魔導戦士ティナの運用方法とおすすめ装備

FFBE(ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス)の魔導戦士ティナにおすすめの装備や魔導戦士ティナの性能、適性の高いボスの紹介などを記載しています。FFBEで魔導戦士ティナを使う際の参考にしてください。

魔導戦士ティナ

関連記事
魔導戦士ティナの評価 魔導戦士ティナの運用方法
冒険者ロックの評価 冒険者ロックの運用方法
晴れ着フィーナの評価 晴れ着フィーナの運用方法

魔導戦士ティナの長所

常時3回/最大4回撃てる連撃アビリティ

アビリティ名 性能
T魔道 ・アビリティを1ターンに3回使用できる
IV魔道 ・アビリティを1ターンに4回使用できる
※SPアビリティやLB使用後に使用可能

魔導戦士ティナは常時3回行動が可能な魔法アタッカーです。特定状況後ではなく、いつでも3回行動ができるという手数の多さが魅力的なキャラだと言えます。

戦闘開始時やSPアビリティ、LB使用後などは最大4回行動ができます。4回行動全てをエレメントチェインで繋ぐと絶大な火力を叩き出すので、高難度クエストを攻略する際の主力ダメージソースとして運用しましょう。

4回行動は特定条件下のみですが、SPアビリティを使うタイミングやLBゲージの上昇を意識して立ち回ることで、ほぼ常時4回行動を撃てる状態を維持できます。

連続使用で威力が上がる強力な魔法攻撃

アビリティ名 性能
ケイオスウェイブII ・威力100+500%の無属性魔法攻撃
・連続使用時に威力200%上昇
・最大威力100+1,500%
チェイングループ:ケイオスウェイブ
ケイオスフレアII ・威力100+400%の火属性魔法攻撃
・連続使用時に威力200%上昇
・最大威力100+1,400%
チェイングループ:ケイオスウェイブ
ケイオスウィンド ・威力100+400%の風属性魔法攻撃
・連続使用時に威力200%上昇
・最大威力100+1,400%

チェイングループ:ケイオスウェイブ
ケイオスライト ・威力100+400%の光属性魔法攻撃
・連続使用時に威力200%上昇
・最大威力100+1,400%

チェイングループ:ケイオスウェイブ

魔導戦士ティナは、連続使用時に威力が上昇する無/火/風/光属性魔法攻撃を得意としています。使う度に最後の一撃の威力が上昇していき、6発目以降は全て最高威力が維持されます。

1ターンに3回行動ができる魔導戦士ティナなら、2ターンで威力を最大にすることができます。極力同じアビリティを連続使用して、早めに威力を上げましょう。

どの属性のアビリティもケイオスウェイブ系のチェイングループに属しています。火や光はソルと、風は暗黒魔道士エクスデスとエレメントチェインを繋げられるので、属性に合わせて連携役を選びましょう。

ケイオスウェイブ系チェイン一覧はこちら

HP21%以下時にLBが大幅強化

アビリティ名 効果
LB ・3ターン自身の魔力+250%
・敵全体に実質威力3,900%の魔法攻撃
・2ターン「IV魔導」使用可能
LB
(HP21%以下時)
・3ターン自身の魔力+300%
・敵全体に実質威力5,900%の魔法攻撃
・3ターン「IV魔導」使用可能

魔導戦士ティナは、HPが21%以下になるとLBの性能が変化します。威力が大幅に伸びることに加えて魔力バフの倍率が上昇し、さらに4回行動ができるターン数が延びます。魔力バフはLB発動前に付与されるため、魔力バフ状態でLBを撃てます。

MP消費なしで全体5,900%の威力を誇るLBは極めて強力なので、運用の際はHP残量を意識しましょう。意図的にHP21%以下の状況を作るのは難しいですが、自身のHPを81%消費する「ライオットソード」などを使うことで調整できます。

LBは発動のタイミングこそ異なるものの、絶・明鏡系とチェインが可能です。魔導戦士ティナがトランスして飛び上がる瞬間に絶・明鏡系アビリティを使えば繋げられます。

魔導戦士ティナの火力の出し方

まずは属性を絞って威力を上げる

アビリティ名 性能
ケイオスフレアII
or
ケイオスウィンド
or
ケイオスライト
【1回目】
・威力100+400%
【2回目】
・威力100+600%
【3回目】
・威力100+800%
【4回目】
・威力100+1,000%
【5回目】
・威力100+1,200%
【6回目】
・威力100+1,400%
※以降威力変わらず

魔導戦士ティナの主力アビリティは使用する度に威力が上昇し、最短で最大威力にするには6回の使用が必要です。2ターンで最大威力まで持っていけるので、まずは任意の属性アビリティを最大威力にしましょう。

無属性の「ケイオスウェイブⅡ」が最も高威力ですが、属性耐性デバフの恩恵を受けることができません。そのため、可能な限り属性の付いているアビリティを使うのがおすすめです。

戦闘不能になるか、通常攻撃/防御を行うとアビリティの威力がリセットされてしまいます。戦闘不能になって1から威力を上げるよりも、多少魔力を落としてでも最高威力を維持した方が火力が伸びるので、装備は耐久面も重視しましょう。

属性耐性をデバフする

アビリティ名 効果
魔導力完全解放 【6Tに1回使用可/開幕使用可】
・2ターンの間、敵全体の火/風/光属性耐性-100%
・自身の魔力+200%
・次のターン「IV魔導」使用可能
フレイムライオット ・敵全体に威力380%の火属性魔法ダメージ
・敵全体の火属性耐性ダウン
1ターン目、火属性耐性-75%
2ターン目、火属性耐性-100%
3ターン目、火属性耐性-120%
エアロライオット ・敵全体に威力380%の風属性魔法ダメージ
・敵全体の風属性耐性ダウン
1ターン目、風属性耐性-75%
2ターン目、風属性耐性-100%
3ターン目、風属性耐性-120%
セイントライオット ・敵全体に威力380%の光属性魔法ダメージ
・敵全体の光属性耐性ダウン
1ターン目、光属性耐性-75%
2ターン目、光属性耐性-100%
3ターン目、光属性耐性-120%

魔導戦士ティナは火/風/光の属性耐性デバフアビリティを習得します。主力アビリティの威力を最大まで上げたら、耐性デバフを付与してダメージを底上げしましょう。

SPアビリティの「魔導力完全解放」を使えば、与ダメが2倍に伸びた状態で次のターンに4回行動が解禁されます。SPアビリティなので多用はできませんが、敵のHPトリガーを踏んで倒し切る場合など、ここぞという場面で使いましょう。

各種ライオット系アビリティは、ターン経過と共にデバフ倍率が上がる変わったアビリティです。毎ターン撃っていると75%デバフしか適用されないため、3ターンに1度撃つようにしましょう。

行動回数を増やす

アビリティ名 性能
人としての強い心
(トラアビ)
・魔力/MP+30%
・特定アビリティの威力+100%
・戦闘開始時「IV魔導」使用可能
魔導力完全解放 【CT6/開幕使用可】
・2ターンの間、敵全体の火/光/闇耐性-100%
・2ターンの間、自身の魔力+200%
・1ターン「IV魔導」使用可能
ライオットソード 【CT3/開幕使用不可】
・敵全体に実質威力1200%の魔法攻撃
・自身の現在HPの81%を消費
・敵全体のMPを吸収
・1ターン「マディンメモリー」「ケイオスエンド」使用可能
LB
(最大レベル)
・LB使用ターン+以降3ターン自身の魔力250%
・敵全体に実質威力3,900%
・2ターン「IV魔導」使用可能
LB
(HP21%以下時)
・LB使用ターン+以降3ターン自身の魔力300%
・敵全体に実質威力5,900%
・3ターン「IV魔導」使用可能

魔導戦士ティナはSPアビリティやLB使用後、4回行動が解禁されます。アビリティの威力アップと属性耐性デバフを終えたら4回行動を意識して、手数を増やしましょう。

SPアビリティ使用後なら1ターンだけ、LB使用後ならばHPにもよりますが2~3ターンの間4回行動ができます。LBゲージを貯めやすい装備やパーティ編成を組んで、LBと4回行動をループできる立ち回りが理想的です。

トラストアビリティが発動すると戦闘開始時確定で4回行動ができるため、必ずトラストアビリティを発動させましょう。

エレメントチェインを繋ぐ

キャラ名 チェインの組み合わせ例
ソルソル 【ケイオスフレアⅡとイグゾーストヒート】
火属性のエレメントチェインを繋げられます
暗黒魔道士エクスデス暗黒魔道士エクスデス 【ケイオスウィンドとエアロガスト】
風属性のエレメントチェインを繋げられます
晴れ着フィーナ晴れ着フィーナ 【ケイオスライトと四光・光】
光属性のエレメントチェインを繋げられます

魔導戦士ティナは、ケイオスウェイブ系のチェインを得意としています。同じくケイオスウェイブ系チェインを繋げられるキャラを編成し、エレメントチェインを繋げると大きくダメージが伸びるのでおすすめです。

火ならソル、風なら暗黒魔道士エクスデス、光ならソルや晴れ着フィーナとエレメントチェインを繋げられます。もちろん通常のチェインでも十分ダメージは出るので、属性を揃えることばかりに注力しなくても構いません。

4回行動のタイミングなどを揃えて、しっかりチェインを繋ぎましょう。ケイオスウェイブ系のチェインは繋ぐタイミングがシビアなので、ある程度練習が必要です。PC版ならばキーを押しやすいので、スマホで繋げられない場合は試してみましょう。

ケイオスウェイブ系チェイン一覧はこちら

魔法アタッカー性能比較

ステータス

キャラ HP MP 攻撃 防御 魔力 精神
魔導戦士ティナ魔導戦士ティナ 4,990 378 177 184 285 238
暗黒魔道士エクスデス暗黒魔道士エクスデス 5,227 379 206 196 281 243
ソルソル 5,229 374 172 171 285 240
漆黒の魔道士ゴルベーザ漆黒ゴルベーザ 5,036 372 177 210 282 231
トランスティナトランスティナ 4,987 331 202 203 262 217

魔導戦士ティナは、魔力こそトップクラスで高いものの耐久面に関しては乏しさが際立ちます。高難度クエストに挑む際は魔力以上に精神やHPにも気を配らないといけません。

耐久力が低い分、魔力は魔法アタッカーの中でも屈指の高さを誇ります。さらに常時自身に100%の魔力バフが付与されるため、ステータス以上に高い魔力を維持しつつ戦えます。

連続行動の回数

キャラ名 常時連撃 最大連撃
魔導戦士ティナ魔導戦士ティナ 3 4
暗黒魔道士エクスデス暗黒魔道士エクスデス 3 4
ソルソル 2 4
漆黒の魔道士ゴルベーザ漆黒ゴルベーザ 2 4
トランスティナトランスティナ 1 4

魔導戦士ティナは常時3回、最大4回の連続行動ができます。暗黒魔道士エクスデスとは4回行動のタイミングを上手く合わせることで、常に全てのアビリティをエレメントチェインさせられます。

ソルやゴルベーザだと、魔導戦士ティナは3回動けるのにソルが2回しか動けない、という状況が起こります。行動回数が合わない時は、属性デバフなどにアビリティを使いましょう。

魔導戦士ティナの装備例

二刀流運用

キャラ 装備
魔導戦士ティナ魔導戦士ティナ ティナの剣 星屑のロッド
ロイヤルクラウン ダークローブ
ナッツイーターヘアピン ナッツイーターヘアピン
アビリティ
文武両道 ロッドの極意

魔導戦士ティナは魔法アタッカーなので、魔力を中心にステータスを上げましょう。ティナの剣は武器種が剣なので武具強化で魔力を上げにくいものの、その分「命攻の刻印」を付けることでHPを底上げできます。

同様に、HPとMPを30%上昇する「愛」などを使えば、魔導戦士ティナの弱点である耐久性能の低さを補えます。過度に耐久を盛って魔力を下げては本末転倒なので、味方壁役などとの連携を加味して必要最低限の耐久を盛るべきです。

両手持ち運用

キャラ 装備
魔導戦士ティナ魔導戦士ティナ ティナの剣
ロイヤルクラウン ダークローブ
ナッツイーターヘアピン ナッツイーターヘアピン
アビリティ
マジックチャージャー 文武両道
マジックチャージャー

魔導戦士ティナは両手持ち時武具の魔力アップのパッシブを習得しているため、両手持ちでの運用も可能です。装備品の魔力を上げられることを考慮すると、最終的な魔力は両手持ち型の方が高く攻撃的です。

しかし「マジックチャージャー」が課金しないと入手できないカルエラートのトラマス報酬であることと、装備武器が1つ減ることで武具強化の恩恵を受けにくくなること、そして耐久力を落としてしまいがちな点からあまりおすすめできません。

二刀流でも十分ステータスは高くできますし、装備の敷居も低いため二刀流での運用をおすすめします。どうしても火力を追求したい場合かつ既にカルエラートを交換済みであれば両手持ちで運用しましょう。

カルエラートの評価と習得アビリティはこちら

相性の良い仲間キャラ

暗黒魔道士エクスデス

暗黒魔道士エクスデス

暗黒魔道士エクスデスは風属性のケイオスウェイブ系チェインアビリティを持つため、魔導戦士ティナとエレメントチェインを繋げることができます。風属性が有効なボス戦では必ず同時に運用しましょう。

連撃回数も常時3回、状況限定4回と魔導戦士ティナと噛み合っているため、行動回数を無駄にすることなく全てチェインを繋げられます。装備武器種も軽装備を好む魔導戦士ティナと、兜や鎧など重装備を使う暗黒魔道士エクスデスならば取り合いが起きません。

暗黒魔道士エクスデスの評価と習得アビリティはこちら

ソル

ソル

ソルは火/光のケイオスウェイブ系チェインを魔導戦士ティナと繋げることができます。火と光、両方に耐性を持っている敵は決して多くないため、数多くのクエストで編成できる組み合わせです。

ソルは大ダメージを受けても確定で戦闘不能を耐える、魔法アタッカーの中でも際立って継戦能力の高いキャラです。ソルはある程度敵の攻撃を耐えられるので、その分リレイズ付与や高性能の装備を魔導戦士ティナに回すことができます。

ソルの評価と習得アビリティはこちら

魔導戦士ティナの適性ボス

真降臨の間:真ブラッディムーン

真ブラッディムーン

真ブラッディムーンは、魔法ではないとダメージが通りません。高火力の魔法アタッカーが必須のクエストなので、魔導戦士ティナの火力が攻略の鍵を握ります。

戦闘不能になっても2ターン経てばすぐにアビリティの威力を最大まで持っていけるため、立て直し性能が高く敵の猛攻を受けることにも向いています。戦闘不能になることを前提とした立ち回りを展開しましょう。

真ブラッディムーン攻略はこちら

真降臨の間:リッチ

リッチ

真降臨のリッチ戦では、味方全員の火/氷/雷属性耐性が必須です。魔導戦士ティナはパッシブで火/氷/雷属性耐性を40%ずつ習得しているため、属性耐性を盛りやすくリッチ戦のアタッカーに向いています。

火属性攻撃で弱点を突け、光属性攻撃でミッション達成も狙えるため防御面だけではなく攻撃面でも優秀です。ソルや魔導戦士ティナ同キャラで運用し、火属性攻撃で攻めるようにしましょう。

即死耐性無効の即死攻撃を使われますが、魔導戦士ティナは2ターンあれば最大火力を出せるので立て直しが早く、被弾のリスクが低めです。

リッチ攻略はこちら

まとめ

魔導戦士ティナは耐久力こそ難があるものの、豊富な手数と極めて威力の高いLBのおかげで圧倒的な火力を叩き出せる強力な魔法アタッカーです。魔法攻撃でないと攻略できない真ブラッディムーン戦や、光属性攻撃が有効な混沌の闇に挑む際に特におすすめです。

自身のトラマス報酬が剣なのでロッドを持てるキャラとは異なる装備が必要になりますが、その分他の魔法アタッカーと装備を取り合わず、同時運用がしやすい点が特徴的です。フレンドに頼らず自前でアタッカーを揃える時に役に立つ個性だと言えます。

FFBE攻略トップに戻る

©2015-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. / Developed by Alim Co., Ltd. / LOGO & IMAGE ILLUSTRATION : © 2014,2015,2016 YOSHITAKA AMANO All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶FFBE公式サイト

FFBEの注目記事

書き込み

最新を表示する

【PR】おすすめゲームランキング

攻略メニュー