壁キャラ性能比較

FFBE(ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス)の壁役キャラの性能比較を紹介しています。発動確率や軽減倍率などを紹介しているので、壁役を選ぶ際の参考にしてください。

ミステア

おすすめ物理壁役

グラディオラス

キャラ アビリティ
グラディオラスグラディオラス 【ダッシュガード+2】
80%の確率で味方全体への物理攻撃をかばう
ダメージ軽減率51~69%
生存者数 1人 2人 3人 4人 5人
発動確率(%) 80 96 99.2 99.8 99.9
HP 防御 精神
5,898 252 229
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
+110% +140% +110%

グラディオラスは、破格の発動率を誇る「ダッシュガード+2」により味方を守る、強力な壁役です。

自分以外の5人全員が生存している場合、まず間違いなく物理かばうが発動するため守り漏らしは滅多にありません。ストップ無効の特性もあるため、状態異常方面に関しても高い信頼性を誇ります。

被弾時のカウンター率も高く、バーストストーンを大量に排出してくれます。LBを多用するパーティ編成においては重宝するでしょう。

ヴィルヘルム

キャラ アビリティ
ヴィルヘルムヴィルヘルム 【帝国は我らとともに】
75%の確率で味方全体への物理攻撃をかばう
ダメージ軽減率50~70%
生存者数 1人 2人 3人 4人 5人
発動確率(%) 75 94 98 99.6 99.9
HP 防御 精神
5,563 283 232
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
+100% +150% +120%

ヴィルヘルムは、星6までは引きつけ役、星7覚醒で物理壁役として使えるようになるキャラです。

HPと防御が極めて高く、更に「完全防御態勢」を使うことで自身への被ダメを90%、LBで味方全体への被ダメを54%も軽減することができます。

帝国は我らとともにを使用した後のターンもデバフや被ダメ軽減とできることが多く、常に味方を守るために動き続けることができるキャラでしょう。

バッシュ

キャラ アビリティ
バッシュバッシュ 【暁の守護】
75%の確率で味方全体への物理攻撃をかばう
ダメージ軽減率50~70%
生存者数 1人 2人 3人 4人 5人
発動確率(%) 75 94 98 99.6 99.9
HP 防御 精神
5,424 270 240
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
+70% +80% +80%

バッシュはステータスは少々心許ないものの、敵からダメージを受けた際に確率で自分のHPを回復することがある、優秀な壁役です。

味方全員の攻撃を一身に受け、その上で自分のHPを回復してくれるため、運が良ければヒーラーの手を煩わせずにHPを全回復してくれます。手が空いたヒーラーを補助に回すことが可能です。

6ターンに1回は敵の全ステータスを65%デバフすることもできるため、サブのデバフ役としての活躍も見込めるでしょう。

ガブラス

キャラ アビリティ
ガブラスガブラス 【黒鉄を纏いし武人】
75%の確率で味方全体への物理攻撃をかばう
ダメージ軽減率50~70%
生存者数 1人 2人 3人 4人 5人
発動確率(%) 75 94 98 99.6 99.9
HP 防御 精神
5,933 252 237
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
+70% +180% +20%

ガブラスは、壁役の中でも攻撃に特化した性能が特徴的です。高確率の物理かばうアビリティを発動した後は、アタッカーのチェインに参加したり、敵の火耐性を下げて耐久力を下げたりすることができます。

また、常時物理ダメージ10%軽減の効果を持っているため、ステータス以上に実際の被ダメを抑えることが可能です。味方全体への被ダメを40%軽減する「オブサーヴァンス」と合わせて、強固な耐久力を誇るでしょう。

「無念無想」を使えば魔法ダメージを30%軽減することもできるため、物理壁役でありながら魔法攻撃の防御に関しても適正を持ちます。

傭兵ラムザ

キャラ アビリティ
傭兵ラムザ傭兵ラムザ 【先陣の守護】
75%の確率で味方全体への物理攻撃をかばう
ダメージ軽減率50~60%
生存者数 1人 2人 3人 4人 5人
発動確率(%) 75 94 98 99.6 99.9
HP 防御 精神
5,311 250 234
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
+20% +100% +70%

傭兵ラムザは、物理と魔法両方の壁役として使える、汎用性の高いキャラです。敵の特性に合わせてどちらを防ぐのか選択しましょう。

ダメージ軽減率や耐久力に関しては星7のキャラの中では見劣りするものの、全状態異常+魅了無効という動きやすさが魅力的です。状態異常を多用するボスに関しては傭兵ラムザの方が使いやすいこともあるでしょう。

かばうアビリティを使った後は、たくすで味方のLB使用を補佐するなど、サポート役として運用しましょう。

光の戦士

キャラ アビリティ
光の戦士光の戦士 【光は我らとともに】
75%の確率で味方全体への物理攻撃をかばう
ダメージ軽減率50~70%
生存者数 1人 2人 3人 4人 5人
発動確率(%) 75 94 98 99.6 99.9
HP 防御 精神
4,172 154 155
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
+20% +30% +20%

光の戦士は、星4スタートの物理壁役です。

ステータスはやや低めですが、光耐性+100%や、レイズによる味方蘇生など、状況によっては星7の壁役以上に活躍することが可能です。

物理壁を回避100%で運用する場合は防御力が重視されないため、星4スタートの光の戦士でも十分な活躍ができるでしょう。

王土のヴェリアス

キャラ アビリティ
王土のヴェリアス王土のヴェリアス 【ガーディアン+2】
50%の確率で味方全体への物理攻撃をかばう
ダメージ軽減率50%
生存者数 1人 2人 3人 4人 5人
発動確率(%) 50 75 87.5 93.7 96.8
HP 防御 精神
3,976 178 154
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
+55% +55% +30%

王土のヴェリアスは、土属性吸収の特性を持つ物理壁キャラです。

物理壁としてだけ見ると性能は控えめですが、土吸収/味方全体の土耐性+100%と土属性の防御に関してはトップクラスの性能を誇るため、星3ゴーレムや星3タイタン戦などにおいて高い適正を持ちます。

ステータスデバフにかからなくなる「オールガード」を使えば、防御や精神を下げられることなく常に安定した耐久力を誇ることが可能です。

ヴィルヘルムが群を抜いて強い

物理壁としては、ヴィルヘルムが特におすすめです。

HPと防御の高さに加え、被ダメ90%軽減効果を持つヴィルヘルムの耐久力は目を見張るものがあり、他の物理壁役と比較しても一歩抜きんでています。

その上で、状態異常耐性に長けたキャラが欲しければ傭兵ラムザを、サブアタッカーとしての運用も見込みたい場合はガブラスを使い分けるようにしましょう。

おすすめ引きつけ役

ヴィルヘルム

キャラ アビリティ
ヴィルヘルムヴィルヘルム 【不撓不屈+2】
3ターン引きつけ率100%
ダメージ軽減率40%
HP 防御 精神
5,563 283 232
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
+100% +150% +120%

ヴィルヘルムは常時引きつけ率50%、アビリティで引きつけ率100%を誇るため、引きつけ役として優秀なキャラです。

耐久力も高く被ダメ軽減アビリティも豊富ですが、状態異常耐性に乏しいという弱点があります。また、トラストアビリティのために盾が固定されがちで、源氏の盾やメタスラトレイを装備しにくいのもデメリットでしょう。

単純なダメージ攻撃に関しては無類の硬さを誇りますが、状態異常攻撃や即死攻撃には適正が低いため、その際は別のキャラと使い分けましょう。

ガブラス

キャラ アビリティ
ガブラスガブラス 【プロセキュート】
4ターン引きつけ率100%
ダメージ軽減率30%
HP 防御 精神
5,933 252 237
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
70% 180% 20%

ガブラスは、4ターンという持続時間の長い引きつけアビリティが特徴的な引きつけ役です。

強力なカウンターアビリティもあるため、被弾すればする程火力面でも貢献できるという攻撃的な引きつけ役といえます。カウンターアビリティは威力が防御に依存するため、耐久力を上げると自然と火力も上がっていきます。

イベント限定アイテム「ジャッジマスターのマント」を装備すれば常時引きつけ率を70%まで上げられるため、アビリティに頼らずとも高い引きつけ率を誇ります。

覚醒レイン

キャラ アビリティ
覚醒レイン覚醒レイン 【スタンドアウト】
2ターン引きつけ率100%
ダメージ軽減率30%
HP 防御 精神
5,552 229 280
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
50% 110% 130%

覚醒レインは魔法壁として優秀なキャラなので、引きつけ役としての性能はそれほど高くありません。アビリティの持続時間も短く、常時引きつけ率もないためです。

引きつけ役として使う場合は、源氏の盾を装備して敵の即死攻撃を引きつけなければいけない場面など、特定の攻撃をピンポイントで受け止めるための使い方が主となるでしょう。

エルフリーデ

キャラ アビリティ
エルフリーデエルフリーデ 【怜悧な微笑+2】
3ターン引きつけ率100%
敵全体の攻撃/魔力-50%
【気高き鬨声】
2ターン引きつけ率100%
自身の攻撃/防御+80%
HP 防御 精神
5,194 218 221
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
60% 120% 120%

エルフリーデは、カウンター攻撃が強力な引きつけ役です。高倍率のカウンター攻撃を習得する上に両手持ちアタッカーとして高い火力を誇るため、引きつけ役としてもアタッカーとしても運用できます。

引きつけアビリティにダメージ軽減効果がないため、引きつけ後は「氷柩護身」で被ダメ50%軽減効果を必ず付与しましょう。常時防御状態のまま動くことができるようになります。

マーシャルグローブを装備すると常時物理/魔法ダメージ10%軽減の効果が付与されるため、被ダメ軽減バフと合わせて極めて高い耐久力を誇ります。

キングレオ

キャラ アビリティ
キングレオキングレオ 【百獣闘気】
3ターン100%引きつけ
自身の攻撃/防御+80%
被ダメ20%軽減
50%の確率でカウンター
HP 防御 精神
5,183 249 235
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
50% 50% 40%

キングレオは、常時引きつけ50%に加えてアビリティで引きつけ100%にできる、カウンタータイプの引きつけキャラです。

耐久力はやや控えめですが、睡眠/石化/混乱と行動制限のかかる状態異常を全て無効化できるため、安定感の高さが魅力的です。

氷耐性デバフや防御デバフなど攻撃面も優秀なので、氷属性特化の物理アタッカーとして運用することもできます。

光の戦士

キャラ アビリティ
光の戦士光の戦士 【ブレイブプレゼンス】
3ターン引きつけ100%
HP 防御 精神
4,172 154 155
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
20% 30% 20%

光の戦士は常時引きつけ率を持ちませんが、アビリティで3ターン引きつけ率を100%にすることができます。

耐久力は高くありませんが、持続が長いので防御をする余裕ができますし、重装備ができるので源氏の盾を持たせて即死攻撃を受けることが可能です。

純粋な耐久力に関しては星7キャラに及ばないため、回避引きつけをするなど、装備面で工夫が必要でしょう。

はぐれメタル

キャラ アビリティ
はぐれメタルはぐれメタル 【メタルガード】
3ターン引きつけ100%
全状態異常耐性+100%
HP 防御 精神
600 999 500
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
0% 0% 0%

はぐれメタルはアクセサリーしか装備できない上に、HPが600しかないため、一見すると貧弱なキャラのように思えます。

しかし、被ダメ80%軽減の特性がある上に防御999、精神500という全キャラトップの値を誇るため、HPの低さに反して極めて高い耐久力を誇ります。

アヤカを始めとするバリアアビリティの習得者がいればHP3600のはぐれメタルが出来上がるので、星5止まりのキャラとは思えない程の活躍が見込めるでしょう。

引きつけ役おすすめもヴィルヘルム

引きつけ役のおすすめもヴィルヘルムになります。

被ダメ軽減状態での引きつけが非常に強力で、並大抵の物理攻撃はものともしません。重装備可能な点も魅力的でしょう。

カウンターによる火力面を重視するのであれば、エルフリーデやキングレオが際立って強いのですが、こと耐久においてはヴィルヘルムがトップだと言えます。

おすすめ魔法壁役

覚醒レイン

キャラ アビリティ
覚醒レイン覚醒レイン 【エナジーウォール】
80%の確率で味方全体への魔法攻撃をかばう
ダメージ軽減率50~70%
生存者数 1人 2人 3人 4人 5人
発動確率(%) 80 96 99.2 99.8 99.9
HP 防御 精神
5,552 229 280
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
+50% +110% +130%

覚醒レインは、現状魔法壁役としては最高のかばう確率を誇るキャラです。精神パッシブも極めて高く、魔法攻撃を6人分受けても耐え凌ぐことが可能です。

耐久力の高さもさることながら、味方全体のHP/MPを回復したり、状態異常耐性を付与したりとサポート能力も高い点が特徴的でしょう。

魔法ダメージを90%も軽減する「アストラルガード」を使えば、無属性攻撃に対しても安定した防御力を誇ります。敵のHPトリガーに触れそうになるタイミングで使用しましょう。

バッシュ

キャラ アビリティ
バッシュバッシュ 【黄昏の守護】
75%の確率で味方全体への魔法攻撃をかばう
ダメージ軽減率50~70%
生存者数 1人 2人 3人 4人 5人
発動確率(%) 75 94 98 99.6 99.9
HP 防御 精神
5,424 270 240
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
+70% +80% +80%

バッシュはアビリティによって物理だけではなく、魔法攻撃もかばうことが可能です。

発動率や被ダメ軽減率も変わらないため、物理/魔法壁どちらでも運用できます。その分、物理壁/魔法壁の専門家と比べるとやや耐久力で見劣りするため、属性耐性を高めて運用するなどの工夫を加えましょう。

傭兵ラムザ

キャラ アビリティ
傭兵ラムザ傭兵ラムザ 【後詰の守護】
75%の確率で味方全体への魔法攻撃をかばう
ダメージ軽減率50~60%
生存者数 1人 2人 3人 4人 5人
発動確率(%) 75 94 98 99.6 99.9
HP 防御 精神
5,311 250 234
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
+20% +100% +70%

傭兵ラムザは、物理と魔法両方の壁役として使える、汎用性の高いキャラです。敵の特性に合わせてどちらを防ぐのか選択しましょう。

全状態異常+魅了無効という特性が強力で、モルボル戦のように状態異常を多用するボスにおいては高い適正を誇ります。

ミステア

キャラ アビリティ
ミステアミステア 【ブローディアウォール+2】
75%の確率で味方全体への魔法攻撃をかばう
ダメージ軽減率51~69%
生存者数 1人 2人 3人 4人 5人
発動確率(%) 75 94 98 99.6 99.9
HP 防御 精神
3,714 148 176
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
+0% +30% +60%

ミステアは、星4スタートの魔法壁キャラです。耐久面に関してはやや心許ないものの、魔法攻撃は属性耐性を100%まで上げることができれば無効化できるため、HPが低くても敵を選べば十分運用できます。

味方全体の状態異常耐性とストップ耐性を上昇させる「クリアヴェール」が非常に強力で、ストップを付与するボスと戦う際は絶対に欠かせないバフになります。星7覚醒レインが入手できていない場合は、ミステアを編成しましょう。

「れんぞくま」により習得魔法を2種類使うことができるため、フェニックスを持たせてレイズ、カーバンクルを持たせてバ系魔法による補助なども可能です。

シルト

キャラ アビリティ
シルトシルト 【ブローディアウォール】
50%の確率で味方全体への魔法攻撃をかばう
ダメージ軽減率50%
生存者数 1人 2人 3人 4人 5人
発動確率(%) 50 75 87.5 93.7 96.8
HP 防御 精神
3,881 156 175
HPパッシブ 防御パッシブ 精神パッシブ
+0% +50% +20%

シルトはミステアと似たようなアビリティ構成をしていますが、味方バフアビリティに違いがあります。

ミステアは「状態異常+ストップ」耐性の付与。シルトは「ステータスデバフ+ストップ」耐性の付与になります。状態異常よりもステータスデバフの方が厄介な場合は、シルトの方が適正が高くなります。

シルトがいれば無銘ジェイクのLBや、洸洋ニコルの対になるステータスが下がるバフアビリティをデメリットなしで使用可能になります。編成キャラによっては重宝されるでしょう。

おすすめは覚醒レイン

魔法壁のおすすめキャラは、覚醒レインです。

高耐久に加え、味方全体の状態異常とストップを対策できるため壁役兼サポート役として大変重宝します。

ある程度のダメージは自動で回復してくれるため、ヒーラーの手を空ける意味でも強敵戦では活躍が見込めるでしょう。

関連記事

キャラ一覧 最強キャラランキング
かばう役・引きつけ役一覧 アビリティ覚醒一覧

キャラ関連記事

最強キャラランキング リセマラ当たりランキング
キャラステータス比較表 キャラ評価一覧
トラマスランキング 覚醒素材一覧

FFBEの注目記事

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー