカーム+を5回使い切らせる

リカーム+

取り巻きを優先して倒すため、どうしてもオルクスが最後に残ってしまい、リカーム+を使用されます。火力役で1~2ターン以内に倒せなければ、次々に復活され、取り巻きの攻撃を受けてしまうので、素早く倒す必要があります。

オルクスのリカーム+は、全HPの50%分を回復して復活させる蘇生スキルであり、取り巻き含め全体的に最大HPが高いだけに、半分の回復量でも倒すのに苦労しますが、烙印やブースタ系のスキル等で補いましょう。

リカーム+を5回使い切らせてしまえば、オルクス1体のみになり、ほぼ勝ち確の状態に持ち込めます。また、ペルセポネーであれば、復活した敵のHPを1にできるため、リカーム+の最大の強みを潰せます。

ペルセポネーによる攻略が最も楽

ザクロの制約

ペルセポネーはザクロの制約により、復活した悪魔のHPを1にできるため、極オルクス戦で非常に有効です。蘇生されたとしても簡単に倒せるため、戦況不利になりにくいです。

蘇生対象がアラハバキであれば、サポート役の通常攻撃でも倒せますし、ダメージが期待できない魔法スキルを使うことでも倒せます。そのため、火力役が対オルクスに集中しやすくなり、より早くの攻略が可能です。

ペルセポネーはガチャ限のため、今回の極攻略ではメインの攻略法として取り扱っていませんが、ペルセポネーを使用すると段違いに攻略が楽になるので、ペルセポネーを所持している人は、優先的に編成しましょう。

ペルセポネーの最新評価はこちら

推奨ステータス

星6レベルマックス

デビルバスター極は、パーティの全悪魔星6レベルマックスで挑戦しましょう。星5の状態でもクリア可能な場合もありますが、星6にするとよりクリアしやすくなります。

アタッカーは火力重視でHPは1,300以上確保

ギリメカラの攻撃を受けてしまうのは危険なので、ギリメカラを素早く倒せるほどの火力が必要です。耐久値よりもやや火力に重点を置きましょう。

アラハバキのコンセントレイトとソウルドレインのセットプレーが、平均1,000前後のダメージ量なので、耐えられるようにHPは1,300以上を確保するのがおすすめです。

また、ギリメカラが反逆の魔像を使用すれば、攻撃が1ターン遅れるので、2ターンかけての撃破がやりやすくなります。火力が足りない場合は、反逆の魔像使用パターンを狙うのも良いでしょう。

デクンダの継承がおすすめ

ボス戦は終始、オルクスが雄叫びを連発するため、デバフ状態でターンが回ってくることが多く、デクンダを使用することでデバフを一斉解除できます。アマテラスだと、デクンダに加えて、3種バフをかけられるので、非常に効果的です。

オルクスは最初と最後で2回分行動するため、雄叫びを連続でかけられた上に、取り巻きの攻撃も受けてしまうと、自ターンでバフのかけ直しと回復を行わなければなりません。

チョークイーターのバフに全任せすると、バフが間に合わないケースが多く、そのまま敵の猛攻を受け続けてしまうので、相手のペースに飲み込まれてしまいます。

デクンダの継承悪魔はこちら

おすすめD2リーダー

アイリーンで行動回数増加

アイリーン

アイリーンは、パスを使用したときに確率でプレスアイコンを消費しない「ラッキーパス」を所持しています。確率に左右されますが、行動回数の増加を狙いにくい極オルクス戦では非常に有効です。

半プレスで行動するように立ち回ると、必然的にパスを使用する機会が増えるため、ラッキーパスの発動率も高まります。1ターンの間で、よりできることが多くなるため、圧倒的不利な状況でも立て直しやすくなります。

ただし、チョークイーターのバフを頼れないため、加護コウリュウやアマテラスなどのバッファーを別に用意する必要があります。バッファーを編成できる方は、D2をアイリーンに設定するのがおすすめです。

アイリーンの最新評価はこちら

チョークイーターでバフをかける

チョークイーター

チョークイーターをD2に設定する際は、敵の弱点をつけるスキルを継承しましょう。敵の弱点をつくと、25%の確率でタルカジャ、ラクカジャ、スクカジャのうち1つ~3つを発動します。

オルクス戦では、全ての敵悪魔が弱点をもち、弱点の量も豊富なため、弱点と相性の良いチョークイーターが非常におすすめです。

しかし、バフ面を全て任せるのは危険なので、編成悪魔にデクンダを継承してデバフ解除できるようにしておくことも必要です。

チョークイーターの最新評価はこちら

テンプラドラゴンで回復量増加

テンプラドラゴン

回復スキルを持つ悪魔を編成する場合、テンプラドラゴンもおすすめです。デビルバスター極ではアイテムを使用できないため、回復スキルでしか回復できません。

ボス戦は、アラハバキやギリメカラによる全体攻撃があるため、回復役が必要不可欠です。回復量を増やしたい方は、テンプラドラゴンをD2に設定してみましょう。

また、「ドラゴンへの道」で回復スキルを使用した場合、確率でMPを消費しないなど、回復に特化したスキルを持ちます。

テンプラドラゴンの最新評価はこちら

雑魚戦攻略

雑魚戦

耐性 物理 火炎 氷結 電撃 衝撃 破魔 呪殺
シキオウジ - -
ベルセルク - - - - -
先制に必要なスピード 13,651以上

雑魚戦は、ベルセルクによるチャージと暗夜剣のセットプレーが厄介なため、ベルセルクから倒しましょう。敵が物理無効をもつことに気をつけていれば、特別な対策は必要ありません。

ボス攻略

ボス戦

耐性 物理 火炎 氷結 電撃 衝撃 破魔 呪殺
アラハバキ
オルクス -
ギリメカラ - - -
先制に必要なスピード 15,934以上
スキル名 効果
アラハバキ ネクロドグマ 敵全体に万能属性の魔法型ダメージを威力100で与え、3ターンの間、味方全体の防御力を20%増加させる。
奈落のマスク 状態異常になる確率が60%減少する。
コンセントレイト 自身をコンセントレイト状態にし、次に与える魔法型ダメージを125%増加させる。
ソウルドレイン 敵単体に万能属性の魔法型ダメージを威力140で与え、そのダメージの40%分、自身を回復し、MPを1奪う。
ファストマカコワ 自分のターンの開始時、マカラコワースが発動する。
即死無効 即死無効を得る。
オルクス 雄叫び 3ターンの間、敵全体の攻撃力・防御力をそれぞれ20%ずつ減少させる。
冥府の理 このスキルを持っている悪魔が生きている間、味方全体が弱点をつかれた時のボーナスターン発生を無効化する。
ヘルズゲート このスキルを持っている悪魔が生きている間、味方全体は次の効果を発揮する。 「味方全体の弱点1つにつき、全体攻撃スキルで自身が受けるダメージが5%減少する。(最大50%まで)」
精神支配 敵単体に万能属性の魔法型ダメージを威力100で与え、MPを4失わせる。
リカーム+ 死亡している味方単体をHP50%で復活させる。
電撃無効 電撃無効を得る。
ギリメカラ 千発千中 物理命中率が20%増加する。
反逆の魔象 自身をチャージと会心状態にし、次に与える打撃型ダメージを125%増加させ、攻撃を必ずクリティカルになる。
ティタノマキア 敵全体にクリティカル率30%の物理属性の打撃型ダメージを威力125で与える。
物理ハイブースタ 物理属性で与えるダメージが25%増加する。
準物理貫通 物理貫通を得る。物理貫通時に敵の物理属性が「無効」「反射」「吸収」の場合、与えるダメージが70%減少する。
即死無効 即死無効を得る。

ボス戦はギリメカラ、アラハバキ、オルクスの順に倒すのがおすすめです。途中、オルクスがリカーム+で蘇生してきた場合は、蘇生された悪魔を最優先に倒しましょう。

また、両脇の2体を倒した場合は、オルクスがアラハバキを高確率で蘇生し、HPを4,737回復させるため、1~2ターンで4,737ほどのダメージを与えられるように構成悪魔の火力を調整しましょう。

オルクスを倒さない限り、弱点攻撃によるボーナスターンが期待できないので、パスを使い半プレスで動くように立ち回ると、味方悪魔のMPを切らさずに済みます。

おすすめパーティと悪魔

攻略パーティ1

デバフ/回復 バフ/回復 火力/バフ 火力
フェンリルフェンリル
(異能)
スザクスザク
(防魔)
スサノオスサノオ
(異能)
ロキロキ
(荒神)
雄叫び デクンダ 衝撃ブースタ 破魔耐性
リディア ラクンダ 食いしばり ジオ
パーティ構成の基本
・スサノオが大活躍
・基本的にリディアで回復
・デクンダの継承がポイント
・ロキは荒神より素体の方が良い
悪魔 烙印とOP ステータス
フェンリルフェンリル
  • ■見切の烙印×4
  • ■物理回避の烙印×1
  • (HP+57%、物理回避+36%など)
  • ・体力:1653
  • ・魔攻:563
  • ・魔防:623
  • ・物防:580
スザクスザク
  • ■生命の烙印×3
  • ■見切の烙印×2
  • (HP+54%、物理回避+41%など)
  • ・体力:1710
  • ・魔攻:770
  • ・魔防:508
  • ・物防:604
スサノオスサノオ
  • ■恩恵の烙印×3
  • ■決意の烙印×2
  • (物攻+83%、HP+213など)
  • ・体力:1179
  • ・物攻:1518
  • ・魔防:611
  • ・物防:686
ロキロキ
  • ■消滅の烙印×3
  • ■守護の烙印×2
  • (魔攻+82%、魔攻+120など)
  • ・体力:1502
  • ・魔攻:1625
  • ・魔防:850
  • ・物防:632

ギリメカラを早く倒すには、スサノオでどれだけダメージを伸ばせるかが重要なので、物攻を中心に上げています。上記のパーティの中で積極的に編成したいのはスサノオのみであり、他は比較的自由に組んでも問題ありません。

ただし、タルンダ系のスキルとデクンダ、加えてギリメカラに火力を出せるアタッカーは必要です。

今回はギリメカラを素早く倒したので、フェンリルやスザクの回避が活躍することはありませんでしたが、2ターンかけて倒す場合は、ティタノマキアでプレスを減らすのに有効です。

攻略パーティ2

デバフ/回復 バフ/回復 火力/バフ 火力/支援
フェンリルフェンリル
(異能)
スザクスザク
(防魔)
スサノオスサノオ
(異能)
ペルセポネーペルセポネー
(加護)
雄叫び デクンダ 衝撃ブースタ 自由枠
リディア ディスコード 食いしばり 自由枠
パーティ構成の基本
・ペルセポネーの編成がポイント
・基本的にリディアで回復
・デクンダとディスコードの継承がポイント
悪魔 烙印とOP ステータス
フェンリルフェンリル
  • ■見切の烙印×4
  • ■物理回避の烙印×1
  • (HP+57%、物理回避+36%など)
  • ・体力:1653
  • ・魔攻:563
  • ・魔防:623
  • ・物防:580
スザクスザク
  • ■生命の烙印×3
  • ■見切の烙印×2
  • (HP+54%、物理回避+41%など)
  • ・体力:1710
  • ・魔攻:770
  • ・魔防:508
  • ・物防:604
スサノオスサノオ
  • ■恩恵の烙印×3
  • ■決意の烙印×2
  • (物攻+83%、HP+213など)
  • ・体力:1179
  • ・物攻:1518
  • ・魔防:611
  • ・物防:686
ペルセポネーペルセポネー
  • ■生命の烙印×3
  • ■見切の烙印×2
  • (魔攻+60%、物理回避+54%など)
  • ・体力:1771
  • ・魔攻:1123
  • ・魔防:721
  • ・物防:598

攻略パーティ1とは少し視点を変えた攻略法です。攻略パーティ1と違う点は、ロキではなくペルセポネーを採用している点と、スザクにディスコードを継承している点です。

ペルセポネーはデュエル用で加護にしていますが、HP回復を担える荒神が極オルクス戦では最適でしょう。ディスコードは、アラハバキのコンセントレイトやギリメカラの反逆の魔像を解除できるため、より敗因を減らせます。

また、余力があればペルセポネーにスクンダ系のスキルと、見切りスキルを継承すれば、よりギリメカラの攻撃を回避しやすくなり、攻略が楽になります。

ディスコードの継承悪魔はこちら

攻略パーティ3(無課金編成)

バフ/回復 反射/デバフ 回避/回復/火力 反射/火力
スザクスザク
(防魔)
ミトラミトラ
(加護)
アリラトアリラト
(素体)
ランダランダ
(異能)
デクンダ 氷結耐性 ディスコード 火炎ブースタ
ディスコード リディア アギ アギ
パーティ構成の基本
・アリラトと物理反射の構成
・スザクとアリラトは回避重視
・バフはチョーク頼み
・攻め4割、守り6割の意識
悪魔 烙印とOP ステータス
スザクスザク
  • ■生命の烙印×3
  • ■見切の烙印×2
  • (HP+54%、物理回避+41%など)
  • ・体力:1710
  • ・魔攻:770
  • ・魔防:508
  • ・物防:604
ミトラミトラ
  • ■生命の烙印×3
  • ■迅速の烙印×2
  • (HP+88%、HP+137など)
  • ・体力:2530
  • ・魔攻:650
  • ・魔防:712
  • ・物防:686
アリラトアリラト
  • ■生命の烙印×3
  • ■見切の烙印×2
  • (魔攻+60%、物理回避+51%など)
  • ・体力:1986
  • ・魔攻:1164
  • ・魔防:794
  • ・物防:638
ランダランダ
  • ■消滅の烙印×3
  • ■守護の烙印×2
  • (魔攻+84%、魔攻+48など)
  • ・体力:1165
  • ・魔攻:1466
  • ・魔防:788
  • ・物防:716

攻略パーティ3は、アリラトによる物理反射を軸に置いた編成です。アリラトは星4悪魔並に安く作成できるため、無課金の人でも容易に作れます。

編成難易度は低めですが、状況に応じた対応を求められることが多く、プレイ難易度は若干高めです。どの悪魔で回復するか、どのタイミングでデクンダやディスコードを使用するかなど、長期的なプランニングが必要になります。

基本的にデバフ解除や回復、コンセントレイトや反逆の魔像の解除を優先的に行い、1ターンに2、3回攻撃して少しずつ敵のHPを削ります。ギリメカラ対策を施しているため、最初はボスのオルクスから狙いましょう。

攻略おすすめ悪魔

悪魔 おすすめ理由
スサノオスサノオ
  • ・全悪魔中4位の力
  • ・天叢雲剣で大ダメージ
  • ・タルカジャもかけられる
アマテラスアマテラス
  • ・天孫降臨でデクンダ+3種バフ
  • ・加護でメディアラハンを習得
  • ・タルンダも所持
ネロ☆ネロ☆
  • ・オーバーチュアで電撃貫通攻撃
  • ・ボルテージでバッファーも担える
  • ・荒神で習得するジオダインが刺さる
ペルセポネーペルセポネー
  • ・ザクロの制約でリカーム+対策
  • ・ブフダインもち
  • ・魔力はやや高め
ロキロキ
  • ・アギダインとザンダインが有効
  • ・トリックスターで行動回数を増やせる
  • ・魔力とHPが高い
ホルスホルス
  • ・速が高い
  • ・回復スキルとデクンダを所持
  • ・マハンマでアタッカーとしても活躍
マンセマットマンセマット
  • ・憎悪の試練で攻撃しながらデバフ
  • ・異能で破魔ハイブースタを習得
  • ・全体破魔の通りが良い
フェンリルフェンリル
  • ・速が高い
  • ・異能でスピードスターを習得
  • ・サポート役に◎
スザクスザク
  • ・速と運が高く回避に優れる
  • ・メディラマもち
  • ・防魔で物理耐性を習得
ガルーダガルーダ
  • ・全悪魔中1位の速ステータス
  • ・ザンダインもち
  • ・ヴァーハナで回避率上昇
魔獣ネコマタ魔獣ネコマタ
  • ・味方全体に回避バフ
  • ・速ステータスがトップクラス
  • ・スピードスターもち
ラーマラーマ
  • ・貫吸の気魄でギリメカラ対策
  • ・物理吸収持ちと組ませる必要あり
  • ・回避での運用がおすすめ
ミトラミトラ
  • ・物理反射もち
  • ・加護でフォッグブレスを習得
  • ・アリラトと組ませる
ランダランダ
  • ・マハザンダインを所持
  • ・物理反射もち
  • ・アリラトと組ませる
アリラトアリラト
  • ・貫反の霊圧でギリメカラ対策
  • ・ディアラハンで回復
  • ・回避役としても活躍
スルトスルト
  • ・ラグナロクでオルクスに大ダメージ
  • ・素体で威圧の構えを習得
  • ・後攻威圧パのパーティに◎
トールトール
  • ・異能で電撃貫通を習得
  • ・魔力が高い
  • ・ミョルニルで大ダメージ
ツクヨミツクヨミ
  • ・ザンマを所持
  • ・月の加護でスキルの回転率が良い
  • ・アタッカーとして編成
ヘルズエンジェルヘルズエンジェル
  • ・味方全体に会心バフ
  • ・速が高く先攻をとりやすい
  • ※火力に自信ある場合は非常におすすめ

敵悪魔詳細

1戦目

シキオウジ ベルセルク
シキオウジ ベルセルク

ボス戦

アラハバキ オルクス ギリメカラ
アラハバキ オルクス ギリメカラ

攻略動画

デビルバスター極とは

特殊ルール
  • ・アイテム使用不可
  • ・応援なし
  • ・コンティニューなし
  • ・初回のみ報酬

デビルバスター極とは、イクリプスのように毎月更新される、上級者向けの高難度コンテンツです。アイテムが使用不可であり、コンティニューもできない、全クエストでトップの難易度を誇るクエストです。

初回クリアで「200万マッカ」と大量のマッカを獲得できます。烙印の厳選を行う方や、堕天市場を頻繁に利用する方にはおすすめです。

メガテンD2メガテンD2攻略トップへ

©SEGA/©ATLUS All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶D×2 真・女神転生リベレーション公式サイト

メガテンD2の注目記事

デビルバスター極攻略まとめ【ゴグマゴグ戦更新】
デビルバスター極攻略まとめ【ゴグマゴグ戦更新】
ディスコードのスキル効果と継承悪魔
ディスコードのスキル効果と継承悪魔
ペルセポネーの最新評価とスキル
ペルセポネーの最新評価とスキル
デクンダのスキル効果と継承悪魔
デクンダのスキル効果と継承悪魔
ギリメカラの最新評価とスキル
ギリメカラの最新評価とスキル
【復刻】猛将・屍鬼特別フェス第1弾(2019/4/25~)シミュレーター
【復刻】猛将・屍鬼特別フェス第1弾(2019/4/25~)シミュレーター
最強悪魔ランキング
最強悪魔ランキング
悪魔の評価一覧
悪魔の評価一覧
セラフの最新評価とスキル
セラフの最新評価とスキル
スキル一覧
スキル一覧
もっと見る

書き込み

最新を表示する

【PR】9月のおすすめゲームランキング

攻略メニュー