十二武具の間の攻略と難易度まとめ

FFBE(ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス)の十二武具の間についてまとめています。各ボスの配置場所や入れ替えバトルの仕様、強敵攻略や攻略順番も記載。FFBEで十二武具の間を攻略する時の参考にしてください。

十二武具

関連記事
降臨(強敵)攻略一覧 十二武具の間の由来

ヴェルターの出現条件

十二武具ヴェルター

4月10日以降、全ての十二武具のをクリアすると強敵ヴェルターが十二武具の間に出現します。

ヴェルターは今までのボスのアビリティを使用してくる強敵なので、10人全てのキャラを最大限活用してクエストに挑みましょう。

ヴェルターの攻略とおすすめパーティはこちら

十二武具の間の強敵一覧

強敵攻略 入手武具 性能/追加効果
アルフェーグアルフェーグ ラグナロク(FFBE)
ラグナロク(FFBE)

(剣)
【性能】
・攻撃+145
【追加効果】
・装備時「フィンブルヴェト」発動
サダルスウドサダルスウド 源氏の鎧(FFBE)源氏の鎧(FFBE)
(重鎧)
【性能】
・防御+45
・攻撃+20
・即死耐性+50%
【追加効果】
・装備時「源氏の魂」発動
kachu2ダビー ライトブリンガー(FFBE)
ライトブリンガー
(大剣)
【性能】
・攻撃+135
・光属性付与
【追加効果】
・装備時「ホーリー」使用可能
ヌンキヌンキ ファイアビュート
ファイアビュート
(鞭)
【性能】
・攻撃+98
・魔力+117
・火属性付与
【追加効果】
・装備時「ファイジャ」使用可能
シャウラシャウラ 大地のベル
大地のベル
(楽器)
【性能】
・攻撃+35
・魔力+46
・精神+104
・土耐性+30%
・土属性付与
・物理攻撃時、確率で麻痺付与
ブラキウムブラキウム ロイヤルクラウン
ロイヤルクラウン
(帽子)
【性能】
・防御+16
・魔力+50
・精神+32
・混乱無効
【追加効果】
・装備時「強者の王冠」取得
ヴィンデミアトリックスヴィンデミアトリックス アサシンダガー
アサシンダガー

(短剣)
【性能】
・攻撃+116
・確率で毒/暗闇/睡眠/沈黙/麻痺/混乱/病気/石化
【追加効果】
・装備時「命奪の凶刃」「隙縫いの凶刃」発動
アダフェラアダフェラ 佐助の刀
佐助の刀
(刀)
【性能】
・攻撃+130
【追加効果】
・装備時「にとうりゅう」発動
teguminテグミン トールハンマー
トールハンマー

(ハンマー)
【性能】
・攻撃+145
【追加効果】
・装備時「トールの怒り」取得
アルヘナアルヘナ メイスオブゼウス竜の髭
(槍)
【性能】
・攻撃+138
【追加効果】
・装備時「竜の髭」「ドラゴンキラー」取得
エルナトエルナト メイスオブゼウスメイスオブゼウス
(メイス)
【性能】
・攻撃+110
・魔力+98
【追加効果】
・装備時「アルテマブロウ」取得
シェラタンシェラタン ホーリーワンドホーリーワンド
(杖)
【性能】
・攻撃+16
・精神+120
・光属性付与
【追加効果】
・装備時「W白魔法」「ホーリー」取得

各ボスの配置場所

十二武具の間各ボス配置場所

番号 ボス名 マップの方向
シェラタン 8時
2 エルナト 7時
3 アルヘナ 6時
4 テグミン 5時
5 アダフェラ 4時
6 ヴィンデミアトリックス
3時
7 ブラキウム 2時
8 シャウラ 1時
9 ヌンキ 12時
10 ダビー 11時
11 サダルスウド 10時
12 アルフェーグ 9時

※番号は実装順に並べています

入れ替えバトルの仕様

3月アップデート内容

入れ替えバトルとは?

自身で10人のキャラ、2パーティを用いて戦うシステムです。フレンドを借りることはできず、戦闘時に操作できるのは最大で5人までとなります。

通常通り5人操作で戦うところは変わらないのですが、ターン開始時にまだ誰も行動していない状態であれば、戦闘中のキャラを控えのキャラと入れ替えることができます。

また、アイテム使用不可や同キャラ禁止という制約があります。アイテムに頼らないMP回復手段や、同じアビリティでなくてもチェインを繋げられるキャラなどを用意しましょう。

控えのキャラについて

控えにいるキャラはバトルの影響を受けません。HPが減っていても前衛ユニットとして復帰するまで回復ができません。

また状態異常やバフデバフを受けている場合も、待機ユニットとなった時点でターンのカウントが止まり、治ることも解除されることもありません。

リュックの「調合」の使用可能ターンなども消費されないため、上手く活用しましょう。

先発が全滅すると

パーティ全員が戦闘不能もしくは石化となってしまった場合、強制的に全員が待機パーティと入れ替えられます。

戦闘不能状態のキャラを一度控えに入れてしまうと、今後戦闘に参加させることができません。蘇生させる場合には控えを経由せずにすぐ蘇生させましょう。

10人全員が戦闘不能になってしまうとゲームオーバーです。

おすすめの攻略順

最初はエルナトから挑む

十二武具の間はシェラタンから反時計周りに解放されていきますが、初めて挑戦する時はエルナトから攻略するのがおすすめです。

エルナトは全デバフが有効なので弱体化がしやすく、また強力な攻撃をする際も数字をカウントダウンして0になったら発動、とギミックが分かりやすいのが特徴的です。

エルナトのミッションで入手できる「マンイーター改」は人系の敵に対してダメージが75%上昇するアビリティで、十二武具のボスほぼ全員に有効なので早めに入手しておくと後の攻略が楽になります。

挑戦の優先度

ボスの強さと討伐報酬の重要性を加味すると、おすすめの攻略順番は以下の通りになります。

優先度 ボス名
攻略難易度
おすすめの理由
1 エルナトエルナト
★★★☆☆
・行動ギミックが分かりやすい
・対策の難しい攻撃が少ない
全デバフが有効で弱化しやすい
・マンイーター改を入手可能
2 シェラタンシェラタン
★★★☆☆
・ホーリーワンドを入手可能
・土/闇耐性を盛れれば安定
・果実の対処ができれば比較的簡単
3 ブラキウムブラキウム
★★★★☆
・全デバフが有効
・HPが低く倒しやすい
・ロイヤルクラウンを入手可能
4 サダルスウドサダルスウド
★★★☆☆
攻撃+20の源氏の鎧を入手可能
ストップ/麻痺/混乱攻撃を多用
属性攻撃で対応した耐性上昇
後半は羽と本体の計5体と戦闘
5 シャウラシャウラ
★★★★☆
・攻/魔デバフが有効
・毒/麻痺/石化攻撃を多用
・前半は風、後半は火に弱い
・右腕/左腕と最大3体と戦う
6 ヴィンデミアトリックスヴィンデミアトリックス
★★★★☆
・全デバフが有効
全体MP吸収からの回復手段必須
・用意する耐性は風属性のみ
物理/魔法アタッカー両方が必須
7 ヌンキヌンキ
★★★★☆
・全デバフが有効
HP割合ごとに弱点と戦法が変化
・HPごとの特徴の理解が重要
魔法壁キャラが生命線となる
8 アルヘナアルヘナ
★★★★☆
・ストップ/麻痺付与が凶悪
・全体MP吸収からの回復手段必須
・火/風属性の対策必要
・物理/魔法アタッカー両方必須
9 アダフェラアダフェラ
★★★★★
・物理攻撃と即死攻撃を連発
後半になると魔法攻撃も使用
物理回避役の有無で難易度変化
・佐助の刀の汎用性が高い
10 teguminテグミン
★★★★★
・水/光属性耐性必須
攻撃力高く、防/精デバフを使用
・水/光属性攻撃が通用しない
3形態ごとに異なる対策が必要
物理/魔法アタッカー両方必須
11 kachu2ダビー
★★★★★
本体/取り巻きの最大3体と戦う
3体それぞれ有効手段が違う
攻/魔デバフなし攻撃が一度くる
12 アルフェーグアルフェーグ
★★★★★
最大HP以上の割合ダメに注意
強力な物理カウンター注意
ストップ/石化付与が凶悪
・耐久力も高く、よほど鍛え上げないと難しい

各ボス攻略に必要な耐性

十二武具の間のボスは、それぞれ得意な攻撃属性を持っています。そのため、属性耐性をどれだけ積めるかが難易度を大きく分けることになります。

例えば「テグミン」と戦う際は、味方全体の水耐性を100%上げることができるティーダがいると攻略は非常に楽になりますが、いない場合はテグミンの水属性攻撃を耐えるのが難しくなります。

自分の手持ちキャラの特徴を踏まえて攻略順を決めるのもいいでしょう。

ボス 攻略上有利な耐性
アルフェーグ
サダルスウド 火・水・風・土・光
ダビー -
ヌンキ 水・火・土・風
シャウラ
ブラキウム -
ヴィンデミアトリックス
アダフェラ -
テグミン 水・光
アルヘナ 火・風
エルナト 土・雷・風
シェラタン 土・闇

ボス別おすすめキャラ

十二武具の間にはフレンドを連れていくことができないため、自身が所有している10キャラだけで戦わなくてはなりません。

そのため、どのキャラをガチャから引けているかで倒しやすいボスや難易度の高いボスが大きく変動します。

詳細な適正キャラについては、それぞれのボス攻略ページに記載しています。

エルナト戦用パーティ例

アタッカー デバフ 壁役
アイリーンアイリーン ラムザラムザ 光の戦士光の戦士
サポート ヒーラー
リュックリュック レフィアレフィア

エルナトは機械系のボスなので、機械系特攻を持つアイリーンなどがアタッカーとしておすすめです。

また、全てのデバフが有効なのでラムザを編成し、物理攻撃中心なので光の戦士で防御を固めます。HPトリガーで強力な攻撃を使用してきますが、リュックで味方全体にリレイズを付与することで安全に突破できます。

シェラタン戦用パーティ例

アタッカー デバフ 壁役
シエラ皇帝シエラ皇帝 光の戦士光の戦士 王土のヴェリアス王土
サポート ヒーラー
ドレイスドレイス レフィアレフィア

シェラタンは植物系のボスなので、プラントキラー自力習得者が適正が高くなります。火属性攻撃があると攻略が楽になるため、植物系特攻に加え火属性攻撃が得意なシエラ皇帝は最適解に近いでしょう。

敵の攻撃は土と闇属性が強力なので、王土とドレイスで属性耐性を高めましょう。王土は土属性攻撃を吸収できるため、盾役として極めて優秀です。敵がお供を喚ぶため、デバフ役は敵全体にかけられる光の戦士がおすすめです。

ブラキウム戦用パーティ例

物理アタッカー デバフ 引きつけ役
シエラ皇帝シエラ皇帝 ラムザラムザ ガブラスガブラス
魔法壁 ヒーラー
ミステアミステア ユウナユウナ

ブラキウムは、HPの割合で攻撃手段を変えなければいけない強敵です。火属性物理アタッカーが重要になりますが、魔法アタッカーも控えに入れておきましょう。

即死耐性を無効にする即死攻撃を味方単体に放ってくるため、引きつけ役がいないと壁やヒーラーが殺されて戦線が瓦解します。そのため、火属性攻撃かつ引きつけ役がいるガブラスが特におすすめです。

ヒーラーはリレイズができるキャラを選び、余裕があれば控えにも入れておくとおすすめです。

サダルスウド戦用パーティ例

物理アタッカー デバフ サポート役
たまねぎ剣士たまねぎ剣士 星虹の技師リド星虹リド シエラ皇帝シエラ皇帝
魔法壁 ヒーラー
覚醒レイン覚醒レイン 白蓮の魔道士フィーナ白蓮フィーナ

サダルスウドは4つの属性攻撃を使うボスです。敵を攻撃しつつ属性耐性を上げることができるたまねぎ剣士が高い適正を持ちます。

敵の数が多く、バーストストーンが排出されやすいのが特徴的です。LBが強力な星虹リド、シエラ皇帝、白蓮フィーナなどを入れることで、攻めと守りを同時にこなすことができます。壁役は物理よりも魔法壁を編成しましょう。

シャウラ戦用パーティ例

物理アタッカー デバフ サポート役
たまねぎ剣士たまねぎ剣士 星虹の技師リド星虹リド ユライシャユライシャ
魔法壁 ヒーラー
ミステアミステア 白蓮の魔道士フィーナ白蓮フィーナ

シャウラは、HP50%までは風属性で、HP49%以下の時は火属性で攻めると効果的にダメージを与えられます。火/風属性攻撃ができるたまねぎ剣士がおすすめです。

攻撃も苛烈ですが、それに加えて多種多様な状態異常付与を狙ってくるのが特徴的です。ミステアの「クリアヴェール」など、状態異常対策手段を用意しておきましょう。

ヴィンデミアトリックス戦用パーティ例

物理アタッカー デバフ 引きつけ役
セフィロスセフィロス ラムザラムザ 光の戦士光の戦士
魔法壁 ヒーラー
ミステアミステア 白蓮の魔道士フィーナ白蓮フィーナ

ヴィンデミアトリックスは、HPが減る度に「物理無効」「魔法無効」「一部の属性無効」と耐性が変化するようになっています。全体を通して闇属性の通りがいいので、主力アタッカーは闇属性で人系特攻のセフィロスがおすすめです。

魔法攻撃が主な上に、単体即死攻撃を使ってくるため魔法壁+即死耐性引きつけ壁の2人体制で守ると安定感が高くなります。盾役は複数人編成しておくといいでしょう。

また、定期的にMPを吸収してくるため、MP回復用のアビリティを習得したキャラを必ず編成しましょう。十二武具の間ではアイテムが使えず、エリクサーなどで回復させることができません。

ヌンキ戦用パーティ例

物理アタッカー デバフ サポート役
デュークデューク ラムザラムザ たまねぎ剣士たまねぎ剣士
魔法壁 ヒーラー
ミステアミステア 白蓮の魔道士フィーナ白蓮フィーナ

ヌンキは、HP割合で使用してくる攻撃と弱点属性が変化するボスです。1人で複数の属性攻撃が使えるキャラがいると攻略が楽になります。

敵が使ってくる攻撃魔法は、大半がたまねぎ剣士がいれば軽減可能です。アタッカー兼サポーターとして大変重宝するでしょう。

アルヘナ戦用パーティ例

物理アタッカー デバフ サポート役
たまねぎ剣士たまねぎ剣士 ラムザラムザ 洸洋の軍師ニコル洸洋ニコル
魔法壁 ヒーラー
ミステアミステア アヤカアヤカ

アルヘナは、火と風属性魔法を多用するボスです。攻撃しつつ火/風耐性を上げられ、更に死霊系特攻を持つたまねぎ剣士ならば攻めと守りを両立できます。

ストップとMP吸収を使用してくるため、ストップ回復と防止ができるアヤカをヒーラーに、MPを即座に大回復できる洸洋ニコルをMP回復役に据えておくと攻略が安定します。

アダフェラ戦用パーティ例

先発

魔法アタッカー デバフ 引きつけ役
桜雲の賢者サクラ桜雲サクラ ラムザラムザ ユベルユベル
分身付与 ヒーラー
サラサラ 白蓮の魔道士フィーナ白蓮フィーナ

控え

魔法壁
ミステアミステア

アダフェラは、HP50%以上の時は物理攻撃しか使ってきません。味方全体に分身を付与できるサラと、物理回避率を可能な限り上げた引きつけ役がいると安定して戦えます。

後半戦は各種属性魔法を多用するため、控えに魔法壁を編成して後半戦になったら出すようにしましょう。前半戦は攻撃デバフのみ、後半戦は攻撃/魔力両方のデバフが欠かせません。

テグミン戦用パーティ例

先発

魔法アタッカー デバフ サポート役
桜雲の賢者サクラ桜雲サクラ ラムザラムザ 洸洋の軍師ニコル洸洋ニコル
魔法壁 ヒーラー
ミステアミステア 白蓮の魔道士フィーナ白蓮フィーナ

控え

物理アタッカー 物理アタッカー 引きつけ役
ティーダティーダ アイリーンアイリーン 光の戦士光の戦士

テグミンは、前半戦は光属性/後半戦は水属性の強力な魔法攻撃を使う強敵です。魔法壁役の耐性を上げられるように装備を整えましょう。光/水属性の70%バフが使える洸洋ニコルを編成するのもおすすめです。

後半戦の水属性攻撃にはかばえないものもあるため、魔法壁以外のメンバーも水耐性が重要になります。HPが60%までしか魔法のみ、HP60%以下では物理のみ有効なのでアタッカーを物魔両方揃えておきましょう。

ダビー戦用パーティ例

先発

物理アタッカー デバフ サポート役
スコールスコール 星虹の技師リド星虹リド 洸洋の軍師ニコル洸洋ニコル
魔法壁 ヒーラー
ミステアミステア アヤカアヤカ

控え

魔法アタッカー 物魔アタッカー 引きつけ役
トランスティナトランスティナ クラサメクラサメ エルフリーデエルフリーデ

ダビーはお供と合わせて3体同時に戦うことになります。デバフ役は敵全体に同時にかけられるキャラを選びましょう。

3体の敵はそれぞれ有効な攻撃が異なるため、「無属性物理アタッカー」「無属性魔法アタッカー」「火/闇以外の属性物理or魔法アタッカー」の3人を揃えておくと効果的にダメージを与えられます。控えも最大限活用しましょう。

一度だけ、敵にデバフがかかっていない状態でダメージを受けなくてはいけないターンがあります。被ダメ軽減バフやステータスバフを使って耐え凌ぎましょう。

アルフェーグ戦用パーティ例

先発

魔法アタッカー デバフ 魔法アタッカー
爽涼の魔人フィーナ爽涼フィーナ 星虹の技師リド星虹リド 魔人フィーナ魔人フィーナ
物理壁 ヒーラー
グラディオラスグラディオラス アヤカアヤカ

後発

魔法アタッカー デバフ ヒーラー
リノアリノア マキナマキナ フォルカフォルカ

アルフェーグは物理アタッカーに属性を付与してくるため、魔法アタッカーの方が安定してダメージを与えられます。ただし、通りの良い属性は風と氷程度です。

そのため、トルネドを使える魔法アタッカーで攻めるのがおすすめです。水着魔人フィーナは水耐性バフもできるため、アルフェーグの水攻撃に対して適正が高い点も魅力的でしょう。

水属性攻撃は属性耐性で耐え、物理攻撃は壁役に受けてもらいます。カウンターでバーストストーンを稼げるグラディオラスがおすすめですが、ジークハルトやバッシュも高い適正を持ちます。

十二武具の間への行き方

モーグリ王城
十二武具の間

異界のモーグリ王様に会いに行くフロアの下をまっすぐ進むと、十二武具の間に到達できます。

ボス・強敵一覧

十二武具の間
サダルスウド ダビー ヌンキ
シャウラ ブラキウム ヴィンデミアトリックス
アダフェラ テグミン アルヘナ
エルナト シェラタン
真降臨の間
真2ヘッドドラゴン 真アンテノラ 真押し寄せる強者ども
真ねむれるしし 真ブラキオレイドス 真デビルキマイラ
真白竜
降臨の間
モルボルグレート/クイーン オメガ ファミリーボム
大禍の鉄巨人 エラフィケラス グラシアール
ブラッディムーン アイガイオン オルトロス&テュポーン
ダークイフリート&セイレーン ギルガメッシュ 狂魔の行進
2ヘッドドラゴン アンテノラ 押し寄せる強者ども
ねむれるしし
土の結界塔
エリニュエス ブラキオレイドス デビルキマイラ
白竜

©2015-2017 SQUARE ENIX CO All rights reserved.
※当サイトに掲載しているゲーム画像の著作権、商標権ならびにその他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
※当サイトに掲載されているデータ、画像等の無断使用・転載・変更・改ざん・商業的利用は固くお断りします

FFBEの注目記事

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー