FFBEオリジナルキャラ紹介その5【竜封じの一族】

FFBE(ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス)のFFBEオリジナルキャラクターの紹介を掲載しています。今回は竜封じの一族として竜の討伐をするデュークたちについて紹介します。

2017y11m21d_124111803

連載第5回

FFBEオリジナルキャラを紹介する連載、第5回は竜の里編です。

竜騎士デュークとその仲間達、そして竜の里にやって来た執事服の集団による前後編構成です。

執事服の連中に関してはゲーム内でもまだストーリーが完結していないので深堀りはできませんので、あくまで竜騎士メインの回です。

竜騎士の宿命

竜騎士の宿命

遥か昔、竜封じの一族の少年リュナンが竜を封印するために単独で戦いを挑み、竜を封印することに成功しました。幼い彼の命と引き換えに。

竜の里ではリュナンの栄光を称えると同時に、今後は竜封じの一族が犠牲になることのないよう、補佐役として踊り子と魔道士の育成に専心するのでした。

そして現代、現竜封じの一族デュークと踊り子シャリーは竜の封印が解かれかけていることを察知し、壁魔道士ミステアと緑魔道士オリーフを引き連れて竜を封じる戦いに挑むのでした。

キャラ 活躍
デュークデューク ・現竜封じの一族
・初代のリュナンを心の底から尊敬している
・自身もまたリュナン同様、命を懸けて竜を封印する覚悟でいる
・ミステア、シャリーは幼馴染
シャリーシャリー ・癒し手の踊り子
・バフと回復で竜封じの一族を補佐する
・魔物の襲撃によりデュークとはぐれるも、謎の少年に導かれ無事合流
ミステアミステア ・壁魔道士
・防御魔法で竜封じの一族を補佐する
・デュークやシャリーにとって姉のような存在
オリーフオリーフ ・緑魔道士
・デューク達3人の保護者的立ち位置
リュナンリュナン ・初代竜封じの一族
・かつて竜と相討ちになり命を落とす
・リュナンの弟が竜封じの一族の血を継いでいき、デュークに繋がる
・亡くなった時に「凍槍ノーザンライツ」を失くしてしまう

デューク

デューク

デュークは現竜封じの一族で、初代のリュナンを尊敬しています。そのため、自分もリュナンのように命を懸けて戦わなければならないという気負いがあり、仲間達に心配されていました。

自身を顧みない戦い方をミステア達に咎められ、また尊敬するリュナンに自分が死んだのは美談ではないと聞かされたことで意識が変わっていきます。

最終的には仲間達の協力を得ながら見事竜を封印することに成功し、リュナンがかつて使っていた「凍槍ノーザンライツ」を先祖の墓に返すことができたのでした。

▶凍槍ノーザンライツの詳細はこちら

シャリー

シャリー

シャリーは竜封じの一族を補佐する踊り子の少女です。デューク、ミステアとは幼馴染の関係ですが、3人の中では最も年下のようです。

性格はおっちょこちょいな上に方向音痴で、魔物に襲われた際にデュークとはぐれてしまうも独力では竜の里へ帰れません。リュナンに道を教えてもらうも忘れてしまい、結局リュナンに最後まで付き添ってもらいました。

踊りによる味方の強化と回復を担当します。自分に戦闘能力がないことを自覚しつつ、それでもデュークとミステアの力になりたくて踊り子への道を進みました。

ミステア

ミステア

ミステアは竜封じの一族を補佐する壁魔道士で、幼馴染3人の中では最も年上のようです。

単独で突っ走るデュークを戒めるために、わざと防壁を遅らせて発動し危機意識を持たせるなど、なかなかいい性格をしていますね。

戦闘中こそ自身で体を張ってダメージを肩代わりするミステアですが、ストーリー的には防壁魔法を発動することで被弾を回避するという戦法のようです。

オリーフ

オリーフ

オリーフは竜封じの一族を補佐する緑魔道士で、幼馴染3人の保護者的立ち位置のキャラです。

味方全体にドラゴンキラー(10%分)を付与することができるという、竜騎士の補佐役として最適な能力を持っています。……いや、あんま強くないな。

落ち着きのある司祭ですが、非常に過保護な性格でやんちゃなシャリーを過剰な程心配しています。しかし、シャリー達3人に振り回される日常を楽しんでもいるようです。

リュナン

リュナン

リュナンは初代竜封じの一族の少年で、単独で竜に戦いを挑み相討ちになった悲運な背景を持っています。

竜の里はその事実を「一人で果敢に挑んだ」と称していますが、実際はリュナンが仲間と喧嘩をし、一人で勝負を挑んだようです。竜封じの血脈はリュナンの弟によって継承されていきます。

現在は地縛霊ビジョンとしてこの世界に留まっており、仲間とはぐれたシャリーを保護したり迷いを抱えるデュークに助言を与えたりしていました。デュークが仲間と共に戦う姿を見て、無事成仏したようです。

交差する運命

幻の設計書

執事服を着た謎の集団3人は、竜の里の近くにあるという遺跡の調査にやって来ました。しかし道中でアルドール兵に追われてしまい、3人は離れ離れになってしまいます。

その後竜の里で見事合流した3人は、道中協力してくれたシャリーとニコルを加え、5人で遺跡の調査に向かいます。そこで、求めていた情報を入手することに成功しました。

しかし遺跡には罠が仕掛けられており、その罠でエルビスが命を落としかけます。任務のためにエルビスを見捨てようとするメラルド、情を捨てきることができないレキサに、同行していた軍師ニコルが策を授けるのでした。

キャラ 活躍
洸洋の軍師ニコル洸洋ニコル ・エルビスがシャリーを襲っていると勘違いし、仲裁に加わる
・竜の里周辺の調査をしたいという理由で遺跡へ同行する
レキサレキサ ・モールズの夜会に所属する女性
・執事の中ではリーダー的存在
・任務を優先するも情を捨てきれない性格
エルビスエルビス ・モールズの夜会に所属する男性
・自身の筋肉に圧倒的な自信を持つ
・崖から落ちるも「俺の筋肉なら耐えられる」とのたまう
・シャリー、ニコルと出会い協力してもらう
メラルドメラルド ・モールズの夜会に所属する新人の女性
・任務を優先する冷徹な性格で、一度は子供を見捨てようとする
シャリーシャリー ・竜鱗の花を探していたところ、空から半裸の男が落ちてくる
・竜鱗の花探しに協力してくれた礼に、遺跡への案内役を買う

洸洋の軍師ニコル

洸洋の軍師ニコル

ニコルは竜の里周辺の調査をするために散策をしていたところ、半裸のエルビスがシャリーを気絶させている様子を目撃し、仲裁に入ります。エルビスは誤解だと言うものの、ニコルの疑念は晴れません。

その後気絶していたシャリーが目を覚まし、自分が勝手に誤解しただけでエルビスは悪くないという証言が取れたため、疑いは晴れました。ニコルは疑ってしまった非礼を詫び、その代わり2人に同行することにします。

遺跡の調査を終えた後、脱出時に罠が発動しエルビスが命を落としかけるも、メンバー全員の能力を活かした完璧な作戦を立てることで見事エルビスの命を救いました。

レキサ

レキサ

レキサはモールズの夜会に所属する女性執事で、執事達の中でもリーダー格のようなキャラです。エルビス、メラルドを引き連れて竜の里周辺の調査にやって来ました。

アルドール兵に襲われエルビスとはぐれるも、偶然デュークと遭遇し、竜の里にたどり着きました。エルビスもシャリーに連れられ、竜の里で無事合流することができました。

遺跡の調査を終えた後は、ニコルとシャリーが無事に帰れるように敵を引きつける役を買って出ます。遺跡の調査を通じて友となった2人を護るため、任務とは無関係の囮役をするレキサの人情深さがうかがえますね。

エルビス

エルビス

エルビスはモールズの夜会に所属する男性執事です。遺跡の調査をする任務の途中でアルドール兵に追われてしまい、レキサとメラルドを逃がすために囮になります。

上手くアルドール兵を引きつけるも、崖に追い込まれてしまいました。しかし、自分の筋肉をもってすれば崖から落ちても大丈夫だ、という謎理論を展開し崖から飛び降ります。これが「無敵筋肉」です。

その後落下先にいたシャリーにその姿を目撃され、更にその様子を目撃したニコルに「半裸の男が少女を襲っている!」と誤解され、運命が交差していきます。タイトルの由来このシーンで合ってます?

メラルド

メラルド

メラルドは最近モールズの夜会に入会した新人執事です。頭が固く、常に任務を優先する合理主義者のようで、任務中は目の前で困った人がいても助けようとはしません。

アルドール兵に襲われた子供と老婆を見ても見捨てようとしましたが、先輩であるレキサが助けようと判断したため、渋々ながら協力することになります。

遺跡調査が終わった後、任務を最優先とする自身の考え方が正しいのか悩む姿勢を見せますが、その後どのように成長していくかは今後のお楽しみでしょう。

シャリー

シャリー

竜の里のため、竜鱗の花を採りに来たら突然崖から半裸の筋肉男が落ちてきたため、思わず気を失ってしまいます。目を覚ますと、エルビスとニコルが言い争いをしていました。

エルビスの誤解を解くと、2人は竜鱗の花採取に協力してくれました。その後、遺跡を調査したいというエルビス達一行に対し、遺跡の案内役を買って出ます。

最後は遺跡の罠にハマりエルビスが命を落としかけますが、持ち前のバフ能力でニコルの身体能力を引き上げ、見事エルビスの命を救いました。ニコルが自分で自分を強化すればいいんじゃね? という感想は禁句です。

まとめ

竜の里編、いかがでしたでしょうか。前編のシリアスさに反して、後半のコメディ色の強さに驚きますが、大体エルビスのせいです。

リュナンの年齢はシャリーとの会話を見る限り8~12歳程度かと思われます。その年齢で単独竜に挑んで命を落とすとは……そりゃ地縛霊にもなりますわ。

そんな背景を知った上でリュナンのアビリティを見ると「僕が守る!」とか「みんな大丈夫?」とか結構泣かせに来ます。ビジョンで出るキャラは大体良い人なんですけどね。

The following two tabs change content below.
FFBE攻略班

FFBE攻略班

FFBEの攻略情報をまとめています。

皆様に少しでもためになる情報を提供できるように頑張ってまいります!
もっと見る

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー