忍者アビ精錬という冒険は続く【496】

どうもスプニです。

先日の黒板さんの、フルダイブ後悔ブログにてちょこっと触れておりますが……

私はエッジをフルダイブしました。が、しかし、全くエッジを使っておりません。

その理由は、忍者アビの精錬不足

私の忍者アビの精錬具合はこちら。

忍者アビ精錬具合

エッジを活かすための忍者アビが実用レベルで用意できていないのです。

このままじゃフラグメントの無駄使いになってしまう……。

イッツァ・ピーンチッ!

なんで闇のオーブ極大を使うの

なぜかどの忍者アビも闇オーブを一番使う模様。

生成から精錬MAXにするまでに使う闇オーブの個数は230

解せぬ……。

世界の闇でも背負った気になってんのかよ。

周回に必要なスタミナをざっと計算してみる

まず、1つの忍者アビを精錬5にするまでに必要な闇オーブを、曜日ダンジョン周回で集めるのにどれくらいスタミナが必要か計算してみます。

曜日ダンジョン1周に必要なスタミナは80。これは不変。

オーブは、マジックポットの出現や中オーブドロップとか大きくブレが生じるので、1周あたりの入手オーブは変化するので最低値に近い値で計算してみます。

オーブ変換機能も含めて、1周極大3個が下目に偏った時の最低値なのかなと。

240(必要オーブ数)=3(1周のオーブ数)×n(周回数)

必要な周回数は最低80周。消費スタミナはなんと6400

ほぼ最低値で見積もっているので、さすがに6400まるまる必要になることはないと思うんですけど、それでもスタミナを5000以上は消費する必要があるとみたほうがいいですね。

さらにいえば闇オーブだけの計算なんですよね、これ。

他の種類のオーブも消費すると考えたらとんでもないっすね。

実用に必要な精錬数

実際に忍者アビを使用するとしてどれだけの精錬数を要求されるのかの考察です。

魔石の30秒切りで使うことを前提とします。正直、それ以外で忍者★5アビを要求される場面って少ないんですよね。

各時間の計測

私のエッジ(レベル99、フルダイブ)で行動にかかる時間を計測します。

開幕ATBゲージが溜まるまでが約1.7秒。

装備マテありのラムザでヘイスガ付与(タップのタイムロスあり)の場合、約0.95秒、まあ1秒ジャストくらいで考えるところかと。

ヘイスト時にATB0からMAXになるまでの時間は、約1.65秒。忍者アビの待機時間が約0.9秒。

ATB0から忍者アビで攻撃が完了するまでの時間が、タイムロスが若干入って、約2.6秒といったところ。

開幕のATBゲージで1.7秒。10回忍者アビ使用で26秒。合計27.7秒が基本になり、ここに必殺技の時間が入ってくる感じですね。

超絶待機時間が2.5秒で、ATB0から発動までは約4.1秒。超必殺は待機なしなのでATB分の1.65秒+タップのロスが加算されます。

計測するのにパーティメンバーを減らして、タップのロスを極力減らしているので、実際の攻略では数値上の計測に1秒くらいの加算を見積もって、秒数を逆算するのがいいかもしれません。

測定行動 秒数
開幕ATBゲージ
(ラムザ装備マテあり)
1.7
(1)
ATB0から忍者アビ完了まで 2.6
ATB0から超絶完了まで 4.1
ATB0から超必殺完了まで 1.7
アビ10回使うまで
(ラムザ装備マテあり)
27.7
(27)

独立型・セット型で分けて考える

忍者アビといっても、かえんじんとぼうふうじんのように1つだけで済むパターンと、みなもうつしとげきりゅうじんのように2つセットで使うパターンがあります。ここではそれぞれ独立型とセット型と仮称して話を進めます。

独立型

独立型のようにそれ1つあれば運用できるものは、精錬5にする必要がありそうです。

ぼうふうじんとかえんじんを使う場合は、超絶ではなく超必殺を使うことになると考えられるので、1.7秒(開幕ATB)+26秒(アビ10回)+1.7秒(超必殺)=29.4秒で30秒に収まります。ただし、タップのロスとかを考えるとアビ10回目の待機中に30秒超えてしまうかも。

また、空いているアビ枠で快刀乱麻を使い、自己バフをかける手もあります。快刀乱麻を使うのであれば精錬4で止めても実用の範囲内になります。

セット型

セット型の場合は、合計10回分行動できれば良いのですから、どちらも精錬5にする必要はなさそうですね。

みなもうつしやみかげうつしなど分身付与のほうは、精錬せずとも分身2回分は付与できますが、分身剥がされた時にどうしようもなくなるので精錬2。

げきりゅうじんやしっこくじんなどの火力出すほうは、分身2回がキープできている限り、こちらを使い続けるので、分身のほうよりも回数多く使えるように精錬3。

これでアビ使用10回分は確保できます。

しかし、実際に使用してみると分かるのですが、上手いことエッジ(忍者)に物理攻撃がこなければ、げきりゅうじんを使い続けることになり、精錬3では足りません。

また、同じく敵の攻撃がエッジに集中してしまうとみなもうつし4回では足りないので、保険用に精錬3は欲しいですね。装備マテがあるなら精錬2でもカバーできるでしょう。

私の考えでは、火力のほうが精錬4、分身付与のほうが精錬3にするのが良いのかと。

実用性のある生成・精錬数まとめ

アビリティ 精錬数
かえんじん 精錬5
ぼうふうじん
げきりゅうじん 精錬4
しっこくじん
さばくじん
みなもうつし 精錬3
みかげうつし
すなかげろう

実用的精錬数に応じたオーブ消費量

精錬MAXにする必要性があるのはかえんじんとぼうふうじんのみのため(であってほしい)、改めて実用的精錬数に応じた必要オーブ数を計算します。

闇オーブの必要数は生成から始めると、合計860個。

ほぼ最低値での周回必要数に当てはめると、約286周。消費スタミナは22880。笑っちゃうぜ。

闇以外に使うオーブ数も合わせて一覧にまとめときます。

オーブの種類 必要数
闇オーブ 860
氷オーブ 594
風オーブ 222
地オーブ 162
炎オーブ 138
力オーブ 78
無オーブ 78

私個人的には、全アビ生成は終わっており、精錬もさばくじんが終了、水がちょっと精錬しているので、そこまでキツくないはず。

魔石ダンジョンでの活躍具合

そんなセット型の検証

相当な労力がかかることが分かりましたが、実際のところ魔石ダンジョンではどうなの?

ということで、イクシオン戦で試します。

エッジの装備は刀。属性強化0。攻撃力514でチャレンジ。

チェインなしチェインなし

チェインありチェインあり(136チェイン時)

うーん、このなんとも言えないダメージ…。

あんまり装備が揃っていないので、思ってたよりもダメージは出てない印象。

ただ、まだまだ伸びしろはあります。

私のエッジは属性強化装備を付けていなかったので、属性強化装備×2。

あとは魔石効果や超魔石スキル、弱体にクリティカルなどなど。

ただエッジの場合、装備可能な属性強化武器が限られます。特に地属性だと装備できる常時属性強化がルードバーストの★5格闘装備のみ。

また、エッジはダイブで刀ダメージアップがあるので、属性強化武器を装備しようとすると、刀のダメージアップを捨てることになってしまいます。

ちゃんと装備などが揃っていれば強いんでしょうけど、逆に言えば揃っていないのであれば持て余してしまう印象ですかね。

ちなみにチェインありのパーティで

チェインありクリア

このタイム。

この時はメイン魔石使用せず、魔石の構成も周回で使ってたものの流用といった、THE・テキトーパーティだったので、突き詰めていけば30秒切れそうですね。

30秒切るには、最低限チェインが必須。その上で他のアタッカーが揃っていたり、魔石構成に拘ったりも必要になってくる感じですかね。

そして独立型の検証

かえんじんとぼうふうじんも使ってみます。

エッジ魔力378、炎&風属性強化×1ずつ、装備と魔石を同じでそれぞれ★4魔石相手に試します。

かえんじん ぼうふうじん

ぼうふうじんのダメージのほうが高いのは、魔石効果にエンエアロLv10があり、エンファイアなし、であったためと考えられます。

かえんじん、ぼうふうじんともに精錬が進んでおらず、★4魔石を倒せるかどうかは試してませんが、チェインが無くても及第点の火力がでているので、精錬さえできていれば、炎&風アタッカーとしても使えるでしょう。

あとこうやって見比べるとエン系強いっすね(小並)。

僕達の忍者アビ

いろいろやってきましたが、結局のところ忍者アビは、強いが精錬が辛いってことになるんですよね。

セット型がチェインないと全然ダメージ出ずに★4魔石30秒切れないって言いましたけど、それは忍者アビに限った話ではないので、選択肢がないのであれば忍者アビを精錬すべきだと思いますし、他に選択肢があるならこんなアビ周回の苦行をする必要もないわけで。

私は、全方位エッジを使ってみたいというリビドーが溢れてしまっているので、忍者アビ精錬という冒険は続きます。

さあ、アゲてこうか!曜日周回!!

The following two tabs change content below.
スプニ

スプニ

壁にでも課金してろよ

FFRK歴 2年10ヶ月
スタミナ 200
好きなキャラ 導師(FF3)
課金額 10万から先は数えてない
もっと見る

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー