最強キャラ(ユニット)ランキング【星7キャラ入り】【1/21更新】

FFBE(ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス)の最強キャラ物理・魔法・回復・バフ・デバフ・壁役の役割別にランキングで記載。アビリティやステータス、装備から考察。FFBE攻略やユニット育成の参考にしてください。

最強ランキング

キャラ関連記事
星6最強ランキング 星7キャラ一覧
キャラ評価一覧 リセマラ当たりランキング
トラストランキング 最強チェインランキング
バフデバフランキング 新キャラ当たり考察

新キャラ情報

FFBE新キャラ
シトラシトラ マクメディマクメディ ロッティロッティ

役割別1位ユニット紹介

最強ランキング更新状況

1/11(火)

  • ・アタッカー,壁役,バフ役を更新
▼物理アタッカー ▼魔法アタッカー ▼壁役
ヒョウヒョウ トランスティナトランスティナ ヴィルヘルムヴィルヘルム
▼回復 ▼バフ ▼デバフ
サンタローゼリアサンタローゼリア 洸洋の軍師ニコル洸洋ニコル ロレーヌロレーヌ

最強物理アタッカーランキング

順位 キャラ 特徴
1
1位
ヒョウヒョウ

【チェイン】

  • ・攻撃力がトップクラス
  • ・両手持ちで火力、チェイン性能が非常に高い
  • ・高倍率の属性デバフが可能
  • ▼詳細はこちら
2位 氷炎の騎士ラスウェル氷炎ラスウェル

【チェイン/フィニッシャー】

  • ・チェイン性能が高いアビリティを習得
  • ・LBが威力と追加効果優秀
  • ・全キャラ1位の基礎攻撃力
  • ▼詳細はこちら
3位 クイーンクイーン

【チェイン/フィニッシャー】

  • ・ピアシング2連発による火力が非常に高い
  • ・チェインアタッカーもフィニッシャーも可能
  • ▼詳細はこちら
4位 オルランドゥオルランドゥ

【チェイン】

  • ・聖光爆裂波が極めて高いチェイン性能を誇る
  • ・光耐性デバフ+光属性攻撃
  • ▼詳細はこちら
5位 常闇のヴェリアス常闇

【チェイン/フィニッシャー】

  • ・火力、チェイン性能が非常に高い
  • ・闇耐性デバフ+闇属性攻撃
  • ・二刀、両手どちらも可能
  • ▼詳細はこちら

1位:ヒョウ

ヒョウ

役割 チェインアタッカー
攻撃力 268
攻撃パッシブ
(トラストアビ込み)
【両手持ち】
最大で攻撃+110%/両手持ち+100%
トラマス ヒョウの服
(攻撃+28,防御+24,大剣装備時攻撃+30%)
キラー なし
主力アビ ブレイドスレイブ
(100%+460%,7Hit,※ブボボ系)
ファントムブレイド
(560%+560%,7Hit,※ブボボ系)

※パッシブは自身が習得するパッシブとトラストアビリティ発動時の倍率を合計して表記しています

両手持ち最強チェインアタッカー

ヒョウは「ブレイドスレイブ」をはじめ、4種の7ヒットアビリティを習得します。

これらのアビリティは「Wブレイド」「Tブレイド」で連続使用できるため、両手持ちでも二刀流のオルランドゥやセフィロスとフルチェイン27ヒットが可能です。

また、ブレイドスレイブは星7覚醒で威力が100%+460%まで上昇する上、最後の一撃に威力が集中しているので、与えるダメージが極めて大きいアビリティです。

SPアビリティ「ファントムブレイド」が強力

ヒョウのSPアビリティ「ファントムブレイド」は、敵全体に火/雷属性耐性-100%しつつ全体に倍率560%+単体に560%ダメージを与えます。

さらに、ファントムブレイドもオルランドゥ等とフルチェイン可能な7ヒットアビリティで、高いチェイン性能を誇ります。

ヒョウの評価と習得アビリティはこちら

2位:氷炎の騎士ラスウェル

氷炎の騎士ラスウェル

役割 チェイン/フィニッシャー
攻撃力 269
攻撃パッシブ
(トラストアビ込み)
【二刀流】
最大で攻撃+60%
装備攻撃+30%
トラマス 蒼紅の魂
(HP・攻撃+30%,バーストストーンによる上昇量をアップ)
キラー なし
主力アビ 無明氷月
(520%,7Hit,氷耐性-60%,※ブボボ系)
紫電一閃・終
(実質1400%,1Hit)

※パッシブは自身が習得するパッシブとトラストアビリティ発動時の倍率を合計して表記しています

ブボボ系アビ「無明氷月」が強力

氷炎の騎士ラスウェルは、星7覚醒することで7ヒット攻撃アビリティ「無明氷月」を修得します。

無明氷月は聖光爆裂破や暗黒の罪科のような、いわゆるブボボ系アビリティなので、オルランドゥや常闇のヴェリアス達とフルチェインが可能です。

氷耐性60%ダウン効果もあるため、氷属性武器を装備させてエレメントチェインを行うことで大ダメージを与えることができます。

▶ブボボの意味とブボボチェイン一覧はこちら

LBで炎/氷耐性100%デバフ

氷炎の騎士ラスウェルは最大レベルのLBにより、実質威力2,400%のダメージに加えて火/氷耐性を100%デバフすることが可能です。

LB使用後は氷属性攻撃の「雪華終焉」、火属性攻撃の「クリムゾンピリオド」を使用できるため、デバフを活かして大ダメージを与えることができます。

星7覚醒すると雪華終焉とクリムゾンピリオドの威力が425%も上昇するため、耐性デバフ込の威力は2,200%となり、二刀アタッカーの中では破格の火力を叩き出します。

氷炎ラスウェルの評価と使い道はこちら

3位:クイーン

クイーン

役割 チェイン/フィニッシャー
攻撃力 254
攻撃パッシブ
(トラストアビ込み)
最大で攻撃+110%
両手持ち+100%
トラマス 賢き力
(攻撃+30%,HP+20%)
キラー なし
主力アビ 【チェイン】
アーマーピアシング
(550%,12hit,※クイックトリック系)
【フィニッシャー】
ホロウピアシング
(750%,1hit)

※パッシブは自身が習得するパッシブとトラストアビリティ発動時の倍率を合計して表記しています

Wピアシングによる連撃が強力

クイーンは星7覚醒すると「Wピアシング」という専用アビリティを習得します。習得しているピアシングアビリティを2回発動できる、強力なアビリティです。

12ヒットのアーマーピアシングや、1ヒットのホロウピアシングを役割によって使い分けることで極めて高い火力を叩き出すことが可能です。

トラストアビリティで両手持ち+100%のパッシブを習得するため、両手持ちの火力で2連撃を撃つことができます。

雷属性の強力な攻撃が可能

クイーンは3Tに1回、自身のHP95%を消費して威力1500%の雷属性攻撃「エクスプローダー」を使用できます。

味方の雷属性攻撃に合わせて撃てばエレメントチェインを狙える他、上手く耐性デバフを絡めればホロウピアシング2連撃以上の火力を発揮します。

HPを消費してしまうのは一見デメリットに見えますが、クイーンはHPが6%を下回るとLB上昇量2倍、防御/精神+300%のバフがかかるので、回復手段が用意できていればHP消費攻撃が大きなメリットになります。

クイーンの評価と習得アビリティはこちら

4位:オルランドゥ

オルランドゥ

役割 チェイン/フィニッシャー
攻撃力 263
攻撃パッシブ
(トラストアビ込み)
最大で攻撃+160%
二刀流+30%
トラマス 雷神の戦術書
(攻撃+3)
キラー なし
主力アビ 聖光爆裂破
(威力680%,7hit,光耐性-50%,※ブボボ系)

※パッシブは自身が習得するパッシブとトラストアビリティ発動時の倍率を合計して表記しています

聖光爆裂破の威力が大幅アップ

オルランドゥの主力アビリティは、実質威力400%で光耐性を50%低下させる「聖光爆裂破」です。アビリティ覚醒とトラストアビリティを含めると、なんと威力は680%まで上昇します。

光属性武器を持たせれば2発目以降の威力は1020%となり、チェインの繋がりやすさと相まって非常に強力なアビリティになります。

4Tに1度はフィニッシャーも兼ねる

オルランドゥは4Tに1回、実質威力1500%の1ヒットアビリティ「完全アルテマソード」を使用可能です。

事前に聖光爆裂破を撃っていれば実質威力は2250%となり、クラウドやスコールのLBをも上回る威力となります。4Tに1度なので頻発はできませんが、溜まった際は極力使うようにしましょう。

継戦能力が上昇

オルランドゥは「南天騎士団団長」のアビリティにより、防御と精神が30%上昇します。耐久力が大幅に上昇することに加えて、戦闘開始時と戦闘不能から復帰時に分身が付与されるため、被ダメの危険性も減っています。

また、LBを撃った際にHPを吸収できる効果も付与されるので、ヒーラーに頼らずとも自己回復が可能です。

オルランドゥの評価と習得アビリティはこちら

5位:常闇のヴェリアス

常闇のヴェリアス

役割 チェインアタッカー
攻撃力 245
攻撃パッシブ
(トラストアビ込み)
【両手持ち】
最大で攻撃+140%/両手持ち+75%
【二刀流】
最大で攻撃+160%
トラマス 六盟傑の誇り・闇
(大剣装備時攻撃+30%,重鎧装備時攻撃+30%)
キラー なし
主力アビ 暗黒の罪科
(720%,7Hit,闇耐性-50%,※ブボボ系)

※パッシブは自身が習得するパッシブとトラストアビリティ発動時の倍率を合計して表記しています

暗黒の罪科の火力が更にアップ

常闇のヴェリアスは星7覚醒で「闇の宿願」を習得し、LBと特定アビリティの火力がアップします。

主力である「暗黒の罪科」の攻撃倍率は実質520%から720%まで伸び、耐性ダウンを考慮すれば1080%と極めて高い火力を発揮します。

また、倍率600%で16Hit攻撃を行う「怨讐の刃」も習得し、チェインのバリエーションが増え、元々高いチェイン性能に磨きがかかりました。

LBの性能が大幅アップ

常闇のヴェリアスは、六盟傑の誇り・闇を装備している時にLBを撃つと大ダメージに加えて攻撃/防御を74%デバフできるようになります。

被ダメを減らせるのみならず、与ダメを倍以上に増やすことができるため、デバフ役に頼らずとも戦況を有利に展開することが可能です。

コストも軽めで使いやすいため、極めて強力なLBになります。LBレベルは最大まで上げておきましょう。

常闇のヴェリアスの評価と習得アビリティはこちら

最強魔法アタッカーランキング

順位 キャラ 特徴
1
1位
トランスティナトランス
ティナ
【チェイン/フィニッシャー】

  • ・ケイオスアビリティを4連続使用
  • ・ヒット数が多くエレメントチェインを繋ぎやすい
  • ▼詳細はこちら
2位 皇帝皇帝 【フィニッシャー】

3位 桜雲の賢者サクラ桜雲サクラ 【フィニッシャー】

  • ・5連続終の轟雷が強力
  • ・アビリティで雷属性耐性デバフ
  • ・味方の物理攻撃に雷属性を付与
  • ▼詳細はこちら
4位 ルールールールー 【チェイン】

  • ・水属性の強力アビリティを習得
  • ・水属性耐性デバフ倍率が高い
  • ▼詳細はこちら
5位 爽涼の魔人フィーナ爽涼
フィーナ
【チェイン】

  • ・水/風属性の強力アビリティを習得
  • ・水/風属性耐性デバフ倍率が高い
  • ▼詳細はこちら

1位:トランスティナ

トランスティナ

役割 チェイン
魔力 262
魔力パッシブ
(トラストアビ込み)
最大で魔力+160%
トラマス ソウルオブサマサ
(MP+30%,れんぞくま習得)
キラー なし
主力アビ ケイオスウェイヴ
(720%,5Hit,無属性,連続使用可能)
ケイオスダーク/ケイオスフレア
(闇/火属性,最大1400%,5Hit)

※パッシブは自身が習得するパッシブとトラストアビリティ発動時の倍率を合計して表記しています

魔導力解放による4連撃が強力

トランスティナはケイオスの名が付くアビリティを4連続で使用できるようになる「ケイオスチェイン」が強力なチェイン役です。

威力720%の「ケイオスウェイブ」や、連続使用で威力が上がり最高威力1400%の「ケイオスダーク/ケイオスフレア」を4連続で使用することで、爆発的な火力を叩き出します。

ただし、ケイオスチェイン使用条件である「魔導力解放」は6Tに1度しか使用できないため、コンスタントに高いダメージを出すことはできません。

火/闇属性パーティに最適

トランスティナの習得する「ケイオスダーク」「ケイオスフレア」はそれぞれ闇と火の5ヒット攻撃です。4連続使用を考慮するとエレメントチェインを組みやすく、闇/火属性のパーティで重宝します。

トランスティナ自身は属性耐性デバフを習得しないため、耐性デバフ手段を持つ味方と一緒に編成することで真価を発揮します。

トランスティナの評価と習得アビリティはこちら

2位:皇帝

皇帝

役割 フィニッシャー
魔力 258
魔力パッシブ
(トラストアビ込み)
魔力+80%
トラマス マティウスの悪意
(魔力+109)
キラー なし
主力アビ 地獄の業火
(最大威力2500%,火耐性-25%,1hit)

※パッシブは自身が習得するパッシブとトラストアビリティ発動時の倍率を合計して表記しています

地獄の業火を2発撃てる

皇帝の主力アビリティは、使用する度に威力が上昇し最終的に2500%になる「地獄の業火」です。単発火力2500%も相当ですが、トラストアビリティ「Wヘルファイア」を使えば1ターンに2発撃つことが可能です。

これにより、1ターンの最大火力は5000%になります。また、地獄の業火には火耐性-25%効果があるため実質6250%、エリクシャー使用後のいんせきなら火耐性-65%なので、1ターンの最大火力は8250%です。

最大威力に上がるまで10回の使用が必要になりますが、1ターンに2回撃てるため5ターンで最大威力にまで達します。

皇帝の評価と習得アビリティはこちら

3位:サクラ

役割 フィニッシャー/チェイン
魔力 254
魔力パッシブ
(トラストアビ込み)
最大で魔力110%/装備品合計+50%
トラマス ミシディアの賢者
(MP+20%,魔力+40%,毎ターンLBゲージが増加)
キラー なし
主力アビ 【フィニッシャー】
終の轟雷
(威力300%,1hit,使用するごとに最大9回150%威力増加)
【チェイン】
エターナルレイ
(威力最大1880%,40hit,LB)

※パッシブは自身が習得するパッシブとトラストアビリティ発動時の倍率を合計して表記しています

五連迅により雷アビリティを5回発動可能

賢者サクラは5Tに1回使用可能なアビリティ「神鳴り」により、自身の魔力デバフを解除した上で次のターン「五連迅」を使えるようになります。

「五連迅」は「迅・終の轟雷」「迅・雷光」「迅・雷の刃」の中から任意で5回発動可能な強力な連撃アビリティで、条件を整えれば最大威力の迅・終の轟雷を5連続で使用することが可能です。

初手で雷耐性を50%下げてから終の轟雷を4発叩き込むという器用な動きも可能であり、フィニッシャーの名に恥じない圧倒的な火力を有します。

味方に雷属性を付与

賢者サクラは「迅雷助勢」を使うことで味方の物理攻撃に雷属性を付与することができます。

賢者サクラが持つ雷耐性デバフ効果の恩恵を他の味方も受けられるようになり、エレメントチェインを狙いやすくもなります。

同じく雷属性付与を得意とするイグニスと比較すると、事前準備が不要で好きな時に属性付与ができるという点が優秀です。

賢者サクラの評価と習得アビリティはこちら

4位:ルールー

役割 チェイン/フィニッシャー
魔力 262
魔力パッシブ
(トラストアビ込み)
最大で魔力+90%/装備品合計50%
トラマス

ナイト・オブ・タマネギ
(攻撃+21,魔力+120,MP+20%
装備時「オートフェイス」が発動)

キラー なし
主力アビ 【チェイン】
フラッド
(550%,12Hit,雷耐性-60%,
チェイン性能◎)
【フィニッシュ】
ゾウォタ
(520%,1Hit,使用するごとに最大10回120%上昇)

※パッシブは自身が習得するパッシブとトラストアビリティ発動時の倍率を合計して表記しています

水属性の強力なチェインアビリティを習得

ルールーは、12ヒットする水属性魔法「フラッド」を習得します。敵単体の水属性耐性を100%下げる「T・フレア」と組み合わせることで、大ダメージを狙えます。

また、星7Lv.105で「激流の力」を習得すると、フラッドの威力が300%上がるので、チェイン稼ぎだけでなく、メインアタッカーとしても運用可能です。

チェインはルールー同士だけでなく、アビリティ覚醒をしたリュックの「タイダルウェーブ」

水属性のフィニッシュアビリティ習得

ルールーは、水属性のフィニッシュ魔法「ゾウォタ」を習得します。連続使用で最大10回威力が120%上がるほか、「激流の力」でゾウォタの威力が400%上昇します。

ルールーの評価と習得アビリティはこちら

5位:爽涼の魔人フィーナ

爽涼の魔人フィーナ

役割 チェイン
魔力 265
魔力パッシブ
(トラストアビ込み)
最大で魔力+150%
トラマス 魔人フィーナの水着
(防御+21,魔力+60,水耐性+50%)
キラー なし
主力アビ メーアツォルン
(900%,12Hit,水耐性-60%,
2Tに1度使用可能,チェイン性能◎)

ボレアスゲイル
(760%,12Hit,風耐性-60%,
2Tに1度使用可能,チェイン性能◎)

※パッシブは自身が習得するパッシブとトラストアビリティ発動時の倍率を合計して表記しています

水/風属性の強力なチェインアビリティを習得

爽涼の魔人フィーナは、耐性を60%デバフしつつ12ヒットする強力なアビリティ「メーアツォルン」「ボレアスゲイル」を習得します。

ヒット数、耐性デバフ共に極めて優秀なアビリティなので、エレメントチェインを狙うことで大ダメージが見込めます。

それぞれ2Tに1回使用なため、交互に使用するか同属性の魔法で攻めるなどの工夫が必要です。

水耐性を最大110%デバフ

爽涼の魔人フィーナは「サマーフィアリエン」により、敵の水属性耐性を110%デバフすることが可能です。

耐性デバフ率110%はティーダのLBよりも高く、水属性攻撃主体のパーティでは大幅なダメージアップが見込めます。

爽涼の魔人フィーナ自身も「メーアツォルン」、フラッド、LBなど水属性攻撃が豊富なのでダメージアップに重宝するでしょう。

爽涼の魔人フィーナの評価と習得アビリティはこちら

最強壁役ランキング

順位 キャラ 特徴
1
1位
ヴィルヘルムヴィルヘルム
  • ・圧倒的な耐久力
  • ・100%引きつけ/物理かばうどちらも可能
  • ・自身への物理ダメージ90%カット
  • ▼詳細はこちら
2位 グラディオラスグラディオラス
  • ・圧倒的な耐久力
  • ・物理かばうの発動率が高い
  • ・LBで引きつけ&防御デバフ
  • ▼詳細はこちら
3位 覚醒レイン覚醒レイン
  • ・圧倒的な耐久力
  • ・100%引きつけ/魔法かばうどちらも可能
  • ・魔力60%デバフ
  • ▼詳細はこちら
4位 傭兵ラムザ傭兵ラムザ
  • ・物理と魔法の全体かばうアビ習得
  • ・かばうはそれぞれ3ターンに1回使用可能
  • ・敵単体に全属性耐性60%デバフ
  • ▼詳細はこちら
5位 バッシュバッシュ
6位 ミステアミステア
  • ・魔法攻撃をかばえる
  • ・味方全体に全状態異常+ストップ耐性付与
  • ・アビ覚醒で軽減率とかばう率アップ
  • ▼詳細はこちら
7位 シルトシルト
  • ・魔法攻撃をかばえる
  • ・味方全体に全ステデバフ+ストップ耐性付与
  • ▼詳細はこちら

1位:ヴィルヘルム

ヴィルヘルム

役割 引きつけ/物理全体かばう
HP 5,563
防御 283
精神 232
耐久パッシブ
(トラストアビ込み)
HP+100%,防御+150%,精神+120%
主力アビ 帝国は我らとともに
(全体物理かばう,発動率75%,
カット率50~70%)
不撓不屈
(引きつけ率100%,
自身へのダメージ30%軽減)
完全防御態勢
(1ターン物理ダメージを90%カット,
4Tに1度使用可能)

※パッシブは自身が習得するパッシブとトラストアビリティ発動時の倍率を合計して表記しています

圧倒的耐久力を誇る強力な壁役

ヴィルヘルムは素のステータスが高く、またHP/防御/精神を上昇させるパッシブを豊富に習得するキャラです。

比較的容易にHP1万を超えるため、壁役としては高い信頼性を誇ります。万全の装備であれば、アイガイオンのアームバーストする耐え凌ぐことが可能です。

素のステータスの高さに加え、被ダメ30%軽減や物理ダメージ90%軽減などダメージカットアビリティも充実しているため、強力なボス戦では欠かせない存在となります。

引きつけ/物理かばう両方可能

ヴィルヘルムは引きつけ率100%の引きつけ役と、全体物理攻撃をかばう役、両方をこなすことが可能です。

物理攻撃が苛烈な敵に対しては物理かばう役として、魔法攻撃が苛烈な敵に対しては引きつけ役で魔法壁の負担を減らす役として運用しましょう。

ヴィルヘルムの評価と習得アビリティはこちら

2位:グラディオラス

グラディオラス

役割 引きつけ/物理全体かばう
HP 5,898
防御 252
精神 229
耐久パッシブ
(トラストアビ込み)
HP+110%,防御+140%,精神+110%
主力アビ ダッシュガード
(全体物理かばう,発動率80%,
カット率50~70%)
LB
(引きつけ率100%,
自身へのダメージ50%軽減,
敵全体へ防御60%デバフ)

※パッシブは自身が習得するパッシブとトラストアビリティ発動時の倍率を合計して表記しています

ダッシュガードがアビ覚醒で超強力に

グラディオラスは味方全体への物理攻撃をかばうことができる「ダッシュガード」を習得します。発生確率は生存者1人につき50%で、自分以外に5人いる場合は31/32の確率でかばうことができます。

アビ覚すると発生確率は80%に上昇し、5人生存者がいる場合は3124/3125で物理攻撃をかばうことが可能です。長期戦においても、まず守り漏らすことがない絶大な信頼性を誇ります。

ダメージ軽減率も51~59%から51~69%と上昇しており、アビ覚前に比べて遥かに性能が上がっています。グラディオラスを運用する場合は優先的にアビ覚しておきましょう。

高い耐久性能と自己回復

グラディオラスはトラストアビリティ「次代の盾」や「剣聖を継ぐものなど」、HP/防御/精神のパッシブを多く習得します。加えてHPが非常に高いので、ロイヤルガードやダッシュガードのかばうアビリティで、壁役として活躍できます。

更に、被弾時にHPを回復するカウンターを修得したため、ヒーラーの手を煩わせずに耐え凌ぐことができます。

グラディオラスの評価と習得アビリティはこちら

3位:覚醒レイン

覚醒レイン

役割 引きつけ/魔法全体かばう
HP 4,246
防御 165
精神 187
耐久パッシブ HP+80%,防御+110%,精神+110%
主力アビ エナジーウォール
(全体魔法かばう,発動率80%,
カット率50~70%)
スタンドアウト
(引きつけ率100%,
自身へのダメージ30%軽減)

耐久力の高い魔法壁

覚醒レインは味方全体への魔法攻撃を防ぐことができる、魔法壁役です。エナジーウォールの発動率は80%と非常に高く、味方全員が生存している状況で守り漏らすことはほぼありません。

ステータスもHPや精神を伸ばしやすく、パッシブ条件も鎧/盾であれば種類は問わないなど条件が軽いため、ステータスを伸ばしやすいキャラです。

覚醒レインの評価と習得アビリティはこちら

4位:傭兵ラムザ

傭兵ラムザ

役割 物理・魔法全体かばう/デバフ
HP 5,311
防御 165
精神 187
耐久パッシブ HP+20%,防御+20%,精神+40%
主力アビ 先陣の守護
(全体物理かばう,発動率75%,
カット率50%)
後詰の守護
(全体魔法かばう,発動率75%
カット率検証中)

物理と魔法どちらもかばえる

傭兵ラムザは、「先陣の守護」で全体物理を、「後詰の守護」で全体魔法をかばえます。発動率も75%とバッシュのかばうアビリティと同じ数値なので、かばい損ねることはあまりありません。

ただしかばうアビリティはどちらも3ターンに1回使用可能で、デスペルで解除されると再度使用可能になるまでかばえなくなるため、汎用性はやや落ちます。

全属性耐性60%デバフ持ち

傭兵ラムザは、「咬撃超狼破」で敵単体の全属性耐性を60%下げられます。6ターンに1回しか使用できないものの、かばうの合間に与ダメージ増加に貢献できます。

傭兵ラムザの評価と習得アビリティはこちら

5位:バッシュ

バッシュ

役割 全体物理かばう/全体魔法かばう
HP 4,135
防御 185
精神 166
耐久パッシブ HP+40%,防御+70%,精神+70%
主力アビ 黄昏の守護
(全体魔法かばう,発動率75%,
カット率50~70%)
暁の守護
(全体物理かばう,発動率75%,
カット率50~70%)

物理/魔法両方をかばえるかばう役

バッシュは、使用するアビリティによって物理かばうと魔法かばうを使い分ける優秀な壁役です。

敵の特徴に合わせて、より被害の大きな攻撃を防げるように立ち回りましょう。

物理攻撃を受けると確率で自身のHPを回復するため、物理壁としてはヒーラー無しでも立ち回れるだけの高い継戦能力を有しています。

バッシュの評価と習得アビリティはこちら

6位:ミステア

ミステア

役割 全体魔法かばう
HP 3,714
防御 148
精神 176
耐久パッシブ 防御+30%,精神+30%
主力アビ ブローディアウォール
(全体魔法かばう,発動率50%,
カット率50%)

全体魔法攻撃をかばえる

ミステアは味方全体への魔法攻撃を防ぐことができる、魔法壁役です。6人のダメージを1人で受け止めるため生き残るのは難しいですが、6人全員が全滅してしまうような事態を防げます。

属性魔法に関しては耐性を上げておけば6発全てを受けても生存可能なため、無属性魔法攻撃ではなく属性魔法攻撃に対して優秀な壁役となります。

状態異常耐性を味方に付与

ミステアは「クリアヴェール」により、味方全体に全状態異常+ストップ耐性を付与することができます。

麻痺や混乱、石化などの状態異常を防ぐことは強敵との戦いにおいては必須です。パーティ全員分の耐性装備を揃えるのも難しいですが、ミステアがいれば耐性装備を完備する必要はなくなります。

また、希少なストップ耐性の付与手段でもあるので、ストップを使用してくる敵との戦闘においては欠かせない存在になります。

ミステアの評価と習得アビリティはこちら

7位:シルト

シルト

役割 全体魔法かばう
HP 3,881
防御 156
精神 175
耐久パッシブ 防御+50%,精神+30%
主力アビ ブローディアウォール
(全体魔法かばう,発動率50%,
カット率50%)

全体魔法攻撃をかばえる

シルトはミステアと同じく、味方全体への魔法攻撃を防ぐことができる魔法壁役です。6人のダメージを1人で受け止めるため生き残るのは難しいですが、6人全員が全滅してしまうような事態を防げます。

属性魔法に関しては耐性を上げておけば6発全てを受けても生存可能なため、無属性魔法攻撃ではなく属性魔法攻撃に対して優秀な壁役となります。

ステータスデバフ耐性を付与

シルトは「インターセプション」により、味方全体に全ステータスデバフ+ストップ耐性を付与することができます。

防御や精神にデバフが入ると一気に敵の攻撃が厳しくなるため、ステータスデバフ耐性を付与することで安定した戦いを展開することが可能です。

また、攻撃を下げて防御を上げるようなバフアビリティを持つウィリアムや洸洋ニコルと組ませると、デメリット無しでステータスを伸ばすことができるようになります。

シルトの評価と習得アビリティはこちら

最強ヒーラーランキング

順位 キャラ 特徴
1
1位
サンタローゼリアサンタ
ローゼリア
  • ケアルジャ/アレイズ/リレイズ習得
  • ・6Tに1度全体リレイズ
  • ・バフデバフが優秀
  • ▼詳細はこちら
2位 アヤカアヤカ
  • ケアルジャ/アレイズ/リレイズ習得
  • ・ストップ状態を回復可能
  • HPバリア付与可能
  • ▼詳細はこちら
2位 白蓮の魔道士フィーナ白蓮フィーナ
  • ・ケアルジャ/アレイズ/リレイズ習得
  • ・LBで耐性ダウン+全体リレイズ
  • ・アビリティでも全体リレイズ
  • ▼詳細はこちら
4位 ユウナユウナ
  • ・ケアルジャ/アレイズ/リレイズ習得
  • ・れんぞくま/ガ系魔法/HPバリア習得
  • ・召喚でフィニッシュを狙える
  • ▼詳細はこちら
5位 レムレム
  • ・やらせない!で全体リレイズ
  • ・LBゲージを消費して全体MP回復
  • ・れんぞくまとケアルジャ持ち
  • ▼詳細はこちら

1位:サンタローゼリア

サンタローゼリア

役割 ヒーラー
HP 4,518
精神 214
パッシブ
(トラストアビリティ込み)
HP+40%,防御+40%,精神+110%,氷耐性+70%
主力アビ ケアルジャ
(味方全体のHPを大回復)
リレイズ
(味方単体に戦闘不能時自動蘇生効果付与)
アレイズ
(味方単体をHP全快状態で戦闘不能から復活)
ホーリーリバイブ
(味方全体にリレイズ+HPMPを徐々に回復)

幅広い白魔法を使いこなすヒーラー

サンタローゼリアはW白魔法により、習得している白魔法を2種類同時に使用することができます。

ケアルジャ/リレイズによる回復と蘇生はもちろんのこと、ステータスデバフや状態異常の解除などもこなすため、1ターンにできる動きの幅が広いのが特徴的です。

特殊アビリティを使えば全体リレイズ、氷/光耐性バフ、防御/精神バフ、敵の魔力/精神デバフなど、ヒーラーの枠にとどまらない働きが可能です。

状態異常に強い

サンタローゼリアは自身のトラストアビリティにより、全状態異常攻撃を無効化することができます。常に動きを制限されることがないため、極めて安定感の高いヒーラーです。

また、LBを使えば自身のみならず味方全体の状態異常耐性とステータスデバフ耐性を上げることができ、ボス戦で大変重宝するでしょう。

サンタローゼリアの評価と習得アビリティはこちら

2位:アヤカ

アヤカ

役割 ヒーラー
HP 4,469
精神 210
パッシブ HP+60%,精神+30%
主力アビ エリュシウム
(【6Tに1回使用可】味方全体のHPを回復+バリアを付与)
リサージェンスⅡ
(【5Tに1回使用可】味方全体の戦闘不能を回復+戦闘不能状態ではなかった味方全体にバリアを付与)
ピュリファイⅡ
(【4Tに1回使用可】味方全体の毒暗闇睡眠沈黙麻痺混乱病気石化を回復+ストップを解除+バリアを付与)
ストップデタッチ
(味方全体のストップ状態を解除)

HP/状態異常回復とバリアに特化したヒーラー

アヤカはケアルジャによる全体大回復と、アレイズ/リレイズによる蘇生を同時にこなすことができる強力なヒーラーです。

毒/暗闇/魅了以外は全て無効化できるため、状態異常回復もほぼ確実に行なえます。また、アヤカは味方全体にHPバリアを付与することができる点が優秀です。

希少なストップ解除持ち

アヤカは味方全体にストップ状態を解除できる「ストップデタッチ」を習得します。

ストップ状態を解除できるキャラは極めて数が少なく、一度かかってしまったストップ状態を解除する手段は限られています。

アヤカは自身がストップ無効なことに加えて味方の状態を解除できるので、ストップ攻撃を多用してくる敵と戦う時は必ず編成しておきたいキャラです。

アヤカの評価と習得アビリティはこちら

2位:白蓮の魔道士フィーナ

白蓮の魔道士フィーナ

役割 ヒーラー/魔法アタッカー
HP 4,388
精神 214
パッシブ HP+35%,精神+30%
主力アビ ブロッサムハーツ
(【4Tに1回使用可】味方全体の戦闘不能を全回復+3ターン自分に戦闘不能を1回自動回復する効果を付与)
エタニティライト
(【8Tに1回使用可】味方全体のHPを回復+戦闘不能を1回自動回復する効果を付与)
ジャッジメントクロス
(敵全体に魔力精神依存ダメージ+光・闇属性耐性をダウン+味方全体に戦闘不能を1回自動回復する効果を付与)
ディバインヴェール
(攻/防+80%、全属性耐性+40%)

全体リレイズで最優秀

白蓮フィーナはアヤカと同じく、ケアルジャによる全体大回復とアレイズ/リレイズによる蘇生を同時にこなすことができる強力なヒーラーです。

フィーナのユニークポイントとしては、アビリティとLBで全体リレイズをかけられる点、LBゲージが毎ターン溜まり、LBが使いやすい点です。

敵の攻撃が苛烈な高難易度クエストでは、蘇生役として優秀な性能を持ちます。

LBで全体にリレイズを付与

白蓮フィーナのLBは、敵全体に精神依存の強力なダメージを与えつつ光/闇耐性を50%デバフし、更に味方全体にリレイズを付与する優秀なLBです。

味方全体にリレイズを付与することで不意の事故を防ぐことができるので、強敵戦ほど活躍するLBです。

白蓮の魔道士フィーナの評価と習得アビリティはこちら

4位:ユウナ

ユウナ

役割 ヒーラー
HP 4,516
精神 206
パッシブ HP+20%,精神+80%
主力アビ ケアルジャ
(味方全体のHPを大回復)
リレイズ
(味方単体の戦闘不能を1度自動回復する)
バ○○ガ
(味方全体の火or氷or雷or水属性耐性70%アップ)
ガードとの絆
(【4Tに1回使用可】3ターン、味方全体にバリアを付与)

星7でケアルジャ習得

ユウナは、星7覚醒することでケアルジャを習得し、れんぞくま+ケアルジャリレイズでヒーラー運用が可能になりました。さらにデスペガとバ系魔法も習得するため、回復だけでなくサポートも行えます。

4ターンに1回使用可能な「ガードとの絆」では、味方全体にHP3,000のバリアを付与できます。

シューティング・パワーや召喚でフィニッシュ

ユウナは、回復だけでなく「シューティング・パワー」や召喚でフィニッシュ攻撃をすることも可能です。

召喚魔法のダメージは+80%、シューティング・パワーは+300%上乗せしてダメージを与えられ、ヒーラーを兼任できるので十二武具の間などで活躍できます。

ユウナの評価と習得アビリティはこちら

5位:レム

レム

役割 ヒーラー/魔法アタッカー
HP 5,027
精神 242
パッシブ HP+20%,精神+110%
主力アビ ケアルジャ
(味方全体のHPを大回復)
死なないで
(味方単体に戦闘不能時自動蘇生効果付与)
やらせない!
(味方全体に戦闘不能時自動蘇生効果付与)

全体リレイズ付与が可能なヒーラー

レムは6Tに1回使用可能な「やらせない!」により、味方全体にリレイズを付与することができるヒーラーキャラです。

6Tに1回なので少々使い勝手悪いものの、通常のターンでもケアルジャによる全体回復や「死なないで」によるリレイズ付与で常に回復し続けることが可能です。

リレイズ付与アビリティであってリレイズではないので、魔法禁止ミッションでも使える点が特徴的でしょう。

魔法アタッカーとしても運用可能

レムはヒーラータイプのキャラではありますが、魔法チェインアタッカーとしての運用も可能です。

れんぞくまを習得する上にクエイク/トルネドを習得するため、パーティに合わせてエレメントチェインを狙えばダメージソースになれます。

ケアルジャ+トルネドというような回復しつつ余った手数で攻撃することもできるので、攻撃的なヒーラーだといえます。

レムの評価と習得アビリティはこちら

最強バッファーランキング

順位 キャラ 特徴
1
1位
ニコル洸洋ニコル
  • ・全ステ134%バフのLBが超強力
  • ・被ダメ軽減やMP回復で補助が充実
  • ・110%バフ+LBゲージ増加が強力
  • ▼詳細はこちら
2位 ラムザラムザ
  • ・全ステ100%バフの歌を使える
  • ・毎ターン全体HPMP回復可能
  • ・攻/防/魔/精いずれかの60%デバフ
  • ▼詳細はこちら
3位 ロイロイ
  • ・全ステ110%バフ+HP/MP回復
  • ・全ステ45%デバフ
  • ・上記のバフ/デバフを同時に行える
  • ▼詳細はこちら
4位 イグニスイグニス
  • ・料理でステータスバフや軽減バフ
  • ・エンハンスで属性付与が可能
  • ・耐性ダウン手段も豊富
  • ▼詳細はこちら
5位 ルネラルネラ
  • ・全ステ135%バフアビリティ習得
  • ・MP135回復も可能
  • ・倍率960%の攻撃アビリティ習得
  • ▼詳細はこちら

1位:洸洋の軍師ニコル

洸洋の軍師ニコル

役割 バッファー
HP 3,831
パッシブ HP+20%
主力アビ 難攻不落の陣
(味方全体の被ダメ30%軽減)
魔源還流の陣
(味方全体のMP40回復)
魂魄充溢の陣
(味方全体の全ステータスを100%アップ+HPを徐々に回復)

ステータスを大幅に上昇させるバッファー

洸洋ニコルは、最大で全ステータスを134%も上昇させることができる強力バッファーです。与ダメを増やし被ダメを減らすため、あらゆるボス戦で重宝します。

ステータスを上昇させつつLBゲージを上昇させたりと、ただステータスを上げるだけではない多彩なバフも魅力の一つです。長期戦になればなる程活躍が見込めます。

補助性能が極めて高い

洸洋ニコルはステータスバフの他に、被ダメ軽減やMP回復、属性耐性アップなど様々なバフアビリティを習得します。

「連鎖陣」を使うことで習得アビリティを2つ同時に使用可能なため、ステータスを伸ばしつつ被ダメを軽減したり、MP回復を2連続で使って長期戦を凌ぐなど幅広い立ち回りを展開します。

各アビリティの持続時間や敵のHP状況などを踏まえて、最適な動きをしましょう。

洸洋の軍師ニコルの評価と習得アビリティはこちら

2位:ラムザ

ラムザ

役割 バッファー/デバッファー
HP 5,199
パッシブ
(自身のトラマス報酬込)
HP+35%
主力アビ ウエポンブレイク
(敵単体の攻-60%)
マインドブレイク
(敵単体の魔-60%)
えいゆうのうた
(味方全体の全ステ100%アップ+HPMP徐々に回復)
士気策励
(味方全体に2000ダメージ分のバリアを付与)

初動の早いデバッファー

ラムザは「Wブレイク」のアビリティにより、習得しているデバフアビリティを2種類同時に使用することができる強力なデバフ役です。

アビ覚「ウエポンブレイク」と「マインドブレイク」を同時に使用することで、攻撃と魔力を同時に60%デバフすることが可能です。

攻/魔60%デバフを初動で可能なのは現状ラムザのみなので、初動の早さだけで見れば最強のデバッファーだといえるでしょう。

「えいゆうのうた」で全ステバフ

ラムザはアビ覚「えいゆうのうた」により、全ステータス100%バフとHPMPリジェネをかけることができます。

ステータス上昇率が高く、更にHPMPが自動で回復するようになるため強敵戦ほど重宝するバフアビリティです。

歌っている3ターンは行動制限がかかりますが、ブレイク系スキルの持続時間が5ターンなのでデバフ効果時間中に歌うと無駄なく行動できます。

ラムザの評価と習得アビリティはこちら

3位:ロイ

ロイ

役割 バッファー/デバッファー
HP 4,683
パッシブ HP+20%
主力アビ チェンジ・レパートリー
(【12Tに1回使用可】1ターン、味方全体の攻撃防御魔力精神をアップ+HPMPを回復+バーストストーンによる上昇量をアップ+敵全体の攻撃防御魔力精神をダウン+次のターン「愚か者のバラッド」が「三章・神魔激戦」に変化)
最終章・勇者の凱歌
(味方全体の全ステ110%アップ+敵全体の全ステ45%ダウン)
進軍のヴィルレー
(歌っている間、味方全体の攻撃防御を180%アップ+敵全体の攻撃防御を65%ダウン+HPを徐々に回復+物理ダメージを25%軽減)
魔想のラメント
(歌っている間、味方全体の魔力精神を180%アップ+敵全体の魔力精神を65%ダウン+MPを徐々に回復+魔法ダメージを25%軽減)

味方を鼓舞する歌系バッファー

ロイは歌を歌うことで味方へのバフと敵へのデバフをこなす、サポートタイプのキャラです。

特に、LB使用後に発動できる「竜声の残響」は、味方には強力なバフを、敵には強力なデバフをかけるもので、バフデバフHPMP回復に加えLBゲージ補助も行える最強クラスのアビリティです。

使用までに手間はかかるものの、一度発動すれば最強クラスのサポーターとして活躍できます。

ロイの評価と習得アビリティはこちら

4位:イグニス

イグニス

役割 ステータス+属性付与バフ
HP 5,328
パッシブ
(自身のトラマス報酬込)
HP+20%,防御+20%,精神+90%
主力アビ

エンハンス
(味方単体の武器に属性を付与)
調理
(ステータスアップ、属性耐性アップ、ダメージ軽減バフ)

エンハンスと調理で味方をサポートするバッファー

イグニスは、「エンハンス」で3種の属性を味方一人に付与できるため、無属性アタッカーを属性アタッカーに変えられます。

また、調理は1ターンかかるものの、属性耐性やダメージ軽減、ステータスバフなど各種バフを付与でき、パーティを強力にサポートすることが可能です。

イグニスの評価と習得アビリティはこちら

5位:ルネラ

ルネラ

役割 バッファー/魔法アタッカー
HP 5,389
パッシブ
(自身のトラマス報酬込)
HP+40%
主力アビ イオニタンカリタス
(味方全体の全ステ135%アップ+HPMP回復)
エルフの歌
(味方全体の全ステ90%アップ+HPMP徐々に回復)
オレオール・レイ
(敵全体に倍率940%の風光属性ダメージ)

全ステ135%バフ+HPMP回復可能

ルネラは星7覚醒をすることで、6ターンに1回味方全体の全ステータスを135%強化+HPMP回復のバフアビリティ「イオニタンカリタス」を習得します。

ステータス上昇率が非常に高いだけでも優秀ですが、開幕使用可能のアビリティなので、戦闘開始直後に味方の大幅強化が可能です。

また、MPの回復量も135と多く、HPの回復量も多いことから、回復役が状態異常回復や全体リレイズなどを付与するターンでも回復役の補助として動ける点も強力です。

全ステータスバフのエルフの歌を習得

ルネラのエルフの歌はアビリティ覚醒させることにより、味方全体の攻撃/防御/魔力/精神の90%バフが出来る強力な歌になります。

ラムザ・ロイの100%バフとほぼ変わらず、優秀なバッファーとして役割を持つことが出来ます。

またルネラはHPとMPの回復量がラムザ・ロイよりも優れているので、MP消費の大きいパーティでは編成する優先度が上がります。

ルネラの評価と習得アビリティはこちら

最強デバッファーランキング

順位 キャラ 特徴
1
1位
ロレーヌロレーヌ
  • ・LBで全体74%デバフ(コスト30)
  • ・アビリティで全体70%デバフ
  • ・LBゲージが溜まりやすい
  • ▼詳細はこちら
2位 星虹の技師リド星虹リド
  • ・全ステ70%デバフのLBが超強力
  • ・高倍率デバフを多く習得
  • ・「超★発明」で補助も兼ねる
  • ▼詳細はこちら
3位 ラムザラムザ
  • ・攻/防/魔/精いずれかの60%デバフ
  • ・アビ覚で全ステ100%バフ可能
  • ・毎ターン全体MP回復可能
  • ▼詳細はこちら
4位 騎士ディリータ騎士
ディリータ
  • ・LBで攻/魔/防74%デバフ(コスト20)
  • ・アビでLBゲージ6増加
  • ・雷耐性最大100%デバフ可能
  • ▼詳細はこちら
5位 常闇のヴェリアス常闇
  • ・最大LBで攻/防74%デバフ
  • ・低コストなので連発が可能
  • ・アタッカーで運用可能
  • ▼詳細はこちら
5位 ベアトリクスベアトリクス
  • ・LBで攻/魔74%デバフ(コスト30)
  • ・3Tに1回アビでLBゲージ20増加
  • ・アレイズやエスナでヒーラー補助
  • ▼詳細はこちら

1位:ロレーヌ

ロレーヌ

役割 デバッファー/アタッカー
HP 5,359
パッシブ HP+30%
主力アビ 将帥の檄声
(味方全体のバーストストーンによる上昇量をアップ+敵全体の全ステ70%ダウン)
キングダムオーダー
(敵全体の全ステ74%ダウン)

開幕から全体全ステ70%デバフ付与

ロレーヌは、「将帥の檄声」で開幕から敵全体に70%の全ステータスデバフを付与できます。6ターンに1回しか使用できないものの、初動が早く1ターン目から大幅にダメージを軽減できます。

LBで全ステ74%デバフ付与

ロレーヌのLB「キングダムオーダー」は、自身のトラマスを装備していると全体全ステデバフ効果が74%まで上昇します。

さらにロレーヌはLBゲージが増加、溜まりやすくなるアビリティを習得するため、高頻度でLBによるデバフを付与できます。

LBと将帥の檄声を3ターン間隔で撃っていれば、常に70%以上のデバフを維持できます。

ロレーヌの評価と習得アビリティはこちら

2位:星虹の技師リド

星虹の技師リド

役割 デバッファー
HP 3,948
パッシブ HP+30%
主力アビ 各種アブソーブアビリティ
(敵単体の各ステ60%ダウン+自身のステータス120%アップ)
メカボハンマーカスタム
(敵全体の全ステ70%ダウン)

全ステ最大70%デバフが超強力

星虹の技師リドのLBは、最大レベル時敵の全ステータスを70%デバフする、極めて強力なデバフアビリティです。

与ダメを9割以上抑えることができるので、強敵戦の難易度を大幅に抑えることができます。

LBに頼らずとも、各ステ60%デバフや攻/魔同時50%デバフなどを兼ね備えているので、常に敵を弱化させ続けることが可能です。

星虹の技師リドの評価と習得アビリティはこちら

3位:ラムザ

ラムザ

役割 バッファー/デバッファー
HP 5,199
パッシブ
(自身のトラマス報酬込)
HP+35%
主力アビ ウエポンブレイク
(敵単体の攻-60%)
マインドブレイク
(敵単体の魔-60%)
スピリットブレイク
(敵単体の精-60%)
ディフェンスブレイク
(敵単体の防-60%)

初動の早いデバッファー

ラムザは「Wブレイク」のアビリティにより、習得しているデバフアビリティを2種類同時に使用することができる強力なデバフ役です。

アビ覚「ウエポンブレイク」と「マインドブレイク」を同時に使用することで、攻撃と魔力を同時に60%デバフすることが可能です。

攻/魔60%デバフを初動で可能なのは現状ラムザのみなので、初動の早さだけで見れば最強のデバッファーだといえるでしょう。

防御/精神を同時デバフ

ラムザは☆7覚醒することで、精神を60%デバフする「スピリットブレイク」と、防御を60%デバフする「ディフェンスブレイク」を習得します。

これにより、全ステータスを60%低下することができるようになり、しかも1ターンに任意で2つのステータスを下げられます。どんなパーティに組み込んでも活躍できる優秀なデバッファーです。

防御/精神を60%デバフすると与ダメは2倍以上に伸びるため、短期決戦に持ち込みやすくなります。

ラムザの評価と習得アビリティはこちら

4位:騎士ディリータ

騎士ディリータ

役割 デバッファー/アタッカー
HP 3,897
パッシブ HP+30%
主力アビ 冥界恐叫打
(敵単体の攻-40%)
黒き野心の剣
(敵単体にダメージ+攻/魔/防-74%)

LBで攻/魔同時74%デバフ

騎士ディリータのLBは、最大レベル時ダメージと共に敵の攻撃と魔力を同時に74%デバフする効果を持ちます。

物理ダメージも魔法ダメージも大きく抑えることができるため、ボス戦においては非常に重宝するLBです。

LBゲージが必要なため初動では撃てませんが、コストは低めなのでLBゲージが溜まりやすい編成を意識しましょう。

騎士ディリータの評価と習得アビリティはこちら

5位:常闇のヴェリアス

常闇のヴェリアス

役割 チェイン/デバッファー
HP 5345
パッシブ
(自身のトラマス報酬込)
HP+40%
主力アビ インパクト
(敵全体の全ステ45%ダウン+全属性耐性30%ダウン)
断罪の刻印(トラストアビリティ込)
(敵全体に闇属性ダメージ+攻/防-74%)

LBに強力なデバフ効果が追加

常闇のヴェリアスはトラストアビリティの効果で、LB使用時に攻撃と防御両方をデバフすることができるようになりました。

低下率も74%と非常に高く、被ダメを大きく抑え、与ダメを爆発的に伸ばすことが可能です。

トラストアビリティがない場合は防御デバフのみ、倍率も69%と堕ちてしまうので極力トラストアビリティは装備させておきましょう。

インパクトで全ステータスデバフ

常闇のヴェリアスは黒魔法の「インパクト」により、敵全体の全ステータスを45%デバフすることが可能です。

デスペル習得幻獣を装備し、れんぞくまを持たせれば敵のバフ解除とデバフ付与を同時にこなすといった芸当もできます。

また、インパクトをアビリティ覚醒すると全属性耐性を30%低下させる効果もつきます。耐性デバフを持たないたまねぎ剣士などと組ませている場合は役に立つでしょう。

常闇のヴェリアスの評価と習得アビリティはこちら

5位:ベアトリクス

ベアトリクス

役割 デバッファー/アタッカー
HP 4,018
パッシブ HP+30%
主力アビ 聖剣技・ストックブレイク
(敵全体にダメージ+防/精-45%)
ローズ・オブ・メイ
(敵単体にダメージ+攻/魔-74%)

LBで攻/魔同時74%デバフ

ベアトリクスのLBは、騎士ディリータと同じく最大レベル時ダメージと共に敵の攻撃と魔力を同時に74%デバフする効果を持ちます。

物理ダメージも魔法ダメージも大きく抑えることができるため、ボス戦においては非常に重宝するLBです。

コストが騎士ディリータよりもわずかに重いため、よりコストを意識した編成を組む必要があります。

緊急時の回復役

ベアトリクスはアレイズを始めとする、いくつかの白魔法を習得します。

そのため、敵からの攻撃により戦況が悪くなってしまった場合、ヒーラーの負担を軽くするために蘇生や回復役をになうことが可能です。

当然専門のヒーラーと比べれば回復能力は劣りますが、味方の蘇生をベアトリクスが担当してヒーラーはHP回復に務めてもらうなど、使い分けることで生存力が上がります。

ベアトリクスの評価と習得アビリティはこちら

キャラ関連記事

最強キャラランキング リセマラ当たりランキング
キャラステータス比較表 キャラ評価一覧
トラマスランキング 覚醒素材一覧
もっと見る

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー